1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iPhoneのeSIMを徹底解説!設定から活用方法まで

iPhoneのeSIMを徹底解説!設定から活用方法まで

更新日:2018.09.16

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRはeSIM対応のデュアルSIMスマホとなっています。eSIMを最大限活用するには、iPhoneでの設定方法を知っておく必要があります。徹底解説します。

2018年9月に発表されたiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRは、nanoSIMとeSIMのデュアルSIM端末となっています。

eSIMを使うためにはiPhone上で設定を行う必要があります。iPhoneでeSIMを使うための設定方法やeSIMの活用方法を紹介します!

iPhone XS、iPhone XS MaxでのeSIM設定方法

iPhone XSとiPhone XS MaxでのeSIM設定方法を紹介します。

iPhone XRのeSIM設定方法関しては、現状Appleの公式サイト上に記載がありませんが、iPhone XSとiPhone XS MaxでのeSIM設定方法と同様のものと想定されます。Apple公式サイト上での発表があり次第、アップデートします。

iPhone XS、iPhone XS MaxでeSIMを使うのに必要なもの

iPhone XSとiPhone XS MaxでeSIMを使うためには、iOS 12にアップデートされたiPhone XSとiPhone XS Max、そしてeSIMに対応した通信事業者が提供するQRコードやアプリが必要です。

iPhone XSとiPhone XS MaxでのeSIM利用に必要なもの
iOS 12へのアップデート
eSIM対応の通信事業者のQRコードやアプリ

日本でのeSIM対応の通信事業者は、まだApple公式サイト上で公表されていませんが、おそらくdocomo、au、SoftBankの3大キャリアは対応すると想定されます。

参照:Find wireless carriers that support eSIM

iPhone XS、iPhone XS MaxでのeSIMの設定方法

eSIM対応の通信事業者が提供するQRコードやアプリを利用して、通信に必要な情報をiPhone XS、iPhone XS Maxに書き込んでいきます。

QRコードを読み取る場合
  1. 「設定」から「モバイル通信」を選択
  2. 「モバイル通信プラン」をタップ
  3. QRコードを読み取る

アクティベーションコードの入力が求められた場合は、通信事業者からもらったコードを入力する必要があります。

また、必要であれば「情報を手動で入力」をタップして、プラン情報を手入力することも可能です。

アプリを使う場合は、以下のように行います。

アプリを使う場合
  1. App Storeからアプリをダウンロード
  2. アプリから通信プランを購入

iPhone XS、iPhone XS MaxでのeSIMの活用方法

iPhone XS、iPhone XS Maxでは、eSIMに1つ以上の通信事業者のプランを登録することができ、さらにそれらのプランをiPhone上で切り替えることができます。

登録したプランには名前をつけることができるため、例えば「仕事用のプラン」や「プライベート用のプラン」、「旅行用のプラン」などでラベリングし、使い分けることができます。

音声通話プランを2つ契約して、別々の電話番号を使う

nanoSIMとeSIM両方で音声通話プランを使えば、それぞれのプランで別の電話番号を使うことも可能です。

eSIM 電話番号2つ

連絡先ごとにどちらの電話番号を使うかも設定することができるので、仕事での連絡先とプライベートの連絡先が混在している場合でも、別々の電話番号から通話をすることができます。

よく出張する国のプランを契約しておく

nanoSIMでは日本の通信事業者のプランを契約しておき、eSIMにはよく出張する国のプランを複数契約しておくことも可能です。

eSIM 出張

頻繁に出張に行く方は、そのたびにいちいちSIMカードを差し替えるのは手間ですよね。eSIMであれば、SIMカードを差し替えることなく、iPhone上の操作でそれぞれの国のプランに切り替えることができます。

iPhone XS、iPhone XS MaxでのeSIMを使う際の注意点

iPhone XSとiPhone XS MaxはデュアルSIM端末となっており、nanoSIMとeSIMで異なる通信事業者を利用したい場合は、iPhoneがSIMロック解除されている必要があります。

もしSIMロック解除されていないiPhone XSとiPhone XS Maxを使い場合は、nanoSIMとeSIMで同じ通信事業者を利用する必要があります。

この点は、docomoやau、SoftBankでiPhone XSとiPhone XS Maxを購入する際に注意しておく必要があります。

そもそもeSIMって何?

eSIMは、Embedded Subscriber Identity Moduleの略で、文字通りとると「組み込まれたSIM」となりますが、その特徴はリモート操作で通信事業者の切り替えなどが可能という点にあります。

今までの物理的なSIMカードだと、通信事業者を切り替えなどの際には、SIMカード自体を抜き差しして入れ替える必要がありましたが、eSIMだとその必要がありません。

SIMチェンジでは、eSIMの仕組みやメリット、eSIM搭載の端末についてさらに詳しく説明しています。こちらも合わせてご覧ください。

iPhoneのeSIMを活用して手軽に通信事業者を切り替えよう!

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRのeSIMを使えば、複数の通信事業者を登録し、使いたい通信事業者をiPhone上で選んで切り替えることができます。

海外旅行の際など、活用の幅が期待できるeSIMを、最新のiPhoneを使って楽しみましょう!

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRはキャリアの公式サイトをチェック!

iPhoneでeSIMを楽しむには、SIMフリーのiPhoneの方が活用の幅が広がります。iPhoneにぴったりの格安SIMは、下記の診断から探してみてください。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい