1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホは中古でも購入できる!そのメリットと注意点とは?

格安スマホは中古でも購入できる!そのメリットと注意点とは?

更新日:2019.05.20

お手頃価格で購入できる格安スマホも中古でさらにお得に購入できます。この記事では中古で購入できるスマホのなかから特におすすめのスマホや、購入方法、注意事項について解説します。この記事で要点を押さえてよりお得に中古の格安スマホで格安SIMを利用しましょう!

皆さんは格安スマホが中古で購入できるということを知っていましたか?すでに、安く購入できることが売りの格安スマホをさらに安く購入できるのです。今回は、中古の格安スマホについて、そしてそのメリットと注意点について解説します!

格安スマホは中古でも購入できる!?

格安スマホを中古で購入できるということを知っていましたか?格安スマホというと端末のみの購入か、MVNOでセット購入というイメージがありますよね。

実は、格安スマホを中古で購入するとさまざまなメリットがあるのです。早速見ていきましょう!

格安スマホを中古で購入するメリットとは?

中古のメリット
格安スマホをさらに安く買える
昔の端末を購入できる
人気機種でも安く買える

上記のメリットを見ても分かる通り、格安スマホを中古で購入するメリットのほとんどは安い価格で購入できるというところです。

また、人気機種や昔の端末も購入することができるので、現在の格安スマホ以外の格安スマホを購入することができます。

格安スマホを中古で購入する際の注意点

中古で購入する際の注意点
製品の状態に注意する
保証期間が短い
欲しい端末があるとは限らない

中古で格安スマホを購入する際には上記の注意点を意識するといいでしょう。まず、製品の状態です。中古の格安スマホは数が限られているので常に状態がいいとは限りません。お得に見えても、傷や汚れがひどいため安い場合もあるので注意しましょう。

また、保証期間が短い場合が多いです。ほとんどが購入したお店での保証なのでメーカーのサポートは受けられません。さらに、欲しい端末があるとは限りません。中古なため製品の状態や個数などは限られていますので注意しましょう。

よく耳にする白ロムってどういう意味?

白ロム(しろロム)とは、携帯電話回線の契約情報(電話番号)を端末に直接書き込む方式の機種で、契約情報が記録されていないものをいう。

出典:Wikipedia

白ロムとは、1回誰かが契約したスマホやSIMカードを抜いた状態のスマホのことを指します。SIMフリーのスマホの場合、再度SIMカードを指すことで使用することができます。

中古で購入する際におすすめの格安スマホとは?

おすすめの格安スマホ
Samsung Galaxy S7
SONY Xperia XZ1
Apple iPhone SE

中古で購入する際におすすめの格安スマホを集めてみました!同時におすすめの格安SIMもご紹介するのでこれを機会に購入してみてはいかがでしょうか?

今回は、中古で多く流通しているものを中心に選びました。価格に関しては相場によって変動しますのでご注意ください!

Samsung Galaxy S7 edge


出典:GALAXY

カラー
ブラックオニキス、ホワイトパール、ピンクゴールド、ブルーコーラル
価格
1万9,800円~5万1,800円
対応SIM
docomo系、au系

まず、ご紹介するのはSamsungのGalaxy S7 edgeです。日本人向けに作られたデザインと、使いやすい機能性は評判の高い機種です。

カラーも4色用意されているので女性でも男性でも使用できます。Galaxy S7 edgeには、docomo系のMVNOであるOCN モバイル ONEがぴったりです。ぜひ、検討してみてください!

終了日未定
オプション同時加入割引申し込みで端末価格最大3,000円OFF
ZenFone 6など対象のスマホセット購入時にOCNでんわ 10分かけ放題+マイセキュア(5ライセンス)同時加入で端末価格最大3,000円が割引になります。
さらに他社より乗り換え(MNP)ならプラス5,000円割引! 詳細をチェック
公式サイトへ

SONY Xperia XZ1


出典:XPERIA

カラー
ブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンク
価格
3万3,800円~6万4,800円
対応SIM
docomo系、au系、SoftBank系、SIMフリー

続いては、SONY Xperia XZ1です。「いたわり充電」というシステムを導入した本機は2年使っても劣化しにくいバッテリーを実現しており、中古で購入してもバッテリーの持ちが悪いという不満に悩まされることはなさそうです。

SONYならではの音質へのこだわりにより、高音質なハイレゾ音源の再生に対応しているので、通勤・通学中に音楽を聴く方におすすめの格安スマホです。快適な使用を実現するためにもプランが多いDMM mobile(DMMモバイル)の格安SIMをおすすめします!

DMM mobileで利用するのであれば、docomo系かSIMフリー、もしくはSIMロック解除済みのSONY Xperia XZ1を選びましょう。

Apple iPhone SE


出典:楽天モバイル

カラー
ピンク・ゴールド・シルバー・グレイ
価格
1万3,800円~3万2,800円
対応SIM
docomo系

最後に紹介するのは、AppleのiPhone SE。Apple公式で購入ができなくなり、MVNOでも取り扱いが少なくなってきましたが、コンパクトな本体とAppleならではの操作しやすさはまだまだ根強い人気があります。

中古ショップに流通している在庫も多く、未使用品をお手頃価格で購入できることもあるのが最大の魅力。楽天モバイルでは海外販売モデルのiPhone SE 16GBのセット販売をしているので、自分がアプリや動画・音楽再生などでどれ位メモリを使うかなどを考えて、端末セットで契約するか、SIM単体で契約するかを検討してみてはいかがでしょうか。

終了日未定
【スーパーホーダイ申込特典】最大1,500円割引
【スーパーホーダイ限定】
楽天会員登録で1年間月額基本料金が1,500円/月割引
さらに、ダイヤモンド会員の場合プラス500円/月割引(1年間)
新しいスーパーホーダイは最低利用期間なし・契約解除料なし!初月は全プラン1,480円です。 詳細をチェック
公式サイトへ

中古の格安スマホに合ったSIMの選び方

中古の格安スマホを買ったら次に必要となるのが格安SIMです。

SIMを選ぶときは必ずdocomo系の端末かau系の端末かを確認しましょう。SIMフリーのスマホの場合はどの格安SIMでも大丈夫です。

必ず対応している端末か確認しよう

そして、もう一点注意したいのが格安SIMに対応している端末か調べるといいでしょう。まれにdocomo系やau系のSIMでも使えない端末があります。

MVNOのサイトに行って端末を検索してください。そうすれば、使えないということは回避できます。

中古の格安スマホを購入しよう!

中古の格安スマホについて知っていただけましたでしょうか?中古の格安スマホには利点が多いですが、その分注意点もあります。

この記事で紹介したことに気をつけて、中古の格安スマホを購入するようにしましょう!参考になれば幸いです。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい