1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリータブレットYogaTablet2の8,10インチ×格安SIM
 

SIMフリータブレットYogaTablet2の8,10インチ×格安SIM

スクリーンショット 2015-05-08 23.34.55
SIMフリースマホ

Lenovo製の「YogaTablet2」8と10インチモデルが登場しました。タブレットならではのWindowsとAndroidを選べる柔軟さ、10インチはキーボードがつき「タブレットPC」として有能です。 SIMフリーなのでMVNO・格安SIMとの相性も抜群で、LTEをドコモ系MVNOで使えます。

国内ではタブレットが市場を賑わせていますが、その中でも異彩を放つレノボから発売される「YogaTablet2」。OSはWindowsとAndoridから選択可能で、多彩な独自機能を備えています。では詳細を見ていきましょう。

スクリーンショット 2015-05-08 22.45.36

SIMフリー「YogaTablet2」は8インチと10インチ

こちらの多機能なヨガタブレット。ではどんな機種なのでしょうか?

どんな機種なの?

では同タブレットの詳細を見ていきましょう。

WindowsモデルとAndroidモデルが存在し、利用用途に合わせて購入が可能です。大容量バッテリーでの動画視聴からウィンドウズオフィスを使い文書編集まで幅広く利用できる他、多くの独自機能を備えています。特徴的なのがキックスタンドです。壁掛け機能やタイピングモードがあり、多くのシーンで活躍できる変化自在の一台です。 スクリーンショット 2015-05-09 0.23.03 出典:Lenovo HPより引用

 
 

YogaTablet2のスペックと価格

では基本性能と価格を見ていきましょう。

まずはスペックを見ていきます。同機種は10インチモデルと8インチモデルがありますが、今回は10インチモデルのWindowsとアンドロイドで比較してみます。
下の図を見てみると、両者Intel Atom Z3745を搭載し、高速でサクサク動作します。バッテリー持ちに少々違いは見られますが、それ以外はほとんど変わらないと言って良いでしょう。利用用途に応じて購入するOSを検討しましょう。また、10インチのウインドウズ版にはbluetoothキーボードが付属するのも嬉しい特典です。 スクリーンショット 2015-05-08 22.52.35 出典:Lenovo HPより引用

次に価格を見ていきます。直販価格はAndroid版が32,322円・Windows版は46,755円となっています。この購入し易い価格設定が魅力の一つのなっています。また、10インチWindows版にはbluetoothキーボードが付属することを考えると相当コストパフォーマンスに優れています。あとから紹介する機能を見ていくと、とてもこの価格とは信じられないかもしれません。


ヨガタブレットのいろいろ使える4つのスタイル

「YogaTablet2」の目玉には、シーンに合わせて使える4つのスタイルがあります。

ホールド:バッテリー部分を持つ

まずは「ホールド」スタイルです。

このように滑らかなカーブフォルムのキックスタンド部分を横に持つことで、持ち運びやウェブページのスクロールが快適に行えます。実はこのホールドしている部分にバッテリーが搭載されていて、デザインとしても活かされているのが見て取れます。 スクリーンショット 2015-05-08 23.23.23 出典:Lenovo HPより引用

 

スタンド:立てる

次に「スタンド」スタイルです。

このようにキックスタンドを利用し、立てて動画を楽しむことが可能です。普通のタブレットだと、ケースなどでスタンドさせる必要がありますが、同機種であればそのまま立てれますし、角度も自由自在です。 スクリーンショット 2015-05-08 23.20.42出典:Lenovo HPより引用

チルト:傾ける

入力に適した「チルト」スタイル。

このように立てかけて、入力に適した角度にかえることが可能です。これならタイピングもはかどりますし、色んな場所で作業が可能です。うつ伏せになっていてキーボードが使えないときなど、重宝しそうです。 スクリーンショット 2015-05-08 23.34.55出典:Lenovo HPより引用

ハング:壁掛け

壁掛けの「ハング」スタイル。

キックスタンドには小さな穴が空いていて、これを利用して壁掛けスタイルで楽しめます。この発想は誰が思いつくでしょうか?キッチンにかけてレシピを見るもよし、部屋に立てかけてyoutubeをみるもよし。まさに変化自在の1台です。 スクリーンショット 2015-05-08 23.40.20出典:Lenovo HPより引用

YogaTablet2のおすすめポイント

同機種のおすすめポイントを見ていきましょう。

長時間駆動のバッテリー

15〜18時間駆動します

Lenovo公表値は先述の通りかなり長く、気軽に持ち運んで1日外で使えるバッテリーを搭載しています。自宅での動画視聴やゲームなどのエンターテイメントだけでなく、作業効率をあげるようなタブレットにはバッテリー持ちが不可欠です。 スクリーンショット 2015-05-09 0.05.06出典:Lenovo HPより引用

WindowsかAndroidが選べる!

OSが選べます。

使用用途によってOSを選びましょう。Windowsは企業内ツールと親和性が高くおすすめです。Andoridはスマートフォンとの同期機能やgoogle系アプリを利用する方におすすめです。 スクリーンショット 2015-05-09 0.09.32

オススメのMVNO

オススメのMVNOが幾つかあるので、簡単に紹介します。

NifMo

ISPサービス大手niftyが手掛ける「NifMo(ニフモ) 」は、おすすめのMVNOですね! nifmoのカケ放題

通話定額サービスを開始して話題を集めたニフモですが、セット販売をしている端末はそんなに多くありません。多く通話をする方にオススメのSIMカードです!

公式サイト:NifMo(ニフモ)

DMM mobile

最安値を更新し続けるDMM mobile(DMMモバイル) なら、どのプランでも低価格で運用可能です。 DMMモバイルの格安SIM

月額料金プランが非常に安いので、コスパを重視するならDMMとの組み合わせが良さそうですね。

公式サイト:DMM mobile

IIJmio

格安SIMでは大人気の「IIJmio(みおふぉん) 」。ファミリーシェアプランなど家族で使うとお得です! iijmioの格安SIMとsurface3

月額料金プランも安く動作確認済み端末も非常に多いので、バランスを重視するならIIJmioのプランがオススメですね!

公式サイト:IIJmio

シムフリーYogaTablet2のまとめ

ではlenovo製のおすすめタブレットであるYogaTablet2の良さをまとめていきます。

android,windowsの中では、安価で高性能

安い上の高性能でこの上なしです・

安いは正義です。本当にこのタブレット、買わない理由が見当たりません。動作が快適で利用シーン合わせて使える同機種はおすすめです。10インチWindowsモデルにはキーボードが付いてきます。早く自宅のパソコンを買い換えてしまいましょう。

MVNOの格安SIMでお得に使おう

このお得な機種を、格安SIMでさらにお得に利用しましょう。

格安SIMを利用すれば、外でもこのお得なタブレットで格安にインターネットが利用可能です。下記から「SIMチェンジ診断」の簡単な質問に答えて、あなたにぴったりのプランを見つけてみましょう。