1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【最新版】ZenFone AR徹底解説!注目のVR機能やスペック,評判,価格も

ZenFone AR(ZS571KL)に関する記事

4件の記事があります

【2017年9月版】ASUSから発売された「ZenFone AR(ゼンフォン AR)(ZS571KL)」 のスペックや価格、評判、レビューを徹底解説。非常に魅力的なAR(拡張現実)やVR(仮想現実)はもちろん高音質の性能も紹介。限定キャンペーン情報から最安で買えるMVNOも紹介!《毎週更新!》

ZenFone AR(ZS571KL)に関する記事の一覧を見る

ZenFone AR(ZS571KL)のスペック(性能)のおすすめポイントと注意点

ZenFone ARは2017年6月に発表された5.7型ワイドスマホです。ZenFone ARは世界で初めてTangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォンです。TangoによるAR(拡張現実)、DaydreamによるVR(仮想現実)を体験することであなたのスマホライフは変わるでしょう。

ここではそんなZenFone ARのスペック(性能)や価格についての評価・評判、他スマホとの比較をご紹介していきます。

用語解説

VR(仮想現実)
3D映像の中に自分がいるかのような体験ができる技術のこと。
AR(拡張現実)
スマホなどのカメラで映した画面上に、現実に存在していないCG映像を表示させること。(ポケモンGOのARモードなど)

ar
出典:ASUS 端末紹介ページ

Daydream
Googleによって手がけられたVRプラットフォームのこと。Daydreamの基準を満たした端末は「Daydream Ready」と認定される。
Tango
Googleによって開発された、ARを実現させるためのソフトウェアのこと。

ZenFone ARのスペック(性能)

ZenFone ARのスペック(性能)は以下の通り。ZenFone ARは5.7型ワイドスマホで、RAMが8GB、ROMが128GBのZS571KL-BK128S8と、RAMが6GB、ROMが64GBのZS571KL-BK64S6の2種類があります。ARであれば対応したアプリをダウンロードすることで、ARを体験することができます。ARを利用することにより、置きたい家具をスマホの画面内で設置してシミュレートすることで部屋の模様替えの構想を簡単に考えられます。また、AR対応ゲームであれば、いままで体験したことのないゲームを遊ぶことができます。

VRを体験するには、対応したアプリをダウンロードし、VRメガネを装着することで楽しめます。VR機能を利用することで、まるでコンサート会場や世界の名所などに実際にいるかのような臨場感のある体験をすることが可能です。

ZenFone AR スペック表

端末名ZenFone AR (ZS571KL)
メーカーASUS
画面サイズ5.7型ワイド Super AMOLEDディスプレイ
フルラミネーションディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass 4
CPUQualcomm® Snapdragon™ 821 (クアッドコアCPU)
GPUAdreno 530
OSAndroid™ 7.0
RAMZS571KL-BK128S8: 8GB
ZS571KL-BK64S6: 6GB
ROMZS571KL-BK128S8: 128GB (UFS 2.0)
ZS571KL-BK64S6: 64GB (UFS 2.0)
カメラ画質背面:2300万画素
前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードnano×2
通信(LTE)FDD-LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28

TD-LTE B38/B40/B41

WCDMA B1/B2/B5/B6/B8

GSM 850/900/1,800/1,900MHz
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
Bluetoothv4.2
バッテリー3,300mAh
入出力端子USB type C
サイズ158.98mm × 77.7mm × 4.6~8.95mm
重量170g
本体カラーブラック

ZenFone ARのおすすめポイント

ZenFone ARのおすすめポイントを挙げていきましょう。

TangoとDaydreamの両方に対応した5.7型ワイドスマホ
迫力の大画面でARとVRを思いっきり楽しめます。
高画質背面、前面カメラ
2300万画素もの高画質背面カメラ、800万が画素もの前面カメラを搭載しています。
SonicMaster 3.0を搭載
臨場感あふれる高音質の音楽を楽しめます。

ZenFone ARで注意したいこと

同様にZenFone ARで注意したいことについても挙げていきます。

5.7型ワイドの大きな端末
端末が大きいために、片手操作が困難だったり、持ち運ぶのがやや大変になるでしょう。
microSDカードを使う場合、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)が使えない
2枚目のSIMカードとmicroSDカードのスロットが同じであるため、DSDSと同時に使えません。
MVNOでの取り扱いはRAM6GB版のみ
今のところ、MVNOではRAM8GB版の取り扱いはありません。

ZenFone ARの評価・評判と取り扱いMVNO一覧・価格(最安値)

では気になるZenFone ARについての評価・評判や、ZenFone ARと格安SIMをセットで販売しているMVNO・販売価格について紹介します。

ZenFone ARの評価・評判

ZenFone ARの特徴であるARやVR搭載という点に注目が集まっています。端末が入っている箱を組み立てることで、簡易VRゴーグルとして使うことが可能です。

また、RAM8GB版、RAM6G版のどちらでも普段使いには困らないスペックを誇っています。さらに、カメラは2,300万画素、音楽についてはハイレゾ対応と、高い完成度となっています。

ZenFone ARを取り扱うMVNO一覧・価格(最安値)

ZenFone ARを販売しているMVNOは以下の通りです。(順次更新中)

ZenFone ARと他の機種との比較

最後にZenFone ARと他の機種とスペック(性能)を比較してみましょう。比較対象には、同価格帯のGRANBEATZenFone 3 Deluxeを選びました。

ZenFone ARとGRANBEAT スペック比較

では、ZenFone ARとGRANBEATを比較してみます。ZenFone ARのほうが画面サイズが大きいものの、重さに関してはGRANBEATのほうが重くなっています。ARやVRを扱うだけあって、ZenFone ARのほうがRAMやメインカメラの画質で上回っています。また、両端末ともハイレゾ音源による音楽再生が可能になっています。

普段使いならどちらの端末も困ることは無いでしょう。価格はZenFone ARがやや高めですが同じ8万円台(2017年9月時点)。ARやVRを体験してみたい方は思い切ってZenFone ARを購入してみてはいかがでしょうか?

ZenFone ARとGRANBEAT スペック比較

端末名ZenFone AR (ZS571KL)GRANBEAT
メーカーASUSオンキヨー
画面サイズ5.7型ワイド Super AMOLEDディスプレイ
フルラミネーションディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass 4
5.0インチ IPS フルHD 1920 x 1080
(Gorilla Glass Ver.3 )
CPUQualcomm® Snapdragon™ 821 (クアッドコアCPU)APU:Qualcomm MSM8956
ヘキサコア
(2× 1.8G + 4 ×1.4G)
GPUAdreno 530
OSAndroid™ 7.0Android™ 6.0 (Marshmallow)
RAMZS571KL-BK128S8: 8GB
ZS571KL-BK64S6: 6GB
3GB
ROMZS571KL-BK128S8: 128GB (UFS 2.0)
ZS571KL-BK64S6: 64GB (UFS 2.0)
128 GB *Androidシステム領域含む
カメラ画質背面:2300万画素
前面:800万画素
背面:1600万画素
前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードnano×2nano
通信(LTE)FDD-LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/
B26/B28

TD-LTE B38/B40/B41

WCDMA B1/B2/B5/B6/B8

GSM 850/900/1,800/1,900MHz
LTE Band B1/3/7/8/19/26 with Diversity
HSDPA/WCDMA Quad-Band B1/5/6/8/19
GSM/GPRS/EDGE Quad-Band 850/900/1800/1900 MHz
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)IEEE 802.11 a/ b/ g/ n/ ac
Bluetoothv4.2v4.1
バッテリー3,300mAh3,000mAh 急速充電対応
入出力端子USB Type C2.5 mm 4極 バランスヘッドホン出力
(BTL/ACG切替、Line outモード対応、ジャック挿抜検知ON/OFF可能) (※アサイン:端子先端より R-/R+ /L+ L-)
3.5 mm 4極 アンバランスヘッドホン出力
(マイク機能付イヤホン対応(CTIA規格準拠)、Line outモード対応、ジャック挿抜検知ON/OFF可能)
Micro USB /OTG 出力 (*充電・データ転送入力端子兼用)
サイズ158.98mm × 77.7mm × 4.6~8.95mm
142.3mm x 72mm x 11.9mm
重量170g234g
本体カラーブラックブラック

ZenFone ARとZenFone 3 Deluxe スペック比較

ZenFone 3 Deluxeには5.5インチ版もあるのですが、今回は価格の近い5.7インチ版と比較してみます。では、ZenFone ARとZenFone 3 Deluxeの5.7インチ版を比較してみます。

全体的なスペックとしては両端末とも似ています。どちらの端末ともハイレゾ対応、背面カメラ画質が2300万画素と高スペックです。

違いは、ZenFone ARの方が2GB、4GBほどRAMが大きく、300mAhほどバッテリー容量が多く、Android™ 6.0.1からAndroid™ 7.0にOSが進化している点です。価格面や全体的な性能の高さ、そしてARやVRを体験できることを考えると、ZenFone ARに軍配が上がるのではないでしょうか。

ZenFone ARとZenFone 3 Deluxe スペック比較

端末名ZenFone ARZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)‏
画面サイズ5.7型ワイド Super AMOLEDディスプレイ
フルラミネーションディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass 4
5.7インチ Super AMOLED
Corning® Gorilla® Glass 4
CPUQualcomm® Snapdragon™ 821 (クアッドコアCPU)Qualcomm® Snapdragon™ 821 (クアッドコアCPU)
OSAndroid™ 7.0Android™ 6.0.1
RAMZS571KL-BK128S8: 8GB
ZS571KL-BK64S6: 6GB
4GB
ROMZS571KL-BK128S8: 128GB (UFS 2.0)
ZS571KL-BK64S6: 64GB (UFS 2.0)
64GB
カメラ画質背面:2300万画素
前面:800万画素
背面:2300万画素
前面:800万画素
SIMカードnano × 2SIM 1:microSIM スロット
SIM 2: nanoSIM スロット
micro SD スロット
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)802.11a/b/g/n/ac
通信(LTE)FDD-LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/
B19/B20/B26/B28
TD-LTE B38/B40/B41
WCDMA B1/B2/B5/B6/B8
GSM 850/900/1,800/1,900MHz
3G:
WCDMA: Band: 1/2/4/5/6/8/19
4G:
FDD: Band: 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/
20/26/28/29/30
Bluetoothv4.2
Bluetooth® 4.2
バッテリー3,300mAh3,000mAh
入出力端子USB Type-C
USB Type-C
サイズ158.98mm × 77.7mm × 4.6~8.95mm156.4mm×77.4mm×7.5mm
カラーブラックメタル : シルバー/ゴールド
重量170g172g