1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MVNOで通話を安く押さえられるプランを大特集!
 

MVNOで通話を安く押さえられるプランを大特集!

a24ca95e2fcf86a978cacd894a7eb364_s
MVNO比較

MVNOは通信量は安いけど、通話料はどうなの?という不安がある人も多いはず。しかしそこは格安スマホ。通話料半額またはそれ以下になるという様々なサービスが各社から出されています。MVNOで通話も安くしたい人のために、音声通話プランやIP電話サービスをまとめてみました。

スマホの料金の節約のため、格安SIMに乗り換える人がいま急上昇中。MVNOで月々の通信量は大幅に節約できるでしょう。しかし、MVNOでの通話に不安点を感じる方もいるかもしれません。MVNOでは無料通話分などのシステムがないので、通話料金は割高になるかもしれないという点です。

name

でもそこは格安スマホ。通常で30秒20円の料金が、半額またはそれ以下になるという様々なサービスが各社から出されています。MVNOで通話も安くしたい人のために、音声付プランやIP電話サービスをまとめてみました。

MVNOでの通話について

まずは、MVNOでの通話の方法についてご紹介しましょう。方法は基本的に二通りあります。

音声通話

最も基本的な方法は、音声通話付きのMVNOを選ぶこと。ほとんどの格安SIMでこのオプションを選ぶことができます。今まで使っていた090・080の番号をそのまま格安スマホに移転できるのも魅力の一つ。

MNPについて

MNPとはモバイル・ナンバー・ポータビリティの略で、このシステムを使うと携帯電話会社を変更しても引き続き同じ番号を使うことができます。

ほとんどの格安SIMでMNP対応されています。MNPの手続き方法については、こちらの記事をご覧ください。

IP電話

IP電話を使えば、音声付ではなくデータ用SIMを購入しても電話することが可能。今まで使っていた090・080の番号は引き継げませんが、050から始まる番号が付与されます。

インターネット回線を利用したものなので、通常料金よりも安くなるという利点があります。格安SIMでは、このIP電話をうまく活用することが重要です。

MVNOの音声通話のおすすめプラン

最近のMVNOでは音声付SIMでも安く通話できるサービスがそろってきました。090・080でも節約したい人のためのプランをチェックしましょう。

BIGLOBEでんわ

「BIGLOBEでんわ」のアプリを活用すると、通常の半額の30秒10円の料金になります。

BIGLOBEはWifiなどのサービスも充実していて、増量の波にも乗っている格安SIMの一つ。そこにBIGLOBEでんわのお得なサービスも加わっていて、おすすめのSIMです。

公式サイト:BIGLOBE 音声付きSIM

IIJmioファミリー割

人気の高い格安SIMであるIIJmio(みおふぉん) で、また新たなサービスが開始しました。MVNO初の家族通話が安くなる家族割です。

「みおふぉんダイヤル」アプリで通常の半額である30秒10円になるだけでなく、これを家族間で使うと、30秒8円になるというサービス。家族内で電話をかけることが多いという人は、このIIJmioのサービスはぜひ活用したいですね。

公式サイト:IIJmio 音声付きSIM

Y!モバイル

MVNOではありませんが、音声通話をジャンジャン使いたいという人はY!mobile(ワイモバイル)のサービスはチェックしないと損!10分間の電話なら無料で使うことができるんです。固定電話・携帯電話・PHSのどの電話にかけても月に300回まで10分無料になるので、毎日10回は10分未満の電話をかけることができます。

10分が過ぎてしまわないように、10分未満で一度電話をかけなおすなどの工夫をすれば、大幅な節約になるでしょう。
BIGLOBEでんわ
30秒10円
IIJmio
家族内で30秒8円
ワイモバイル
すべての場所に10分間無料

IP電話のあるMVNOのプラン

安く通話するならやっぱりIP電話。優れたIP電話のサービスがあるMVNOをご紹介します。

OCNの050plus

OCN モバイル ONEのサービスである050plusのIP電話もチェックしておきましょう。固定電話へ3分8円・携帯電話へ1分16円という格安のサービス。OCNのSIMユーザーは050plusの基本料が無料となります。 画像タイトル

