1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 通話半額アプリ「G -Call」は楽天でんわよりも安かった!
 

通話半額アプリ「G -Call」は楽天でんわよりも安かった!

電話をかける女性
SIM

G-Callを使えば通話料がもっともっとやすくなります。楽天でんわやみおふぉんダイアルなど通話料が半額になるアプリを使っている人はG-Callも試してみましょう。

格安SIMでは当たり前になった通話半額アプリをみなさんも使っているでしょう。ですがG-Callを使った方が安くなるのです。その秘密を教えます。

G-Callは楽天でんわよりももっと安かった

G-Callを聞いたことはありますか?通話を半額にするサービスです。同じようなサービスはありますが、G-Callの方がおトクなんです。

G-Callは楽天でんわと同じ電話回線アプリ

G-callは楽天でんわと同じ電話回線を使った通話料を半額にするアプリです。

月額料金は設定されておらず通話した分だけ料金を支払うもので、090、080、070、の携帯番号で発信でき通話料金を30秒10円にできるアプリです。楽天でんわは楽天モバイルで契約している場合はオプションで5分かけ放題に申し込むと通話の5分間を0円にも出来ます。

ですが、楽天モバイルを使わないと5分かけ放題には申し込めません。筆者はmineo(マイネオ)を利用しているので、通話料金を半額にできる楽天でんわだけ利用していました。

公式サイト:楽天モバイル

楽天でんわよりも安い理由

楽天でんわを1年以上使い続けていて、他の通話半額アプリも知っていたのですがどのサービスも同じようなものだと思っていました。もちろんG-Callの存在も知っていました。ですが、そのG-Callは通話料金こそ半額になるところは同じもののその後の請求の時点で違いがあることに気がつきました。それは消費税の有無です。楽天でんわやIIJmio(みおふぉん)のみおふぉんダイアルなどたくさんの通話料半額アプリでは消費税がかかります。ですが、G-Callの場合消費税が必要ないのです。

公式サイト:楽天モバイル
公式サイト:IIJmio

楽天でんわとG-Callを比べてみよう

楽天でんわで通話料半額にした場合とG-Callで通話料を半額にした場合の請求額を比べてみました。

30秒間の通話料は30秒10円です。それはどちらも同じ条件です。消費税が加算される場合は10円に対して0.8円。100円だと8円ですね。ほとんど電話をしない場合であれば大きな差はでません。楽天でんわでは5分の電話では108円の請求がきます。G-Callの場合は非課金なので100円のままです。

それが1時間の通話をした場合1200円の通話料が発生し、楽天電話では96円の消費税が発生します。これが2時間、3時間と増えた場合は約100円単位で消費税も上がっていきます。

ところがG-Callでは消費税がかからないので通話した分しか請求がきません。筆者の場合毎月2,000円程度の通話料が発生し、2160円の請求がきていました。年間にすると2,000円近くは通話料に対しての消費税を支払っていることになります。金額として大して大きいことではないのですか、無駄とも感じました。でもG-Callにすると無駄を省くことができました。

国際電話は楽天でんわの方がいい?

G-Callは通話料金を半額にすることができ、さらに消費税も免除できるすばらしい節約アプリでした。でも楽天でんわの方がいい場合もありました。

国際電話の楽天でんわの方がすごく安い

国際電話をかけた場合は楽天でんわの方が随分と安くなります。

楽天でんわは国外に電話をかけた場合も30秒10円が維持されます。これはドコモ、au、ソフトバンクと比べて場合でもすごく安いです。G-Callは加算方式が少し違いますが、安くても30秒20円です。G-Callの方が2倍の料金になってしまいます。消費税がかからなくても料金が倍になってしまってはいけません。

国際電話はTeLinkがいい!

国際電話について調べているうちにTeLinkというサービスにたどり着きました。TeLinkは月額基本料金無料で1分1円で海外へ電話ができるサービスです

TeLink

さらに月額3,900円のコースにすると海外への通話は全て無料になるのです。海外の家族や恋人、友人とよく電話をする方にはとってもおすすめのサービスです。しかも音声品質も普通の携帯電話と遜色なし!本当に電話が安くなるいい時代だと思います。

G-Callは国内専用にしよう

国内通話をする場合はドコモ、au、ソフトバンクの電話かけ放題サービスが一番安くなりますが格安SIMでは同じようなサービスはまだありません。唯一もしもシークスのかけたい放題フルが同じようなサービスになっていますが、音質があまり良くないと評判があります。

そこで格安SIMの人におすすめは5分通話定額のある楽天モバイルかFREETEL(フリーテル)になるのですが、そもそも毎月どれくらい電話するのか分からない、電話する月もあれば全く使わない月もある人もいるでしょう。5分通話定額サービスがあっても楽天モバイルやFREETELに変えるつもりはない人もいるでしょう。

そんな人の国内通話アプリは「G-Call」にしましょう。国内専用の通話アプリとして「G-Call」を使えるようにしておけば良いのです。月額基本料金は必要ないので使わなければ請求がこないのでとりあえずインストールと手続きだけしてスマホの片隅に置いておきましょう。

G-Callと楽天でんわを両方使ってもいい?

G-Callと楽天でんわを両方インストールして使っても問題はありません。2つのアプリを登録しておいて必要になったときに必要な方を使えばいいのです。普段はG-Call、国際電話をかける場合はTeLinkや楽天でんわを使うようにするといいでしょう。

通話半額アプリ「G -Call」は楽天でんわよりも安かった!まとめ

通話半額アプリ「G -Call」は楽天でんわよりも安かった!をまとめました。

通話半額アプリ「G -Call」は楽天でんわよりも安かった!まとめ

せっかく格安SIMを使って節約をしているのですから、通話料金もできる限り安くしたいですね。G-CallやTeLink、楽天でんわを上手に使い分けて通話料もしっかりと節約しましょう。

公式サイト:楽天モバイル
公式サイト:IIJmio