1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMカードのサイズはminiSIM、microSIM、nanoSIMの3種類

SIMカードのサイズはminiSIM、microSIM、nanoSIMの3種類

SIMカードには3種類のサイズがあり、SIMカードを交換して使う時にスマホ側とサイズが合わないことがあります。携帯電話各社、格安SIMカード会社(MVNO)共に2,000円前後でSIMカードを交換してくれますが、SIMカードカッターやSIMカードアダプターを使ってサイズを合わせる方法もあります。

携帯電話やスマートフォンは「SIMカード」を挿して使います。

自分の携帯電話からSIMカードを抜いて別の携帯電話に挿せば、基本的には自分の電話番号やメールアドレスでそのまま使えますが、中にはSIMカードのサイズが違うため使えない、という問題もあります。この記事ではそんなSIMカードのサイズの違いについてご紹介します。

name

SIMカードのサイズは3種類

  • 標準SIM/miniSIMカード(FOMAカード・ドコモUIMカード)
  • microSIMカード(ドコモminiUIMカード)
  • nanoSIMカード(ドコモmicroUIMカード)

SIMカードは全て同じサイズではない

携帯電話やスマートフォンにSIMカードが使われるようになったのは2001年以降です。

その間に使われている携帯電話やスマートフォンに使用されるSIMカードは、大きく分けて3種類あります。大きい順から「miniSIMカード」「microSIMカード」「nanoSIMカード」の3つです。

miniSIMカードの上には「フルサイズSIMカード」というものも存在したことがありましたが、現在ではほとんど利用されていません。

また、miniSIMカードを「標準SIMカード」と呼ぶこともあります。これはSIMカードが今のように一般的なものになるきっかけとなった、ドコモのFOMAシリーズで使われていたSIMカードがminiSIMカードで、つい最近まで主流のサイズだったことによります。

ただし、ドコモではSIMカードにそれぞれ独自の名称をつけており、一般的に言う「miniSIMカード」は「FOMAカード」「ドコモUIMカード」と呼び、「microSIMカード」は「ドコモminiUIMカード」と呼びます。また、nanoSIMカードを「ドコモmicroUIMカード」と呼びますので、混同しないようにしてください。

標準SIM/miniSIMカード(FOMAカード・ドコモUIMカード)

iPhoneを例にSIMカードのサイズの変遷を見ると、2007年に発売された一番最初のiPhone、2008年に発売されたiPhone3G、2009年に発売されたiPhone3GSまでがminiSIMカードになります。

iPhoneは他のメーカーのスマートフォンに比べるとかなり早い時期に小さなSIMカードに移行する傾向にありますが、iPhone以外では2011年頃に登場した携帯電話、スマートフォンまではminiSIMカードが使われています。

microSIMカード(ドコモminiUIMカード)

microSIMカードはminiSIMカードより一回り小さいSIMカードで、最近ではminiSIMカードに代わって最も標準的なサイズのSIMカードになりつつあります。

iPhoneでは2010年に発売されたiPhone4、2011年に発売されたiPhone4SでこのmicroSIMカードが使われています。ドコモでは2011年に発売されたスマートフォン、SH-13Cで(本体に付属するSIMとしては)初めてmicroSIMカードが使われました。

nanoSIMカード(ドコモmicroUIMカード)

nanoSIMカードはmicroSIMカードよりもさらに一回り小さいSIMカードです。

iPhoneでは2012年に発売されたiPhone5、2013年に発売されたiPhone 5sおよびiPhone 5c、2014年に発売されたiPhone 6およびiPhone6 PlusでnanoSIMカードが使われています。

ドコモでは2014年冬モデルの一部の機種から(本体に付属するSIMとしては)nanoSIMカードが使われていますが、以降に登場するモデルでの、最新のスマートフォンのハイエンドモデルでは続々とnanoSIMカードに対応するようになっています。

SIMカードのサイズを変更する3つの方法

契約したSIMカードのサイズが端末に合わなかった場合、以下の3つの方法でSIMカードのサイズを変更することができます。

  • MVNOでSIMカードのサイズを変更してもらう
  • SIMアダプターを使ってSIMカードのサイズを大きく変更する
  • SIMカッター・SIMパンチを使ってSIMカードのサイズを小さく変更する

MVNOでSIMカードのサイズを変更してもらう

もっともスタンダードかつ安全な方法は、格安SIMを契約したMVNOでSIMカードのサイズを変更する手続きをするという方法をとることでしょう。

多くのMVNOではSIMカードのサイズ変更に対応しています。しかし、SIMカードサイズ変更にはお金がかかり、SIMカードの発行手数料や準備料として、3,000円程度の手数料がかかります

場合によっては、一度解約してから新しく契約を行い、正しいSIMカードのサイズを選んだほうが安く済むこともありますので、調査してみましょう。

そして、SIMカードのサイズ変更を行っていないMVNOもあります。こちらもやはり、一度解約してから再び契約することとなりますね。

SIMアダプターでSIMカードのサイズを大きく変更する

SIMアダプターを利用すれば、SIMカードのサイズを大きく変更することができます

SIMアダプターは、一つ上、あるいは二つ上のサイズにSIMカードの大きさを変更できる優れもので、nanoSIMならmicroSIMと標準SIM、microSIMなら標準SIMにサイズを変更できます。

使い方は、金属端子部分を上にして、SIMアダプタに装着するだけとなっています。この際注意したいのは、SIMカードが外れないようにするということでしょう。

もしも外れやすい状態でSIMカードを装着すると、後から取り出す際にうまく外れなくなってしまう可能性があります。少し厚みが増すので、端末によってはうまく入らない場合もあります。その場合は、SIMアダプターは使用しない方が良いでしょう。

SIMアダプターは、ネットで気軽に購入することができます。100円程度でも購入できてしまうほど安いので、気軽に購入できます。

だたし、注意点としてSIMアダプターを利用してのSIMカードの利用は、故障等の原因になり得るということが挙げられます。

SIMアダプターを無理やり利用して、端末が故障してしまった場合に、高額の修理代が発生してしまう可能性もあります。MVNOにSIMカードのサイズ変更をお願いした場合は3,000円程度で済みますので、基本的にはそちらをおすすめします。

SIMカッター・SIMパンチでSIMカードのサイズを小さく変更する

SIMアダプターでは、サイズを大きく変更することができますが、小さく変更することはできません。しかし、現在microSIMや標準SIMを契約していて、より小さなサイズに変更しなければいけないという場合もありますよね。

SIMカッター(SIMパンチ)を利用すると、SIMカードを切断し、サイズを小さく変更することができます。

物理的に切断するアイテムですので、失敗するとSIMカードが使えなくなるという点には注意が必要です。特にnanoSIMはサイズが小さく、金属端子部分も少し切断されますので、うまく切断されなかった場合はアウトとなります。

そして、サイズを無理矢理変えている関係上、うまくSIMカードが端末に入らないことも起こりうるので、注意が必要です。壊れてしまう可能性を考慮してください

SIMカッター(SIMパンチ)も、ネット通販で購入できます。値段はおよそ1,000円程度と、SIMアダプターと比べて高めです。

SIMカード選びは、使い方に合わせるのがベスト

SIMフリーの義務化や格安SIMの台頭によって、格安SIMカードを利用する人は今後もさらに増えることが予想されます。

1枚のSIMカードを複数の本体で使い回す、ということも理屈上は条件さえ合えば可能です。

しかし、できれば1つの本体に1枚のSIMカードを用意する、それもきちんと対応したサイズのSIMカードを用意する、というのがよりベターな方法だと言えます。格安SIMカードは安いものなら月500円以下で、高いものでも月3,000円程度で使うことができます。

スマホとタブレットの2台持ちなど、人によってさまざまなスタイルでの端末の使い分けがあるかもしれませんが、それぞれのライフスタイルや使い方に合わせたSIMカード選びをすることが大切です。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!