1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 国産の格安スマホのメリットとおすすめ機種のご紹介!
 

国産の格安スマホのメリットとおすすめ機種のご紹介!

pixta_8277376_S
格安スマホ

通信代を安く抑えたい人にとっての強い味方が格安スマホです。なかでも国産の格安スマホなら、馴染みのあるメーカーが作っているので安心感がありますよね。国産の格安スマホを持つメリットと、おすすめの機種をご紹介します!

通信代を安く抑えたい人にとっての強い味方が格安スマホです。なかでも国産の格安スマホなら、馴染みのあるメーカーが作っているので安心感がありますよね。色々な機種が出そろっていてどれにしようか迷うところ。国産の格安スマホを持つメリットとおすすめの機種をご紹介します!

国産の格安スマホのメリットは?

通信料金を抑えるために格安スマホに移行したいけど、ガラケーで慣れ親しんだ機能が欲しいという方にお勧めなのが、国産の格安スマホです。

端末の価格は3~5万円のものが中心です。ほとんどの国産の機種には防水機能がついていますし、ワンセグでのテレビ視聴やおサイフケータイといった、ガラケーを代表する機能がついている機種も増加しています。これらの機能は海外製の格安スマホにはほぼついていません。

また、国産のほうが日本語の変換機能や語彙の豊富さは充実しているため、文字入力の快適さがあります。カジュアルな表現からフォーマルな表現まで、あらゆる日本語に柔軟に対応する機能は国産ならでは。毎日頻繁にSNSやメールなどで文字入力をする人に向いています。

その一方で、突出した機能を持っている機種となると一部のものに限られます。ほとんどの機種はベーシックな機能の搭載にとどめているので、ヘビーユーザーには物足りないかもしれません。3Dゲームなど、ハイスペックを要求するアプリを使うのには不向きです。

よってガラケーからスマホに初めて移行する人や、スマホのライトユーザーのなかでもガラケー機能を重視する人におすすめです。

国産の格安スマホでのおすすめ機種3選!

スマホに必要な機能がそろっていて使いやすい機種を3種類ご紹介します。

それぞれ細かい機能に違いがありますので、自分の使い方にフィットするかチェックしてみてくださいね。

コスパを重視したいなら富士通のArrows-M02

design02 出典:富士通Arrows-M02紹介ページ

NTTドコモとauの2社の回線に対応している格安スマホで、搭載されている機能と価格のバランスが取れていてコスパがとても良いので、人気を集めている機種です。

防水に加えて耐衝撃仕様になっているので、丈夫な設計になっています。デザインは落ち着いたマットな感じなので、どのような人が持ってもしっくりくる汎用性の高いデザインです。対応しているSIM事業者の中で、Mineoであればピンクもありますので女性にもおすすめです。

日本語入力アプリとして「Super ATOK ULTIAS」が搭載されています。パソコンでもおなじみのATOKを使えるのは、日本語の文字入力には心強いですね。入力設定を細かいところまで変更できるので自分に合った効率の高い文字入力が可能です。

通話に関しての機能も充実しており、「スーパーはっきりボイス4」で雑踏の中での通話がしやすくなるようにサポートしてくれます。相手のくぐもった聞き取りにくい声でも、受話音を整えて聞き取りやすくしてくれます。また、2種類のマイクが搭載の「スーパーダブルマイク」で、雑音を抑えてクリアな音声にしてくれます。 さらに、「ゆっくりボイス」を使えば相手の声のスピードを落とすことができますので、ご年配の方にも使いやすい機種です。

スマホで必要不可欠なベーシックな機能はほぼ揃っており、3万円前後というお手頃価格で購入できるので、コスパ抜群といえるでしょう。特別な機能はなくていいから格安で国産スマホを手にしたいという方におすすめの機種です。

arrowsM02が購入できる通信事業者!

マルチ機能で死角のないSHARP AQUOS SH-M02

img_design_01 出典:SHARP AQUOS SH-M02紹介ページ

防水やおサイフケータイに加えて、電池もちが良いという特徴を持った機種です。

2450mAhのバッテリーを搭載していて、「エコ技」という機能がついています。このエコ技はバッテリー消費をコントロールする項目を一括して設定が可能。ステータスパネルからのON/OFF設定、電池残量による自動切り替え設定などによって、電池もちをよくするための設定がかんたんにできます。

文字入力機能は「S-Shoin」という日本語入力ソフトウェアが搭載されています。予測変換候補の子単語を選択して、定型文をスピーディーに作成することができます。フリック入力でのミスを補正する機能もあり、周辺のキーの押し間違いによる入力を補正してくれます。急いで長文の入力をしなくてはならないときにとても便利で、入力ミスのイライラも軽減してくれますよ。

先にあげた富士通のarrows M02と比較するとカメラの画素数や内部ストレージがやや上である分、価格が4万円前後と少し上がります。Aroows-M02よりもう少しスペックが良いものが欲しいという方におすすめの機種です。

AQUOS SH-M02が購入できる通信事業者!

ハイスペック機種ならSony Xperia J1 Compact

j1_009 出典:Sony Xperia J1 Compact紹介ページ

国産の格安スマホの中でも比較的ハイエンドな機種といえるのがこちら。

国産スマホの機能に加えて、サウンドやカメラの性能の高さに特徴があります。約2070万画素という画素数は他の格安スマホから抜きんでていますし、ソニー独自の高性能レンズを搭載することによって、被写体への優れた描写力を実現しています。スイングパノラマ・タイムシフト連写など、Xperia独自のカメラアプリでいろいろな楽しみ方ができます。

サウンド面ではソニーでおなじみの「Walkman」アプリを搭載。「ClearAudio+」に設定すれば、イコライザーやエフェクトなどの調整を最適化してくれます。レコーディングスタジオで聴いているかのような、ソニーが推奨する音質でのサウンドが楽しめます。

格安スマホの中ではやや高価格になりますが、サウンドやグラフィックで他の機種よりスペックが高いものが欲しいという方におすすめの機種です。

Xperia J1 Compactが購入できる通信事業者!

国産の格安スマホについてのまとめ

通信代の節約のために格安スマホを導入したいけれど、ガラケー時代からの機能がついているものを使いたいという方におすすめなのが国産の格安スマホです。

ハイスペックを要求するようなアプリの仕様には不向きですが、通常必要不可欠な機能は問題なく使用できます。 富士通のArrows-M02やSHARPのSH-M02などは、防水やおサイフケータイ機能が使えて、日本語の文字入力も快適です。サウンドやカメラで比較的高スペックのものを使いたいという方にはSony Xperia J1 Compactがおすすめ。

自分がスマホでどの機能を使いたいのかをよく考えていけば、ぴったり合う機種がわかってきますよ。

機種がわかったら次はSIMカード選びを

格安スマホはどの機種がいいか分かってきた!でもスマホに挿すSIMカードはどれにすればいいんだろうとお悩みの方は、SIMチェンジプラン診断をぜひ利用してみてください。

6つの簡単な質問に答えるだけで、自分自身にぴったり合った事業者・プランがすぐにわかりますよ。所要時間はたったの1分です!