1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. IIJmio(みおふぉん)の「ミニマムスタートプラン」を徹底解説!

IIJmio(みおふぉん)の「ミニマムスタートプラン」を徹底解説!

更新日:2017.07.27

IIJmio(みおふぉん)で最も少ない高速通信容量プラン「ミニマムスタートプラン」を徹底解説。MNPはできる?月額料金は?繰越はできる?追加SIMは?データ容量が足りなくなったらどうする?この記事で様々な疑問を解決してから、格安SIMを申し込みましょう。

IIJmio(みおふぉん)の「ミニマムスタートプラン」は高速通信容量が3GBの月額プランですが、実はデータオプションによって20GBや30GBを追加したり、翌月に繰り越したり、SIMカードの追加もできる柔軟な格安SIMプランです。今回はそんなミニマムスタートプランの月額料金や特徴について解説していきましょう。


IIJmio(みおふぉん)の「ミニマムスタートプラン」とは

IIJmio(みおふぉん)が提供する格安SIMプランのひとつ、それが「ミニマムスタートプラン」。「ミニマム」の文字通り、IIJmioの月額プランの中では最も少ない高速通信容量プランですが、その分価格も安く抑えることができるのが特徴です。

月額料金

まずは各プランの月額料金をチェックしてみましょう。

IIJmio タイプD月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
※キャンペーン中
高速通信容量通信速度SIM枚数
ミニマムスタートプラン900円1,040円1,600円
300円
3GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大2枚
ライトスタートプラン1,520円1,660円2,220円
920円
6GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大2枚
ファミリーシェアプラン2,560円2,700円3,260円
1,960
12GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大10枚
みんなおトクに!キャンペーンにつき2019年10月31日まで音声機能付きSIM3カ月間月額1,300円割引

IIJmio タイプA月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
※キャンペーン中
高速通信容量通信速度SIM枚数
ミニマムスタートプラン-900円1,600円
300円
3GB/月下り最大958Mbps、
上り最大112.5Mbps
2枚
ライトスタートプラン-1,520円2,220円
920円
6GB/月下り最大958Mbps、
上り最大112.5Mbps
2枚
ファミリーシェアプラン-2,560円3,260円
1,960
12GB/月下り最大958Mbps、
上り最大112.5Mbps
最大10枚
みんなおトクに!キャンペーンにつき2019年10月31日まで音声機能付きSIM3カ月間月額1,300円割引

SIMカードの種類

SIMカードには3種類あります。

データ通信専用SIM
インターネット通信のみが使えるSIMカード
SMS機能付きSIM
インターネット通信、SMS(ショートメッセージ)機能が使えるSIMカード
音声通話機能付きSIM
インターネット通信、SMS、音声通話が利用可能なSIMカード

もしインターネットやSMS利用のみで良いならデータ通信専用SIMやSMS機能付きSIMがおすすめ。例えばSIMフリーのタブレットや、SIMカードが利用可能なノートPCなどに便利です。

もし通話が必要な場合には、音声通話機能付きSIMを選びましょう。MNP(モバイルナンバーポータビリティ)で乗り換える場合も、こちらのSIMカードを選択します。

回線種別は「タイプD」と「タイプA」がある

ミニマムスタートプランには「タイプD(ドコモ系の回線網を利用)」と「タイプA(au系の回線網を利用)」があります。すでに確認したようにSMS機能付きSIMのみ若干タイプAの基本料金が安いですが、そこまで料金に大きな差はありません。

タイプD
ドコモの回線網を利用したSIMカード
タイプA
auの回線網を利用したSIMカード

利用している回線網が異なるので速度やエリア、使えるLTEの周波数帯などに違いがでてくるのは当然ですが、DとAで利用できる端末に違いがあることにも注意。

動作確認済み端末を確認

タイプDやタイプAで使えるスマートフォンかどうか調べ易いように、公式ホームページでは「動作確認済み端末一覧」を公開しています。

IIJmio(みおふぉん) 動作確認端末

IIJの独自調査なので内容を完全にサポート・保証するものではありませんが、それでも公式で使えるという確認が取れている端末であれば安心でしょう。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

また、動作確認端末一覧になくても、条件を満たしていれば使える端末もあります。詳細は下記記事にてチェックしてみてください。

ミニマムスタートプランに関するQ&A

基本料金や高速通信容量は先ほどチェックしましたが、今度は速度制限内容やSIMカードの追加、クーポンの購入など、詳しい部分も確認してみましょう。

速度制限はある?

前提として、ミニマムスタートプランに定められている3GBを超えて使用すると、当月中は最大200kbpsの低速通信となります。IIJmio(みおふぉん)ではそれ以外に3日間の速度制限があるので、詳しく見ていきましょう。

3日間の速度制限

タイプDの場合
クーポンOFF、もしくは月々のクーポン残量がない場合で、3日間で366MB(300万パケット相当)を利用
→4日めに最大200kbpsの低速通信へ制限される可能性あり
タイプAの場合
クーポンOFF、もしくは月々のクーポン残量がない場合で、3日間で366MB(300万パケット相当)を利用
→4日めに最大200kbpsの低速通信へ制限される可能性あり
+高速通信のクーポンON/OFFに関わらず、直近3日間で6GBを超えると通信速度制限される可能性あり

タイプDでは低速200kbps通信モードの場合のみ3日間の速度制限を設けているのに対し、タイプAでは低速高速にかかわらず(クーポン利用有無にかかわらず)、3日間あたりで6GB以上利用すると制限対象となるので注意しておきましょう。

クーポンON/OFF機能を活用しよう!

