1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. プリペイドスマホの契約方法や価格、メリット・デメリットを紹介!
 

プリペイドスマホの契約方法や価格、メリット・デメリットを紹介!

sinple
スマホ

プリペイドスマホについて、契約方法や価格、メリット・デメリットに関して調べてみました。プリペイドスマホである、ソフトバンクのシンプルスタイルを紹介します。自分の環境に合わせてプリペイドスマホを利用するかどうかの参考にしてみてください。

プリペイド式スマートフォンについて契約方法や価格、メリット・デメリットに関して調べてみました。ソフトバンクのシンプルスタイルを基本に調べてあります。自分の環境に合わせてプリペイドスマホを利用するかどうかの参考にしてみてください。

プリペイドスマホについて

プリペイドスマホとは、プリペイド式スマートフォンのことです。一時期流行していたプリペイド式携帯電話が、現在の主流であるスマートフォンにも対応したということですね。 現在では、ソフトバンクの「シンプルスタイル」がプリペイドスマホに当たります。auの「ぷりペイド」というシステムも有りますが、こちらはプリペイド式携帯電話となりますので、割愛いたします。

プリペイドスマホの詳しい内容

プリペイドスマホは、言葉の通りではあるのですが、プリペイド式のスマートフォンですので、月額料金は発生いたしません。通話もパケット代も使いたい分を購入して使う形になっています。

プリペイドカードは、3000円と5000円の二種類となっており、カード1枚の利用有効期間は60日となっています。利用有効期間を過ぎた場合でチャージをしない場合でも360日間は着信を受けることは可能です。

360日間を過ぎてしまった場合は、自動解約手続きが行われる形になります。

プリペイドスマホの契約方法

ソフトバンクオンラインショップでプリペイドスマホ(シンプルスタイル対応機種)を購入しての契約が一番簡単ですね。

ソフトバンクオンラインショップ

店舗に行って、同様にプリペイドスマホ(シンプルスタイル対応機種)を購入して契約することももちろん可能です。

  • シンプルスタイル対応機種を購入
  • プリペイドカード購入(チャージ)
  • 利用スタート

この流れでプリペイドスマホの利用可能となります。

オンラインショップで購入する場合は、商品代金の中にチャージ料金が含まれていますので、プリペイドカードを購入しなくてもスマホをすぐに利用することが可能です。

プリペイドスマホの価格

プリペイドスマホの価格に関してお伝えいたします。

プリペイドスマホの基本使用料、通信費用について

s-1 出典:ソフトバンク

前述した通り、基本料金は必要ありません。ランニングコストがかからないので、この点は大きなメリットになりそうですね。

続いて、パケット通信に関してはこちらになっています。

s-2 出典:ソフトバンク
メールし放題 S!メール(MMS)/SMS
料金を気にせずに、たっぷり使えるお得なサービス
286円(税抜)の定額制で、最大30日間メールの送受信が可能!
他社向けのSMS送信はご利用いただけません(SMS受信は可能です)。
出典:ソフトバンク

通話料とパケット通信に関してはかなり割高ではありますが、専用のプランがあります。

通信料と通話料は割高ではありますが、基本使用料が0円ですので、気軽に使えるのはプリペイドスマホの特徴ですね。

また、メールも月額300円で使い放題になります。

プリペイドスマホの対応機種

ソフトバンクオンラインショップで機種を確認できます。

ソフトバンクオンラインショップ

人気のiPhoneもあります。iPhone5ですが、プリペイドスマホ対応しています。その他、フィーチャーフォンなどもありますが、全て機種としては古いタイプとなりますので、2台目やAndroidだけでなく、iOSも触りたい方向けといったラインナップになっています。

本体価格に関しては、iPhone5 16GBで32,814円(無料チャージ10,000円)が現時点では一番高いので、本体価格もかなり抑えられています。

【シンプルスタイル】iPhone 5 16GB

2016年1月18日現在

プリペイドスマホのメリット・デメリット

どんなものにもメリット・デメリットはありますが、当然プリペイドスマホにもメリット・デメリットはあります。

プリペイドスマホのメリット

  • 基本使用料が0円。

これが何よりも大きいメリットですね。海外では、かなりプリペイドスマホが流通しているのも、この基本使用料が0円というのが一番とのことです。

2台目のスマホを持ちたいなと思っている人も基本使用料を考えると手を出せないということが多いですが、プリペイドスマホなら、その心配はありません。

  • 月額300円でメールが使い放題。

通話はほぼしなくて、メールだけで使っている方はこの点だけでもプリペイドスマホを考える余地はあります。緊急時に電話連絡用にチャージを入れておけばいいわけですから、かなり月額で考えればかなり安くスマホを使うことができるようになります。

  • チャージ期間60日を過ぎても360日間は着信専用で使うことができる。

ソフトバンクホワイトプランの無料通話先として活用できるので、家族内であればかなり便利です。

  • 安全に利用ができる。

お子様や高齢者に対して、かなり良いのではないかと思うのがプリペイドスマホですね。パケット通信もチャージもコントロールができるので、スマホを渡しても不安が少なくなります。特にお子様には、スマホを持たせたいけど、見せたくないものを見てしまう可能性があることを考えればプリペイドスマホはかなり有効なアイテムになりそうです。

プリペイドスマホのデメリット

  • 通話料とパケット通信代が高い。

通話料・パケット通信ともにかなり高い値段設定になっています。基本使用料が0円だから、安いなーと思っていたら、通話料とパケット通信で通常のスマホよりも高い金額を払ってしまっていた! ということも起こりかねません。

  • 360日の間にチャージをし忘れて契約解除になってしまう。

チャージ忘れで契約解除になってしまう場合があります。再度、契約は可能ですが、電話番号は別のものになるため不便さは残ります。

プリペイドスマホの契約方法や価格、メリット・デメリットのまとめ

プリペイドスマホに関して、今回情報をまとめてみました。

ご自分の状況に合わせて選択していただきたいのですが、お子様に初めて持たすスマホとしてはプリペイドスマホがあうのでは、という気がします。

緊急連絡先として電話番号も持たせることができますし、パケット通信も決めた金額で行えばLINEやFacebookなどのSNSも行うことができます。月額300円でメールし放題にしておけば、より便利でしょうし、お子様のスマホ持ってる感も刺激できてよいと思います。

通常のスマホを持たせたら、見てほしくない情報やサイトを見てしまう危険性がありますが、プリペイドスマホならその心配はかなり低くなります。お子様たちは、早くスマホを持ちたいという気持ちでいっぱいですが、親御さんはなかなか持たせたくない、これがプリペイドスマホなら解決できそうです。

あとは高齢者の方の緊急連絡先や海外拠点にしているビジネスマンの方にも最適ですね。もっと使い勝手が良ければ、利用者はどんどん広がると感じられるプリペイドスマホを紹介しました。