1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMに乗り換えたらiPhoneの端末保証(AppleCare+)はどうする?

格安SIMに乗り換えたらiPhoneの端末保証(AppleCare+)はどうする?

更新日:2019.07.08

キャリアで契約したiPhoneから格安SIMに乗り換えると、AppleCare+の契約が解除され、端末保証がなくなってしまいます。そんなときに修理代を補償してくれるiPhoneの保険サービスをご紹介します。

docomo(ドコモ)やau、SoftBank(ソフトバンク)でiPhoneを契約し、保証サービスであるAppleCare+ for iPhoneに加入していた場合、回線の契約を解除するとどうなるのでしょうか。同じiPhoneを使っていたとしても、回線の契約を解除して格安SIMに乗り換えたりした場合は、AppleCare+ for iPhoneも自動的に解約となり、再度加入もできません。

そこでこの記事では、キャリアで契約したiPhoneで格安SIMに乗り換えた際に、AppleCare+ for iPhoneの代わりとなる保険サービスを紹介します。

保証サービス「AppleCare+ for iPhone」はキャリアの解約と同時に解約される

AppleCare+ for iPhoneは過失や事故による破損に対する修理などのサービスを数回格安で行ってくれる保証サービスですが、注意点があります。

1つは、Apple Storeで加入する場合はiPhone購入後30日以内、キャリアショップ加入する場合はiPhone購入と同時のタイミングでしか加入を受け付けてくれない点。キャリアショップで購入時に加入し忘れてしまってもAppleに直接加入を申し込むことができますが、30日以内と期間に制約があるので注意しましょう。

もう1つは、キャリアで契約したAppleCare+ for iPhoneは、キャリアの解約と同時に解約になってしまう点です。

そのため、キャリアで契約したiPhoneをSIMフリー化してそのまま格安SIMに挿し替えて使いたい場合は、AppleCare+ for iPhone以外の保証サービスを検討する必要があります

iPhone×格安SIMでも加入できる「スマホ保険」で安心保証

justInCaseが提供する「スマホ保険」は、AppleCare+に加入できないiPhoneでも加入できる保険サービス。AppleCare+に加入できないiPhoneだけでなく、中古のiPhoneや、その他中古スマホでも加入可能で、破損や故障などで修理費用が発生した場合には、保険金が支払われます。


出典:スマホ保険

justInCaseが提供する「スマホ保険」とは?

スマホ保険は、被保険者の利用する通信端末に破損や故障、水漏れや盗難・紛失があった際に、修理費用の一部を保険金として受け取れるサービスです。

修理不能時や盗難紛失時には、支払い上限額の半額が支払われます。

スマホ保険で保険の対象となる端末は、新品で購入した端末である必要はありません。保険申込み時点で正常に動作しており、補償の対象となる損害がすでに発生していない端末であれば加入可能。AppleCare+は、キャリアの契約を続けたとしても通常2年で保証期間は終了してしまいますが、スマホ保険であれば契約後2年以上を経過したiPhoneでも保険に加入できます

なお、2019年3月現在、下記iPhone端末がスマホ保険の対象となっています。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5s

最新のスマホ保険対象端末は公式サイトをご確認ください。

スマホ保険の料金

スマホ保険の保険料は、対象となる端末の種類や自己負担額によって異なりますが、月額356円~1,070円となります。公式サイトからアプリをダウンロードすることで、保険料がいくらになるか確認できます。

筆者が利用しているiPhone SEの場合、修理時に支払う自己負担額が3,500円の場合は月額356円、修理時の自己負担額を0円にしたい場合は月額467円という保険料が表示されました。

また、保険金の支払い上限額も機種によって異なりますが、iPhone SE(64GB)の場合は49,800円。Apple Storeでは64GBモデルはありませんが、128GBのSIMフリー版の価格で54,864円なので、必要十分な額が補償されると言っていいでしょう。

3カ月毎の契約更新時には「安全スコア」が算出され、安全スコアが高いほど更新時の保険料割引率が高くなる仕組みもあります。

スマホ保険の補償内容と条件

スマホ保険では、下記の損害が補償対象となり、保険金が支払われます。

  • 故障
  • 不測かつ突発的な事故に起因する、破損や汚損、および水濡れ
  • 盗難
  • 置き忘れ、紛失

下記は補償対象外となっており、保険金の支払いが保証されていませんので、ご注意ください。

  • 保険の対象の経年劣化
  • バッテリー交換に関する費用を負担することによって生じた損害
  • 保険責任の開始日時より前に発生した損害
  • 契約者、被保険者、これらと生計を同じくする親族、その法定代理人、および保険の対象の使用もしくは管理を委託されたものの故意または重大な過失、法令違反によって生じた損害
  • 保険の対象に加工や改造(修理業者による修理を除く)を行ったことによる損害
  • 保険の対象の製造メーカーの瑕疵による故障等(製造メーカーが補償すべきものをいいます)による損害
  • 戦争、テロ、地震、津波、噴火、水災、台風、放射線事故によって生じた損害
  • コンピューターウイルスによる障害に起因した損害
  • 日本国外で生じた損害

こんな人は「スマホ保険」でiPhoneの保証を受けるのがおすすめ

iPhoneを損傷させてしまう事例は、日常の中に沢山あります。

  • iPhoneをポケットから取り出す時に落として画面を割ってしまう
  • 喫茶店でコーヒーをこぼしてiPhoneが濡れてしまう
  • 小さな赤ちゃんがiPhoneを舐めてしまう
  • レジャー中にiPhoneを水の中に落としてしまう
  • トイレでiPhoneを落としてしまう

さまざまなことでiPhoneは壊れる危険性がああるため、一度でも経験のある方は注意が必要です。いろいろな保護ケースや液晶フィルムが売っていますが、なかなか完全にiPhoneを守ってくれるものはないようですね。

保証のないiPhoneの修理代は高額です。iPhone自体がすごく高い分交換パーツも高くなるので仕方ないのですが、画面の端っこが割れても画面全部を取り替える必要があります。

画面の損傷のみでも、修理に2万円近くかかることもあり、画面以外にも損傷がある場合はさらに追加の修理料金がかかる場合もあります。高くて画面が割れたまま我慢して使う方の気持ちも分かりますね。

格安SIMに乗り換えたらスマホ保険でiPhoneの保証サービスを受けよう!

格安SIMに乗り換えた場合のiPhoneの端末保証はスマホ保険がおすすめです。2年以上使ったiPhoneでも、修理料金を出してもらえるようになります。不慮の事故で壊れてしまったiPhoneは危険なので、キチンと修理して使いましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい