1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SMS(ショートメール)が使えるDMM mobile(DMMモバイル)を紹介

SMS(ショートメール)が使えるDMM mobile(DMMモバイル)を紹介

更新日:2019.08.16

LINEやGmailなどの認証に必要な機能、SMS(ショートメール)が使える格安SIM、DMM mobile(DMMモバイル)ならスマホのセキュリティも万全!

DMM mobile(DMMモバイル)を契約する際にSMSを付けるべきなのか迷う方がいらっしゃるのではないでしょうか?今回はDMM mobileで契約した際に、SMS機能がいつ活躍するのかについて紹介していきます。本記事を通してDMM mobileのSMS機能について知識を深めてみてはいかがでしょうか?

DMM mobile(DMMモバイル)でSMS機能は使える?

月々472円から利用できるDMM mobile(DMMモバイル)では、別途162円/月でSMS機能を利用できます。SMSを利用したいという方は、SMSがついたプランを契約しましょう。

そもそもSMSとは?

SMS(エスエムエス)とは、「Short Message Service(ショートメッセージサービス)」の略で、電話番号を宛先にしてメッセージをやり取りするサービスです。auでは「Cメール」と呼ばれたりしていました。短文のやり取りとして利用されていたSMS機能ですが、最近はLINEやFacebookのメッセンジャー機能が普及し、無料でメッセージのやり取りができるようになっています。

そんなSMS機能ですが、利用するメリット・デメリットはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

DMM mobile(DMMモバイル)でSMS機能を使うメリット・デメリットは?

実際にメッセージをやり取りする機能としては頻繁に利用することのなくなったSMS機能ですが、使うメリット・デメリットはどういったものがあるのでしょうか?

DMM mobile(DMMモバイル)でSMS機能を使うメリット

ここではSMS機能を付けるメリットを紹介します。SMS認証機能が使えるという点と、利用する際に不便の原因となる問題を取り除けます。

メリット1:SMS認証で使える

SMS機能を付けるべき理由の1つにSMS認証が使えるというものがあります。SMS認証は本人確認のためのに携帯電話のSMSを利用した認証機能です。例えばLINEやFacebookといったSNSやセキュリティのために本人確認が必要となるGmailなどでも利用ができます。

本人確認だけでなく、ログインの際の2段階ログインのコードをSMSで受信することができたり、様々な場面でSMS認証が活用されています。

メリット2:アンテナピクト・セルスタンバイ問題の回避に繋がる

データ通信専用のSIMカードを使用している場合に「アンテナピクト問題」「セルスタンバイ問題」が生じてしまうことがあります。「アンテナピクト問題」は通信可能にも関わらず、端末側で圏外と表示されてしまうことを指し、「セルスタンバイ問題」は通話回線に接続するため基地局の検索を行いバッテリーを消費してしまうことを指します。の解決に繋がります。

SMS機能は通話回線を利用してメッセージの送受信を行う機能なので、SMS機能が付いていれば上記の問題の回避に繋がります。

DMM mobile(DMMモバイル)でSMS機能を使うデメリット

次にSMS機能を使う際のデメリットを紹介します。デメリットといえば、料金面のこととなるでしょう。

デメリット:SMS機能利用には追加料金がかかる

DMM mobileではデータ通信SIMの契約の際、SMS機能を付けるのであれば、別途162円/月の追加料金がかかります。通話対応SIMプランは標準でSMS機能がついているため、データ通信SIMを契約する際にはSMS機能の有無を考える必要があります。

ちなみに、データ通信SIMからSMS付きプランに変更する際はSIMカードの変更が伴うのでSIMカード発行手数料として3,240円が発生します。そのため、SMS認証が必要な機能を利用する予定があるなら契約時にSMS機能を付帯させておくことをおすすめします。

2019.08.26まで
最大14,000円分ギフト券プレゼント
【SIMチェンジ限定】で最大14,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!
今なら新規契約手数料3,240円も0円
詳細をチェック
公式サイトへ

DMM mobile(DMMモバイル)のSMS利用料金

DMM mobile(DMMモバイル)のSIMプランにSMS機能を付けた場合の月額料金を確認してみましょう。

DMM mobileにはシングルコースとシェアコースがあります。その名の通り、シングルコースはSIM1枚、シェアコースはSIMが3枚まで増やすことができます。

DMM mobile(DMMモバイル)の月額プラン
DMM mobile
シングルコース
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金
データSIM
SMSあり
月額料金
通話SIM
※キャンペーン中
高速通信容量通信速度SIM枚数
ライトプラン476円638円1,232円-最大200kbps1枚
1GBプラン519円681円1,361円1GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン832円994円1,491円2GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン918円1,080円1,620円3GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,307円1,469円2,063円5GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン2,009円2,171円2,765円7GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン2,139円2,301円2,895円8GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,366円2,528円3,122円10GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン3,543円3,705円4,299円15GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,299円4,461円5,055円20GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚

シェアコース(データSIMのみ)の格安SIM料金プラン比較

DMM mobileには最大3枚までシェア可能なシェアコースがあります。データSIMのみのシェアコースは、基本料金に追加SIM利用料を支払うことで最大3枚までSIMカードを増やすことができます。こちらも同様に、SMS機能を付けるのであれば、別途162円/月の追加料金がかかります。

シェアコース(データSIMのみ)基本料金SIM追加1枚の料金最大SIM枚数
1GBプラン519円324円/月3枚
2GBプラン832円324円/月3枚
3GBプラン918円324円/月3枚
5GBプラン1,307円324円/月3枚
7GBプラン2,009円324円/月3枚
8GBプラン2,139円0円3枚
10GBプラン2,366円0円3枚
15GBプラン3,543円0円3枚
20GBプラン4,299円0円3枚

SMSの送信料・受信料

  • 国内へ送信:4~33円/通
  • 海外へ送信:50~500円/通
  • 海外で送信:100円/通
  • 受信:無料

SMS機能は電話と同じく発信者側に料金がかかります。海外へ送信する場合や、海外で送信する場合は1通当たりの料金が高くなるので注意が必要です。受信は無料となっています。

DMM mobile(DMMモバイル)を使うならSMS機能を付けるのがおすすめ!

DMM mobile(DMMモバイル)のSMS機能について紹介しました。SMS機能を付けておくと、SMS認証やアンテナピクト問題、セルスタンバイ問題の回避に繋がります。月々の料金も数百円と安いので迷ったらつけることをおすすめします。料金を抑えたい人にとって、DMMモバイルは魅力的な点ばかりなのでぜひ公式サイトでも確認してみてください!

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい