1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリーのGalaxy(ギャラクシー)を日本から手に入れる方法はある?

SIMフリーのGalaxy(ギャラクシー)を日本から手に入れる方法はある?

Ando

更新日:2017.08.16

SIMフリーのサムスン Galaxy(ギャラクシー)は海外で発売されていますが、日本からでも購入する方法はあるのでしょうか?調べてみました。キャリア版のスマートフォンをSIMロック解除する方法もあるのでチェック。格安SIMでGalaxy(ギャラクシー)を使いたい人は必見の記事です。

SAMSUNG(サムスン)のスマートフォン「Galaxy(ギャラクシー)」シリーズですが、格安SIMで使いたい方もいるはずです。海外の現地SIMカードで利用したり、国内MVNOで利用するにはSIMロック解除済みの端末が必要な場合もありますが、日本でSIMフリー版のギャラクシーは購入できるのでしょうか。調べてみました。


SIMフリーのGalaxy(ギャラクシー)は日本で買えるのか


出典:Galaxy Mobile Japan

初めに確認しておきたいのは「日本国内で最初からSIMフリーのGalaxyは、公式に販売されていない」ということです。

サムスンのGalaxy日本公式サイトを見てもキャリア版(NTTドコモ、au、Softbank(ソフトバンク))の端末しか販売されていないので、始めからSIMロックのかかっていないGalaxyは公式の日本モデルとして購入することはできません。

では、どのようにすればSIMフリーのSAMSUNG(サムスン)Galaxyを購入できるのでしょうか。

SIMフリーのGalaxy(ギャラクシー)の入手方法1 海外版を購入

まずはExpansysやイオシスなど、海外で販売されているスマホやタブレットを扱うネットショップなどでSIMフリースマホを購入する方法が挙げられます。海外版にしか搭載されていない機能がある端末などは、こちらで買うのがオススメと言えます。ただし、あくまで海外版のため日本国内で使える電波の周波数帯と合っていないなどの問題も考えられますので、そのあたりは自己責任で購入する必要がありそうです。

海外版のSIMフリーモデルを購入する

出典:Expansys

2017年第1四半期ではグローバルマーケットシェア1位を獲得したというデータもあるSAMSUNGなので、海外でもGalaxyシリーズは人気のようですね。

国によってはキャリアのSIMロックがかかっていない状態(=SIMフリー)で発売されていることもあり、こういった海外で販売されている端末を購入すれば、SIMフリー版のギャラクシーを手に入れることが可能です。現地に行って購入する方法だけでなく、上記画像のような海外版の端末を販売している通販サイトを利用する方法もあります。

ただし、海外モデルの場合には特に、日本国内で利用する際に必要ないわゆる「技適」を取得していないスマートフォンである場合も。技適マークのない端末を使うと総務省サイトが公開している下記文章のようなことや、消防・救急や警察などの緊急無線に影響が出る場合もありますので、海外版のスマートフォンを日本で利用する場合には必ず確認しておきましょう。

技適マークが付いていない無線機は、「免許を受けられない/違法になる」恐れがありますので無線機を購入・使用する際は十分ご注意下さい。

出典:総務省 電波利用ホームページ

訪日観光客などが海外から持ち込む端末は特例規定がある

訪日観光客などが日本国内に持ち込む携帯電話端末・BWA端末、Wi-Fi端末などについては「電波法に定める技術基準に相当する技術基準に適合するなどの条件を満たす場合に、日本国内での利用を可能とする規定」があります。

簡単に言うと、訪日旅行者などであれば、諸条件を満たしさえすれば一定期間「技適マークがなくても使える」特例のようなものです。

これはあくまで海外の方が日本へ旅行する際の利便性を考慮したものなので、基本的には「日本人が日本から海外端末を購入する場合には条件としてあてはまらない」ので注意しておきたいところですが、気になる方は総務省のホームページをチェックしてみましょう。

SIMフリーのGalaxy(ギャラクシー)の入手方法2 キャリア版端末をSIMロック解除

次に挙げられるのは、月並みですがキャリア版の端末をSIMロック解除して使う方法です。MVNOを利用して格安SIMを使いたいというだけであれば、手段としてはこちらの方がお手軽と言えるでしょう。

ドコモ、au、ソフトバンク版の端末をSIMロック解除して使う

通信キャリアで販売されているモデルを購入した後に、SIMロック解除を行う方法について詳しく見ていきましょう。これは「もともとSIMロックのかかっているキャリア版スマホを、解除手続きしてSIMフリー端末として使う」ということですね。

比較的新しいスマートフォンはキャリア公式でSIMロック解除に対応している機種も多く、条件さえ満たしていれば、手続き後SIMフリーのスマートフォンとして利用が可能です。

注意しておきたいのは「キャリア公式のSIMロック解除は、本人の購入履歴がある端末に限る」という条件。ドコモとソフトバンクでは既に以下のような条件があります。

ドコモ
契約者本人の購入履歴がある機種であること
ソフトバンク
解約済み製品のSIMロック解除の手続きは、契約していた本人に限り可能

つまり中古で購入したSIMロックのかかっているギャラクシーは、SIMロック解除の手続きが事実上不可能になっています。特に中古のキャリア版を購入する際には注意が必要でしょう。

またauでは、今まで対象機種は条件さえ満たしていれば第三者でもSIMロック解除が可能でしたが、2017年12月1日からは、こちらも契約者本人の購入履歴がある端末でないと手続きができないようになるので確認しておく必要があります。

契約者ご本人さまの購入履歴がある場合のみお申し込みいただけます。2017年12月1日適用開始

出典:au

ドコモ、au、ソフトバンクのSIMロック解除対応Galaxy(ギャラクシー)

ドコモ
(2011年4月-2015年4月)GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D / GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D /
GALAXY Tab S 8.4 SC-03G / GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E / GALAXY S II SC-02C /GALAXY Note II SC-02E / GALAXY S II LTE SC-03D / GALAXY S III α SC-03E / GALAXY NEXUS SC-04D / GALAXY Note SC-05D / GALAXY S III SC-06D / GALAXY S4 SC-04E / GALAXY Note 3 SC-01F / GALAXY J SC-02F /
GALAXY S5 SC-04F / GALAXY Note Edge SC-01G / GALAXY S5 ACTIVE SC-02G / Galaxy S6 edge SC-04G / Galaxy S6 SC-05G
(2015年5月-)Galaxy Active neo SC-01H / Galaxy S7 edge SC-02H / Galaxy S8 SC-02J / Galaxy S8+ SC-03J / Galaxy Feel SC-04J
au
Galaxy S8 SCV36 / Galaxy S8+ SCV35 / Galaxy S7 edge SCV33 / Galaxy A8 SCV32 / Galaxy S6 edge SCV31
ソフトバンク
Galaxy S6 edge

(2017年7月末時点独自調べ)

SIMフリー端末を入手するメリット

  • 海外で現地のSIMカードを利用するのに便利
  • MVNO・格安SIMで利用する際に便利

SIMロック解除(SIMフリー化)すると通信キャリアによるSIMロック制限はなくなるので、例えば海外の現地SIMカードで安く通信・通話を行ったりすることが可能となります。

また、日本国内のMVNOを利用する際にももちろん便利です。ドコモ端末→ドコモ回線を利用した格安SIMであればそのまま使えることが多いですが、例えばau端末→ドコモ回線の格安SIMで利用といった場合にはロックにより使えないので、SIMロック解除が必要なケースも出てきます、

また諸事情からauスマホ→au系格安SIMの利用であっても、SIMロック解除が必要なケースも。SIMフリー化すれば、このような条件もクリアできるのがメリットです。

対応バンドは要確認

SIMフリーのギャラクシーであっても、当然ながら使いたいキャリアや格安SIMで提供されている電波が掴めないのでは、利用することができません。ですので、手続きもしくは購入をする前にスマートフォンの「対応周波数帯(対応バンド)」を確認しておく必要はあります。

幸い大手キャリア3社で発売された端末に関しては「SIMロック解除対応機種の対応周波数帯」を公開しています。これから海外や国内の格安SIMサービス利用を予定している方は、確認しておきましょう。

ここまでのチェックポイント

  1. ギャラクシーのSIMフリー版は、日本公式で発売されていない(2017年8月時点)
  2. 海外版を通販サイトなどから購入することもできるが、技適・周波数帯に注意
  3. キャリア版ギャラクシーをSIMロック解除する方法もある

SIMフリー版でなくとも、格安SIMでは使える場合がある

そもそもSIMフリー版の端末購入、もしくはSIMロック解除の手続きをせずとも、SAMSUNGのギャラクシーを格安SIMで使う方法はあります。

例えば「NTTドコモ版のスマートフォンは、同じNTTドコモの回線網を利用してサービスを提供している格安SIMであればそのまま使える」ことが多いです。この場合には、SIMロック解除も必要ありません。

人気の格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」の例をみてみましょう。メーカー別でSAMSUMG(サムスン)のスマートフォンを確認してみると、以下の画像以外にも、すでに多くのドコモ版ギャラクシーが動作確認済み端末として掲載されています。

出典:IIJmio(みおふぉん)

楽天モバイル」の例も見てみましょう。こちらもNTTドコモ版のスマートフォンであれば、その多くがすでに動作確認済み。

出典:楽天モバイル

格安SIMで使いたいだけの場合には、上記のようにSIMフリー版ギャラクシーでなくともMVNOで使えるケースがあります。上記2社は多くのドコモ版ギャラクシーで動作確認を行っているので、格安SIMへの乗り換えを検討中の方はチェックしておきましょう。

公式サイト
公式サイト:IIJmio(みおふぉん)
公式サイト:楽天モバイル

SIMフリー版・キャリア版、自分に合ったGalaxy(ギャラクシー)を選ぼう

ここまで、SIMフリー版ギャラクシーの入手方法や、格安SIMでの利用方法について見てきました。最近は格安SIMへの乗り換えが増えつつあるので、SIMフリー端末の需要も大きく増加しています。人気のギャラクシーはSIMフリー端末を公式に入手するのは難しいですが、もし月々の利用料金を安くしたいという目的だけならキャリア版(場合によってはSIMロック解除)でも十分可能ということになりますので、無理に海外版を購入する必要はなさそうです。

ただしキャリアで購入すると、端末代金+月々の支払いで非常に高額になります。月々の端末代金サポートを受ければ半額近くにまで下がるものの、割引が適用されるためには24ヶ月ほど使い続ける必要があるので、端末料金の分割支払いを含めて1ヶ月1万円近くかかる生活が2年間続くと想定されます。

また、キャリアでSIMロック解除するまでには決まった期間があります。例外もありますが、基本的には分割払いの場合は100日経過後、一括払いの場合は支払い確認後に解除可能となっています。(一括払いに関しては、au・ソフトバンクは12月から適用)

海外SIMフリー版であれば周波数と技適についてはきっちり確認する手間が出てきますが、購入してすぐに格安SIMが使え、キャリアよりも端末料金が安い場合があるのでコスパとしてはおトクと考えられます。

キャリア版を入手するか海外版を入手するか悩みどころですが、懐具合や手間を考えて慎重に決めましょう!

おすすめ比較診断を試そう!!

あなたがお支払いの携帯料金はもっと節約できるかも?
SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断おすすめ格安スマホ比較診断であなた自身にぴったりな格安SIM・格安スマホを見つけよう。

SHARE!!

SIMフリーの新着記事