1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホでプリペイドSIMを利用することのメリット
 

格安スマホでプリペイドSIMを利用することのメリット

pixta_18574187_S
格安スマホ

プリペイド式のSIMというと外国人旅行者がよく手にしているイメージがありますよね?しかし利用目的や状況によっては、外国人旅行者でなくても利用するメリットがあるんです。今回は格安スマホでプリペイドSIMを利用する方法やメリット、注意点について解説します。

プリペイド式のSIMというと外国人旅行者がよく手にしているイメージがありますよね?しかし利用目的や状況によっては、外国人旅行者でなくても利用するメリットがあるんです。今回は格安スマホでプリペイドSIMを利用する方法やメリット、注意点について解説します。おすすめのプリペイドSIMプランもご紹介!

格安スマホで利用できるプリペイドSIMとは?

出典:ITmedia

プリペイドSIMとは料金を先に支払い、その分だけ利用できるSIMカードのことです。通常のSIMの料金は利用後にクレジットカードや口座引き落としで支払う後払い形式です。現在ではあまり使われなくなりましたが、公衆電話で使用するテレホンカードが近いでしょうか。

通常のSIMと比較すると本人確認などの手続きが簡素で済み、一時的な利用に適しています。よって、これまでプリペイドSIMはどちらかというと海外旅行者によく利用されているSIMカードでした。ビックカメラやヨドバシカメラなど大手家電量販店のSIMカードコーナーでは、海外旅行者用のコーナーを設置している店舗もあり、外国人の旅行者がプリペイドSIMを購入している様子が見られます。

プリペイドSIMを格安スマホで利用するのにおすすめのシチュエーション

pixta_18574187_S

プリペイドSIMは外国人旅行者のためだけのものではなく、国内在住者も状況によっては使えるSIMです。一時的な利用に適しているということは、お試しで利用しやすいということになるからです。よって通常のSIM契約をする前に、どのようなものか実際に試してみたいという場合に利用価値があります。

格安SIMの契約では通信料金に加えて、つながりやすさや回線の速度なども気になるところですよね。インターネットでは利用者のさまざまな感想を見ることができますが、実際に利用して確認したいという方も多いのではないでしょうか。しかし利用するには契約を結ばなければならず、場合によっては短期で解約しにくいケースもありますから慎重にならざるを得ません。

このような時こそプリペイド式のSIMカードの出番です。定期契約なしで気軽にトライアルで利用できるのです。利用してみてあまり良くないなと思えば契約しなければいいので、縛られることがありません。

格安スマホでプリペイドSIMを利用する上での注意点

pixta_19550186_M

通常のSIMカード契約では通信事業者が提供するサービスがほぼすべて利用できますが、プリペイドSIMだと利用できない場合があります。例えば端末保証サービスやメールアドレス付与などです。プリペイドはあくまで一時的な利用とみなしているため、長期的な利用で必要とされているサービスは利用できないことが多いのですね。

また、データ通信専用利用となっており音声通話はできません。SMS(ショートメッセージサービス)にも対応していないため、一部の端末ではSMS機能がないことによる動作への影響が出る可能性もあります。

データ通信量とコストという観点からは、プリペイドSIMは通常SIMよりも割高である傾向があります。通信事業者によって料金は異なりますが、おおむね1ヶ月1GBの利用で2,800~4,000円という相場になっています。通常のSIMであれば1000円を切るプランもありますから、それと比較すると高価格であることは否めません。短期的な利用が可能であることの代償と考える方が良いでしょう。

格安スマホで利用できるプリペイドSIMを提供しているMVNO

プリペイドSIMを利用できる通信事業者とおすすめのプランをいくつかご紹介します。料金とサービス内容を確認して、最適なものをみつけてみてください。

mineo プリペイドパック

1ヶ月につき1GBまで3,200円(税抜)で利用できるプリペイドSIMのプランです。mineo(マイネオ)といえばドコモ回線とau回線の両方に対応していることで有名なMVNOですが、プリペイドプランでもその長所はそのまま!ドコモ版とau版から選択することができます。

プリペイドパックを購入したら電話を一回かけて開通確認をするだけですぐに利用できます。最大で2ヶ月までの利用なので、契約解除をしなくても自動的に2ヶ月で終了する仕組みになっています。

利用してみて気に入ったなら、mineoの通常のプランへそのまま移行できるようにもなっています。SIMカードはそのままで通常の月額サービスを利用でき、新規事務手数料は無料で残ったデータ容量を引き継ぐことが可能です。

ただしプリペイドから変更できるのはシングルタイプ(データ通信のみ)なので、デュアルタイプ(データ通信+音声通話)が必要な場合は別途変更手続きが必要になり、事務手数料もかかります。また利用期限を過ぎてからの移行もできないので注意しておきましょう。

公式サイト:mineo

b-mobile 5GB×1ヶ月パッケージ

b-mobile(ビーモバイル) のプリペイドプランは1ヶ月あたり5GBまで、3,380円(税抜)で利用できるこちらのプランがおすすめです。

5GBというかなりのデータ通信量があるため、アプリのダウンロードや動画の閲覧、ゲームなどを頻繁に行うユーザーに適しているでしょう。メールやSNS、ネット利用をちょっとやるという程度ではデータ容量を持て余してしまう可能性が高いです。

通信回線はドコモのみ対応しており、音声通話やショートメッセージサービスはありません。使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越すということもできないので、可能な範囲で使い切るように利用するのがいいでしょう。

公式サイト:b-mobile

IIJmio プリペイドパック

IIJmio(みおふぉん) が提供するプリペイドプランは、利用開始から3ヶ月後まで2GBのデータ通信が利用できます。料金も3ヶ月間で3,791円(税抜)となっており、利用期間から考えるとコスパがいいと言えるでしょう。

ネット閲覧・メール送受信・SNSなどを毎日ちょとずつ利用するようなユーザーに向いています。毎日動画を見るような利用方法だとおそらく容量が足りなくなるため、ヘビーユーザーよりもミディアム・ライトユーザー向けと言えますね。

公式サイト:IIJmio

格安スマホでプリペイドSIMをお試し利用してみよう

pixta_6386893_M

格安スマホで利用するプリペイドSIMの内容についてお伝えしました。

定期的な契約をせず、簡単な手続きで気軽にトライアルできるのがプリペイドSIMの良いところです。SIMの通常契約をする前に通信速度など実際に短期間利用して確認したいという方におすすめ!