1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MVNOとは?今さら人には聞けない基礎知識
 

MVNOとは?今さら人には聞けない基礎知識

whatismvno
MVNO比較

2015年に入ってから色々なところで「MVNO」という言葉を聞くと思いませんか?このMVNO「どうも携帯電話やスマートフォンに関することらしい」ということは何となくわかるものの、一体何のことなのかさっぱりわからない、という人も多いと思います。そこで今回は知っておくと役に立つ「MVNO」とは?を紹介します。

2015年に入ってから色々なところで「MVNO」という言葉を聞くと思いませんか?このMVNO「どうも携帯電話やスマートフォンに関することらしい」ということは何となくわかるものの、一体何のことなのかさっぱりわからない、という人もまだまだ多いと思います。

whatismvno

そこで今回は「知らないと損をする」「知っておくと役に立つ」MVNOの基礎知識をご紹介していきます。

MVNOとは一体何者か?

MVNOはドコモやauから回線を借りている

「MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の頭文字を取って略したもので、日本語に訳すと「仮想移動体通信事業者」ということになります。会社名やブランド名でいうと「IIJmio(みおふぉん) 」「b-mobile(ビーモバイル) 」「楽天モバイル」「DMM mobile(DMMモバイル)」「mineo(マイネオ)」といったものがこれにあたります。

MVNOを理解するためにはMVNOの対義語である「MNO」も知る必要があります。

「MNO」とは「Mobile Network Operator」の頭文字を取って略したもので、日本語に訳すと「移動体通信事業者」のことです。会社名やブランドでは「NTTドコモ」「au」「ソフトバンクモバイル」などがMNOになります。そしてMNOのことを「キャリア」という呼び方をする場合もあります。

MNOとMVNOの違いは日本語訳を見てもわかるように「仮想」がつくか否か、です。

ドコモやauといったMNO(以下「キャリア」)は、携帯電話を始めとする移動通信サービスを提供するにあたって山の上やビルの上に建つ基地局など、様々な設備を自前で保有しています。

 NTTドコモ基地局イメージ
出典:NTT DOCOMO INC

このような設備が常に増強され、切れ目のないネットワークが張り巡らされることによって私たちは快適に携帯電話を利用することが出来るわけです。

これに対してIIJmioやb-mobileといったMVNOは、自前の設備を一切保有していません。

にも関わらずどうして格安SIMを発行してあたかも携帯電話会社のようなビジネスが出来るか、というと「キャリアにお金を払って回線を借りているから」です。

なぜMVNOの料金は安いのか?

今これだけMVNOが注目を浴びている理由の1つに「MVNOを使うと月々の携帯電話料金が安くなるから」ということがあります。

MVNOはドコモやauといったキャリアから回線を借りてサービスを行っているわけですが、これにより例えばドコモの回線を借りている「ドコモ系」のMVNOの格安SIMであれば、ドコモで販売された端末に入れればすぐに使えるようになります。ドコモの回線を使っているので、サービスエリアや通話品質などはほぼドコモと同じです。キャリアが提供しているサービスの一部(例えば「ドコモメール」など)は使えなくなるものの、MVNOの料金はキャリアに比べてかなり安くなっています。

 みおふぉん料金表
出典:Internet Initiative Japan Inc.

例えばこれはMVNOの1つ、IIJmioの音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の料金表です。「2GB」「4GB」「7GB」と書いているのは1か月で出来る高速データ通信の容量です。データ通信容量の1番多い7GBのものでも毎月の料金は3000円と少しです。これに対してキャリアの料金は一般的な料金プランで月7000円前後になります。

キャリアの料金プランはMVNOの格安SIMにはない「通話し放題」がついたりするので単純比較は出来ませんが、「電話は待ち受け専門で自分からはほとんどかけない」「ネットもたまにLINEやメールが中心でたまにニュースを見るくらい」という程度のライトユーザーであっても料金が高くなってしまうきらいがあります。このような人から見るとMVNOの料金プランは非常に魅力的に見えるでしょう。

では同じキャリアの回線を使っているのになぜMVNOの料金が安いのか、というと、それは「原則としてサービスの全てをオンラインで提供しているから」です。

皆さんがスマートフォンを買い替えたい、あるいはドコモからソフトバンクに変えたい、と思った時、街中にあるドコモショップやソフトバンクショップといったキャリア系の販売店、もしくはヨドバシカメラやヤマダ電機といった家電量販店に行くと思います。そこには親切な店員さんがいて、わからないことを聞けば教えてくれて、契約手続きに必要な書類も署名欄以外は全部記入してくれます。電話帳などのデータの移行まで手伝ってくれるところも多いです。

一方のMVNOはキャリアのように全国に広がる店舗網を持っていません。楽天モバイルなど一部のMVNOで有人店舗を持つところもありますが、数はごくわずかな上に大都市圏に限られます。

 BICSIMカウンター
出典:BICCAMERA INC.

IIJmioはビックカメラと提携して「BICSIM」というのを店舗で販売していますが、一部の店舗では「BICSIMカウンター」というものを設けて契約申し込みなどを受け付けています。

 BICSIMカウンター有料サービス
出典:BICCAMERA INC.

しかしここですら様々なサービスは別料金を払う必要があります。

つまりMVNOではキャリアでは当たり前のものとしてあるショップや店員によるあらゆるサービスが徹底的に省かれているため、キャリアに比べて安い料金でサービスを提供出来るということです。

例えばIIJmioの場合、以下のような申し込みページをサイト内に設けています。

 IIJmio申し込み
出典:Internet Initiative Japan Inc.

上の画像はIIJmioの利用申し込みページですが、通常は左側の「IIJmioサイトから直接申し込む方」というところから入り、画面の案内に従って必要事項を入力します。音声通話対応SIMを申し込む場合はここで本人確認書類のアップロードが必要になりますし、MNP転入の場合はMNP予約番号を用意しておく必要があります。手続きが終了すると数日後にSIMが届きますので、使いたいスマホにSIMを挿し込み、SIMを使うために必要な「APN接続設定」を行います。

ここまでやって初めてIIJmioの格安SIMが使えるようになるわけです。

まず大前提としてインターネットに繋がっているパソコンがなくてはいけませんし、スマホの設定等にもある程度通じている必要があります。MVNOのサポートページや取扱説明書などには丁寧にやり方が書かれていますし、多くのMVNOではサポート用の電話窓口も用意しているので、そういったものを活用すれば1人で作業を進めることは決して難しくはありません。

このように利用者の側で手間をかける必要のあるところがMVNOの安さの秘密、ということです。

MVNO選びのポイント

今やMVNOの数は10や20にとどまらず、一説によると100以上のブランドにおよぶのではないかと言われているほど多くなっています。その中から自分に合ったMVNOやプランを見つけるのは至難の業です。ひと口に「お勧めのMVNOはどこか」といっても簡単に答えが出てくるものではありません。

当サイトでは「SIMチェンジプラン診断」というのを行っており、必要事項を入力して頂ければ最適なMVNO、プランをご案内出来るようになっておりますのでそちらもご活用頂きたいのですが、ここではMVNOを選ぶ際に考えなくてはいけないポイントをいくつかご紹介します。

「データ通信のみ」でいいのか「音声通話も必要」なのか

MVNOの格安SIMには、大きく分けて2種類のものがあります。

それは「データ通信専用SIM」と「音声通話対応SIM」です。

この2つの差は簡単に言えば「音声通話が出来るかどうか」にありますが、厳密には「090もしくは080で始まる番号での音声通話が出来るかどうか」です。データ通信専用SIMでは音声のやり取りが一切出来ないように思われがちですが、「Skype」や「050 plus」「LINE」といった様々なアプリを使うことで音声のやり取りは一部可能です。

もしもMVNOの格安SIMを使いたいと思ったら、まずはこの2つのどちらにするのかを決めて下さい。キャリアの契約を完全に切ってしまい、キャリアの代わりにMVNOを使いたいということであれば「音声通話対応SIM」になるでしょう。あるいは仕事用の電話とプライベート用の電話を分けたい、というような場合も同じです。

一方で「キャリアとの契約は通話だけにする」「タブレット端末にSIMを入れて使いたい」というような場合は「データ専用SIM」になるでしょう。

最近は「通話はキャリアの通話し放題プランで」「ネットはMVNOの格安SIMで」のように端末もSIMも分けてしまうケースも増えてきています。今あるキャリアとの契約を見直した上で、MVNOも上手く組み合わせることで「より機能的に」「より安く」スマホやタブレットを使おう、というわけです。

高速データ通信の容量はどのくらい必要なのか

MVNOの格安SIMはデータ通信専用SIMであれ音声通話対応SIMであれ、ほぼ必ず高速データ通信の容量が選べるようになっています。何度も例に出したIIJmioであれば「2GB」「4GB」「7GB」のどれかを選ぶ必要があり、容量が大きいほど料金が高くなります。MVNOによっては「1GB」からプランがあるところもありますし、数字の刻み方もMVNOによって違います。また、高速データ通信が出来ない代わりにデータ通信が使い放題、というプランのあるMVNOもあります。

今までキャリアのSIMを使っていたのであれば、毎月の通話明細表にどのくらいのデータ通信を行ったかの記載があるはずです。それを参考にして選ぶと良いでしょう。もしもわからない場合は、とりあえず2GBからスタートして様子を見ることをお勧めします。

SMS機能はつけておいた方がいい

データ通信専用SIMには、ほとんどのMVNOで「SMS機能」の有料オプションが用意されています。中には標準機能として付加されているところもありますが、オプションとなっている場合は必ずつけておいて下さい。

これは一部のアプリを使うにあたって、アカウント認証の際にSMS機能を使うことがあるからです。

例えばLINEの場合、「SMS認証」か「フェイスブック認証」のどちらかを選ぶ必要があります。フェイスブックを使っていない、もしくはフェイスブック認証を使いたくない場合にはSMS認証が出来ないとLINEを使うことが出来なくなってしまいます。

そしてもう1つ「セルスタンバイ問題」という、MVNOのデータ通信専用SIM特有の問題があります。

これはデータ通信専用SIMが音声通話に対応していないことによって生じる問題で、スマホ側が音声通話の電波を掴もうとしてバッテリーを異常消耗してしまうという現象が発生します。SMS機能のオプションをつけておけばこの問題は発生しません。

有料オプションといっても月120円~150円程度ですので、ぜひつけておくようにしましょう。

MVNOとは?まとめ

2015年5月には総務省の主導でいよいよ「SIMロック解除原則義務化」が始まります。これによってキャリアは自社で販売した端末にSIMロックを掛けることが原則出来なくなり、利用者が自由にSIMを挿し替えて使うことが出来るようになります。そうなるとますますMVNOの存在が脚光を浴びることになるため、競争が激化して料金が更に下がる可能性があります。利用者にとっては非常に喜ばしい状況になりますので、今後もMVNOの動きから目が離せません。