1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. いつが契約するタイミング?mineo(マイネオ)利用開始月の日割り計算について
 

いつが契約するタイミング?mineo(マイネオ)利用開始月の日割り計算について

日割り計算
SIM

利用者が急増している格安SIMですが、今まで契約していた会社から新しく乗り換える人にとって、悩みどころとなるのが乗り換えのタイミング。この記事では、格安SIM会社の中でも人気の高いmineoの、利用開始月の日割り計算について紹介します。

利用者が急増している格安SIMですが、今まで契約していた会社から新しく乗り換える人にとって、悩みどころとなるのが乗り換えのタイミング。この記事では、格安SIM会社の中でも人気の高いmineo(マイネオ)の利用開始月の日割り計算について紹介します。

そもそも利用開始付きの日割り計算って?

出典:格安スマホ回線研究所 mineoだけに限らず、多くの携帯キャリアや格安SIM会社が実施している「利用開始付きの日割り計算」。そもそもどのような仕組みなのか、理解できないという人も多いのではないかと思います。ここでは、まず、利用開始月の日割り計算がどのようなものかを紹介したいと思います。

使った日数分だけ支払うのが日割り計算の仕組み

スマートフォンの利用料金は、月ごとに支払うのが一般的です。格安SIMの場合も、契約するデータ通信容量に応じた値段設定が、月額料金として設定されています。

日割り計算というのは、その月額料金を30日もしくは31日で割って、利用した日数分だけ支払うという仕組みです。

たとえば、月額1000円のプランを契約していて、利用を開始した月は、半分の15日だけ利用したとなれば、支払額は500円となる。これが日割り計算を適用した場合の支払い額になります。

どの料金に日割りが適用されるかは、各会社でバラバラ

格安SIM会社と契約する場合、支払う料金は月々に使える高速データ通信の容量で決められていることが多いですが、それに加えて通話料金も使った分だけ支払うことが多いです。

データ容量に基づいたプラン料金、電話代金など、さまざまある料金ですが、そのどの料金に日割り計算が適用されるのかについては、各会社によって異なります。

mineo(マイネオ)で日割りが適用される料金について

null 出典:mineo それでは続いて、mineo(マイネオ)では、どの料金について日割り計算が適用されるのか。一つずつ、詳しく説明していきましょう。

プラン料金には日割り計算適用

まず、格安SIMを契約する上で、基本料金的な位置づけになるプラン料金。mineo(マイネオ)の場合はdocomo回線を使うDプランか、au回線を使うAプランかのどちらかを選択し、さらに、月々に使えるデータ容量が、500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの5つのプランから選択することになりますが、どのプランを選択したとしても、そのプランの料金には日割り計算が適用されます。

mineo(マイネオ)はSMSの月額料金にも日割り計算適用

電話番号を使ってメールをやり取りできるショートメッセージサービスは、略してSMSと呼ばれますが、mineoの場合、デュアルタイプと呼ばれる音声通話付きのプランを契約した場合、利用することができます。

ただし例外が一点有り、それがdocomo回線を利用するDプランの場合です。Dプランであれば、音声通話付きでないシングルプランで契約した場合にも、月額120円を支払えば、SMSを送受信できる機能を付加することができます。

この付加を行った場合の月額120円にも、日割り計算が適用されるというわけです。

mineo(マイネオ)は高速データ通信量は日割り適用外

ここで紹介するのは料金ではなく、通信データの”容量”になります。

たとえば、月に使える高速データ通信の容量が10GBのプランに、その月の残りが15日の時点で契約したとします。その場合、その利用開始月に使えるデータ容量が半分の5GBになってしまうかといえば、そうはなりません。そのまま10GBを使うことができます。

したがって、上の例の場合、支払う金額は月額の半分であるにもかかわらず、使える高速データ通信量はそのまま、ということになります。

mineo(マイネオ)の日割り計算ってお得なの?

これまで見てきたように、日割り計算を適用することで、利用開始月の負担を減らすことができますが、他社と比べたときに、このmineoの日割り計算というのは、果たしてお得なのでしょうか。他社の実情と比較して、見ていくことにしましょう。

mineo(マイネオ)以外の他社なら利用開始月無料もある

日割り計算というのは、実に理にかなった仕組みと言えると思いますが、実は、それを超えるお得な仕組みが適用される会社もあります。

それは、利用開始月は利用料金が無料という会社です。有名なところでいくつか名前を挙げると、OCNモバイルONEBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM) 、@nifty do LTEなどです。

これらと比較すると、mineoの初月は日割り計算適用、というのは、少し色あせて見えてしまうかもしれませんが、mineoには、docomo回線とau回線の両方で使えるという、他社にはない魅力も存在するので、どちらを取るかといったところでしょうか。

日割り計算を踏まえてmineo(マイネオ)と契約のタイミングを探ろう!

出典:mineo 利用開始月は料金は日割り計算が適用されるということがわかったところで、最後に、それじゃあmineo(マイネオ)と契約するタイミングはいったいいつなんだと知りたい人に、とっておきの情報をお知らせします。

新規契約のキャンペーンをやっている期間を狙おう

どうせ利用することが決まっているのであれば、できるだけお得になる期間に契約したいもの。その一つの目安となるのが、キャンペーンをやっているかどうか、ということになります。

現在行われているキャンペーンを調べたところ、4/1から5/20までの期間限定で、契約時にAQUOS SERIEまたはLUCEを購入すると、Amazonギフト券8000円分がもらえるというキャンペーンが行われています。mineo契約時に、スマートフォンも新しいものに変えることを検討されていることは、ぜひコチラのキャンペーンページで詳細を確認してみてください。

今後も、様々なキャンペーンが展開されていくことが予想されるので、お得だなと感じるキャンペーンが展開されているうちに、契約するのが吉といえるでしょう。

mineo(マイネオ)公式サイトの乗換タイミング診断を利用しよう

mineo(マイネオ)の公式サイトには、乗換タイミング診断なる便利なものが用意されています。

こちらの診断から、現在使っているのがスマートフォンかガラケーのどちらなのかと、その契約更新月を入力すれば、mineo(マイネオ)に乗り換えるタイミングがいつで、どれくらい料金がお得になるかを即座に表示してくれます。

また忘れがちな契約更新月を、mineoの乗換タイミング診断はメールしてくれるというサービスまであります。mineo(マイネオ)への乗換を今すぐには検討していないという人でも、すぐに忘れてしまいがちな契約更新月を知らせてくれるアラートとして利用してみてください。

mineo(マイネオ)日割り計算のまとめ

mineoの日割り計算について見てきました。

mineo(マイネオ)では、利用開始月はすべての料金に日割り計算が適用され、高速データ通信量については、日割りは計算されません。

公式サイトの乗換タイミング診断を試してみるとわかると思いますが、docomoやau、softbankなど大手キャリアを利用している場合、ほとんどのケースでmineo(マイネオ)に乗り換えた方が月額料金がぐっとお得になるはずです。ぜひ、mineo(マイネオ)への乗換を検討してみてください。

公式サイト: mineo