1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMなら絶対に使うフリーメールの機能やおすすめポイントを紹介
 

格安SIMなら絶対に使うフリーメールの機能やおすすめポイントを紹介

136c26d4a382f62b540279b3a4c8318a_s
SIM

フリーメールは格安SIMにはかかせないツールです。格安SIMを申し込む時点から必要になったりしますが、どのフリーメールを取得するのがいいのか調べました。

格安SIMを利用しだすと必要になるのがフリーメール。GmailやYahooメールをみなさん使うことになりますが、どのフリーメールが優秀なのか調べてみました。

格安SIMを使うならフリーメールを使おう

格安SIMを使うならまずはフリーメールの取得が大事になります。

フリーメールとは

フリーメールはパソコンで使えたり、スマホでも見ることができたり活用の幅が広いのが特長です。無料で利用できるため多くの人がフリーメールを利用しています。

IMAPとは

メールと一言に言っても実はメールには種類があります。その一つとして有名なのが「IMAP」です。

IMAPはメールのシステムの一つでありIMAPを利用できるメールはスマホパソコンで同じメールが受信できます。また、スマホで見たメールや削除したメールはパソコンでも閲覧済み削除済みになるため、パソコンでもう一度確認したり整理したりする必要がありません。

POPとは

POPはメールのシステムで古くから利用されています。POPはIMAPとは違いスマホでメールを見たり削除してもパソコン側では未閲覧や未削除のままとなります。

おすすめフリーメールと性能

格安SIMでも利用することの多いフリーメールの機能を紹介します。

Gmail

GmailはIMAPに対応しています。無料で利用できて15GBまでの容量を利用できます。スマホで利用されることが多くスマホで利用するなら一番おすすめのフリーメールです。

送信可能な添付ファイル容量は25MBですが、Googleドライブを利用することで25MB以上のファイルを相手に送ることができます。一度に添付できるファイル数は無制限です。

専用のアプリを使うと新着通知が可能になり便利に使えます。

Googleドライブとはなんでしょうか?

Googleアカウントで利用できるインターネット上の個人ファイル置き場です。パソコンやスマホでも利用でき、書類や写真、ビデオなどを保存することができます。インターネットが利用できる場所であればいつでもGoogleドライブの中身を見たりダウンロードすることができます。

Yahooメール

YahooメールはYahoo!Japanが提供するフリーメールです。

IMAPに対応しており、無料で10GBまで利用できます。メール1件の容量は文字、添付ファイル含め最大25MBです。一度に添付できるファイルの数は50までです。

メールに広告が自動添付されたり、管理画面でも広告が目につくこともあります。メールを自動読み込みする機能はありません。ですが、インターネットが普及し出した頃から多くの人が利用しており、日本国内では1番利用されているフリーメールです。

Excite

Exciteメールも旧くからあるメールです。メールボックスの最大容量は2GB、メール1件の添付ファイル容量は最大10MBです。

デバイス対応はしていないため、常にウェブブラウザからのアクセスでメールを確認することになります。スマホやパソコンでの利用という点では他のフリーメールよりも機能が劣るためお勧めできません。

また120日以上ログインしないと、メールボックスは削除されます。

Outlook.com

Outlook.comはその昔はhotmailなどとして使われていたマイクロソフトのフリーメールサービスです。

Outlook.comのフリーメールは保存容量が無制限に使えます。送信できる添付ファイルの最大容量は100MBで優秀です。IMAPにも対応していて新着メールをリアルタイム通知することも可能です。

ExcelやWordなどのOfficeデータがメールに添付されていた場合、excelやWordのアプリが本来なら必要になりますが、Outlook.comのメールであればアプリがなくてもインターネット上でExcelやWordを見ることができます。

マイクロソフトはWindowsの会社ですが、Windows Phoneだけでなく、iPhoneやAndroidでも利用できます。

Googleドライブと同じような機能を持つOneDriveも使えるため、これからフリーメールを取得するのであればOutlook.comのメールを取得するのもいいでしょう。

iCloudメール

iCloudメールは主にiPhoneでの利用を主体として開発されたフリーメールです。Apple社が運営しており、AppleIDを取得するときに作成でき、Apple IDとしても利用できます。

iCloudメールの最大容量は5GBでメール1件に対するファイル容量は20MBです。

しかし、メールの利用に対して制限があります。

  • 1日に送信できるメッセージ数200件まで
  • 1日に送信できる宛先数1,000人まで
  • 各メッセージの宛先数100人まで
  • 発着信メッセージの容量20MB、Mail Dropを使用する場合は最大で5GB
メールの利用に制限があるのでメインのメールとして利用するのは避けた方がいいでしょう。

格安SIMなら絶対に使うフリーメールの機能やおすすめポイントを紹介まとめ

格安SIMなら絶対に使うフリーメールの機能やおすすめポイントを紹介をまとめました。

格安SIMなら絶対に使うフリーメールの機能やおすすめポイントを紹介まとめ

現在スマホを使っている方はGmailかAppleIDでのメールを持っていることと思います。それとは別にドコモ、au、ソフトバンクのメールアドレスを主に利用していることでしょう。しかし格安SIMに乗り換えるとフリーメールが主なメールとなります。オススメのGmailを利用するように変更するか、Outlook.comのメールを取得して格安スマホを快適に使いましょう。