さらに050plusアプリ同士であれば、無料で通話も可能。家族や友人の多くがユーザーであれば、このサービスに加入しておいたほうがいいかもしれませんね。

NifMo通話定額

カケホーダイなどがなかったMVNOも、NifMo(ニフモ)の通話定額の発表により、いっそう格安の勢いを増しています。

他のキャリアでは2,700円だったサービスを、半額の約1,350円ほどでどこへかけてもかけ放題になるとのこと。2015年夏から開始される予定で、見逃せないMVNOです。

SIMカード購入で3,000円のキャッシュバック、また端末とのセットで10,000円のキャッシュバックが、NifMoのホームページ限定キャンペーンとして実施されています。ぜひチェックしましょう。

公式サイト:NifMo(ニフモ)

どのMVNOでも安くなる通話サービス

OCNの050サービスは、OCNのSIMに申し込んでいない人も使えます。同じようにどのMVNOでも利用できるサービスを他社も提供しています。しかもIP電話ではないので、090・080のまま電話料金が安くなるという場合も。チェックしてみましょう。

IP-Phone SMART

楽天系のサービスである「IP-Phone SMART」は、その名の通りIP電話のサービスです。料金は固定電話へ1分16円・携帯電話へ30秒8円。 画像タイトル

OCNの050plusと同じでどのMVNOでも使えるIP電話アプリ。OCNと違い、だれでも基本料無料となっているので、気楽に使ってみることができます。

IP電話とMVNOの組み合わせ方

IP電話はインターネットを介して電話をかけるシステム。

IP電話もよく使うしデータ通信も使うという方なら、050plusやIP-Phone SMARTと、Uモバイルやぷららの無制限プランと組み合わせて使うのも良いかもしれません。

楽天でんわ

楽天でんわアプリを使うだけで、半額の30秒10円になります。IP電話とは違い、楽天の回線を使って接続されるサービスなので、番号は090・080のそのままでOK。

どの格安SIMであってもこのアプリを使うことができるので、楽天モバイル ではなくて他のSIMが気になっている場合も、ぜひチェックしておきたいサービスです。

freetelの「通話料いきなり半額」

FREETEL(フリーテル) も、楽天でんわと似たサービスとなっています。料金設定は同じく30秒10円。基本料も無料となっています。 楽天でんわとfreetelの比較については、こちらの記事をご覧ください。

freetelでは、家電量販店で購入することができるパッケージを買うとよりお得。390円の価格で500円分の電話代が無料になるので、実質110円分の無料サービスが付いているパッケージになります。500円の図書券をチケットカウンターで390円で買うような感覚でしょうか。少しでも安くしたい方は、ぜひ購入してみてください。

IP-Phone SMART
固定電話へ1分16円、携帯電話へ30秒8円
OCNの050plus
固定電話へ3分8円、携帯電話へ1分16円
楽天でんわ
30秒10円
freetel
30秒10円

全プラン比較表

全サービスを表にしてみました。絶対にMNPの090・080にしたいという方は上段を、050のIP電話でもいいという方は下段を見比べてみるとよいでしょう。

その中でも家族間で使いたい、固定電話へかけたいなどの要望をはっきりさせると、どのサービスを使えばいいかが見えてくるかも。

 
サービス名
通話料(税抜)
SIMプラン
別のSIMで使用可能
音声通話BIGLOBEでんわ30秒10円BIGLOBE
3GB 
1800円
不可
みおふぉんダイヤル家族割30秒8円IIJmio
3GB
1600円
不可
ワイモバイル10分間無料ワイモバイル
3GB
3980円
不可
楽天でんわ30秒10円
基本料0円
freetel
通話料いきなり半額
30秒10円
基本料0円
IP電話NifMo定額通話0円
NifMo
3GB
1600円
+1,350円(未定)
不可
050plus固定電話3分8円
携帯電話1分16円
アプリ同士0円
OCN
3GB
1800円

基本料300円
IP-Phone SMART固定電話1分16円
携帯電話30秒8円

基本料0円

MVNOの通話料を安くするプランまとめ

格安スマホで月々の通信料だけでなく、MVNOは通話料も安くできるようになった。様々なプランのお得なサービスを徹底的に使いこなしてくださいね!

キャンペーン情報も比較しよう

どのMVNOにしようか迷ったら、特典情報や期間限定キャンペーンなども比較してみましょう。それぞれの格安SIMの最新情報はこちらから確認できます。

お得な最新情報をゲットする
BIGLOBE, IIJmio, NifMo(ニフモ)

より複雑化してきているMVNOだからこそ、自分のニーズにあうSIMを簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。