1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMの最速はどのメーカー?格安SIMメーカーの速度比較
 

格安SIMの最速はどのメーカー?格安SIMメーカーの速度比較

Young sporty people at large modern stadium
SIM

格安SIMの最速はどのメーカーなのか気になりますよね。ドコモやau、ソフトバンクを使っている時にはそれほど気にしなかったのですが、格安SIMではきにする人が多くいます。今なら使い勝手のいい速度なのはUQ mobileとOCNモバイルONEがおすすめです。

格安SIMを利用する場合は最速の所と契約したいですよね。通信速度が現時点で優秀なのはUQ mobileです。UQ mobileの速度はホンモノとしか言えません。ドコモ回線の格安SIMで最速を目指したいならOCNモバイルONEを契約しましょう。

格安SIMで人気があるのは通信速度が速いメーカー

格安SIMで人気が高いのは通信速度が速いメーカーが定番となっています。現在通信速度が速いのは以下の格安SIMメーカーです。

UQモバイル

KDDIの子会社UQコミュニケーションズが運営するUQモバイルの通信速度は格安SIMの中でも群を抜いています。他社の格安SIMでは通信速度が大幅に変化して遅くなることもある一方でUQモバイルだけは10Mbps近くの速度を維持します。

10Mbpsもあれば通信速度として満点でどんなことにでも対応できます。格安SIMの通信速度には不安がある方はUQモバイルを選ぶと大満足できるでしょう。

OCNモバイルONE

次に今現在で優秀な通信速度を出しているのはOCNモバイルONEです。UQモバイルと比べると大分速度が落ちてしまう結果が見られますが、最低速度で約1Mbps、速い時は20Mbps近くの速度が期待できます。

ドコモ回線の格安SIMはどれがいい?

ドコモ回線の格安SIMを選ぶ場合どのメーカーを選ぶべきでしょうか?

OCNモバイルONE

やはりドコモ回線で最速のOCNモバイルONEが人気です。通信速度は利用に差し支えることがない速度を維持しており、IP電話サービスやクラウドサービスにも力を入れているため利便性がいいという点でも満足度が高く評価されています

お昼の一番利用率が高い時間でも1Mbpsでインターネットができパケットがつまる、データが止まることがありません。

しっかり通信ができるということです。実際の利用でもゲームや動画も満足に使えるので利用者に不満は少ないでしょう。

OCNモバイルONEの人気のプランは3GBコースで2,000円ほどの料金で使っている方がほとんどです。

OCNモバイルONE
月額料金
データ通信専用SIM
SMS機能なし
月額料金
データ通信専用SIM
SMS機能付き
月額料金
データ通信専用SIM
050 plus付き
月額料金
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
110MB/日コース972円1,101円1,134円1,728円110MB/日262.5Mbps最大5枚
170MB/日コース1,490円1,620円1,652円2,246円170MB/日262.5Mbps最大5枚
3GB/月コース1,188円1,317円1,350円1,944円3GB/月262.5Mbps最大5枚
5GB/月コース1,566円1,695円1,728円2,322円5GB/月262.5Mbps最大5枚
10GB/月コース2,484円2,613円2,646円3,240円10GB/月262.5Mbps最大5枚
500Kbpsコース
(15GB/月)
1,944円2,073円2,106円2,700円15GB/月500Kbps最大5枚

公式サイト:OCNモバイルONE

FREETEL

ドコモ回線で速度が早く人気もあるのはFREETELです。FREETELはiPhoneでの利用に力が入っているところがあり、アプリのダウンロードには通信量を全く消費せずにインストールすることができます

また、アンドロイドスマホも独自デザインのものを採用し一目置かれた存在です。

通信速度はOCNモバイルONEと並んで最低速度が1Mbpsあり、最高の速度は30Mbpsの速度が出るときもあります。最近導入された月額コースが人気を呼んでおり、利用者が確実に増えつつあります。

FREETEL SIM
月額料金
データ専用
月額料金
データ専用+SMS
月額料金
音声通話付き
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
使った分だけ安心プラン322円474円1,078円~100MB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
538円690円1,294円~1GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
972円1,123円1,728円~3GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
1,641円1,792円2,397円~5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2,311円2,462円3,067円~8GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2,667円2,818円3,423円~10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(1GB)538円690円1,294円1GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(3GB)972円1,123円1,728円3GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(5GB)1,641円1,792円2,397円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(10GB)2,667円2,818円3,423円10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(20GB)5,259円5,410円6,015円20GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚

公式サイト:FREETEL

au回線の格安SIMの最速は?

au回線の格安SIMを選ぶ場合は2つのメーカーに絞られることでしょう。

UQ mobile

業界最速と言っても過言ではないUQ mobileはお昼などの一番通信が込み合う時間でさえ10Mbps近くの速度が出ます。他の格安SIMメーカーでは追いつけない通信速度がでるのはauを運営するKDDIがバックにいることが大きいです。

最近では独自にiPhone5sを販売するようにもなり、キャリアメールも利用できるとても優秀な格安SIMとなっています。

また、UQモバイルは格安SIMを試すことができるTry UQ mobileサービスを始め、完全無料で気軽に格安SIMを体験することが可能になりました。

一度みなさんもTry UQ mobileでその速度を体験してみてはいかがでしょうか?びっくりするほどインターネットの速度が速く使い易いことがわかります。

UQモバイルでは3GBプランが人気でたくさんの人が利用しています。ただし、山間部や街を外れた地域に弱くレジャーなどには向かない傾向があります。

UQ mobile
月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
データ高速プラン1,058円1,814円3GB/月受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
1枚
データ無制限プラン2,138円2,894円無制限受信最大500kbps1枚

公式サイト:UQ mobile

mineoは永遠の2番手?

au回線ではmineoも人気があります。mineoは7月初旬にネットワークの増強が行われ、通信速度が改善されました。今まではお昼の時間帯になると1Mbpsを下回り、ときには通信が途切れてしまうケースもあったのですが、現在ではお昼の時間や夜の時間でも1Mbpsを維持するようになりました。

実はau回線の格安SIMではUQ mobileよりもmineoを利用している方が多くいます。UQモバイルでは今まで2つのデータ通信プランしかなかったのでmineoの方がプランに対しては柔軟なところがあり便利だったため利用者が多くいました。

もしも、UQモバイルでは利用したい通信容量プランが見つからない場合はmineoを選びましょう。UQモバイルでは現在、独自に販売するiPhone以外は動作対象外となってしまっており、iPhoneが公式にサポートされない状態になっているため、auのiPhoneを格安SIMで利用したい方はmineoを選ぶ必要があります

mineo
auプラン(Aプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
500MB756円1,414円500MB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
1GB864円1,522円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
3GB972円1,630円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
5GB1,706円2,365円5GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
10GB2,721円3,380円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚

公式サイト:mineo

通信速度と時間の関係

通信速度は時間帯によって大きく変化します。それはなぜでしょうか?

通信速度は時間によって変化する

通信速度は時間帯によって変動する利用者の数で変化します。

利用者が少ない時間帯平日の午前や午後から夕方はドコモやau、ソフトバンクにも劣らないほどの速度が出る場合もあります。しかし、12時や17時以降など仕事の休憩時間や仕事が終わった後になるとたくさんの人が通信回線を利用するため通信が込み合うことになります。一人一人の通信が重なると渋滞となり通信速度が遅くなってしまうのです。

これはドコモ、au、ソフトバンクの通信設備や格安SIMの通信設備によって状況が変わります。そのため通信設備が強くなれば通信速度も速くなります。

スマートフォンが流行りだした2012年頃はドコモ、au、ソフトバンクの通信回線も脆弱で、通信が込み合うと通信速度が著しく遅くなったり、通信ができなくなったり、障害が発生したりしていました

現在では通信設備をしっかりと強化したため日本全国の人が利用する通信量にも耐えることができるようになっています。

格安SIMの場合も同じで今は通信速度が大きく変動していますが、通信設備が増強されるにつれ通信が混み合っても速度が低下しないようになることでしょう

通信速度は1Mbpsあれば足りる

通信速度が遅い、速いとお話しをしてきましたが、では実際にインターネットをする上で必要な通信速度はどの程度なのかを知ることが必要です。

スマホでインターネットを利用する場合、一番通信速度を必要とするのは動画サービスです。動画サービスは通信速度が劇的に遅い場合は動画が止まって見れない状態になります。

では動画サービスが止まらない速度はどのくらいなのでしょうか?実は動画サービスは800Mbps程度が必要です。つまり1Mbpsよりも遅い速度の場合でも利用ができます

ですので多くの場合格安SIMサービスの速度で問題が生じることは少なくなっています。

格安SIMは遅いということをよく聞きますが、それはドコモやau、ソフトバンクに比べて遅いというだけで、利用するにあたっては必要最低限の通信速度は使えるということです。ですので格安SIMをみなさんが利用する場合に不安になることは少ないと思います。

格安SIMの最速はどのメーカー?まとめ

格安SIMの最速はどのメーカー?をまとめました。

格安SIMの最速はどのメーカー?まとめ

最速の格安SIMはUQモバイルでした。UQモバイルはau回線の格安SIMなのでドコモ回線が使いたい方はOCNモバイルONEかFREETELを契約しましょう。快適で料金が安くなる格安SIMの生活を是非ご利用ください。