1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ドコモの新プランは格安SIMよりも安くなるのか?
 

ドコモの新プランは格安SIMよりも安くなるのか?

MVNO
SIM

ドコモの新プランと格安SIMのプランを比べてみました。ドコモにはフリーコースや長期割引特典が増えましたが、それでも格安SIMの安さには届きません。格安SIMだとどれだけ安くなるのか比べてください。

ドコモの新プランと格安SIMをよく比べてみましょう。新しく長期利用者を優遇したり、違約金なく解約も可能になったのですがそのプランは本当に利用価値があるのでしょうか。格安SIMと比べてみます。

ドコモは2年縛りのないプランや長期利用者を優遇路線に変更

ドコモは2年縛りのないフリーコースプランとドコモを使いつづける人への長期割引を導入しています。

2年縛りのないフリーコースが選択できる

ドコモでは今まで2年縛りがあった料金プランに加えて2年契約ではないいつでも解約ができるフリーコースを導入しました。

フリーコースは今まで2年以上利用している人がフリーコースに変更すると月額基本料金は変更されずにいつでも解約できるようになります。いままでは2年契約しても解約をしないかぎり永遠と2年契約が続く無限ループ状態でしたが、2年契約更新期間にフリーコースへと契約内容を変更することでいつ解約しても違約金が必要ない状態になります。

新規加入時にもフリーコースを選択することはできますが、月額料金が1,500円高くなるようになります。

ずっとドコモ割コース

一方ドコモを2年契約したまま自動更新を継続する人にはずっとドコモ割が適用されるようになり、月額料金の割引更新時にドコモポイント3,000円がもらえるようになります。しかし解約をする場合は2年契約更新のタイミング以外を除いて9,500円の違約金が必要となります。

ソフトバンクも長期利用者を優遇

ソフトバンクも秋から長期利用者への優遇策を発表しており、最大で15,000円のTポイントをもらうことができるようになります。

総務省による3キャリアへの対策

この一連の長期利用者への優遇策は総務省からの指示を受けて導入されたものです。

ドコモ、au、ソフトバンクの利用料金が高止まりしていること、新規加入者や乗り換え契約者に対しての優遇策ばかりが優先され長期利用者は損をするばかりになっていたことを受けて長く自社サービスを愛用してくれている人こそ大切にすべきだという方針に転換するように基準を設けさせたことが始まりです。

今での実質0円や現金還元の施策もなくなり、スマホ利用者は長く利用することが一番料金を安くする方法となりつつあります。

また、ドコモ、auとはサービス内容を大きく転換して安く利用できる格安SIMを総務省は後押ししています。日本のパケット料金は世界的に見て高い方であり、他国の料金と釣り合う形を目指しています。格安SIMは今までの料金の半分以下で利用でき、自分の生活にあったプランを自由に選ぶことが可能になります。今後はますます格安SIMへの優遇が増えることになるでしょう。

ドコモ、auは格安SIMを応援するようになった

今までドコモ、auは格安SIMに利用者を取られることを嫌がっていました。格安SIMに利用者が流れることで自社サービスを利用することが減り売り上げが大きく落ち込むことが予測されたからです。

自社サービスを利用する人が1人減ると7,000円近くのマイナスが発生します。1万人が格安SIMに変更すると7,000万円のマイナスになります。企業にとっては大きなダメージとなります。

しかし、今後はドコモ、auは格安SIMをうまく利用して通信回線以外のサービスを格安SIM利用者にも使ってもらえるように工夫しています。

ドコモはドコモ利用者以外でもdサービス使えるように改良し、格安SIMでもドコモの電子書籍サービスやTVサービス、ゲームやショッピングを利用できるようになっています。auではまだ格安SIMに対してのサービスは展開していませんが、今後サービスの拡充が期待されています。

格安SIMにするのとどっちがいい?

今あるスマホを利用する環境としてドコモ、au、ソフトバンクと格安SIMを比べた場合どちらを選ぶべきかを迷う人が多くなっています。

格安SIMの契約は1年

格安SIMの場合、契約は最低1年となっています。最低1年であり1年を超えた場合はいつでも0円で解約が可能です。ドコモ、au、ソフトバンクとは違って常にお客を囲い込むことをしていません。契約の自動更新というものがありませんから長く使わなければいけないというプレッシャーはありません。

また、データ通信だけを契約することもでき、データ通信だけの契約の場合は最低1年の利用という必要はありません。すぐに解約しても違約金は必要ありません。

通話に関してはキャリアが強い

格安SIMとキャリアを比べると通話サービスに関してはやはりキャリアの方が上で、特に国内の電話を全て無料にするカケホーダイサービスは格安SIMにはないため格安SIMでの通話料金が高くなる場合があります。

格安SIMの場合は通話料を半額にしたり5分の通話料を0円にしたりとサービスが多岐に渡っていますが、電話を多くの利用する人から見ると通話料金が高くなることになります。

逆に電話を使わない方からすると格安SIMの方が魅力的に感じ格安SIMへの乗り換えに積極的になっています。

通話料金を考える

格安SIMを利用した場合とキャリアを利用した場合ではどのくらいの通話料金に差が発生するのでしょうか?

ドコモ、au、ソフトバンクの場合は2,200円か2,700円で通話料全てを賄うことができます。一方、格安SIMの場合は全ての通話料が従量制ですので、通話すれば通話するほど料金が高くなります。

格安SIMを使って通話をした場合平均して2,000円程度が必要になります。2,000円程度ならばキャリアの携帯を使っても同額程度なので格安SIMを使っていても問題ありません。しかし、月に1時間以上の電話をしている人は通話料を節約する方法を知らないと格安SIMを利用した場合の方が高くなってしまいます。

通話料を節約する方法としては楽天でんわなどの通話半額アプリを利用したり、LINE電話などを利用する方法があります。また、5分程度の通話なら全て0円にできる楽天モバイルなどの格安SIMもあります。

短い電話を多くかける方や電話自体が少ない方の場合は格安SIMを使う方がいいでしょう。逆に一度の電話が長い方の場合はドコモ、au、ソフトバンクのプランを利用した方が安くなります。

ネット料金は格安SIMの方が全然いい

スマホでのインターネットの利用については格安SIMの方が上です。格安SIMの通信は遅いと感じている方もいますが、遅いからといっても使えないことはなく、料金面を考えるととても快適です。

利用通信量に限度がないつかい放題プランや使っただけを支払う格安従量制プラン、ドコモ、au、ソフトバンクよりも安い月額制プランなどプランの種類が豊富です。ネット通信に関してはドコモ、au、ソフトバンクでなければ料金か高くなったり、通信ができないということは絶対にないためネット通信を中心に考える人は必ず格安SIMを利用した方が便利に感じることでしょう。

多くの場合の料金イメージ

ドコモ、au、ソフトバンクを使った場合の料金イメージと、格安SIMを使った場合の料金イメージを比較しやすいようにまとめました。

 
ドコモ
mineo
楽天モバイル
電話基本料金2,700円700円700円
パケット料金2GB 3,500円3GB 900円3.1GB 900円
SPモード300--
合計6,500円1,600円1,600円

多くの方がこのように安くなっています。

ドコモの新プランは格安SIMよりも安くなるのか?まとめ

ドコモの新プランは格安SIMよりも安くなるのか?をまとめました。

ドコモの新プランは格安SIMよりも安くなるのか?まとめ

ドコモ、au、ソフトバンクを利用するよりも格安SIMの方が安く使えます。通話料によってはさまざまな場合がありますが、安くする方法を導入する方法で安くなっている人もいます。

電話がとにかく多い人は電話だけをドコモ、au、ソフトバンクで使うようにしてください。絶対に安くなります。 これからは格安SIMを使って毎月3,000から4,000円で全部の料金が終わるのが当たり前の時代になります。格安SIMは以下から選びましょう。