1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリー版のiPhone6Sと格安SIMでお得に運用する方法とは?
 

SIMフリー版のiPhone6Sと格安SIMでお得に運用する方法とは?

pixta_20701732_M
SIMフリースマホ

SIMフリー版のiPhone6Sと格安SIMを組み合わせることでお得に運用できる方法を知っていますか?今回は、iPhone6Sをどれだけ安く運用できるかまとめてみました!iPhone6Sの価格や中古の相場、購入方法。そして、おすすめの格安SIMと設定方法をご紹介します!

SIMフリー版のiPhone6Sと格安SIMを組み合わせることでお得に運用できる方法を知っていますか?今回は、iPhone6Sをどれだけ安く運用できるかまとめてみました!iPhone6Sの価格や中古の相場、購入方法。そして、おすすめの格安SIMと設定方法をご紹介します!

SIMフリー版のiPhone6Sの価格とは?

出典:Apple iPhone6S
16GB
78,800円(税抜)
64GB
89,800円(税抜)
128GB
101,800円(税抜)

SIMフリー版のiPhone6Sは、Appleの公式サイトにて購入することができます。カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4種類が用意されています。

価格は、容量によって異なります。16GB、64GB、128GBの3種類用意されていて、最も容量の少ない16GBは、78,800円から購入することができます。

SIMフリー版のiPhone6Sは中古でもいいの?

SIMフリー版のiPhone6Sは中古でも販売されています。こちらを利用して格安SIMで運用することができます。中古の場合は、お店やiPhone6Sの状態によって価格が変動します。

中古の相場は、常に変動しているので購入する場合はよく調べて購入するように心がけるといいでしょう。ネットで購入する場合は実物を見ることができないので、お店に問い合わせるなどして状態を確認するといいでしょう。

SIMフリー版のiPhone6Sを格安で運用する方法

SIMフリー版のiPhone6Sを格安で運用するためには、キャリアで契約購入せずに端末とSIMカードをそれぞれ別に用意します。そうすることで格安で運用することが可能になります。

SIMフリー版のiPhone6Sを購入して、格安SIMを契約する流れで運用していきます。すでに、端末を持っていたり、SIMカードを持っている方は、これから紹介する方法を参考に足りない部分を補ってください。

SIMフリー版のiPhone6Sを格安で運用するための必要なもの

SIMフリー版のiPhone6S
カラー:シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド
容量:16GB,64GB,128GB
格安SIM
MVNO会社を決めておく
各書類
本人確認書類
クレジットカード
MNP予約番号
Wi-Fi環境
構成ファイルダウンロードのため

SIMフリー版のiPhone6Sを運用する場合に用意したいのが、まず端末です。SIMフリーであればカラーと容量は用途に合わせて自由に選んでください。そして、運用に必要な格安SIMのMVNO会社を決めておいてください。まだ、決まっていない人はこの後紹介する”SIMフリー版のiPhone6Sにおすすめの格安SIM”を参考にしてください。

さらに、格安SIMを契約するために必要な各書類を準備してください。こちらを用意しておくとスムーズに契約することが可能です。MNPで格安SIMに乗り換える場合は、前のキャリアかMVNOでMNP予約番号を発行しておいてください。こちらは期限があるので発行した後は、スムーズに契約しましょう。

最後に、iPhone6Sを格安SIMで運用する場合には構成ファイルが必要になります。こちらはWi-Fi経由でダウンロードするので、自宅のWi-Fi環境か街中のWi-Fiスポットなどを利用してダウンロードしましょう!

SIMフリー版のiPhone6Sにおすすめの格安SIM

おすすめの格安SIM
楽天モバイル
UQ mobile(UQモバイル)
U-mobile(ユーモバイル)

SIMフリー版のiPhone6Sにおすすめの格安SIMをまとめてみました。それぞれの格安SIMの魅力とともに紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

また、各社SIMカードのサイズをnanoSIM,microSIM,標準SIMの3種類用意しています。この中からSIMフリー版のiPhone6Sの場合は、nanoSIMカードを選ぶようにしてください。それでは、おすすめの格安SIMを見ていきましょう!

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは、非常にバランスの取れたMVNO会社です。データ通信のプランはベーシック、3.1GB,5GB,10GBと容量別に4種類用意されています。シンプルなプラン構成なので選びやすいのが特長です。

さらに、通話にも優れており電話をよく使用する方にかけ放題オプションが用意されているなど、通信だけではなく使える格安SIMになっています。それでは、プランの詳細とおすすめのプランをご紹介します。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイル
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
ベーシックプラン567円696円1,350円-200Kbps1枚
3.1GBプラン972円1,101円1,728円3.1GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,566円1,695円2,322円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,440円2,570円3,196円10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,374円4,503円5,130円20GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBプラン5,886円5,961円6,642円30GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
通話をメインにiPhone6Sを使いたい方
通話SIM:5GBプラン(月額2,150円)+5分かけ放題オプション(月額850円) 合計 月額3,000円(税抜)
安定した通信と楽しみたい方
データSIM:5GBプラン(月額1,570円) 合計 月額1,570円(税抜)
できるだけ安く運用したい方
データSIM:ベーシックプラン(月額525円) 合計 月額525円(税抜)

上記に用途別のおすすめプランをまとめてみました。通話をメインにiPhone6Sを使いたい方には、5GBプランと5分かけ放題オプションをおすすめします。毎月がっつりと使用できる5GBプランと5分間なら無料でかけ放題ができるオプションを組み合わせて月額は3,000円(税抜)と格安で運用できます。

安定した通信と楽しみたい方は、データSIMの5GBプランをおすすめします。通信量もそこそこある上に月額も安く満足いく通信が楽しめます。

最後に、できるだけ安く運用したい方はデータSIMのベーシックプランをおすすめします。ワンコインで楽しめる最安のプランでネット閲覧やSNSを中心として使用する方はこちらのプランで最安で契約しましょう!

楽天モバイルのおすすめプランで契約したい人はこちらから!

UQ mobile(UQモバイル)

出典:UQ mobile 公式サイト

続いては、UQ mobile(UQモバイル)です。格安SIMの中でも通信速度が早く、回線も安定しているため混雑時もつながりやすいです。無制限プランが用意されているのでネット中心に利用する方も安心して使えます。

プランは少ないですが、選ぶ際に迷う必要がないので用途によってすぐに選ぶことができます。それでは、プランの詳細とおすすめのプランをご紹介します。

公式サイト:UQ mobile(UQモバイル)

UQ mobile
月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
データ高速プラン1,058円1,814円3GB/月受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
1枚
データ無制限プラン2,138円2,894円無制限受信最大500kbps1枚
低価格で楽しみたい方
データ高速プラン(月額980円) 合計 月額980円
無制限でがっつり使いたい方
データ無制限+音声通話プラン(月額2,680円) 合計 月額2,680円
バランス良く楽しみたい方
データ高速+音声通話プラン(月額1,680円) 合計 月額1,680円

上記に用途別のおすすめプランをまとめてみました。まず、低価格で楽しみたい方はデータ高速プランをおすすめします。UQ mobile(UQモバイル)の高速通信が月額1000円以下で楽しむことができます。プランに迷っている方はこちらをどうぞ!

無制限でがっつり使いたい方は、データ無制限+音声通話プランをおすすめします。通信は無制限で安定して楽しむことができる上に、音声通話も可能なのでプライベートでもビジネスでも満足して使えます。

バランス良く楽しみたい方は、データ高速+音声通話プランがぴったりでしょう。3GBのデータ通信と通話が楽しめて月額2,000円以下に収まります。ぜひ、これらのプランを検討してみてください!

UQ mobile(UQモバイル)のおすすめプランで契約したい人はこちらから!

U-mobile(ユーモバイル)

出典:U-mobile 公式サイト

最後に紹介するのは、U-mobile(ユーモバイル)です。高速通信と無料で使えるWi-Fiスポットなどが用意されており、通信に特化しているMVNO会社です。また、使い放題もあるので、iPhone6Sを思う存分楽しめます。

また、「USEN MUSIC SIM」や「ダブルフィックス」などユニークなシステムによるプランが用意されています。非常にiPhone6Sと相性が良いです。それでは、プランの詳細とおすすめのプランをご紹介します。

公式サイト:U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)
月額料金
データ専用
月額料金
データ専用+SMS
月額料金
通話プラス
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
1GB853円1,015円-1GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
3GB--1,706円3GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
5GB1,598円1,760円2,138円5GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
U-mobile MAX 25GB2,570円2,731円3,110円25GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
U-mobile PREMIUM2,678円2,840円3,218円無制限下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
ダブルフィックス734円
972円
896円
1,134円
1,598円
1,922円
1GB以下
1GB~3GB
下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
LTE 使い放題(申し込み終了)2,678円2,840円3,218円無制限下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
LTE 使い放題2(申し込み終了)--2,948円無制限下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
高速通信を思う存分楽しみたい方
通話プラスLTE使い放題(月額2,980円) 合計 月額2,980円
iPhone6Sを格安で運用したい方
データ専用ダブルフィックス(通信量1GB以下680円、1GB以上900円) 合計 月額680~900円
音楽も楽しみながら使いたい方
通話プラスUSEN MUSIC SIM(月額2,980円) 合計 月額2,980円

上記に用途別のおすすめプランをまとめてみました。高速通信を思う存分楽しみたい方U-mobile(ユーモバイル)のLTE使い放題がおすすめです。通話と通信を楽しめて月額3,000円以下というお得なプランです。

iPhone6Sを格安で運用したい方は、U-mobile(ユーモバイル)独自の「ダブルフィックス」を選ぶといいでしょう使用した通信量に応じて価格が変動するプランです。1GB以下では月額680円で使用できます、1GB以上では月額900円で3GBまで使用することが可能です。

そして、「USEN MUSIC SIM」は、「スマホでUSEN」というサービスが通話プラスLTE使い放題プランに加わったもので、150万曲以上の楽曲をiPhone6Sで楽しむことができます。音楽も通信も満足いくまで楽しみたい方におすすめのプランです。

U-mobile(ユーモバイル)のおすすめプランで契約したい人はこちらから!

SIMフリー版のiPhone6Sの設定方法とは?

SIMフリー版のiPhone6Sを利用する場合は、構成プロファイルが必要になります。構成プロファイルとはiPhone6Sで格安SIMを使用するための情報が書き込まれたファイルです。

こちらをiPhone6Sにインストールする必要が有ります。構成ファイルは各MVNO会社の公式サイトにてダウンロードすることができます。そのため、iPhone6SをネットにつなげるようにWi-Fi環境を用意しておきましょう。

主要会社の設定方法まとめ

今回、上記に紹介したおすすめのMVNO会社の設定方法のリンクをまとめてみました。iPhone6Sでは、格安SIMを使う前に上記のリンクを参照して構成プロファイルをダウンロードする必要があります。

どのMVNO会社でも構成プロファイルの設定方法が記載されているページがあるので、そちらを参考にダウンロードしてインストールしましょう。それだけで、iPhone6Sを使用できるようになります。

SIMフリー版のiPhone6Sの注意点

  • キャリア版の場合はSIMロック解除が必要
  • iOSによっては格安SIMが使えない場合もある
  • 中古の場合はSIMフリーであることを確認

最後に、SIMフリー版のiPhone6Sの注意点をご紹介します。キャリア版のiPhone6Sの場合、使用できないMVNO会社があるためSIMロック解除が必要です。キャリアに問い合わせるか、アダプタなどを利用して自己責任で解除してください。現在、キャリアでも使用できる格安SIMがあるのでそちらを利用することも可能です。

iOSのバージョンが古い場合は構成プロファイルが対応していない場合があるので注意しましょう。必ず最新のバージョンで構成プロファイルをインストールするようにしてください。

中古の場合は、SIMフリーであることを確認しましょう。ネットで購入する場合は問い合わせてみましょう。店頭で購入する場合も店員に聞いてみるなどして必ずSIMフリー版を購入してください!

SIMフリー版のiPhone6Sを格安SIMで運用しよう!

SIMフリー版のiPhone6Sを格安SIMで運用する方法をご紹介しました。本記事を読めばSIMフリー版のiPhone6Sの購入から格安SIMの契約まで全て行うことができます。構成ファイルの設定方法やSIMフリー版のiPhone6Sの注意点もまとめたので、ぜひ参考にしてください。

これから、SIMフリー版のiPhone6Sを格安SIMで運用したい方は本記事を参考に契約してみてはいかがでしょうか?