1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. どっちがおすすめ?LINEモバイルとUQモバイルの特徴や料金の違い【徹底比較】

どっちがおすすめ?LINEモバイルとUQモバイルの特徴や料金の違い【徹底比較】

更新日:2020.07.02

LINEモバイルとUQモバイルは、数ある格安SIMの中でも知名度が高いです。そのため、契約の候補に入れている方は多いことでしょう。こちらでは2社の特徴や料金の違いを徹底比較しているので、この記事を読んで自分に合うものを選びましょう。

格安SIMは色々ありますが、その中でもLINEモバイルとUQモバイルは印象的なCMの効果もあり、利用者がとても多いです。

そのため、どちらにしようかと迷っている方もいるのではないでしょうか。料金プランなどを見てみると、どちらも優秀な格安SIMであることがわかります。

甲乙つけがたいのですが、それぞれ異なる特徴があるので、「どちらが自分に合っているのか」を基準に考えましょう。

こちらでは、LINEモバイルとUQモバイルを料金や速度などの特徴を比較しています。オプションなど、内容を詳しく解説しているので、契約を検討している方はぜひ参考にしてください。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルは2020年2月19日から新プランの提供がスタートしています。こちらでは新プランの情報をもとに、LINEモバイルの特徴やメリットを解説します。

指定のSNSはデータフリー

旧プランでは、選んだプランごとに対応するサービスが設定されていましたが、新プランは、「LINEデータフリー」「SNSデータフリー」「SNS音楽データフリー」がオプションになりました。

選んだ基本料金にオプション料金を追加することで、指定のSNSが使い放題になります。オプション料金は以下の通りです。

  • LINEデータフリー(LINEのデーター通信量がゼロ):月額0円
  • SNSデータフリー(LINE、Twitter、Facebookのデータ通信量がゼロ):月額280円
  • SNS音楽データフリー(LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICのデータ通信量がゼロ):月額480円

旧プランでは、LINEデータフリーは1GB(月額1,200円)という選択肢のみでした。

しかし新プランでは500MB(月額1,100円)、3GB(月額1,480円)、6GB(月額2,200円)、12GB(月額3,200円)と選択肢が増えました。

LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICと、SNSをフル活用するなら、「SNS音楽データフリー」に加入しておけばすべて使い放題です。

LINEモバイルを契約する!

ドコモ・au・ソフトバンクはそのまま乗り換えできる

LINEモバイルは、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアから選べます。3大キャリアからの乗り換えを検討している方は、SIMロックを解除しなくても端末をそのまま使えることが多いので便利です。

また、どの回線を利用しても、プラン、基本料、データフリー対象サービス、初期費用は共通しています。オプションもほとんど同じですが、一部の通話系オプションが異なるので注意しましょう。

通話系オプションは、ソフトバンク回線は留守番電話が無料で使えることが特徴的です。通話をよく利用する方は、ソフトバンク回線が使いやすいでしょう。

また、利用可能エリアも異なります。住んでいる地域により、つながりやすい回線とつながりにくい回線がある可能性があるので、回線を選ぶ際には各キャリアの公式サイトで利用可能エリアをチェックしましょう。

LINEモバイルを契約する!

LINEの年齢認証ができる

ほとんどの格安SIMはLINEの年齢認証ができません。しかし、数多くある格安SIMの中でも珍しく、LINEモバイルは年齢認証ができます。

年齢認証ができないと、ID検索や電話番号検索ができず不便になることもあります。

LINEは、トラブル防止や犯罪リスク軽減のために、18歳未満のID検索が制限されています。

このように制限を設けることで、18歳未満の若者が知らない人とつながり危険な目に合うリスクを減らす役割があります。

その一方で、ID検索や電話番号検索ができれば、IDを入力するだけでともだちリストに登録できるなどの機能が使えます。

他の格安SIMでは妥協しなければならない機能ですが、LINEモバイルなら大手3大キャリアと同様に問題なく利用できて便利です。

LINEモバイルを契約する!

データ容量を友だちにプレゼントできる

LINEモバイルユーザーに対してであれば、残りのデータ容量をプレゼントできます。プレゼントできるのは500MB単位で、最小で500MB、最大で2,500MBです。

他社でよくある家族でデータを分け合うプランとは違い、LINEモバイルは家族に限らず友だちや恋人などにもデータをプレゼントできます

データを分け合い自由にやり取りしてデータ容量をコントロールできるのは、うれしいポイントだといえるでしょう。

なお、残りのデータ容量のやり取りができるのは、LINEユーザー同士に限られています。また、プレゼントされたデータ容量は、当月末までという有効期限があることにも注意しましょう。

LINEモバイルを契約する!

料金がずっと変わらない

LINEモバイルは料金がずっと変わらないので、2年や3年以降でもずっと一定の金額です。

他の格安SIMや大手キャリアなどには2年や3年などの期間限定の割引があり、期間終了後に料金が上がります。

期間限定の割引だと気づかずに契約したり、期間が終了する頃には忘れていたりして、気づけば料金が高くなっていたと焦る方もいるようです。LINEモバイルなら、そのようなことはありません。

料金がずっと変わらないLINEモバイルは安心して契約できます。

LINEモバイルを契約する!

最低利用期間なし

ベーシックプランは、最低利用期間は定められていません。

データSIMの契約者も最低利用期間はありませんが、LINEフリー、コミュニケーションフリー、LINEMUSIC+利用者は、課金開始日の翌月から12カ月目の末日までが最低利用期間です。

なお、SIMタイプや利用期間に関わらず、解約・MNP転出する際は解約事務手数料が1,000円かかります。LINEフリー、コミュニケーションフリー、LINEMUSIC+からベーシックプランに変えた方も同様です。

LINEモバイルを契約する!

UQモバイルの特徴

UQモバイルの特徴を見ていきましょう。UQモバイルにも、家族割やキャッシュバックなどの独自の特徴やメリットがあります。

前述したLINEモバイルの特徴と比較しながら、契約するかどうかの参考にしましょう。

家族割で安くなる

家族で対象のプランを契約した場合、2回線目以降は毎月500円引きとなり、最大で9回線までの子回線が割引対象です。

なお、同一姓・同一住所の家族に限らず、離れて暮らしている家族でも対象です。ただし、必要な書類が異なることに注意しましょう。

同一姓・同一住所の家族であれば、それぞれの契約書の本人確認書類のみ用意します。

ただし、姓や住所が違う場合、本人確認書類の他に、家族であることを証明する書類が別途必要です。

UQモバイルを契約する!

キャッシュバックでよりお得に

UQオンラインショップ、代理店からの契約でキャッシュバックを行っています。

どのプランを申し込むかによって、UQオンラインショップか代理店のどちらがお得か変わるので、よく検討しましょう。

代理店は、オプションを付けることを条件にキャッシュバック額を高くしていることがあるので、キャッシュバック額だけで比較せずに内容をよく確認しておくことをおすすめします。

また、キャッシュバックが振り込まれる時期や振込可能な口座、スマホ割引など、申し込みの条件も異なります。

UQオンラインショップは公式ならではの安心感があるので、迷ったら安心感を選ぶのも手です。

UQモバイルを契約する!

大容量プランがある

データ容量が3GB、9GB、14GBのSMLプラン+オプションが基本プランですが、月間データ量上限なしの大容量プランもあります。

スマホとネットがたっぷり使える「ウルトラギガMAX」プランは、月間データ容量の上限がなくスマホとネットをまとめるとスマホ料金がずっと500円割引になります。

UQモバイルを契約する!

データが節約できる

「節約モード」という設定があることも、UQmobileの魅力です。速度が300Kbpsになりますが、節約モードにすると容量は減りません。

速度が300Kbpsになったとしても、ネット検索、SNS、オンラインゲーム以外のアプリやゲーム、低画質の動画視聴、ラジオ視聴などができます。

動画は画質が落ちるなどのデメリットもありますが、容量が減らないメリットのほうが大きいといえるでしょう。

UQモバイルを契約する!

LINEモバイルとUQモバイルのサービス比較

各社でサービスも違います。

LINEモバイルのサービス

LINEモバイルは、貯まったLINEポイントを料金の支払いに使えることがメリットです。

ショッピングやデリマなどの利用でLINEポイントが貯まっていきますが、ポイントを毎月の支払いに使ったり、LINEアプリ内のコンテンツを購入するときに使ったりできます。

iOS、Android以外の端末ではLINEポイントのサービスが利用できないことがあるので注意しましょう。

また、LINEモバイルで販売している端末は、エントリーモデルからハイエンドモデルまで種類が幅広いことも嬉しいサービスの1つです。期間限定でセールをすることもあります。

比較対象となっているUQmobileは販売端末が安いことが魅力ですが、期間限定セールになればLINEモバイルのほうがお得になることもあるので、セールのときは要チェックです。

LINEモバイルを契約する!

UQモバイルのサービス

UQモバイルのサービスは、通話オプションや安心パック、セキュリティなどオプションが豊富にあることが魅力です。10を超える数のオプションがあるので、内容を確認して必要なものを選択しましょう。

オプションの料金は、だいたい300円~500円ほどです。メール、チャット、電話でのサポート体制があります。

UQモバイルを取り扱っている店舗もありますが、店舗での問い合わせは基本的に販売に関することのみです。

近くの取り扱い店舗があったとしても、サポートはメールやチャット、電話を利用しましょう。

UQモバイルを契約する!

LINEモバイルとUQモバイル料金や速度で比較

実際に契約するにあたり、気になるのは料金や速度だという方は多いのではないでしょうか。

ここではLINEモバイルとUQモバイル料金や速度を比較しています。

LINEモバイルの料金

新プランになり、以前と比べて少し内容が変化しています。以前の情報しか知らない方は特に、内容をよく確認しながら料金をチェックしましょう。

データSIMの料金

500MB月額600円
3GB月額980円
6GB月額1,700円
12GB月額2,700円

音声通話を使用せず、データSIMのみ使用する方に向けたプランです。最も安いのは500MBの月額600円ですが、動画をよく視聴する方やSNSをたくさん使う方には容量が少ないでしょう。

例えばYouTubeを高画質で見ていたら、数時間で使い切ってしまうほどの容量です。ネットをほとんど使わない方で、時々ネットサーフィンをする程度であれば、500MBでもなんとか収まるかもしれません。

しかし、動画やSNS、アプリのダウンロードをある程度自由に行いたい方は、最低でも3GB以上にしたほうがよいでしょう。

音声通話SIMの料金

500MB月額1,100円
3GB月額1,480円
6GB月額2,200円
12GB月額3,200円

音声通話SIMは、通話も利用したい方向けのプランです。前述したとおり、500MBは料金は安いですが、容量は少ないです。

LINE通話がメインの方で、動画やSNS、アプリのダウンロードをあまりしない方であれば、ギリギリ収まるかもしれません。

しかし、ある程度自由な利用を求めているなら、3GBを選んでおいたほうがよいでしょう。

オプションの料金

SNSデータフリー月額280円
SNS音楽データフリー月額480円
10分電話かけ放題月額880円
端末保証月額450円

上記のオプション内容をまとめると、以下の通りです。

  • SNSデータフリー:LINE、Twitter、Facebookの利用は容量ゼロ(使い放題)
  • SNS音楽データフリー:LINE、Facebook、Twitterに加えて、Instagram、LINE MUSICの利用は容量ゼロ(使い放題)
  • 10分かけ放題:1回あたり10分以内の国内通話は通話料ゼロ(通話アプリ「いつでも電話」から発信する必要がある)
  • 端末保証:自然故障や水濡れ、破損などのトラブルがおきたら、最低限の負担で端末を交換または修理できる

注意点は、SNSデータフリーにはInstagramが含まれていないことです。Instagram利用者はSNS音楽データフリーを選んだほうがよいでしょう。

通話をよく利用する方は10分かけ放題を、万が一に備えたい方は端末保証を付けることをおすすめします。

LINEモバイルを契約する!

UQモバイルの料金

次に、UQモバイルの料金を解説します。通話し放題プランや、データ量上限なしプランなどがあるので、自分のニーズに合うプランを選びましょう。

通話し放題プラン

3GBのSプラン月額1,980円
9GBのMプラン月額2,980円
14GBのLプラン月額3,980円

UQモバイルの料金は、データ容量と通話オプションの組み合わせを選ぶ仕組みです。上記の月額料金はデータ容量の選択肢であり、これだけでは通話は20円/30秒かかってしまいます。

通話し放題にしたい場合は以下の中から通話オプションを選択します。

  • 国内通話かけ放題(24時間いつでも):月額1,700円
  • 国内通話10分かけ放題(1回あたり10分):月額700円
  • 最大60分/月の国内通話が定額:月額500円

月間データ量上限なしプラン

月間データ量上限なしプランは、月額5,360円からです。

「ウルトラギガMAX」というプランで、UQモバイル×UQ WiMAXというように、スマホとネットをまとめると、スマホ料金が毎月500円割引になります。

最も安くなるのがスマホを「3GBのSプラン」にして、UQ WiMAXを「ギガ放題プラン」にした場合です。

「3GBのSプラン」は月額1,980円→1,480円となり、ギガ放題の3,880円と合わせて5,360円となります。

データプラン

データ高速プラン(データ容量3GB)月額980円
データ無制限プラン(データ容量無制限)月額1,980円

データプランは、2種類用意されています。詳細な内容をまとめると、以下の通りです。

  • データ高速プラン:容量は3GBまで(受信最大225Mbps、送信最大25Mbps)3GBを超えると、送受信とも最大200kbps
  • データ無制限プラン:データ容量無制限(送受信最大500kbps)

ネットやSNSなどを自由に利用したい方は、データ無制限プランにしておくと安心です。

オプションの料金

メールアドレス料金月額200円
UQあんしんパック月額500円
家族みまもりパック月額380円
端末補償サービス月額380円

上記のオプション内容をまとめると、以下の通りです。

  • メールアドレス料金:○○○○@uqmobile.jpのメールアドレスを取得できる
  • あんしんパック:「遠隔・電話サポート」「データバックアップ」「SNSセキュリティ」の3つがセット
  • 家族みまもりパック:位置情報や位置データがわかる「みまもりサービス」とスマホやSNSの利用データを取得・分析できる「FiLii」の2つがセット
  • 端末補償サービス:万が一のトラブルが起こったら端末を交換・修理してくれるサービス

お子さんやお年寄りの方が利用する際には、安心パックや家族みまもりパックをつけるのもおすすめです。

UQモバイルを契約する!

LINEモバイルの速度

ドコモ回線上り最大75Mbps、下り最大988Mbps
au回線上り最大37.5Mbps、下り最大988Mbps
ソフトバンク回線上り最大112.5Mbps、下り最大958Mbps

キャリアごとに比較すると、ソフトバンク回線の利用が最も快適です。回線を重視する方は、ソフトバンク回線を選ぶとよいでしょう。

ただし、時間や場所によっては速度が遅いと感じるケースもあります。特に昼間の利用では速度が遅くなることがあるようです。

また、データ制限があるプランでは、制限を超えると速度が遅くなってしまうので注意しましょう。

UQモバイルの速度

UQモバイルの速度は、上り最大25Mbps、下り最大440Mbpsです。

auの4G LTE対応の800MHzタイのプラチナバンドを利用していることから、速度やつながりやすさに関しては評判がよいです。

都心から離れた場所などで電波が届きにくい場所は一時的につながりにくくなりますが、他の格安SIMよりは通信が安定しています。

昼間がつながりにくい、といったことも少ないようです。

LINEモバイルの口コミを紹介

公式サイトなどからそれぞれの特徴、料金、速度などは把握できたとしても、実際に利用した方がどう感じているのかも重要です。

まずはLINEモバイルを利用している方の口コミを見ていきましょう。

LINEモバイルのよい口コミ

利用してみた結果、満足度は高いようです。設定に時間がかかるとありますが、大手キャリアのように店舗でスタッフの方に対応してもらうわけではないので、これはLINEモバイルに限ったことではないでしょう。

しかし、LINEモバイルはメールやチャットなどのサポートが充実しているので、わからないことも簡単に問い合わせができる点は、他の格安SIMにはないメリットだといえます。

また、料金が安く、普段使いなら速度も問題ないのであれば、十分ではないでしょうか。ただ、感じ方は人それぞれなので、次に悪い口コミも見てみましょう。

LINEモバイルの悪い口コミ

速度に関して、満足できないと感じている方の口コミがありました。LINEモバイルは料金やサービスの満足度は高いですが、速度や通信状況に関しては不安があります。

もちろん、まったく通信できないわけではありません。速度や通信も問題ないと感じている方もいます。

場所や時間で問題が発生する可能性があるため、自分が利用する範囲内の通信状況は、事前に確認したほうがよいでしょう。

UQモバイルの口コミを紹介

UQモバイルの利用者はどう感じているのでしょうか。良い口コミと悪い口コミの両方を確認しましょう。

UQモバイルのよい口コミ

通信状況に関しての満足している内容が多々ありました。多くの方が抱いているイメージでは、通信状況のよさを取るならUQモバイル、料金の安さを取るならLINEモバイルとなっているようです。

しかし、UQモバイルも料金が高いというわけではないため、どちらにしようか迷っている方もいます。通信状況も料金も悪くないなら、他に悪いと判断できるポイントはあるのでしょうか。

次に紹介する悪い口コミを見てみましょう。

UQモバイルの悪い口コミ

開通するのが大変だったという口コミがあります。LINEモバイルでも似たような口コミがありましたが、サポートの充実度でいえばLINEモバイルのほうが上回っている印象です。

その点では、より開通の難しさを感じたのかもしれません。

テザリングでデレステというアプリができなくなったという口コミもあります。以前はできていたのであれば、サポートに問い合わせることで、問題が解決するかもしれません。

LINEモバイルをおすすめできる人

出典:LINEモバイル

LINEモバイルは、以下の項目に当てはまる方におすすめです。

  • スマホはSNSがメインで使う人
  • LINEMUSIC+の利用者

オプションで「SNSデータフリー(月額280円)」または「SNS音楽データフリー(月額480円)」に加入することで、指定のSNSが使い放題です。

特に「SNS音楽データフリー(月額480円)」は、InstagramやLINEMUSIC+まで使い放題になるので、快適になるでしょう。

また、LINEモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの回線がすべて利用できます。一方で、UQモバイルはau回線のみです。

ドコモやソフトバンクからの乗り換えでも、SIMロックを解除しなくても使える点は、LINEモバイルを選択するメリットになるでしょう。

LINEモバイルに申し込む流れは以下の通りです。

  1. (電話番号をそのまま利用するなら)MNP予約番号を取得する
  2. 公式サイトや代理店のウェブサイトや取扱店舗から申込みをする
  3. 公式サイトからの申し込みは、申し込み→プラン選択→個人情報の入力→本人確認書類の提出→支払方法の選択→ログインIDとパスワードの設定
  4. 今の端末を利用するなら動作確認をして、動作確認済みの端末はSIMカードを入れる

LINEモバイルを契約する!

UQモバイルをおすすめできる人

出典:UQモバイル

UQモバイルは、以下の項目に当てはまる方におすすめです。

  • 通話回数が多い人
  • 家族割が適用される人

UQモバイルには、24時間かけ放題の通話オプションが用意されています。LINEモバイルの通話オプションは10分かけ放題のみなので、通話をよくする方にはとても魅力的です。

また、家族割が適用できるなら、最大9人まで月々500円割引になります。離れている家族でも適用になるので、家族同士で相談して、料金をお得にするのもおすすめです。

また、通信速度が安定しているという口コミもあります。通話、家族割、安定した通信という点で惹かれる方は、UQモバイルの契約を検討しましょう。

以下は、UQモバイルの申込方法です。

  1. (今のスマホを使うなら)対応機種を確認後、SIMロックを解除する
  2. (電話番号をそのまま利用するなら)MNP予約番号を取得する
  3. オンラインショップで購入
  4. 今のスマホを使うならスマホ本体の初期設定をして、買い替えならデータ移行をする

UQモバイルを契約する!

何を重視するのかで格安SIM選びは変わる

LINEモバイルとUQモバイルを比較してみて、どちらにも選ぶメリットがあることがわかりました。それぞれに特徴があるので、何を重視するのかで格安SIM選ぶは変わります。

例えば、SNSをよく使う方は、データオプションが充実しているLINEモバイルがおすすめです。

上限なしプランもあるので、通信制限の心配をしたくない方も、LINEモバイルを選択するメリットがあるでしょう。

一方で、UQモバイルは通話オプションが充実しています。家族割もお得なので、この点でメリットを感じる方はUQモバイルを選ぶとよいでしょう。通信速度に関しても、満足度の高い口コミが多いです。

自分自身が何を重視したいかを考えてから、どこと契約するべきかを判断しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい