1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. IIJmioのプラン変更方法を解説|手数料はかかる?注意点と料金プランを詳しく紹介します!

IIJmioのプラン変更方法を解説|手数料はかかる?注意点と料金プランを詳しく紹介します!

更新日:2020.07.03

IIJmio(みおふぉん)のタイプ変更をしたいときの注意点と変更方法をまとめました!IIJmioではデータ量のプラン変更もSIM機能のタイプ変更も、ネットですぐに申し込みが可能。docomoプランのタイプD、au回線のタイプAの二つの回線タイプがあるので、このタイプの変更方法も見てみましょう。

IIJmioの料金プランは「3GB」「6GB」「12GB」と3つに分かれています。実際に使ってみると「3GBでは少し足りない」「6GBではやっぱり多いかも」といった悩みが出てくることがあります。

そのような時は、プラン変更を検討してみてはいかがでしょうか。この記事では、IIJmioのプラン変更の概要と流れ、注意点について詳しく紹介しました。

プラン変更前に試しておきたいデータ不足対策についてもいくつか紹介しています。IIJmioを使っていて、これからプラン変更を考えている人は参考にしてください。

IIJmioでプラン変更できる?料金は無料?かかる時間は?

IIJmioのプラン変更の方法について、簡単にまとめてみます。

料金は無料

IIJmioの料金プランの変更は無料です。手数料などは一切かかりません。

時間はネットから5分程度

IIJmioの料金プランの変更は、ネットで会員専用ページにアクセスして行います。

所要時間は5分程度で簡単にでき、手間も時間もほとんどかかりません。

タイミングはいつがいい?

末日以外であればプラン変更のタイミングはいつでも良いでしょう。

IIJmioのプラン変更は手続き日の翌月1日から適用されます。ただし、毎月末日の0時以降は手続きができません。

忘れずに手続きを行うという意味では、思い立ったらなるべく早い段階で手続きをするのがおすすめです。

IIJmioを契約する!

IIJmioでプラン変更する前に見直したいデータ不足対策

IIJmioのプラン変更を検討している人の中には、月の高速データ通信容量が頻繁に超過して速度制限が掛かってしまう人もいるでしょう。

しかし、プラン変更をする前に試して欲しいデータ不足対策があるのでいくつか紹介します。

低速モードで利用する

IIJmioは、通信速度の「低速モード」と「高速モード」を切り替えて使うことができます。

このうち低速モードを用いたデータ通信は低速モードは高速通信ではないため、毎月割り当てられる高速データ通信容量を消費しません。

そのため、毎月高速データ通信容量を超過する人は、低速モードと高速モードを上手に切り替えながらデータ消費量を節約することをおすすめします。

IIJmioの通信速度

  • ドコモ回線:下り最大1,288Mbps
  • au回線:下り最大958Mbps
  • 低速モード(ドコモ・au):最大200kbps

ゲームや動画を低速モードで利用するのは正直かなり厳しいです。しかし、ニュースサイトやTwitterなど文字情報中心の利用であれば快適とまでは言えないものの、低速モードでも十分許容範囲のクオリティです。

IIJmioの低速モードには「バースト機能」が備わっており、ページを読み込んだ瞬間だけは高速通信を行ってくれます。この時にサイトデータの多くを取り込んでくれるので、想像以上に使える印象です。

低速モードと高速モードの切り替えは、IIJmioの利用者向けに用意されている「IIJmioクーポンスイッチアプリ」(通称「みおぽんアプリ」)で簡単にできます。

IIJmioクーポンスイッチ

IIJmioクーポンスイッチ
無料
posted withアプリーチ

データを都度追加する

IIJmioは、高速データ通信容量を使い切った人のために「追加クーポン」を用意しています。追加クーポンは会員専用サイトで購入できます。

追加クーポン

  • 容量:100MB
  • 価格:200円
  • 毎月30枚まで購入可

追加クーポンの他にも「IIJmioクーポンカード」でも高速データ通信容量を追加できます。IIJmioクーポンカードは、コンビニや家電量販店などで販売されています。

容量は500MB~、価格は1,500円~数種類用意されていますが、追加クーポンに比べると若干割高です。

キャリア契約のままeSIMでデータのみ購入

「eSIM」は従来のSIMカード(=物理SIM)と違って、「SIMカードをスマホに挿入する」という手順が必要ありません。ネットなどで契約を済ませるとその場ですぐに使えるようになる、「仮想SIM」「デジタルSIM」のようなものです。

eSIMを使うには端末側がeSIMに対応している必要がありますが、iPhoneはiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR以降であればキャリア版、SIMフリー版ともにeSIM対応になっています(キャリア版のeSIM利用にはSIMロック解除が必要)。

IIJmioは日本で初めてこのeSIM向けのプランをスタートさせました。

  • eSIMプラン(ベータ版):月1,520円で6GB使える
  • eSIM(データプラン ゼロ):月150円で高速データ通信容量は都度購入(最初の1GB:300円、2GB以降10GBまで:450円)

eSIM向け料金プランはどちらもデータ通信のみが可能で、音声通話はできません。このeSIMがなぜデータ不足対策に使えるのかというと、eSIMは物理SIMと併用できるからです。

つまり、物理SIM側にIIJmioのミニマムスタートプランの音声通話SIM(月1600円、3GB)を入れ、eSIM側にeSIM(データプラン ゼロ)を設定するというような使い方ができます。

月3GBを毎月1GB程度超過すると仮定すると、料金プランを1つ上の「ライトスタートプラン」の音声通話SIM(月2,200円、6GB)に上げると毎月600円の負担増になります。追加クーポンで超過分の1GBを補おうとすると、100MBで200円のクーポンが10枚必要なので2,000円かかります。

これがeSIM(データプラン ゼロ)だと、基本料金150円と最初の1GBの追加料金300円の合計450円で済みます。

eSIM対応のスマホを利用しているのであれば、プラン変更よりもeSIM向け料金プランを追加したほうがお得です。

IIJmioを契約する!

IIJmioでプラン変更の手順と期間

IIJmioでプラン変更をするための手順と期間について紹介します。

プラン変更を予約する

IIJmioのプラン変更のための手順はたった1つ、「プラン変更の予約」のみです。プラン変更の予約は会員専用サイトで行うプラン変更手続きを指します。

プラン変更は手続きをした当月には適用されず、あくまでも翌月からの適用になるので「予約」という表現を用いるわけです。

プラン変更予約と同時にSIMカードの追加手続きもできます

IIJmio SIMカード発行数

  • ミニマムスタートプラン:最大2枚
  • ライトスタートプラン:最大2枚
  • ファミリーシェアプラン:最大10枚

「タブレットを使い始めたからプラン変更とSIMカードの追加をしたい」という場合は、同時に手続きをすれば1度で済みます。

SIMカードの追加には追加手数料として1枚2,000円が必要ですが、現在は2020年5月31日までの期間限定でSIMカード追加発行手数料が無料になるキャンペーンを行っています。

プラン変更の予約にはいくつか注意点があります。

注意点その1:毎月末日はプラン変更の申し込みができない

毎月末日はプラン変更の申し込みができません。

31日までの月なら30日が、30日までの月なら29日が翌月からのプラン変更の申し込みの最終日になります。

注意点その2:プラン変更予約後のキャンセルはできない

一旦プラン変更予約手続きを行うと手続き後のキャンセルはできません。

プランを元に戻したい、別のプランに変更したい場合は翌月に変更されたプランが適用されるのを待って、改めてプラン変更予約の手続きをする必要があります。

注意点その3:翌月から適用される別の変更予約があるとプラン変更はできない

IIJmioには、プラン変更の他にも例えば「(複数枚発行されている)SIMカードの削除」などの翌月から適用される変更予約手続きがあります。

しかし、プラン変更とこれら別の「翌月から適用される変更予約」を同時に予約することはできません。翌月予約ができる変更項目は1つだけです。

複数の手続きを検討している人は、優先順位をよく考えるようにしてください。

注意点その4:プラン変更と「MNP転入」は同じ月にできない

IIJmioは全てのプランで複数枚のSIMカードを発行できます。この場合、「1つのプランの中で違う電話番号の音声通話SIMを発行する」こともできます。

そのため、キャリアや他の格安SIMから既に存在するIIJmioの契約の2枚目のSIMカードに対してMNP転入をするケースが考えられます。

例えば、Aさんが仕事用のスマホとしてドコモを契約していて、プライベート用のスマホとしてIIJmioを契約していたとします。

Aさんが仕事用のスマホもIIJmioに乗り換えたいと思った場合、既に契約しているIIJmioの料金プランでもう1枚の音声通話SIMを追加して、そこへドコモからMNP転入して同じ番号で使うというようなことができるのです。

このようなMNP転入と既に契約している(同一契約内の)プラン変更を同じ月に行うことはできません。そのため、プラン変更とMNP転入も優先順位を考えて手続きをする必要があります。

なお、IIJmioの同一プラン内へのMNP転入は「元のキャリア(格安SIM)側の契約者名義」と「IIJmioの契約者名義」が一致している必要があります。

例えばキャリアで契約している子供名義の契約を、IIJmioで契約している親名義のプランでもう1枚SIMカードを発行した上でMNP転入させる場合、まずは元のキャリアでの契約者名義を子供から親に変更した上でIIJmioに乗り換えなくてはなりません。

期間がどれくらいかかる?

IIJmioのプラン変更は翌月から適用になります。そのため、月初に手続きをすれば30日近くかかり、月末に手続きをすれば数日程度で済みます。

SIMカードの追加発行手続きをした場合、追加分のSIMカードは翌月1日に届きます。しかし、月末ギリギリに手続きをした場合は翌月1日に間に合わないケースも考えられますので注意してください。

IIJmioのプラン変更は簡単!毎月使うデータ量に合わせて最適な料金プランを選択しよう

IIJmioのプラン変更は無料で、手続きもネットで簡単にできます。毎月の高速データ通信容量が足りない、あるいは余ってしまう人は、気軽にプラン変更をしてみてください。

ただし、足りない場合に上の料金プランに変更すると、月額料金が高くなってしまいます。このような場合、まずは低速モードの上手な活用から試してみてください。

「低速モードを我慢して使えるか」は人それぞれですが、使える場合はかなりのデータ量を節約できます。

また、eSIM対応スマホを持っている人は、ぜひ最新のeSIM向け料金プランの導入も積極的に検討することを強くおすすめします。

IIJmioを契約する!

SHARE!!

あわせて読みたい