1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 端末の初期費用が抑えられるBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のアシストパック
 

端末の初期費用が抑えられるBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のアシストパック

biglobe sim
SIM

せっかく格安SIMに変えて月々の利用料金を安くしても、そのSIMを使うための新しいスマホ端末を購入するのに高いお金がかかってしまったはもったいない。そんな、格安SIM導入の初期コストを抑えたい人にオススメなのが、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のアシストパックです。

せっかく格安SIMに変えて月々の利用料金を安くしても、そのSIMを使うための新しいスマホ端末を購入するのに高いお金がかかってしまったはもったいない。そんな、格安SIM導入の初期コストを抑えたい人にオススメなのが、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のアシストパックです。

BIGLOBE SIMのアシストパックとは

出典:Lifehacker まずは、BIGLOBE SIMが提供しているアシストパックというサービスの概要について紹介したいと思います。

アシストパンクは端末を一括購入しなくていいサービス

アシストパックとは、一言でいえば、格安SIMを利用するスマホ端末を、一括購入することなく利用できるサービスプランのことです。

アシストパックに申し込んだユーザーは、端末を購入する代わりに、端末の利用料金として月々の定額料金を支払うことになります。

アシストパックの契約期間は?

アシストパックの契約期間は、申し込みから24ヶ月間、つまり2年間になります。申し込んだ最初の月はプランの月額料金が無料で、その翌月から、SIMの利用料金に、アシストパックの利用料金を追加した金額を支払うことになります。

アシストパックのプランは何種類?

2016年の6月現在、アシストパックには全部で7種類のプランが存在しています。これらプランの違いは、利用出来る端末の内容が関係しています。プランによって月額料金が異なり、最も安いプランで月々530円から利用できます。

アシストパック契約終了後、端末はどうなるの?

アシストパックの契約期間は上で説明したように24ヶ月間となっていますが、24ヶ月の支払いが完了すれば、使っていた端末は自分のものとなります。つまりアシストパックは、端末を分割購入できるサービスということになります。

他社の分割購入プランと比較したときに、BIGLOBEのアシストパックは、トータルで支払う金額が割安だというメリットがあります。なので、初期費用を抑えたいという人にオススメなのです。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのアシストパックで利用出来るオススメ端末

続いて、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のアシストパックを使って、購入可能なスマホ端末のうち、オススメしたい端末をいくつか紹介します。

コスパが優れた格安スマホの代名詞、ZenFone™ 2 Laser

出典:ASUS まず初めに紹介するスマホ端末は、その優れた性能と価格の安さから、コスパの高い格安スマホの代名詞といえる存在の、ASUS、ZenFone™ 2 Laserです。

5インチのHDディスプレイを搭載した端末で、電池の容量は2400mAhと、1日通常使用するには十分なバッテリー容量を誇ります。また特徴として、バッテリーの交換ができるというメリットも存在します。メモリ容量、カメラの画素数などを撮っても、使用上困ることのない、平均以上のスペックを持った人気の端末になります。

アシストパックを利用した場合、月々のプラン料金は1150円。23ヶ月間支払うので、実質、26450円で購入出来ることになります。この金額はトータルでいうと、もう少し安く購入できる会社もありますが、初期投資を押さえられるのは大きなメリットでしょう。

高スペックが売りのMoto X Play

出典:DROIDLIFE アシストパックを利用して初期費用を抑えつつも、高スペックなスマホ端末を手に入れたいという人にオススメなのが、MotorolaのMoto X Playです。

5.5インチの大型ディスプレイを搭載しているものの、横のフレームが狭くすっきりとしたデザインで、背面のラバー調デザインも非常にオシャレな端末。そして、2100万画素の高性能カメラや、最長で2日間使える3630mAhという大容量バッテリーが搭載された、まさに高スペック端末です。

アシストパックを利用した場合、月々のプラン料金は1840円。23ヶ月間支払うので、実質、42320円で購入出来ることになります。

とにかく低価格にこだわるなら、Liquid Z330

出典:Acer 初期費用を安く抑えたいだけでなく、とにかくスマホに支払う料金を安くしたいという人も、格安スマホ利用者には多いでしょう。そんな人にオススメなのが、BIGLOBE SIMのアシストパックを利用して購入できる端末の中で、最も安い料金で手にはいるAcerのLiquid Z330です。

月々のプラン料金は格安の530円。23ヶ月間支払っても12190円という安さです。料金は安いですが、格安端末の中では電池持ちに定評があり、しかもバッテリー交換も可能になっています。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのアシストパックを利用するデメリット

初期費用を抑えながら、格安SIMを利用することができるBIGLOBE SIMのアシストパックですが、いくつかのデメリットも存在します。ここでは、そんなデメリットについてもきちんと紹介しておきます。

アシストパック契約満了前の解約金が高い

アシストパックの契約期間は24ヶ月ですが、この期間内に解約した場合は契約解除料が生じることになります。そして、この契約解除料は、アシストパック加算分契約解除料という割高な解除料となっています。

例を示すと、アシストパックの中で一番プラン料金の安い530円のプランを利用した場合でも、1年経過した時点の解約だと、契約解除料として6360円が必要になります。これは、端末を購入するのに実質支払う金額の半額以上に相当します。

音声通話プランの契約解除料も注意

SIMにはデータ通信のみ可能なデータプランと、電話もできる音声通話プランの2つが存在しますが、音声通話プランを選んだ場合、最低でも12ヶ月使わないと、解約時に解除料がかかってしまいます。この音声通話プランの契約解除料は、一律で8000円となっています。

つまり、アシストパック自体を1年以内で解約した場合、アシストパック加算分契約解除料に加えて、音声通話プランの契約解除料8000を追加で支払う必要がありますし、アシストパックの利用は継続するものの、1年以内に音声通話プランからデータ通信プランに変更した場合も、8000円の契約解除料を支払う必要があります。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのアシストパックまとめ

スマホ端末を分割購入することで、格安SIMを使い始める初期費用を抑えることのできるBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のアシストパックについて紹介しました。

月々の通信料金を安くするだけでなく、乗り換え時の初期費用も抑えたいという人には、とてもオススメのサービスです。ただし、デメリットも幾つか存在するので、きちんとその内容を理解した上で利用するようにしてくださいね。

公式サイト:BIGLOBE SIM