1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMロック解除の対応機種かどうかを確認するには?

SIMロック解除の対応機種かどうかを確認するには?

更新日:2020.06.23

今まで使っていたスマホや中古で購入したスマホをSIMロック解除して格安SIMで使いたいという方も多いと思います。今回はお手持ちのスマホがSIMロック解除の対応機種かどうか、国内で格安SIMを使えるか確認する方法を調べました。

格安SIMが人気の今、利用していたキャリア購入のスマートフォンや中古で購入したスマホをSIMロック解除して格安スマホとして利用したい方も多いはずです。そこで今回はSIMロック解除の対応機種がどうか、格安スマホとして国内で使えるかどうか確認する方法を解説していきます。

SIMロック解除の対応機種

格安SIMで利用したい場合もしくはアンロックして海外で利用したい場合には「SIMロック解除手続き」が必要になる場合があります。今回は手続きや対応機種において知っておきたい項目をまとめてみました。

SIMロック解除が必要かどうか

まずは「そもそもSIMロック解除が必要がどうか」という部分を知っておく必要があります。現状MVNOで一般消費者向けに提供されている格安SIMはdocomo系とau系の回線なので、簡単にまとめると以下のようになります。

ドコモ購入のスマートフォン
docomo系格安SIMで使う場合:SIMロック解除必要なし
au系格安SIMで使う場合:SIMロック解除必要
au購入のスマートフォン
docomo系格安SIMで使う場合:SIMロック解除必要
au系格安SIMで使う場合:VoLTE対応機種の場合、SIMロック解除が必要
ソフトバンク購入のスマートフォン
docomo系格安SIMで使う場合:SIMロック解除必要
au系格安SIMで使う場合:SIMロック解除必要

ここでのポイント1つ目は「ドコモ機種→ドコモSIMならSIMロック解除が必要ない」という部分。もしドコモで購入したスマートフォンをドコモ系の格安SIMで使うなら、わざわざSIMロック解除をする必要がありません。

ポイント2は「auのVoLTE対応機種→au系SIMはSIMロック解除が必要」ということ。同じau購入の機種でもVoLTE対応モデルのスマートフォンは、例えau系の回線が使えるMVNOであってもロック解除が必要になることをまずは覚えておきましょう。

SIMロック解除ができる機種は?

2015年5月より発売された機種に関しては、各キャリア約180日経過後にSIMロック解除手続きができるようになっています。なのでこの時期あたりから発売されたモデルであれば、ほとんどの機種が現在はSIMロック解除対象となっています。

気を付けておきたいのは「中古端末で解除できるのはauだけ」という部分です。docomoとsoftbankは契約者のみSIMロック解除手続きが可能となっているので、例えばまだロックのかかっている端末を中古購入した後に自分で正規のSIMロック解除を行うことはできません。

なので中古でスマートフォンを購入して格安SIMで利用したい場合は、以下のようになります。

中古でSIMロックがかかった状態のスマホを購入する場合
ドコモ端末 → ドコモ系の格安SIMならOK
au端末 → 購入後180日経過していれば、自分でロック解除してau,docomo系の格安SIMで使える
ソフトバンク端末 → 利用不可

本当に格安SIMで使える対応機種を見極めるには

格安SIMで利用できる対応機種を見極めるには、まずはMVNO各社が公表している「動作確認済み端末」を確認する必要があります。

ただし提供回線元の購入端末でない場合は情報を載せていないことがほとんどなので、その場合は各キャリアが公表している「SIMロック解除後の対応バンド」を確認しておく必要があります。

動作確認済み端末を確認

一番確実な方法は、MVNO各社が調査している動作確認済みの対応機種一覧ページを確認することです。人気格安SIMの公式サイトは以下の通り。

ドコモ系の人気格安SIM
楽天モバイル
IIJmio
BIGLOBE SIM
OCN モバイル ONE
au系の人気格安SIM
mineo
UQ mobile

…上記の公式サイトから調べれば確実に使えるスマートフォンの対応表は確認できますが、例えば「au端末→ドコモ回線のMVNO」「docomo端末→au回線のMVNO」などの組み合わせでは、利用確認可否を載せていないことがほとんどです。

そこで確実にSIMロック解除をしてから格安SIMで利用するために、各キャリアで「アンロック後の対応バンド」を調べる方法もまとめました。

NTTドコモ

NTTドコモはロック解除後の対応バンドを、PDFファイルにて公開しています。

このページを見ればSIMロック解除をした後の端末がどの対応バンド・周波数帯で使えるのか一目瞭然なので、他社回線のSIMカードや海外の現地SIMで利用する場合には事前に確認しておくと便利です。

