1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iPhoneで、ついに電子マネーが使用可能に!これまでの使用方法も解説

iPhoneで、ついに電子マネーが使用可能に!これまでの使用方法も解説

更新日:2018.09.11

iPhoneでは、今まで電子マネーが使えませんでした。そのため、Androidを選ぶユーザーも多かったのは事実です。 しかし、iPhone7/7 Plus以降の機種では、ついに電子マネーが使えるようになりました。 この記事では、iPhoneにおける電子マネーの使用方法を解説します。

iPhone7より古い機種では電子マネーが使えなかったため、電子マネー機能のためにAndroidを選ぶ人は少なくありませんでした。しかし、iPhone7以降の機種では、ついに電子マネーが使えるようになりました。この記事では、iPhoneにおける電子マネーの使用方法を解説します。

iPhoneで使える電子マネー・Apple Payとは?

pixta_22012905_M

iPhoneで、ついに電子マネーが使えるようになりました。この項目では、iPhoneで使えるApple Payについて詳しく解説します。どの電子マネーが使えるのか気になっている人は、ぜひご覧ください。

iPhone7以降の機種(iPhone8/iPhoneX含む)は、電子マネーSuicaが利用可能

iPhoneで使えるようになる、そしてこれからiPhoneで最も使う人が多くなることも考えられる電子マネーは「Suica」です。

Suicaは、iPhone7/7 Plus、iPhone8/8 Plus、iPhoneX、そしてApple Watch Series 2以降の端末に対応。これでiPhone単体でも改札を通れるようになりますし、コンビニなどでの買い物も気軽にできますね。ちなみにSuicaのチャージには、クレジットカードが必要です。

iPhoneで、後払いの電子マネーiDが使用可能に

後払い式の電子マネーとして知られるのが「iD」です。docomoのスマホでは昔から使える電子マネーですが、三井住友カードなど、iDに対応したクレジットカードがあれば、iPhoneで使用可能になります。

チャージしておかなくても使えるため、iDはなかなか便利です。クレジットカードを持っているなら、使えるようにしておきたいところです。

iPhoneで、後払いの電子マネーQuicPayが利用可能に

後払い式の電子マネーは、iDだけでなく「QuicPay」にも対応しています。セゾンカードなど、対応しているクレジットカードが必要となるため、持っていない人は作っておきましょう。

今までも、iPhoneでは電子マネーが使えていた?

pixta_23280909_M

iPhoneは、実は今までも電子マネーは使えていました。これはご存じない人も多いのではないでしょうか。iPhone単体では電子マネーが使えないものの、周辺機器を入手すれば電子マネーが使えたのです。

おサイフケータイジャケットで、iPhoneでの電子マネーの利用ができた

おサイフケータイジャケットを使うことで、iPhoneによる電子マネーの利用ができていました。おサイフケータイジャケットはiPhoneのケースとセットで使うものであり、電子マネーを使用するために必要なものです。

ケースにおサイフケータイジャケットの本体を入れて、さらにiPhoneを装着。これにより、楽天edyやiD、QuicPay、ヨドバシカメラのポイントカード、dポイント、ANAといったサービスを利用することができます。

iPhoneがかなり分厚くなってしまうこと、おサイフケータイジャケットの充電が必要なことなど、弱点は多かったのですが、既にこれだけたくさんのおサイフケータイ機能に対応していたことが分かります。

ただし、この方法では残念ながらSuicaは使うことができません。

パソリで、iPhoneを使って電子マネーをチャージできた

パソリRC-S390を持っていれば、iPhoneでSuicaをチャージする一通りの作業ができました。

SuicaのカードをiPhoneケースに入れて、さらにパソリを持ち歩く。かなり苦肉の策といった内容ですが、一応これでiPhoneとSuicaが連携できていたんです。

今となってはもうほとんど意味がなくなってしまいましたが、これまでもiPhoneとSuicaの連携は行われていたことを忘れないようにしましょう。

wena wristを使って、iPhoneで電子マネーが利用可能

いわゆるウェアラブル端末である、wena wrist。かんたんに説明するとApple Watchのようなものですが、これで楽天edyやiD、QuicPayなどの電子マネーを利用することができていました。

2016年に発売されたばかりですが、こちらは楽天edyなども使える関係上、まだまだ用途としてはアリでしょう。楽天edyは、今のところiPhone7のApple Payに対応していません。

iPhoneに対応していない電子マネーについて

nanaco、waon、楽天edyといった電子マネーは、Apple payで利用できません。

これらが今後iPhoneに対応するかもまだわかりませんが、iPhoneユーザーの多さを考えると、いずれ対応する可能性は低くはないでしょう。

iPhoneで、ついに電子マネーが使用可能に!これまでの使用方法も解説のまとめ

iPhoneでは、2016年10月下旬より、iPhone7において電子マネーが使用可能になりました。iPhone8/8 Plus、iPhoneX、Apple Watch Series 2以降の端末でも使用可能となっています。

色々と機能は限られていると言われているSuicaですが、対応したことは大きいですよね。格安SIMとの組み合わせでも、iPhone7、8/8 Plus、Xなら電子マネーはしっかりと利用できます。
これからはいちいち財布を取り出したり、ケースにカードを入れたりしなくてもiPhone単体でSuicaなどが使えるということで、なかなか便利な時代になるでしょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい