1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホでメールするには?メールアドレスを取得する方法まとめ
 

格安スマホでメールするには?メールアドレスを取得する方法まとめ

pixta_17857168_M
格安スマホ

月々の利用額の安さから、格安スマホへの移行を検討している人も多いかと思います。この記事では、格安スマホでメールをするために、メールアドレスを取得する方法をまとめてみました。

月々の利用額の安さから、格安スマホへの移行を検討している人も多いかと思います。この記事では、格安スマホでメールをするために、メールアドレスを取得する方法をまとめてみました。

格安スマホでフリーメールを取得する

出典:Wikimedia

格安スマホでメールを使う場合、一番一般的なのがフリーメールを取得するという方法です。フリーメールはその名の通り無料で取得できますし、フォルダ分けや迷惑メール対策などの便利な機能がついていたり、他のサービスとの連携が可能だったりと、至れり尽くせりのサービスなんです。ここでは、格安スマホを使うとなったときに、メインのメールアドレスとして使うことをオススメしたいフリーメールサービスを3つ紹介したいと思います。

Gmail

インターネット企業最大手、Googleが提供しているフリーメールサービスがGmailです。正直にいって、これを選んでおけば間違いないというフリーメールがGmailになります。Gmailを利用するメリットはたくさんありますが、ここでは幾つか紹介したいと思います。 まず、迷惑メール対策が優れています。Gmailは利用ユーザー数がたくさんいて、そのユーザーのデータをサービス向上のために利用しています。なので、利用しているユーザーから迷惑メールだという報告の多いメール、つまり実質上の迷惑メールは、きっちりとフィルタで分けられるようになっているのです。 次に安全性もGmailの大きなメリットです。HTTPS暗号化という技術を使ってメールを管理しており、これはネットショッピングやネットバンクなど高いセキリュティ性が求められるホームページで使われている暗号化技術と同じです。安心して利用することができますね。 最後に紹介するメリットは、Googleのほかのサービスとの連携です。Gmailを取得すれば、Google Driveというファイルのストレージサービスも無料で利用できるようになりますし、クラウド上に写真を保存して整理できるGoogle Photoも利用できるようになります。また、たとえばGoogleカレンダーに記入した予定を、メールを使ってリマインドするといった使い方も可能になります。

Yahoo Mail

Gmailと同じく利用者が多いのがYahoo Mailです。Gmailは海外企業であるGoogleが提供しているサービスですが、Yahoo Mailは国内企業であるYahoo Japanが提供しているサービスなので、日本語対応していることはもちろん、何かと日本人にあったサービスを提供しているのが一番の利点です。 容量や他サービスとの連携という点ではGmailに劣りますが、やはり日本語の簡単な説明を読んで手軽に取得できるというのは大きなメリットでしょう。また、一人でいくつものアドレスを持つことができるので、メインのメールアドレスとして使うというよりは、ネットサイトに登録したりネットの懸賞に応募したりといったときに使うサブのメールアドレスとして取得しておくことをオススメします。

Outlook Online

フリーメールといえば、基本的にはGmailかYahoo Mailの2択になるかと思いますが、あえてもう一つ紹介するのであれば、マイクロソフトが提供しているOutlook Onlineは、検討の候補に加えてもいいとオススメできるサービスになります。もともとHotamilとして知られていたものは、現在Outlook Onlineというサービスに置き換わっています。 Outlook Onlineを取得する唯一といってもいいメリットは、マイクロソフトが提供する他サービスの連携をスムーズに行えるということです。ワープロソフトのWordや表計算ソフトのExcel、さらにはプレゼンソフトのPowerpointなどは、現在オンライン上で無料で利用できるようになっていますが、これらのサービスをメールと連携して使うのであれば、Outlook Onlineのメールアドレスを取得するのもいいかもしれません。

格安スマホでMVNOのメールアドレスを取得する

出典:行き着く先はあんこ

格安スマホのサービスを提供する会社であるMVNOの中には、メールアドレスを提供している会社も幾つか存在します。フリーメールは無料だからなんだか不安という人は、利用するMVNOの提供するメールアドレスを取得するのもいいでしょう。以下では、無料でメールアドレスを提供しているMVNOをいくつか紹介します

楽天モバイル

日本最大のショッピングサイト楽天市場を運営している楽天のMVNO、楽天モバイルでは無料でメールアドレスの取得が可能です。メールアドレスは、◯◯@gol.comとなります。楽天モバイルのメールアドレスを使う最大のメリットは、一人あたり10個までメールアドレスを取得できることです。用途やサービスに応じて、メールアドレスを使い分けることが可能です。逆にデメリットは保存しておけるデータが、200MBまでと少ないこと。10GBまで保存できるGmailと比べると、かなり大きな差です。

OCN モバイルONE

インターネットプロバイダであるOCNが運営しているOCN モバイル ONE でも、無料でメールアドレスが与えられます。メールアドレスは◯◯@xxx.ocn.ne.jpとなり、xxxの部分についてはocnが用意している6文字から10文字ほどのサブドメイン名が入ります。一人あたり1個のメールアドレスしか取得はできませんが、メールを保存しておける容量は1GBと大きく、さらに追加料金を払えば、取得できるメールアドレスを増やすことも可能です。

mineo

docomo回線でもau回線でも利用出来る話題のMVNO、mineo(マイネオ) も無料でメールアドレスを取得できるMVNOです。メールアドレスは、◯◯@mineo.jpと、とってもシンプルです。取得できるメールアドレスは一人あたり1つまで。デフォルトのままですと、メールを保存できる容量は200MBまでで、しかも60日間までしか保存できないようになっていますが、無料でできる申し込みを行うことで、容量が5GBまで対応可能になり、保存期限は無期限にできるようです。利用する際は、この申し込みが必須になりそうですね。

格安スマホで今までのメールを引き継ぐ

出典:タブロイド

格安スマホに限らず、スマホを機種変するときに利用会社を変えるのであれば、基本的に今までのメールアドレスを引き継ぐことができませんが、docomoで契約して使っている場合のみ、そのメールアドレスを引き継ぐ方法があるので、その手順を紹介します。

使っていたdocomoのメールアドレスを引き継ぐ手順

メールアドレスを引き継ぐためには、現在使っている回線以外に、新規でFOMA回線を契約する必要があります。その上で、ずっと使っていた回線でメールアドレスを変更し、新しく契約した回線で、もともと使っていたメールアドレスを取得するのです。その後、新しく契約した回線のメールアドレスをマルチデバイス対応可能に設定し、もともと持っていたスマートフォンで、その新しい回線のメールアドレス(つまり、もともとのメールアドレス)に届くメールを受信できるようにします。
そう設定してから、スマートフォンをMNP制度を使ってMVNO契約すれば、電話番号もメールアドレスも元々使っていたものと同じまま、格安スマホを使うということができるようになるのです。

格安スマホでメールするには?まとめ

以上、格安スマホでメールを使うための、メールアドレスの取得方法として大きく3つを紹介しました。様々な方法がありますが、今後何度も機種変をするということを考えたときに、一番便利なのがフリーメールを獲得するという方法です。一度フリーメールを獲得すれば、今後機種変に伴って会社を変える時でも、メールアドレスの変更の必要性がないからです。格安スマホに変更しようと考えている人は、まず、今使っているスマートフォンでフリーメールを取得し、そのメールアドレスへ変更することをアドレス帳に入っている人に知らせてから、格安スマホへ機種変することをオススメします。