1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. auユーザー!UQmobile(UQモバイル)のイチキュッパ割は見逃すな!

auユーザー!UQmobile(UQモバイル)のイチキュッパ割は見逃すな!

170502_uq_1980
SIMフリー

UQmobile(UQモバイル)の「イチキュッパ割」、見逃してませんか?データ量2倍・無料通話量2倍・月額利用料金1000円割引で1,980円~という格安プランは、特にauユーザーなら必見です!注目度を上げているau系MVNOのUQmobile(UQモバイル)のイチキュッパ割について詳しくご紹介します。

UQ mobile(UQモバイル)には格安割引「イチキュッパ割」があります!以前から開始していたデータ通信量2倍に加えて、2016年7月1日からは無料通話量2倍・月額利用料金は1000円引きの1,980円・・・驚きの格安プランとなっています!UQmobile(UQモバイル)はau系MVNOとしてますます注目度を上げていきそうな格安SIMですね。イチキュッパ割について、詳しく見ていきましょう。

170502_uq_1980
出典:UQモバイル

UQ mobile(UQモバイル)の「イチキュッパ割」

深田恭子さん(長女)、多部未華子さん(次女)、永野芽郁さん(三女)の共演するCMでおなじみのUQ mobile(UQモバイル)。今回は、2016年7月1日から始まった「イチキュッパ割」の見どころを紹介します。

イチキュッパ割の見どころ1:1年間1,000円引

UQ mobile(UQモバイル)では、2016年2月からプランに応じた無料通話時間が付与される「ぴったりプラン」を開始。さらに2017年2月からは5分以内の国内通話が無料の「おしゃべりプラン」も登場しました。プランの詳しい内容は次の通りです。(税込価格)

ぴったり/おしゃべりプランプランSプランMプランL
無料通話・データ■ぴったりプラン
無料通話最大60分
データ容量最大2GB
■おしゃべりプラン
5分以内の国内通話が無料
■ぴったりプラン
無料通話最大120分
データ容量最大6GB
■おしゃべりプラン
5分以内の国内通話が無料
■ぴったりプラン
無料通話最大180分
データ容量最大14GB
■おしゃべりプラン
5分以内の国内通話が無料
基本料金4,298円5,378円7,538円
端末購入アシスト加算料(2年間)1,944円1,944円1,944円
マンスリー割(2年間)△1,944円△1,944円△1,944円
イチキュッパ割(1年間)△1080円△1080円△1080円
スマトク割(2年間)△1080円△1080円△1080円
月額料金=1,980円(税込 2,138円)
(14か月以降は3,218円)
=2,980円(税込 3,218円)
(14か月以降は4,298円)
=4,980円(税込 5,378円)
(14か月以降は6,458円)
初期費用SIMパッケージ3240円+端末108円SIMパッケージ3240円+端末108円SIMパッケージ3240円+端末108円

MNP(ナンバーポータビリティ)の場合2年間はスマトク割があるので、実質2,980円のデータ量・無料通話コミコミプランだったわけですが、さらに1年間1,000円引きになる「イチキュッパ割」が適用されて、1,980円のコミコミプランとなる割引です!

公式サイト:UQ mobile(UQモバイル)

イチキュッパ割の見どころ2:2倍増量もそのまま!

UQ mobile(UQモバイル)のすごいところは割引だけじゃありません!プランSを例に見ると、データ量2倍・無料通話量まで2倍なので、2GBで無料通話2,400円分(60分ぶん)のプラン内容でこの値段です!

プランMでも同様で、2,980円で6GB+無料通話4,800円分(120分ぶん)の無料通話付きの大容量プランが利用できます。通話もネットも楽しみたい人にはうれしいですね。5分以内の国内通話が無料のおしゃべりプランも、データ量に関しては同じ2倍増量が適用されています。

170502_uq_plan
出典:UQ mobile(UQモバイル)

SIMのみ購入の場合に使える3GBの音声通話プランが1,680円であることを考えると、たった300円の差額でこの内容量のプランが使えるなんて、本当にお得感満載の魅力的なキャンペーンですね!

しかもうれしいことに、この増量キャンペーンのほうは、1年だけでなく2年間適用されるので、イチキュッパ割が終わったのちも、増量されたデータと通話を楽しむことができます。

Y!mobile(ワイモバイル)に対抗!?UQmobile(UQモバイル)と他社比較

UQ mobile(UQモバイル)の「ぴったりプラン」の価格帯は、Y!mobile(ワイモバイル)のプランと競合する位置にいます。実際、Y!mobile(ワイモバイル)が先に開始したキャンペーンは「ワンキュッパ(1980)割」で、同じように、例えば2,980円のスマホSプランなら1年間1,000円引するというもの。また、FREETEL(フリーテル)にもコミコミプランが提供されるようになり、1年間0円などのキャンペーンが実施されています。UQ mobile(UQモバイル)と比較してみましょう。

UQ mobile(UQモバイル) VS Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)のプランは次の通りです。(税込価格・割引適用前)

Y!mobile月額料金高速通信容量無料通話
スマホプランS3,218円
(利用開始月から25ヵ月間)
2GB/月(2年間)10分間の通話が使い放題
スマホベーシックプランS
(最低契約期間なし)
5,918円1GB/月10分間の通話が使い放題
スマホプランM3,218円
(利用開始月から25ヵ月間)
6GB/月(2年間)10分間の通話が使い放題
スマホベーシックプランM
(最低契約期間なし)
6,998円3GB/月10分間の通話が使い放題
スマホプランL5,378円
(利用開始月から25ヵ月間)
14GB/月(2年間)10分間の通話が使い放題
スマホベーシックプランL
(最低契約期間なし)
9,158円7GB/月10分間の通話が使い放題

Y!mobile(ワイモバイル)でもすべてのプランが1,000円引きとなるので、税抜価格でスマホプランS 1,980円、スマホプランM 2,980円、スマホプランL 4,980円となります。

データ量で比較すると、UQ mobile(UQモバイル)のイチキュッパ割と同じく、こちらも2年間はデータ量が2倍になっており、その後は半減する仕組みです。

また無料通話について見ると、Y!mobile(ワイモバイル)ではどのプランでも1回あたり10分の通話が使い放題です。UQ mobileでは、ぴったりプランだと2年間はプランに応じて60/120/180分の無料通話時間が付与され、おしゃべりプランだと1回あたり5分の通話が使い放題でしたね。短い通話を良くするのか、1回かけると長くなるのか、どちらのMVNOが好まれるかはユーザーの使い方によるでしょう。

割引価格
Y!mobileもUQ mobileも同じ
データ量
Y!mobileもUQ mobileも同じ
無料通話量
短い通話を多くする人:Y!mobileかUQ mobileのおしゃべりプラン
長く通話したい人:UQ mobileのぴったりプラン

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

UQ mobile(UQモバイル) VS FREETEL(フリーテル)

そして「スマートコミコミ+」キャンペーンを始めたFREETELとも比較してみましょう。UQ mobile(UQモバイル)のキャンペーンと同じく通話料・ネットすべてコミコミのプランですが、最も違う点はスマホ本体もプランに含まれている点でしょう。


出典:FREETEL

まず、FREETELの「スマートコミコミ+」は通常プランと違い、端末代金、データ通信料、無料通話すべてコミコミの特別プラン。選ぶ端末やデータ量によって価格が異なりますが、一例としてPriori4の端末の場合、次のようなプランになります。


出典:FREETEL

UQ mobile(UQモバイル)のプランMに匹敵するデータ量ですが、価格は半額です!これだけ見るとFREETELの圧勝ですが、脚注にある通り、2年目3年目は3,080円となり、UQ mobile(UQモバイル)と変わらない値段になります。しかしUQ mobile(UQモバイル)も14か月目以降は値段が上がりますし、FREETELのプランは端末代も含めている点を考えるとコスパはかなり良いはずです。

他の機種やデータ量の選択は自由で、最も安いプランにすると999円。画期的なキャンペーンですが、端末代は36か月の割賦契約となり、2年縛りならず3年縛りの契約となるのがややネックでしょう。

公式サイト:FREETEL

UQ mobile(UQモバイル)のメリットとデメリット

UQ mobile(UQモバイル)のイチキュッパ割、見逃せませんね!しかしメリットとデメリットもしっかり確認したいものです。続く部分で見ていきましょう。

UQ mobile(UQモバイル)の2つのデメリット

さて、飛びつきたくなるような内容のキャンペーンですが、いくつかデメリットもあります。

  • au系MVNOは運用できない端末がある
  • イチキュッパ割は1年で終わるが、2年縛りがある

まず、au回線の格安SIMである点ですが、これはメリットでもある点です。auスマホを生き返らせることのできる貴重なau系MVNOで、これだけ充実したプランが存在しているのは、auユーザーにとってかなりうれしいはず。

また、このぴったりプランに関しては2年縛りが存在していることも、デメリットのひとつ。イチキュッパのキャンペーンが1年で終わり、そのあとで2,980円より安い他のMVNOに乗り換えたいと思っても、2年が終了するまでは解約金がかかってしまいます。その上、データ量や無料通話の増量も2年で終わるので、使えば使うほどメリットが減ってくることになります。2年使うつもりでいて、その後ほかのMVNOに乗り換えるのが苦ではない人にとっては良いかもしれませんが、長く同じMVNOを使いたいと思っている人にはこうしたデメリットもあるということですね。

UQ mobile(UQモバイル)の3つのメリット

辛口批評誌「家電批評」の格安SIM部門で、2016年の「ベストバイ・オブ・ザ・イヤー」に輝いたUQ mobile(UQモバイル)。数あるメリットの中で今回注目したいのは次の3つの点です。

  • ターボOFF機能を使えばSNSはデータ消費しなくて済む
  • 速度に定評がある
  • テザリングに対応してきた

LINEなどのSNSで利用するとき、データ消費しないシステムを搭載しているのはFREETELですが、UQ mobile(UQモバイル)の場合、そうしたシステムがあるわけではありません。実際には、ターボOFF機能があるという意味です。高速通信のON/OFFをアプリで行うことができ、しかもOFF時も300Kbpsの速度で利用できるため、SNSなどのデータ通信には高速通信をOFFにして利用すればデータ通信を節約できるというわけです。

300Kbpsの速度が維持されるなら、SNSだけでなくメールの送受信・サイトの閲覧なども低速通信で行えるので、ぴったりプランの2GBの通信量で確かにちょうどいいと言えそうです。

また、先ほど触れたようにau系のMVNOというマイノリティのため、通信回線に余裕があり速度にも定評があるのが高ポイントだと思います。ほかにも、ぴったりプランに申し込むと人気アプリやセキュリティアプリを無料で手に入れることができたり、ハンドソープで洗えるスマホ端末など、UQ mobile(UQモバイル)ならではのメリットも盛りだくさんです。さらに、テザリング機能の制限がau系の弱点でしたが、今ではテザリングも動作確認がされてきて、ますます強みが増えています!詳しくは公式ホームページもぜひチェックしてみてくださいね。

「イチキュッパ割」を活用して、auユーザーもおトクに格安SIM乗り換え!

デメリットもありましたが、auユーザーであれば使い方は心得ている面が多いと思うので、auの格安SIMを探していた方にとってこの割引はかなりのメリット!ありとあらゆる「あったらいいな」がまとめられているこのUQ mobile(UQモバイル)のSIMプランを、ぜひこの機会に開始してみるのはいかがでしょうか?イチキュッパ割の詳しい情報は、公式サイトにも説明されていますので、ぜひチェックしてみてください。

公式サイト:UQ mobile(UQモバイル)

より複雑化してきているMVNOだからこそ、自分のニーズにあうSIMを簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。