1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. イオンモバイルの取扱端末を徹底比較解説!最新のおすすめはどれ?

イオンモバイルの取扱端末を徹底比較解説!最新のおすすめはどれ?

更新日:2020.05.22

スマホ代を節約するため、格安SIMでイオンモバイルを選ぶなら、端末もイオンモバイルで購入しましょう。シリーズごとに最新の取り扱い状況とスペックをまとめ、おすすめまで紹介します。SIMと一緒に購入する自分に合った端末を見つけてください。

イオンモバイルはWebだけでなく、全国のイオン200店舗以上で端末の購入ができる格安SIMです。

折角スマホの月額料金を安くするためイオンモバイルに乗り換えるなら、端末も一緒にイオンモバイルで購入しましょう。端末価格は10,000円代からで、選べる種類は30以上あります。

おすすめの端末から実際に使い始めるまでの手順も紹介します。

イオンモバイルの端末の基礎知識

イオンモバイルでどのような端末があるのかを紹介する前に、端末はどんな購入方法が可能なのか、どこの回線に対応しているのかを知っておきましょう。

イオンモバイルは端末のみでも購入可能

イオンモバイルの端末は、SIMの申し込みをしなくても端末だけの購入が可能です。

しかし、端末だけの購入は割引が使えないことがあるので、どうしてもキャリアを変えたくないとき以外はおすすめできません。

端末を購入する場合は、Webのイオンデジタルワールドと全国のイオン内の店舗で取り扱いがあります。

店舗の場合は、「ご契約即日お渡し店舗」と「後日配送お渡し店舗」の2種類に分かれています。契約して端末をすぐに使いたいのなら「ご契約即日お渡し店舗」に行きましょう。

対応回線はauとドコモ

イオンモバイルはau回線とドコモ回線の2種類に対応しています。それぞれの回線での対応エリアや通信速度、速度制限は以下のようになります。

au回線ドコモ回線
エリアau4GとLTEのエリアドコモのLTEと3Gのエリア
通信速度
  • 高速通信の最大 下り958Mbps/上り112.5Mbps
  • 低速通信の最大 200kbps
  • 高速通信の最大 下り1,288Mbps/上り131.3Mbps
  • 低速通信の最大 200kbps
高速通信での速度制限直近3日間での通信量が6GBを超えると速度制限データ残量があれば制限なし
低速通信での速度制限低速通信で3日間の通信量が366MBを超えると速度制限低速通信で3日間の通信量が366MBを超えると速度制限

イオンモバイルのSIMはiPhoneに対応

イオンモバイルで購入できる端末にiPhoneはありません。しかし、イオンモバイルのSIMで動作確認されているiPhoneはあります。イオンモバイルでiPhoneを使いたい場合は事前に確認しましょう。

イオンモバイルのSIMで動作確認済みのiPhone一覧

端末一覧au回線ドコモ回線
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR SIMフリー版
iPhone XR ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone XS Max SIMフリー版
iPhone XS Max ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone XS SIMフリー版
iPhone XS ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone X SIMフリー版
iPhone X ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone 8 SIMフリー版
iPhone 8 ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone 8 Plus SIMフリー版
iPhone 8 Plus ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone 7 SIMフリー版
iPhone 7 ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone 7 Plus SIMフリー版
iPhone 7 Plus ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone SE SIMフリー版
iPhone SE ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone 6s SIMフリー版
iPhone 6s ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone 6s Plus SIMフリー版
iPhone 6s Plus ドコモ版/au版/ソフトバンク版
iPhone 6 SIMフリー版
iPhone 6 ドコモ版×
iPhone 6 Plus SIMフリー版
iPhone 6 Plus ドコモ版×
iPhone 5s SIMフリー版×
iPhone 5s ドコモ版×
iPhone 5c SIMフリー版/ドコモ版×
iPhone 5 SIMフリー版×
iPhone 4s SIMフリー版×
iPhone 4 SIMフリー版×
iPhone 3GS SIMフリー版×

イオンモバイルで取扱がある新品の端末一覧

イオンモバイルで取扱がある端末をシリーズやメーカー別に紹介します。

AQUOSシリーズ

AQUOSはシャープが製造しているスマホのシリーズで、高画質のディスプレイや省エネに優れた設計になっているのが特徴です。

最新機種なら防水やおサイフケータイ機能がついて、普段使いするなら十分な性能となっています。

価格本体サイズ(H×W×D)重量画面サイズバッテリー容量RAM/ROM対応回線
AQUOS sense2 SH-M08H25,800円148×71×8.4mm155g5.5インチ2,700mAh3GB/32GBau/ドコモ
AQUOS sense2 やさしいスマホ SH-M08P5S29,800円148×71×8.4mm155g5.5インチ2,700mAh3GB/32GBau/ドコモ
AQUOS sense3 SH-M1234,800円147×70×8.9mm167g5.5インチ4,000mAh4GB/64GBau/ドコモ
AQUOS sense2 SH-M0822,800円148×71×8.4mm155g5.5インチ2,700mAh3GB/32GBau/ドコモ
AQUOS sense plus SH-M0742,800円151×71×8.9mm157g5.5インチ3,100mAh3GB/32GBau/ドコモ
AQUOS sense lite SH-M0519,800円144×72×8.5mm147g5.0インチ2,700mAh3GB/32GBau/ドコモ
AQUOS SH-M0424,800円143×71×8.3mm138g5.0インチ2,700mAh2GB/16GBau/ドコモ

ZenFoneシリーズ

ZenFoneは台湾にあるASUSが製造するスマホブランドで、「禅」をコンセプトに無駄のない美しいデザインとなっています。

発売当初は価格の安さを押し出していましたが、シリーズを重ねるごとに高性能化が進み、今では安さよりスペックの高さが魅力です。

価格本体サイズ(H×W×D)重量画面サイズバッテリー容量RAM/ROM対応回線
ZenFone Max Pro(M2)(6GB/64GB)38,800円157.9×75.5×8.5mm175g6.3インチ5,000mAh6GB/64GBau/ドコモ
ZenFone Max Pro(M2)34,800円157.9×75.5×8.5mm175g6.3インチ5,000mAh4GB/64GBau/ドコモ
ZenFone Max (M2)22,800円158.4×76.2×7.7mm160g6.3インチ4,000mAh4GB/32GBau/ドコモ
ASUS ZenFone Live(L1)イオンモバイル限定モデル14,800円147.2×71.7×8.1mm140g5.5インチ3,000mAh2GB/16GBau/ドコモ
ASUS ZenFone 5Q39,800円160.5×76×7.7mm168g6.0インチ3,300mAh4GB/64GBau/ドコモ
ASUS ZenFone 552,800円153×75.6×7.7mm165g6.2インチ3,300mAh6GB/64GBau/ドコモ
ASUS ZenFone 4 Selfie29,800円155.6×75.9×7.8mm144g5.5インチ3,000mAh4GB/64GBau/ドコモ
ZenFone 4 Max

24,800円

150.5×73.3×8.7mm156g5.2インチ4,100mAh3GB/32GBau/ドコモ
ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデル44,800円155.4×75.2×7.5mm165g5.5インチ3,300mAh4GB/64GBau/ドコモ

arrowsシリーズ

arrowsは富士通が製造する、スマホ初心者向けの機能を搭載したシリーズです。独自の「かんたんセット」の設定を使うと、ホーム画面は電話やネットなど基本のアプリが大きなアイコンで表示されます。

安心して使えるように、防水・防塵・耐衝撃性能を備え、ホコリが多い場所や水回りで使っても問題はありません。

価格本体サイズ(H×W×D)重量画面サイズバッテリー容量RAM/ROM対応回線
arrows M0534,800円149×72×8.8mm166g5.8インチ2,880mAh3GB/32GBau/ドコモ
arrows M0419,800円144×71×8mm148g5インチ2,580mAh2GB/16GBau/ドコモ

HUAWEIのスマホ一覧

HUAWEIは中国に本社がある通信機器のメーカーで、2019年のスマホ世界シェアで3位となっています。Pシリーズやnovaシリーズなど複数のシリーズを展開し、安価なものから高額だがハイスペックなものまでそろっています。

HUAWEIのスマホを選ぶときは1つだけ注意点があります。2020年以降に発売されるHUAWEIのスマホでは、Google Playのメディアサービスが搭載できなくなっています。

2020年4月段階ではイオンモバイルで取扱のあるHUAWEI端末は問題ないですが、新しいHUAWEIが発売されたらGoogleの扱いがどうなるかをチェックしておきましょう。

価格本体サイズ(H×W×D)重量画面ンサイズバッテリー容量RAM/ROM対応回線
HUAWEI nova 5T53,800円154.25×73.97×7.87mm174g6.26インチ3,750mAH8GB/128GBau/ドコモ
HUAWEI P3077,800円149.1×71.36×7.57mm165g6.1インチ3,650mAh6GB/128GBau/ドコモ
HUAWEI P30 lite29,800円152.9×72.7×7.4mm159g6.15インチ3,340mAh4GB/64GBau/ドコモ
HUAWEI nova lite 317,800円155.2×73.4×7.95mm160g6.21インチ3,400mAh3GB/32GBau/ドコモ
HUAWEI Mate 20 Pro

99,800円

158×72×8.6mm189g6.39インチ4,200mAh6Gb/128GBau/ドコモ
HUAWEI nova 339,800円157×73.7×7.3mm166g6.3インチ3,750mAh4GB/128GBau/ドコモ
HUAWEI P2069,800円149.1×70.8×7.65mm165g5.8インチ3,400mAh4GB/128GBドコモ
HUAWEI P20 lite31,800円148.6×71.2×7.4mm145g5.84インチ3,000mAh4GB/32GBau/ドコモ
HUAWEI nova lite225,800円150.1×72.05×7.45mm143g5.65インチ3,000mAh3GB/32GBドコモ
HUAWEI nova37,800円141.2×69.1×7.1mm146g5インチ3,020mAh3GB/32GBau/ドコモ

その他のメーカーの端末一覧

イオンモバイルでは、OPPOやmotorolaなど海外メーカーのスマホも取扱っています。大手キャリアでは購入できない端末もあるのでチェックしてみましょう。

価格本体サイズ(H×W×D)重量画面サイズバッテリー容量RAM/ROM対応回線
OPPO Reno A35,800円158.4×75.4×7.8mm169.5g6.4インチ3,600mAh6GB/64GBau/ドコモ
motorola moto e514,800円154.4×72.2×8.9mm173g5.3インチ4,000mAh2GB/16GBau/ドコモ
ZTE BLADE E0212,800円144×71×8.4mm135g5インチ2,400mAh2GB/16GBau/ドコモ

スマホ以外のイオンモバイルの端末

イオンモバイルはスマホ以外に、ケータイ、タブレット、Wi-Fiルーターも1種類ずつ端末を取扱っています。複数台持ちやWi-Fi環境を作りたいときに、一緒に購入をしましょう。

価格本体サイズ(H×W×D)重量画面サイズバッテリー容量RAM/ROM対応回線
AQUOS SH-N0124,000円113×51×16.7mm131g3.4インチ1,800mAh1GB/8GBドコモ
HUAWEI MediaPad T524,800円164×243×7.8mm465g10.1インチ5,100mA2GB/16GBドコモ

価格通信速度対応回線
Aterm HT100LN15,800円LTE 下り150Mbps/上り50Mbpsau/ドコモ

数量限定イオンモバイルのアウトレット端末

古くても安い端末がほしいのなら、Webのイオンデジタルワールドで数量限定のアウトレット端末を探してみてください。

取扱端末は本体のみのものとSIMセットのものがあります。

端末名価格
ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデル(ミッドナイトブラック・SIMセット)19,800円
ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデル(ミッドナイトブラック・本体のみ)29,800円
honor 9(サファイアブルー・SIMセット)14,800円
honor 9(本体のみ・サファイアブルー)14,800円
HUAWEI P10 lite(ミッドナイトブラック・本体のみ)11,800円

イオンモバイルのおすすめ端末3選

イオンモバイルで取扱いがある端末は、30種類以上あるのでどれを選べばよいか迷うこともあるでしょう。

価格の手頃さや使用目的によっておすすめを3つ紹介します。

AQUOS sense2 SH-M08H


出典:イオンモバイル

AQUOS sense2 SH-M08Hは防水・防塵に加え、おサイフケータイ機能があるから、普段使いで困ることはないでしょう。

キャッシュレスでの支払いは現金よりお得なことが多いので、節約をしたい人にはかかせません。

また、独自の省エネディスプレイと劣化の少ないバッテリーを採用し、端末を長く使うことができます。静止状態での待受けならLETで620時間、連続通話は約32時間なので、頻繁に充電をする必要もないでしょう。

ZenFone Max Pro M2 6GB/64GB


出典:イオンモバイル

ZenFone Max Pro M2はデュアルSIMデュアルVoLTEに対応したスマホで、SIMカードを2枚挿すことができます。待ち受けは2つの電話番号で同時にできるから、仕事とプライベートで端末を使い分けなくて済みます。

また、端末は1mの高さからの落下に耐えられるGorilla Glass 6を採用しています。もしものときでも6.3インチの高品質ディスプレイへの傷の心配をせず、映画などを楽しめるでしょう。

OPPO Reno A


出典:イオンモバイル

OPPO Reno Aは6.4インチの大画面と64GBのストレージ、6GBのRAMでゲーム向けのスペックとなっています。スマホゲームをよくするなら、容量や処理落ちを気にしなくてよいでしょう。

OPPO Reno Aには、ゲームブースト2.0というゲームの操作性や描写を高める機能があります。

タッチブーストでタップしてからのレスポンスが高速化し、フレームブーストで高画質なゲームでのかくつきをなくします。

イオンモバイルの端末の購入手順

イオンモバイルでほしい端末が決まったら、イオンモバイルの公式HPや店舗で購入をしましょう。

あらかじめ必要なものをそろえておけば、スムーズに手続きが完了します。

端末購入の際に必要なもの

イオンモバイルで端末を購入する場合、端末のみの購入、端末とSIMのセットで購入(MNPのありなし)の3パターンがあります。それぞれどんなものが必要になるのかを紹介します。

端末+SIM(MNPあり)
  • 本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証など)
  • クレジットカード
  • MNP予約番号
端末+SIM(MNPなし)
  • 本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証など)
  • クレジットカード
端末のみクレジットカード

さらにWebで申込みをする場合は、上記のどの方法でもメールアドレスが必要です。

MNP予約番号の有効期限は10日以上必要となっています。期限切れにならないよう、MNP予約番号を取得したら、すぐに端末の申し込みをしてください。

Webで端末を購入する場合

出典:イオンモバイル
  1. 公式HPの「新規お申し込み」から「Webでの申込む」を選択
  2. 購入する商品を選択
  3. SIMセットのなら料金プランやSIMタイプ、オプションを決める
  4. 本人情報の入力(本人確認書類はアップロード)
  5. 商品の発送

商品は申込んでから3~7日で登録した住所に届きます。SIMカードとセットでの申込みなら、届いた段階でMNPの切り替えは完了しています。

端末の購入は、店舗の営業時間や混んでいるときの待ち時間がないWebがおすすめです。

イオンモバイルを契約する!

店舗で端末を購入する場合

  1. 必要なものを持って「ご契約即日お渡し店舗」に来店する
  2. 契約の手続きをする
  3. その場で端末の受取り

店舗での購入は営業時間内での来店や待ち時間がありますが、端末や料金プランで不明なところを詳しく聞けます。また、端末の実機を触れるので、購入する端末を決め切れてないなら一度来店したほうがよいでしょう。

すでに購入する端末や料金プランが決まっていて店舗で購入したい場合は、来店前にWebで店舗受付シートを発行しましょう。発行したシートを提出すると契約時間を15~20分短縮できます。

端末を入手したらAPNの設定

APNの設定とは、Webの接続先をスマホに認識させるために必要な設定です。音声通話SIMを使う場合、以下の手順でAndroidやiPhoneでAPNの設定をしましょう。

AndroidでのAPNの設定

  1. 端末の「設定」から「モバイルネットワーク」や「ネットワーク」をタップ
  2. 「APN設定」や「アクセルポイント名の設定」をタップ
  3. APN:i-aeonmobile.com を選択
  4. ユーザー名:user、パスワード:0000 と入力
  5. 認証タイプでPAPかCHAPを選択

iPhoneでのAPNの設定

  1. Wi-Fi接続が可能な環境で設定を開始
  2. イオンモバイル公式HPのAPN設定方法から構成プロファイルをダインロード
  3. ダウンロードが完了したらインストール

インストールのときにホーム画面に作成されたショートカットは、不要なら削除してしまっても問題ありません。

イオンモバイルで端末を安全に使う方法

せっかくイオンモバイルで新しい端末を購入しても、突然の故障や不注意で傷つけてしまうことがあります。そんなもしもに備えるため、イオンモバイルで3つのサービスを利用しましょう。

  • イオンスマホ安心パック
  • イオンモバイル持ちこみ保証
  • ガラスコーティングサービス

それぞれどんなサービスなのかを詳しく紹介していきます。

イオンスマホ安心パックに加入

イオンスマホ安心パックは、イオンスマホ安心保障、イオンスマホ電話サポート、イオンスマホセキュリティがセットになったサービスです。

月額は600円~700円で各サービスは以下のようになっています。

イオンスマホ安心保障
  • 水濡れ・故障・破損・落下・液晶割れに対応
  • 4,000円から同一機種、同一カラーと交換
イオンスマホ電話サポート
  • 操作サポート
  • 遠隔サポート(スマホ画面を遠隔で共有)
  • 出張サポート(別途追加料金が発生)
イオンスマホセキュリティ
  • リアルタイムのセキュリティチェック
  • 不要なファイルのクリーナー
  • 当月のパケットチェッカー

手持ちの端末にイオンモバイル持ちこみ保証

端末をイオンモバイルで購入する前に手持ちのスマホでSIMだけ切り替えるなら、イオンモバイル持ちこみ保証に加入しましょう。

Androidなら月額550円、iPhoneなら月額650円で修理費を0円にできます。交換ならAndroidは1回目4,000円・2回目8,000円、iPhoneは回数によらず12,000円で対応してくれます。

修理中は無料の貸出機があるため、スマホなしの生活を続けなくてよいです。31日間は無料なので、お試しでも加入しておけば損をしません。

店舗限定のガラスコーティングサービス

ガラスコーティングサービスはコーティング剤を前面や背面に塗り、極薄のガラス被膜で端末を指紋や傷から守ってくれます。

通常なら前面のみのコーティングで4,400円かかりますが、店舗で端末の購入と同時に申込むと半額の2,200円でコーティングをしてくれます。

10~15分の施工でコーティングは完了します。一度コーティングしてしまえば効果はずっと続きます。

イオンモバイルの端末に関するQ&A

イオンモバイルで端末を購入するときによくある疑問を解消しておきましょう。

イオンモバイルでの端末変更方法は?

イオンモバイルでの端末変更方法は、たったの3ステップで完了します。

  1. ほしい端末をイオンモバイルで申込み
  2. 届いた新しい端末にSIMカードを挿す
  3. 新しい端末でAPNの設定

料金プランも変更する場合、イオンモバイルのマイページから手続きをしましょう。変更した料金プランは翌月の1日から適用されます。

イオンモバイルで端末割引はある?

少しでもイオンモバイルの端末を安く購入する場合は、最新のキャンペーンをチェックしてみてください。

過去には特定の端末の購入で5,000WAONポイントのプレゼントや、イオンスクエアで使えるクーポンがありました。

端末購入のときに開催されているキャンペーンをフルに活用して、お得にイオンモバイルを利用しましょう。

イオンモバイルを契約する!

イオンモバイルで自分にあった端末を購入しよう

イオンモバイルならたくさんの種類のなかから、価格やほしい機能で購入する端末を絞り込めます。割安で高性能な端末がそろっているので、希望のものが見つかるでしょう。

Webでの申込みなら、Web限定のキャンペーンで端末が安くなったり月額料金の割引があったりするので見逃さないようにしましょう。

イオンモバイルを契約する!

SHARE!!

あわせて読みたい