公式サイト:docomo

au/KDDI

au端末をSIMロック解除した後の対応機種・周波数帯はこちら

au端末は3GがCDMA2000のみと思われがちですが、SIMロックを解除すれば他社でW-CDMAを利用できる機種が多くあります。確認しておきましょう。

ソフトバンク

ソフトバンクもPDFでファイルを公開しています。

ソフトバンクの端末に関してはBand 8などに対応していることもあり、海外で利用する際にも便利です。3G回線も元々WCDMAを利用しているので、ドコモSIMで利用するには使いやすいのではないでしょうか。

公式サイト:SoftBank

SIMフリースマホのセット購入が一番安全

上記で紹介したようなキャリア端末を再利用したり中古で購入するのも安くてありですが、周波数帯や対応バンドが一致しているか、しっかり使えるかどうか調べるのは大変です。

もっと簡単に格安SIMを利用したいなら、すでに動作確認がとってあり対応機種となっている「セット購入」を活用しましょう。

セット購入とは

セット購入とは、文字通りMNVOで格安SIMと格安スマホをセットで購入して利用することです。基本的にはサービス側で使えるものを販売しているので安心ですし、場合によってはキャンペーンで本体代金が安くなる可能性もあるのでお得です。

格安スマホの取り扱いが多いサービスをいくつか紹介しておきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プラン

  • 楽天回線エリアはデータ使い放題
  • パートナー回線エリアは5GB/月まで
  • 国内通話がかけ放題

楽天モバイルはMNO化と同時に、料金プランも一新しました。

格安SIM時代にあったスーパーホーダイと組み合わせプランは新規受付を終了し、新プランである「Rakuten UN-LIMIT2.0」がスタートしています。

Rakuten UN-LIMITは「UN-LIMIT」という名前の通り、データ容量無制限の使い放題プランです。楽天回線エリアであれば、「毎月〇GBまで」といった制限がなく、使いたいだけインターネットが使えます。

楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)では、月間5GBまで利用可能です。さらに、5GBを超えた後は、最大1Mbpsでデータ容量使い放題になります。

最大1Mbpsというのは、YouTubeの標準画質の動画が視聴できる速度です。動画が視聴できる速度なら、大抵のSNSやネット閲覧も問題ないでしょう。

月額料金も2,980円/月と格安で、契約年数が経っても料金は変わりません。一律2,980円で使い続けることが可能です。

さらに、月額2,980円の中には国内通話かけ放題も入っています。「Rakuten Linkアプリ」経由で電話をかけると、楽天モバイルユーザー以外への発信・受信も無料になるのです。

大手キャリアの場合かけ放題だけで1,500~1,700円かかるので、2,980円でギガ使い放題・通話し放題がいかに安いのかがわかります。

公式サイト:楽天モバイル

mineo(マイネオ)

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは数が多く、少し複雑です。データSIMと音声通話SIMの他に、データ容量・通信速度・回線を選ぶ必要があります。

  • SIMタイプ:シングルタイプ・デュアルタイプ
  • データ容量:6種類
  • 通信速度:通常コース・エココース
  • 回線:ドコモ・au・ソフトバンク

シングルタイプはデータ通信SIM、デュアルタイプは音声通話SIMのことです。呼び方が違うだけで、できることは他の格安SIMを変わりません。

通信速度は、通常コースの他に「エココース」があります。エココースは、最大速度が制限される代わりに料金が安いプランです。

月曜〜金曜までは最大速度が200kbpsになり、土日は通常速度で使えます。さらに、ギガを使い切ったあとも最大200kbpsが維持されるので、通信制限でイライラすることもありません。

通常プランに比べ、月額料金は450円安くなります。年間で5400円も安くなるので、かなりお得ですね。

SIMタイプ・データ容量・速度を選んだら、あとは回線だけです。ドコモ・au・ソフトバンク回線で月額料金が違っており、ドコモが最も安くなっています。

シングルタイプ(データSIM)Aプラン・DプランSプラン
500MB700円790円
3GB900円990円
6GB1580円1670円
10GB2520円2610円
20GB3980円4070円
30GB5900円5990円

デュアルタイプ(音声通話SIM)AプランDプランSプラン
500MB1310円1400円1750円
3GB1510円1600円1950円
6GB2190円2280円2630円
10GB3130円3220円3570円
20GB4590円4680円5030円
30GB6510円6600円6950円

シングルタイプ(データSIM)Aプラン・DプランSプラン
500MB
3GB850円940円
6GB1480円1570円
10GB2370円2460円
20GB3680円3770円
30GB5450円5540円

デュアルタイプ(音声通話SIM)AプランDプランSプラン
500MB
3GB1460円1550円1900円
6GB2090円2180円2530円
10GB2980円3070円3420円
20GB4290円4380円4730円
30GB6060円6150円6500円

公式サイト:mineo

SIMロック解除と対応機種のまとめ

各キャリアの解除可否や対応バンドの調べ方を知っておくとより状況に合わせた運用が可能になるので確認しておきましょう。おすすめの格安SIMは下記の「SIMチェンジプラン診断」から確認できます。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい