1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【MADOSMA Q501】SIMフリーWindows Phoneを徹底解剖!
 

【MADOSMA Q501】SIMフリーWindows Phoneを徹底解剖!

MADOSMA Q501
SIMフリースマホ

ついに国内4年ぶりのWindows Phone「MADOSMA Q501」がマウスコンピューターより、販売開始しました!今回は気になるスペックや価格、Officeアプリの優位性などについて検証してみます。格安SIMとも相性が良さそうなので、LTEバンド対応も含め確認していきましょう!

ついに国内4年ぶりのWindows Phone「MADOSMA Q501」が販売開始しました!今回は気になるスペックや価格、Officeアプリの優位性などについて検証してみます。格安SIMとも相性が良さそうなので、確認していきましょう!

MADOSMA Q501

MADOSMAがマウスコンピューターより発売開始

いよいよ、期待のWindows Phone 8.1搭載「MADOSMA Q501」が販売開始されました!にも関わらず、直販サイトでは既に初回販売分完売の情報が。なぜそこまで人気があるのでしょうか?

直販サイトは予約が殺到

直販サイトでは、マドスマの初回販売分が即日売り切れとなりました!どれほど在庫を用意していたのかはわかりませんが、即買えない状態となることからも人気の高さが伺えます。 MADOSMAが即日完売 出典:mouse computer

同機種は6月24日現在も直販再開が未定となっています。

販売再開が決まり次第、WEBもしくはメルマガにて告知があるので、随時確認しておきましょう。(上画像の出典リンクからホームページに飛べます。)

auのS12T以来の期待のWindows Phone

国内のウィンドウズスマホ発売は、auの「S12T」以来のビッグニュースです。S12Tが発売したのが2011年なので、約4年ぶりになります。 au is12T 出典:S12T au

2011年といえば「iPhone4s」が発売された時期でもあり、やっとスマホが爆発的に売れはじめた時期でした。

当時はiOSとAndroidの2強状態の中、アプリ数の圧倒的に少ないWindows Phone OSが国内シェアを稼ぐことは非常に難しかったのが現状と言えます。

しかしながら、windows自体は社内のパソコンほとんどのシェアを占めていることもあり、人気は根強くあったのは確かです。

海外市場に関してはMicrosoft製のスマホが一定のシェアを伸ばしてますし、「surface3」や「windows10」など、モバイルとPCの融合が進んでいるので、「MADOSMA」発売は絶好のタイミングと言えるかもしれませんね。

気になる在庫予想

即日完売になるほど人気の「マドスマ」ですが、在庫は十分にあるのでしょうか。検証してみました。

そもそも、今回の販売売り切れは「直販webサイト」内のことだけであって、家電量販店などには6月24日現在、在庫があることが確認できています。 yodobashiにはMADOSMA在庫あり 出典:yodobashi.com

発表段階で量販店に優先供給することを発表しているため、在庫は直販サイト以外に流れているようです。つまり、在庫はまだまだあるんじゃないかと予想できます!

ポイント

  • 直販サイトでは、即日売り切れるほど人気のスマホ
  • 「MADOSMA」で、Windows Phone国内投入は約4年ぶり
  • 在庫は、家電量販店などにまだまだある!

Windows Phone「マドスマ」のスペック

では大注目ウィンドウズフォンの性能を確認していきましょう!ヒントは「ビジネスに強い」特性にありそうです。

8.1update搭載のSIMフリー

では簡単にQ501のスペック表を作りましたのでご覧ください。あとで価格も紹介しますが、性能と比較してもコストパフォーマンスは高いと言えそうです。

機種
MADOSMA
(Q501)
メーカーマウスコンピューター
カラーWH(パールホワイト)
BK(ブラック)
*BKは法人のみ
OSWindows Phone 8.1 Update
CPU
(プロセッサー)
MSM8916
クアッドコア / 1.2GHz
RAM
(メインメモリ)
1GB
ROM
(本体ストレージ)
8GB
外部メモリ
(MicroSDカード)
最大64GB/SDXC
バッテリー2,300mAh
連続待受460時間
連続通話9時間
充電時間3時間
ディスプレイ
解像度
約5.0インチ
1280×720ドット
大きさ高さ142.8mm
幅70.4mm
厚さ8.4mm
重さ125g
SIMサイズMicro SIM
カメラメイン800万画素
インカメ200万画素
無線LAN
(WiFi)
IEEE 802.11 b/g/n
BluetoothV4.0 (EDR / A2DP 対応)
その他MicroSD16GB同梱
液晶保護シート付属
スペックの見方や用語はこちらで確認できます。

カラーですが、一般販売向けはWH(パールホワイト)のみになっています。OSはさらにモバイルとPCの融合が進んだWindows Phone 8.1 Update搭載ですね。

CPUは4コア搭載でサクサク動きそうです。本体ストレージは8GBと少し少ないですが、16GBのmicroSDカードが付属するので、合計で24GB使えるのが嬉しい特典です。液晶保護シートも貼り付けた状態で届きます。

バッテリーも2,300mAh搭載で、この価格帯のスマホで見ると、充電は1日しっかりもつでしょう。ディスプレイも5インチ大画面で操作しやすく、ビジネスマンの強い味方になりそうです。

Bluetoothも4.0搭載で、省電力でハンズフリー通話が行えます。ビジネス通話などで重宝しそうですね。

肝心のSIMサイズはMicro SIMカードです。これはMVNOで格安SIMを購入するときに必要になるので覚えておきましょう。

スペックを簡単に見ていきましたが、ミドルスペック機といえそうですね。価格は後の項目で紹介しますが、コストパフォーマンスは他のAndroid格安スマホと比べても高いと言えそうです!

「マドスマ」は法人・ビジネスマン向け端末?

さて、この機種はwindows搭載や法人販売で注目を浴びていますが、それはなぜなんでしょうか?マウスコンピューターのMADOSMAがビジネスに強い理由を紐解いていきましょう。

まず、社内や自宅で使っているウィンドウズパソコンやタブレットとのスムーズな同期が便利です。マイクロソフトアカウントによって、保存した連絡先などをクラウド経由で共有できるので、作業が非常に捗ります。

また、標準搭載されている電話帳「People Hub」はFacebookやTwitterアカウントとも連携されているため、SNSとの同期も非常にスムーズです。 windows phoneなら同期がスムーズ

さらにMicrosoft Officeとの互換性が非常に強く、文書編集などが出先でも捗ります。クラウドサービスの「OneDrive」を使えば、パソコンで編集した文書をすぐに取り出して閲覧できるので便利です。 onedriveで文書同期

つまりは、文書編集(Microsoft office)など既存のビジネスにメリット=法人向けの構図が成り立ちます。もちろん一般ユーザーにもこういった需要はありますから、MADOSMAはビジネスマンの強い味方となりそうです。

ポイント

  • 「マドスマ」はミドルスペック機
  • 一般向けカラーは、WHのみ。法人向けにBKを用意
  • Microsoft Officeの互換性などにメリット
  • Windows Phoneはビジネスマンの強い味方

MADOSMA Q501の価格

次に価格を調べていきます。Androidで人気のある格安スマホと比較してみましょう。

本体価格と比較

まずは本体価格を紹介します。6月24日の価格コムでは「MADOSMA Q501WH」が29,800円(税込)で販売されています。SIMフリー端末で三万円以下は「格安スマホ」の部類に入るといってよいでしょう。 madosmaの最安価格 出典:価格比較

ここで価格帯が同じくらい、三万円前後で買える格安スマホを挙げてみます。↓

機種名
価格
MADOSMA
(マウスコンピューター)
29,800円
P8lite
(Huawei)
28,600円
Zenfone2
(ASUS)
32,800円

こちらの表は全てSIMフリー機ですが、スペック上の性能ではHuawei製のP8liteASUSのZenfone2が勝っているように見えます。(リンクで両機種のスペックが確認できます)

ただOfficeアプリ系との互換性や、microSDカードで合計24GBストレージが使える点は、マドスマ側のメリットが高いと言えるでしょう。

なので、「3万円でwindows Phoneが手に入る」と考えると、非常にコストパフォーマンスの良い機種となっています。

また今現在ドコモやauの携帯を利用しているビジネスマンであれば、「格安SIM×マドスマ」に乗り換えることで、月額料金を安く抑える事もできますね。

購入可能なサイト・店舗

ところで製造メーカーのマウスコンピューターは、どんな場所を販売チャネルとしているのでしょうか?調べてみました。下に購入できる場所リストをまとめてあります。

  • 大手家電量販店 ヨドバシ/ビックカメラ//PC DEPOT 等
  • ネット系 ノジマオンライン/Amazon/パソコン工房/NTT-X Store 等

ご覧のように、販売チャネルは結構多いです。特にヨドバシやbicカメラは店舗販売も行っているようなので、店内で実機を触ってみるのもアリです。

今後U-mobile(ユーモバイル) <とのセット販売を計画されているとの報道もあったので、期待したいですね。

本体価格のポイント

  • 価格は約3万円
  • オンライン/家電量販店で購入可能

格安SIM「IIJmio」はマドスマが利用可能

なんとすでにMVNOの「IIJmio(みおふぉん) 」では、「MADOSMA Q501」を動作確認済みです。発売されたばかりで動作確認をとっているということからも、このスマホへの期待を感じますね。

公式サイト:IIJmio

IIJmioは、Q501の動作確認済み

下記の通りIIJmioでこの機種は、動作確認済端末として登録されています。 IIJMIOでは動作確認済

IIJはMVNOの満足度調査でも常に上位に位置していますし、低価格のプランもあるのでオススメです。次に紹介する対応バンドに関してもドコモ系SIMカードなので、今回の機種と相性が非常に良いです。

公式サイト:IIJmio

対応バンド LTEと3G

マウスコンピューター製の「マドスマ」では、どんな電波が掴めて、どの格安SIMと相性が良いのでしょうか?まずは使えるLTEと3Gの対応バンドを確認しましょう。

3GBand 1 (2100MHz)
Band 8 (900MHz)
Band 19 (800MHz/Band 6 含む)
4G(LTE)Band 1 (2100MHz)
Band 3 (1800MHz)
Band 19 (800MHz)/ CAT4

このうち3Gでは以下3つのバンドに対応しています。

  • band1
  • band19(band6含む)

スペック上は、ドコモ系3G周波数帯エリアをカバーしています。3Gは通話の電波に関わってきますが、これに関しては全く問題なさそうです。

次に4G LTEのバンドを見ていきましょう。ドコモ系SIMカードでは以下の3つに対応します。

  • band1
  • band3
  • band19

このようにLTEでも、ほとんどのエリアに対応していますね。Band1がメイン電波になるので、ここを掴めるだけでも十分です。東名阪エリアの高速通信が可能なband3にも対応し、IIJmio(ドコモ系格安SIM)との相性は抜群です。

公式サイト:IIJmio

IIJmioのプラン

さて、動作確認が取れていて、なおかつ人気の高いIIJmioで、月額料金がどのくらいになるか検証します。


まずはデータ通信専用プランです。↓ iijmioデータ通信専用プランの料金 出典:IIJmio データ通信専用SIM

高速通信が使える容量は、下記リストにまとめておきました。

  • 3GB ミニマムスタートプラン 月額900円
  • 5GB ライトスタートプラン 月額1,520円
  • 10GB ファミリーシェアプラン 月額2,560円

値段に対してのデータ容量も十分多いですが、IIJmioでは家族で分け合える「ファミリーシェアプラン」があります。2,000円の手数料でSIMカード1枚を追加出来るので、家族全員でMVNOに乗り換えるにはもってこいの会社です。


続いて、LINEの登録などに必要なSMS機能(ショートメッセージ機能)付きのプランを確認しましょう。↓ iijmioのSMS機能付きSIM 出典:SMS機能付きプラン

月額料金とデータ容量は見ての通りです。「マドスマ」はビジネス用途から個人スマホとの2台持ちも想定されるので、通話機能つきでないプランもしっかり確認しておきましょう。


次に「音声通話機能付きSIM(みおふぉん)」のプランを確認します。↓ iijmio音声通話機能付きプラン 出典:音声通話機能付き

最安で月額1,600円から使えますね!ドコモの月額料金は2GBで6,500円ですから、約4,900円も毎月安くなります。2年間で約11万円以上も安くなることを考えると、早めに乗り換えるべきです。

公式サイト:IIJmio

また、IIJなら専用アプリの「みおふぉんダイアル」から通話するだけで通話料が50%OFFに、ファミリーシェアプランであれば、シェア家族内の通話料が20%OFFになるなど電話料金を抑えることができますので、家族で使うにはもってこいです。

ポイント

  • IIJは、既に動作確認済
  • ドコモ系MVNOなら、電波の相性も抜群
  • IIJmioなら、家族でシェアもできる
  • みおふぉんなら、通話料金も割引になる

MADOSMA完売ニュースのまとめ

今回のマウスコンピューター新機種「MADOSMA Q501」発売ニュースはいかがだったでしょうか。これを機にwindows Phoneが国内でどんどん出てくると面白いですね!IIJは動作確認が取れているのでオススメしておきました。

公式サイト:IIJmio

ところで、IIJ以外にもオススメの格安SIMはたくさんあります。下記の「SIMチェンジプラン診断」では、簡単な質問に答えるだけであなたに最適なプランを、無料で診断出来ます。ぜひ試してみましょう。↓