1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. エキサイトモバイル(BBエキサイトSIM)の速度制限は?

エキサイトモバイル(BBエキサイトSIM)の速度制限は?

SIMカード

エキサイトモバイルは使った分だけ支払う最適料金プランと毎月同じ額だけ支払う定額プランの2つの料金プランが用意されていることが特徴の格安SIMになります。今回はそんなエキサイトモバイルの速度制限などについてまとめていきます。

エキサイトモバイルは毎月同じ料金を支払う定額プランだけでなく、使った分だけ支払う最適料金プランの2つの料金プランが用意されていることが特徴の格安SIM会社です。ここではそんなエキサイトモバイルの速度制限や通信速度などについてまとめていくので、これからエキサイトモバイルを使っていきたいと考えている方はぜひご覧ください。

エキサイトモバイルの速度制限


出典:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは高速データ通信量を使い切った時は、通信速度が200kbpsに制限されます。この200kbpsに制限されている時に3日で366MBを超えるデータ通信を行うと通信速度が20kbpsに制限されることがあります。

他の格安SIM会社では高速データ通信を利用している時に3日で決められた高速データ通信量を超えたら制限されることがありますが、エキサイトモバイルでは高速データ通信を利用している時に制限されることはありません。

ただし、画質の優れた画像を1日に何全通もメールで送信したり、Webカメラで映像を撮影し1日中高画質で配信したりしてしまうと制限がかけられる場合があります。ただしこのような使い方は意図的に行わないとしないもののため、高速データ通信を利用中は制限がないと考えて構いません。

低速モードになって3日で366MBを超えるデータ通信量を使用すると制限がかかってしまいます。この時の制限が20kbpsですが、20kbpsですとSNSの閲覧なども難しくなってしまうため出来るだけ避けるようにしましょう。

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルで速度制限を避けるために

エキサイトモバイルは高速モードと低速モードの2種類用意されています。この2つを切り替えることで速度制限にかかることを避けていきましょう。高速モードは、下り最大300Mbps、上り最大50Mbpsとなっております。

低速モードは、月々の料金に関係するデータ通信量にカウントされない程度に利用することとなるので、SMSなどを利用する時に向いているモードです。低速モードの時の速度は最大で200kbpsとなっているため、高速モードと比較すると劣ります。

低速モードに切り替える場合はバースト機能を使っていくことでSMSやWebサイトの閲覧が簡単に行なえます。このバースト機能は、高速モードをオフにしても通信直後のデータ量は高速通信となる機能のことです。バースト機能を使うことで低速モードに切り替えてもSNSやWebサイトを閲覧しやすくなります。

ただしエキサイトモバイルのSIMを複数枚運用しているという場合、全てのSIMカードの合計が366MBを超えると制限されるため注意が必要です。

エキサイトモバイルの料金プラン

ここからはエキサイトモバイルの料金プランをまとめていきます。先程もご紹介した通りエキサイトモバイルは使った分だけの支払いとなる最適料金プランと、毎月の料金が一定となる定額プランの2つのプランが用意されています。

出典:エキサイトモバイル料金プラン

エキサイトモバイルの料金プランはこのようになっています。高速データ通信を主に利用するという場合であれば、定額プランを選ぶと良いでしょう。高速データ通信では下り最大300Mbpsのため、使えば使うほど通信量はかかってきます。そのため最適料金プランで使うと使いすぎてしまう場合もあるので、定額プランの方がおすすめです。定額プランであれば最初に決めたデータ通信量を超えないようにするだけなので、どれくらい使っているのか気にしすぎなくても良いでしょう。

最適料金プランを使う場合は低速モードやバースト機能を上手に使っていくことで、月々の料金を節約することが可能です。最適料金プランを選択肢、高速モードを利用せずに低速モードだけで1ヶ月使い続けられれば月々の支払いは500円になります。

エキサイトモバイルのメリット

ここからはエキサイトモバイルのメリットをまとめていきます。

高速モードと低速モードを切り替えられる

先程も書きましたがエキサイトモバイルは高速モードと低速モードを切り替えられます。低速モードを利用することで高速通信量を気にせずにネットに繋げるため容量が少ないプランを選ぶことが可能です。高速モードと低速モードが切り替えられるので上手く低速モードを利用して安めのプランを選ぶことも出来ます。

バースト機能に対応している

バースト機能に対応しているため、テキストばかりのサイトやTwitterなどのSNSを利用する時に一気にデータをダウンロードしてくれるので速く感じます。そのため低速モードのときでもイライラする事なく利用できるのです。

余ったデータ通信量を翌月に繰り越せる

エキサイトモバイルは余ったデータ通信量を翌月に繰り越せます。翌月に繰り越せるのは定額プランの場合のみで、最適料金プランの場合は繰り越せません。定額プランを利用している場合も低速モードとの切り替えを行っていくことで節約し翌月に繰り越すということも可能です。

高速データ通信を使いすぎても3日感の速度制限がない

他の格安SIM会社では高速データ通信を3日間で使用しすぎると速度制限がかかってしまうというところもあります。ですがエキサイトモバイルは高速データ通信の場合は3日間の使い過ぎでの速度制限がありません。低速モードの時は速度制限がかかることがあるため気を付けましょう。

エキサイトモバイルのデメリット

ここからはエキサイトモバイルのデメリットもまとめていきます。

低速モード時に3日間で使いすぎると速度制限がかかる

先程ご紹介したのですが、エキサイトモバイルは低速モード時に366MBを超えてしまうと速度制限がかかります。低速モード時に速度制限がかかるとインターネットが満足に使えない状態になってしまうので気を付けましょう。

高速モードと低速モードを簡単に切り替えるアプリがない

高速モードと低速モードが用意されている格安SIM会社はモードを切り替えるアプリを用意していることが多いのですが、エキサイトモバイルには簡単に切り替えるアプリがありません。今後アプリがリリースされることを期待しましょう。

エキサイトモバイルの速度制限まとめ

エキサイトモバイルの速度制限まとめは以上になります。高速モード時は速度制限はなく、低速モード時は速度制限があるということを覚えておきましょう。

エキサイトモバイルを使う場合は月々の料金を抑えるために高速モードと低速モードを上手に切り替えることを忘れないようにしましょう。

公式サイト:エキサイトモバイル