1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. nuromoblie(nuroモバイル)を解約する際の注意点

nuromoblie(nuroモバイル)を解約する際の注意点

更新日:2019.10.21

格安SIM「nuromoblie(nuroモバイル)」を解約する際の注意点をまとめています。最低利用期間や解約金、日割り計算になるかどうかなど、契約前に確認しておきましょう。

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する「nuromoblie(nuroモバイル)」は比較的新しい格安SIMですが、解約する際の最低利用期間や解約金はどのようになっているのでしょうか?調べてみました。

nuromoblie(nuroモバイル)を解約する際の注意点

nuromoblie(nuroモバイル)を解約する際の注意点を紹介します。

解約方法


出典:nuroモバイル

まずは解約方法ですが、nuroモバイルの「ご利用者向けページ」から手続きができるようになっています。こちらのページからは解約だけでなく利用状況の確認やデータ容量チャージ、プラン変更などが行えるようになっているので、何か変更したいことがあればまずはこちらのページにログインしてみると良いでしょう。

最低利用期間・解約金

nuroモバイルの最低利用期間は、音声通話SIMプラン(SMS・通話付プラン)のみに設定されています。データ通信専用SIM(通信のみプラン)とデータ+SMS SIM(SMS付プラン)は特に最低利用期間がありません。


出典:nuroモバイル

データ専用
最低利用期間なし
SMS付
最低利用期間なし
SMS・通話付
1年間の最低利⽤期間(サービス開始⽇から12ヶ⽉後の⽉の末⽇まで)

上記のように、音声通話機能のついたSIMカードのみ最低利用期間が設けられています。ただしこの期間に解約ができないというわけではなく、最低利用期間内の契約解除で解約金、違約金が発生するようになっています。

通話SIM最低利用期間内の解約金金額は減額制で、「(12ヶ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円」となっています。つまり最大1万2,000円となっていますが、使うほど1,000円ずつ減って行きます。1年以上利用した場合は、解約金が発生しません。

格安SIMでは最低利用期間が半年のサービスもありますが、最低利用期間を過ぎるまでは同額の違約金となっているものもほとんどです。その点使い続けていれば徐々に解約金が減っていくnuroモバイルの音声通話SIMはメリットがあるとも言えます。

他社へMNPする場合

nuroモバイルの音声通話SIMは、他社へ電話番号をそのまま乗り換えることが可能です。この手続きをMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)と言いますが、手続きの際のMNP転出手数料は税込3,000円です。

MNP転出手数料に関しては税込2,000円~3,000円(解約金と実質まとめになっているサービスを除く)になっていることがほとんどなので、他社と比較して特に大きな差はありません。

日割り計算

格安SIMを解約するタイミングはどうでしょうか。nuroモバイルは解約月の日割り計算がありません。ただし、解約の手続きを終えても月末まではSIMカードが利用できるので損はしません。

MNP転出の場合は別です。こちらも日割り計算にはなりませんが、番号を引き継ぐので回線切り替えを行なったあとは即時でnuroモバイルのSIMカードが使えなくなります。覚えておきましょう。

MNP転出の場合には乗り換え先の初月無料や日割り計算によってお得な時期も変わってくるので、どちらかというと乗り換えた後の方の格安SIMプランをしっかりチェックしておくことが重要です。

nuromoblie(nuroモバイル)のお得ポイントは?

解約に必要な注意点をおさえたところで、nuroモバイルの格安SIMを契約する上でお得なポイントも簡単に確認してみましょう。

豊富なデータ容量プラン

高速データ容量プランは0.2GB~13GBの全4種類。自分にあった容量プランで契約することが可能です。

nuromobile プラン表(docomo回線)

 データSIMデータSIM+SMS音声通話付き高速通信容量通信速度SIM枚数
お試しプラン300円450円1,000円0.2GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚
Sプラン700円850円1,400円2GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚
Mプラン1,500円1,650円2,200円7GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚
Lプラン2,700円2,850円3,400円13GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚

nuromobile プラン表(SoftBank回線)

 データSIMデータSIM+SMS音声SIM高速通信容量通信速度SIM枚数
お試しプラン500円1,200円0.2GB/月下り最大988Mbps
上り最大37.5Mbps
1枚
Sプラン980円1,680円2GB/月下り最大988Mbps
上り最大37.5Mbps
1枚
Mプラン2,100円2,800円7GB/月下り最大988Mbps
上り最大37.5Mbps
1枚
Lプラン2,980円3,680円13GB/月下り最大612Mbps
上り最大37.5Mbps
1枚

容量プランの変更(翌月1日適用)も可能ですし、契約後も自分にあった通信容量コースを使うことができます。細かくデータ容量コースを調整できるのはメリットです。

データ容量の繰越ができる

当月余った高速通信容量は翌月に繰越ができます。なので利用月によって高速インターネット利用量にばらつきのあるユーザーもお得に使えます。逆に繰越容量が多すぎる場合にも先ほど説明したようにプラン変更ができるので安心です。

SIMフリースマホがセット購入可能

タイプの異なるSIMフリースマートフォンのセット購入もできるので、手軽に格安スマホに乗り換えることができます。

2017年1月時点で取り扱っているのは「ASUS ZenFone 3」、「富士通 ARROWS M03」、「ZTE Blade E01」の三種類。それぞれ価格や特徴が異なるので、公式サイトから確認しておくと良いでしょう。

nuromoblie(nuroモバイル)の解約注意点とおすすめポイントまとめ

音声通話SIMのみ最低利用期間と解約金が設けられているのでチェック。プランは高速データ通信容量を細かく選べるようになっているので、自分の使う高速データ容量を把握していればお得です。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい