1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【最新版】arrows M03徹底解説!防水性能やスペック,評判,価格も

arrows M03に関する記事

43件の記事があります

【2017年11月版】富士通のSIMフリースマホの「arrows M03 」(アローズM03)のスペックや価格、評判を徹底解説。防水や防塵、耐衝撃の有無、ワンセグやおサイフケータイへの対応、他端末との比較にも注目。限定キャンペーン情報から最安で買えるMVNOも紹介!《毎週更新!》

arrows M03に関する記事の一覧を見る

arrows M03のスペック(性能)のおすすめポイントと注意点

arrows M03は、国産スマホで非常に人気のあったM02シリーズの後継機種。M03は防水防塵・耐衝撃に対応した高スペックスマホで電池も長持ちします。またアンテナ内臓でワンセグにも対応。こちらのスマホはドコモとauのMVNO回線に対応した万能のモデルです。

ここではそんなarrows M03のスペック(性能)や価格についての評価・評判、他スマホとの比較をご紹介していきます。

arrows M03のスペック(性能)

arrows M03のスペック(性能)は以下の通りです。

  • ワンセグ対応でアンテナ内臓
  • おサイフケータイにも対応
  • 防水・防塵・耐衝撃
  • 手袋をしていても操作可能

arrows M03の特徴は国産スマホだからこそ搭載している、日本人向けの便利機能の豊富さでしょう。ここまで使いやすさに特化したスマホが4万円以下で買えるというのは非常にオトクなのではないでしょうか。2016年の格安スマホ人気ランキングでも上位を争っていた人気のスマホです。そのため後継のarrows M04が発売されても、まだ販売しているMVNOは多いです。

arrows M03 スペック表

機種名
arrows M03
メーカー
富士通コネクテッドテクノロジーズ
画面サイズ約5インチ
IPS液晶
ゴリラガラス3
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
OSAndroid 6.0 Marshmalllow
RAM2GB
ROM16GB
カメラ画質背面1310万画素
フロント500万画素
microSD
最大200GBまで
バッテリー2580mAh
SIMサイズnano SIM
対応周波数(LTE)LTE:Band1/3/8/19/26
3G:Band1/5/6/8/19
GSM:850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
防水・防塵防水 IPX5/8
防塵 IP6X
おサイフケータイ
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth4.1
本体サイズ約144mm×72mm×7.8mm
重量約141g

arrows M03のおすすめポイント

arrows M03のおすすめポイントを挙げてみましょう。arrows M03はスペックの高さから、用途を問わず広い世代にオススメできるスマホです。

手に馴染みやすい5インチサイズ
高級感溢れるカラーリング・質感が魅力の5インチスマホです。
1310万画素の高画質カメラを搭載
撮影モードも多種多様で、料理や夜景などシーンを選ばずにカメラ機能を楽しめます。
国産スマホだけあっておサイフケータイなどの便利機能にも対応できる
ワンセグや防水・防塵・耐衝撃などスペックの高さは折り紙付きです。おサイフケータイではモバイルSuicaなど様々なサービスに対応しています。
価格も4万円を切るコストパフォーマンスの良さ
価格も3万円台で購入できるので、機能と価格のバランスも良いです。

arrows M03の注意したいこと

同様にarrows M03の注意したいことも挙げてみましょう。ハイスペックなスマホだけあって注意すべき点・デメリットはかなり少ないですが、強いて挙げるならばバッテリー容量は過信しないようにしましょう。バッテリー容量はZenFone MAXのほうが大きいです。

充電は思っていたほどもたない
2,580mAhのバッテリー容量がウリですが、通常利用では3日間は持ちませんので注意しましょう。

arrows M03の評価・評判と取り扱いMVNO一覧・価格(最安値)

では気になるarrows M03についての評価・評判や、arrows M03と格安SIMをセットで販売しているMVNO・販売価格について紹介します。

arrows M03の評価・評判

arrows M03は発売直後から高い支持を得ています。前の機種であるarrows M02/RM02が格安スマホとしての人気上位を争っていたこともあり、スペックがさらに向上したarrows M03に注目が集まるのも当然ですよね。コストパフォーマンスもよく、シーンを選ばず誰でも使いやすいスマホですが、CPUに関してはもう少し高くても良かったのでは?という意見もあります。しかしスマホのスペックにかなりこだわる方でなければ不満は出ないかと思われます。後継のarrows M04とスペック的にそこまでの差はないため、値下がりしているこちらを買うという選択肢もありです。

arrows M03を取り扱うMVNO一覧・価格(最安値)

arrows M03を販売しているMVNOは以下の通りです。(2017年11月時点。順次更新中)

なお、楽天モバイルでは楽天モバイル限定色のシャンパンゴールドを、mineo(マイネオ)ではmineo限定色のグリーンを販売しています。端末だけであればAmazon等でも購入できますが、格安SIMとのセット購入のほうがより値段を抑えられます。購入は格安SIMとのセット購入がおすすめです。

arrows M03と他の機種との比較

最後にarrows M03の評判や他機種との比較をしてみます。比較対象には1つ前の機種である「arrows M02/RM02」を選びました。

arrows M03とarrows M02/RM02 スペック比較

気になるのはやはり1つ前の機種であるarrows M02/RM02からの改善点でしょうか。arrows M02/RM02とスペックの比較をしてみましょう。arrows M02/RM02から改善された点としては、カメラ画素やバッテリー容量の向上・端末の軽量化などが挙げられます。

M02/RM02から搭載している防水仕様にも変化があり、キャップレス防水に対応したmicroUSB端子が新たに搭載されました。また液晶に関しても有機ELからIPS液晶に変更されました。ただ、arrows M02/RM02のスペックは十分に高いのでM03で大きな変化は見られませんが、使いやすさは間違いなく向上したといっていいでしょう。

arrows M03とarrows M02/RM02 スペック比較

機種名arrows M03arrows M02
メーカー富士通コネクテッドテクノロジーズ富士通コネクテッドテクノロジーズ
OSAndroid 6.0 MarshmalllowAndroid 5.1 Lollipop
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
Qualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
RAM2GB2GB
ROM16GB16GB
SDカードスロット
最大200GBまで

最大32GBまで
ディスプレイ約5インチ
IPS液晶
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
約5インチ
有機ELディスプレイ
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
カメラ機能背面1310万画素
フロント500万画素
背面810万画素
フロント240万画素
バッテリー2580mAh2,330mAh
連続通話時間LTE:約770分
3G:約700分
LTE:約700分
3G:約630分
連続待受時間LTE:約640時間
3G:780時間
LTE:約540時間
3G:約670時間
バッテリー充電時間約150分約140分
SIMサイズnano SIMnano SIM
対応周波数(LTE)LTE:Band1/3/8/19/26
3G:Band1/5/6/8/19
GSM:850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
LTE:2.1GHz、1.7GHz、900MHz、800MHz
3G:2.1GHz、900MHz、800MHz
GSM:1.9GHz、1.8GHz、900MHz、850MHz
防水・防塵防水 IPX5/8
防塵 IP6X
防水 IPX5/8
防塵 IP6X
おサイフケータイ
WiFiIEEE802.11 a/b/g/nIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth4.14.1
本体サイズ約144mm×72mm×7.8mm約141mm×68.9mm×8.9mm
重量約141g約149g