IIJmio(みおふぉん)では「高速通信(容量)」のことをクーポンと呼んでいます。「バンドルクーポン」という言葉も使われていますが、これは「プランに付随した高速通信容量」のことです。例えば、今回紹介しているミニマムスタートプランの場合は3GBなので、バンドルクーポンは3GB分ということになります。

IIJmio(みおふぉん)には高速通信ON/OFF機能があり、バンドルクーポン・追加クーポン・クーポンカードのいずれかが残っている場合にマイページや専用アプリから好きな時に切替ができるようになっています。高速通信が必要ない場面では、こちらをOFFにすることでクーポン残量を節約することが可能です。

クーポンOFF
高速通信容量の使用OFF(最大200kbps)
クーポンON
高速通信容量の使用ON
クーポンがない
高速通信容量がない
クーポン追加
高速通信容量の追加

▼専用アプリ「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」はこちら

App StoreGoogle PlayMicrosoft

低速モード時は最大通信速度が200kbpsまで制限されますが、例えばスマートフォンをバッグにしまっているときには、クーポン利用をOFFにしておくことで、バックグラウンドでのアプリ通信などに使われるであろう高速通信の分を節約することが可能です。

また、低速通信時でも通信しはじめは高速通信できる「バースト転送機能」というものがあります。クーポンがOFFの状態であっても、通信の初速は高速なので、例えばテキストメインの軽いウェブサイトやTwitterのタイムラインなどは比較的快適に読み込めます。

速度制限内容で確認したように、タイプDでの「低速時・3日間・366MB利用」後の制限には注意しておきたいところですが、クーポン利用OFFの時にも、比較的快適に読み込めるサービスを提供していることはIIJmio(みおふぉん)の特徴でしょう。

高速通信容量(クーポン)の追加はできる?

「今月だけ容量が足りない」というような、使い切りでの容量アップをしたい場合は高速通信容量(クーポン)の追加購入が可能です。

オンライン購入(会員専用)でクーポンのチャージ
1枚100MB分のクーポンを毎月最大30枚まで購入可能
店舗で購入したIIJmioクーポンカードを利用してクーポンのチャージ
購入した月から3か月後の月末まで利用可能

毎月のデータ容量を増やしたい場合は「データオプション」

基本プランに高速通信容量を追加するオプションとして「データオプション」という大容量オプションも用意しています。毎月20GB (月額+3,348円)または30GB(月額+5,400円)という追加料金で、大容量の高速インターネットを楽しむことができるのが特徴です。


出典:IIJmio(みおふぉん)

以下はデータオプションを活用した場合の一例です。例えばテザリングなどでデータ容量を多く使いたい場合には1人でも利用可能ですし、もちろんファミリーシェアプランと追加SIMを利用したうえで、家族で大容量の高速通信をシェアすることもOK。

動画やゲームでかなりの通信容量を使う!という場合は、「データオプション20GB」と「データオプション30GB」を同時に申し込むことも可能です。(合計50GB)


出典:IIJmio(みおふぉん)

またデータオプションの高速インターネット通信容量が当月余った場合でも「翌月末まで繰り越して使える」ので、無駄がないのも特徴です。

余った高速通信容量は繰越できる?

当月に使い切れなかったバンドルクーポンは、翌月月末まで繰越可能です。

SIMカードの追加はできる?

メインの1契約に対して、1枚SIMカードを追加できます(最大合計2枚で運用可能)。また、追加SIMでもMNP(モバイルナンバーポータビリティ)での転入申し込みは可能です。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)での転入には対応している?

ミニマムスタートプランではMNP(モバイルナンバーポータビリティ)に対応しています。

最低利用期間は?違約金は発生するの?

最低利用期間
利用開始日の翌月末日まで
音声通話機能付きSIMの場合
利用期間に応じた音声通話機能解除調定金(最大12,960円)が発生する場合がある

MNP転出の場合、転出手数料が別途必要


出典:IIJmio(みおふぉん) 音声通話機能解除調定金について

月額プランは利用開始月の翌月末日まで最低利用期間が設けられています。また音声通話機能付きSIMカードの場合のみ、利用期間に応じて上記のような解除調定金額(簡単に言うと解約金または違約金)があるので確認しておきましょう。

プラン変更の場合、解除調定金額は不要

Apple社のiPhoneは使えるの?

iPhone、iPad(セルラーモデル)シリーズは利用できますが、モデルやiOSのバージョン、またタイプAとDの違いによって利用可否が異なります。すでに紹介した「動作確認済み端末一覧」から、自分の持っているiPhoneが使えるかどうか確認してみましょう。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)のミニマムスタートプランはこんな人におすすめ!

ライトユーザーにはミニマムスタートプランが活躍

IIJmio(みおふぉん)のミニマムスタートプランは、月間の高速通信容量が3GBとなっています。

通信容量が最小のプランなので、どちらかといえばYouTube動画など大容量の通信を必要とするサービスをあまり利用しない、ライトユーザーの方に適していると言えるでしょう。自宅のWi-Fiを活用する方も、3GBのミニマムスタートプランで十分容量をまかなえそうですね。

より多くモバイルデータ通信を使いそうな方は、大容量の「ライトスタートプラン(6GB)」や「ファミリーシェアプラン(10GB)」、もしくはすでに紹介した「データオプション」を活用すると良いでしょう。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

格安SIMの月額プランは、下記の診断ページからまとめて比較できます。格安SIMへの乗り換えを悩んでいる方は、ぜひお試しください。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい