1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホとガラケーの2台持ちで通信料金を節約しよう!
 

格安スマホとガラケーの2台持ちで通信料金を節約しよう!

pixta_15217723_S
格安スマホ

格安スマホとキャリア端末にはそれぞれ良さがあって迷ってしまう方にお勧めしたいのが、格安スマホとガラケーの2台持ちです。なぜ節約になるのかを解説しながら、おすすめの格安スマホ機種と通信事業者をご紹介します。

格安スマホに変えて通信料金を節約したいけれど、格安スマホとキャリア端末にはそれぞれ良さがあるし・・・迷って決められない方もいるかもしれません。そんな方にお勧めしたいのが、格安スマホとガラケーの2台持ちです。なぜ節約になるのかを解説しながら、おすすめの格安スマホ機種と通信事業者をご紹介します。

格安スマホとガラケーを同時に持つとは?

通話利用と電話利用を別々の端末で行い、それぞれ格安で利用できるプランを活用することによって通勤料金を節約することができます。

格安スマホに乗り換える際のネックの一つが音声通話です。最近になっていくつか出てきたとはいえ、格安スマホでの通話定額プランはまだまだ少ないです。音声通話をよく利用する人は、キャリアの契約よりも割高になってしまいます。

ネックのもう一つはキャリアメールの問題で、格安スマホに乗り換えるとキャリアメールは一切使うことができなくなります。LINEなどのアプリの普及もあって現在はそれほどキャリアメールに依存していない人は増えていますが、中高年を中心にまだまだキャリアメールを使っているユーザーも多いものです。

このような2つのネックを端末を2台持つことによって解決するというのが、格安スマホ・ガラケーの2台持ちという方法です。

通話とメールはガラケーで

通話利用では大手三大キャリアのプランをガラケーで使うことにより、スマホ利用よりも格安に通話を利用できます。契約プランはデータパックを解約してかけ放題のプランのみに変更します。しかしネット利用に関してはガラケーでは不十分ですので、格安スマホで補います。

ネット利用は格安スマホで

格安スマホは音声通話を使わないデータ通信プランを契約します。最安で月々1GBまでなら、毎月の料金が1000円を切るプランもあります。ゲームや動画閲覧など大量のデータ通信が必要という方でも、Wi-Fiを活用すれば3GB以下に抑えることが可能です。

格安スマホとガラケーの2台持ちのメリットとは?

pixta_6386893_M 2台持ちユーザーのみ享受できるメリットは見逃せません!

キャリアメールを残しておける

キャリアメールが使えなくなるのは格安スマホに乗り換える際のデメリットの1つ。しかし2台持ちならばガラケーにキャリアメール機能を残しておくことが可能です。面倒くさいアドレス変更手続きや変更の通知などが必要ありません。

電池もちが良い

1台で電話・ネット・ゲームなどを使うよりも、電池の消耗が遅くなり電池もちが良くなります。外出先でついゲームやネットに夢中になって電話やSNSでの連絡さえ難しくなってしまうということが防げます。

格安スマホとガラケーの2台利用での注意点

pixta_19550186_M

格安SIMを契約する方法での注意点として、使用する端末をきちんと利用できるSIMカードを提供してくれる通信事業者を選択しなくてはなりません。

Docomoのスマホであればどの事業者の格安SIMでもほぼ利用できますが、auやソフトバンクの場合はちょっと注意が必要です。auのスマホで利用できる事業者はmineo(マイネオ)UQ mobile(UQモバイル)などに限られますし、ソフトバンクの端末の場合はもっと面倒な手続きが必要です。

auやソフトバンクを使っている方は、SIMを入れ替えて使うよりも思い切って格安スマホにしてしまう方が選択肢が豊富になります。

格安スマホとガラケーの選び方は?

pixta_6919787_M

まずは手持ちのスマホのキャリア契約をガラケー向けのプランに変更したうえで、中古で購入したガラケーに入れて使います。ガラケーに求められるのは通話・メールのほか、防水機能など基本的なものだけで十分でしょう。このような基本性能が揃った低価格の端末は1万円前半が多く、1万円を切るものもあり手ごろな価格で入手できます。

次に格安スマホをデータ通信プランで契約します。格安SIMを購入して手持ちのスマホに刺して使う方法と、格安スマホの端末自体を購入する方法があります。手持ちのスマホを引き続き使いたいならSIMの契約を、これを機に新しいスマホ端末にしたいなら格安スマホの契約を行いましょう。

格安スマホでのおすすめは、一通りのスペックが揃っていて通常の利用に問題のないコスパが良いモデルです。

出典:arrows M02紹介ページ

例えば富士通のarrows M02はおサイフケータイ・防水・防塵機能など国産の端末に慣れ親しんだ人が求める性能をほぼ揃えており、20,000円台から入手できるお得な格安スマホです。

国産メーカーの持つ性能に加えて、ブランド性や安心感を求める方におすすめです。

富士通のarrows M02が購入できる通信事業者!

出典:ZenFone2 Laser 紹介ページ

国産であることにこだわりがなく海外製でもよいのであれば、ASUSのZenFone Laser2がおすすめ。カメラ回りなどの性能が比較的良いモデルですが、こちらも20,000円台から購入が可能です。

国産と違ってプリインストールされているアプリの数が少ないので比較的動作が軽く、新しいアプリを入れる容量も多いです。スマホのアプリを自分で自由に選んでたくさんインストールしたいという方におすすめです。

ASUSのZenFone Laser2を購入できる通信事業者!

格安スマホとガラケーをうまく活用して通信料金を節約しよう

格安スマホとガラケーの2台持ちという方法について解説しました。

通話はガラケーの三大キャリアのかけ放題プランを利用し、ネットは格安スマホ・格安SIMのデータ通信プランを利用します。2台持ちではキャリアメールをそのまま使えたり、電池もちがよくなる利用方法ができたりするなどのメリットが生まれます。

音声通話をよく利用するという方やキャリアメールを引き続き利用したいという方におすすめの方法です。それぞれの端末を上手く利用して快適でお得な通信・通話にしてみてくださいね。