1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. BIGLOBE「光☆SIMセット割」解説!固定回線と格安SIMがセットでお得

BIGLOBE「光☆SIMセット割」解説!固定回線と格安SIMがセットでお得

更新日:2020.06.23

BIGLOBEでは「光☆SIMセット割」を提供していますが、これは「BIGLOBEモバイル」の格安SIMと、自宅の固定回線をセットで利用するとさらにお得に使えるサービスです。現在自宅でフレッツ光を利用している方、これから格安スマホへの乗り換えを検討している方は確認しておきましょう!

BIGLOBEの光☆SIMセット割は、格安SIMと固定回線をBIGLOBEで一緒に使うと、さらにお得に使える割引サービスです。
まとめて利用すると一石二鳥なので、対応プランやおすすめポイント・注意点などを紹介します!


BIGLOBEの「光☆SIMセット割」とは


出典:BIGLOBE

BIGLOBEの「光☆SIMセット割」とは「BIGLOBEの光回線とBIGLOBEモバイルを一緒に使うと、割引されてお得に使える」サービスです。

同一BIGLOBE IDでビッグローブ光などの固定回線と、格安SIMのBIGLOBEモバイルをセットで利用することで割引されます。条件がいくつかあるのですが、まずはどの程度安くなるのか確認してみましょう。

どのくらい安くなる?

光☆SIMセット割での割引金額は光回線のコースによって異なりますが、「ビッグローブ光」の場合には300円/月の値引き対象コースに、「フレッツ+BIGLOBEでプロバイダー利用」の場合には100円/月値引きの対象コースになります。


出典:BIGLOBE

フレッツ光でも割引の対象となっているのですが、割引金額はビッグローブ光で使っている方が大きいです。つまり、BIGLOBEのものに固定回線の通信も、格安SIMもまとめてしまうと、さらにお得になる可能性があるということです。

ビッグローブ光・フレッツ光のセット割対象コース

光☆SIMセット割の対象コースとなっている光回線サービスは以下の通り。

300円/月値引き対象コース
ビッグローブ光「ひかり」コース(3年プラン)
ビッグローブ光「ひかり」コース(2年プラン)
100円/月値引き対象コース
BIGLOBE光パックNeo with フレッツ
BIGLOBE光 with フレッツ「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース
「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース

「ドコモ光」では割引対象外なので注意。

大きな違いは「ビッグローブ光か、フレッツか」という部分。

少しわかりにくいので補足すると、300円の割引がある「ビッグローブ光」は、ネット回線も接続サービスとしてのISP(インターネット・サービス・プロバイダー)も、両方BIGLOBEが提供しているサービスです。

対して100円/月値引きコースの対応プランは、おおもとのネット回線はNTT東日本/西日本(フレッツ光など)で契約していて、接続サービスとしてのISPだけBIGLOBEで契約している状態のプラン。ですので、フレッツ光+接続プロバイダーでBIGLOBEを選んでいる場合の対象サービスは、100円割引のコースとなっています。

つまり「フレッツ光+プロバイダー」の対象プランよりも、これが1つになって提供されている「ビッグローブ光」を使う方が、割引は多いことになります。

フレッツ光との比較

現在フレッツ光を利用中の方でも、この場合は「転用」という乗り換え手続きをとれば、多くのケースでビッグローブ光へ乗り換えができるようになっています。

事務手数料が3,000円、NTTフレッツ光ネクスト以上の回線タイプを利用中の方が転用であれば工事費は基本かからないので、長期的に利用するなら、割引の多いビッグローブ光に乗り換えてしまった方がお得になる可能性があります。

状況にもよりますが、そもそもフレッツ光+プロバイダーの月額料金と比較して、ビッグローブ光の方が基本料金が安いケースも存在します。

まずはビッグローブ光の月額料金ですが、一戸建て向けのファミリータイプが4,980円/月、集合住宅向けのマンションタイプが3,980円/月。


出典:BIGLOBE

フレッツ光の場合だと、NTT東日本でプロバイダー料金も合わせて戸建タイプで5,200円/月(2年割の割引を含めた場合)となるので、そもそも基本料金の部分だけでもビッグローブ光に乗り換えてしまった方が安くなる場合があるというわけです。


出典:NTT東日本 フレッツ光

つまり、光回線をすでに自宅で契約しているならビッグローブ光に乗り換えを検討しておくべきですし、もしこれから格安SIMを使いたい、ということであれば、BIGLOBEモバイルとセットでさらに安い、というのがおすすめポイントです。

光回線と「BIGLOBEモバイル タイプD」をセット利用で割引

光☆SIMセット割ではBIGLOBEモバイル側のプランにも条件があるので確認しておきましょう。

対応SIMカードタイプ
タイプD(NTTドコモ回線)
対象プラン
6ギガプラン
12ギガプラン
20ギガプラン
30ギガプラン
スマホまる得Mプラン
スマホまる得Lプラン
スマホまる得2Lプラン
スマホまる得3Lプラン

実はビッグローブ株式会社はKDDIの子会社となり現在はBIGLOBEモバイルからau回線のプラン(タイプA)も申し込みできるようになっているのですが、光SIMセット割の割引対象となるのは「タイプD」、つまりdocomo回線を利用したプランのみとなっています(2018年2月時点)。タイプAプランで利用しても、割引とならないので注意しましょう。

6ギガプラン~30ギガプランでは、実は「データSIM」「SMS機能付きデータSIM」でも割引対象となるので、例えば「iPadで格安SIMを使いたい」などといった場合にも、データ専用のプランを契約して、固定回線とのセットで割引を受けることは可能です。

「光☆SIMセット割」でますますお得!BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

光☆SIMセット割やビッグローブ光の割引についてみてきましたが、次は「BIGLOBEモバイル」の特長についても確認してみましょう。現在docomo、au、SoftBankを利用している方は、乗り換えると月額料金が安くなるかもしれないので要チェックです。

月額料金が安い

BIGLOBEモバイルでは「タイプD(docomo回線のプラン)」と「タイプA(au回線のプラン)」がありますが、今回はセット割の対象となるタイプDの月額料金をみてみましょう。

タMパックはネット5GBの通信料金だけで5,400円の基本料金なので、大手キャリアの似たようなデータ容量プランからの乗り換えであれば、月額料金は安くなる可能性が高いです。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

  • SIMの種類:3種類
  • データ容量:6種類
  • 回線の種類:2種類

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIM・データSIM(SMS付き)・データSIM(SMSなし)の3種類のプランがあります。

SMS付きだと、電話番号宛にくるショートメッセージの送受信が可能です。SMSはGmailやアプリの認証でよく使うので、あった方が便利です。

3つのSIMタイプから選んだら、あとはデータ容量と回線の種類を選びます。データ容量は1GB〜30GBまでの6種類、回線はau回線・ドコモ回線の2種類です。

音声通話SIM月額料金(タイプA・タイプD)
1GB1400円
3GB1600円
6GB2150円
12GB3400円
20GB5200円
30GB7450円

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMは、月額1400円〜7450円までの6種類です。低容量プランが主流な中、20GBや30GBといった大容量プランがあるのは珍しいですね。

ネットもSNSも十分使えてコスパの高い、6GBプランが最も人気なようです。

データSIMSMS付き(タイプA・タイプD)SMSなし(タイプD)
1GB
3GB1020円900円
6GB1570円1450円
12GB2820円2700円
20GB4620円4500円
30GB6870円6750円

データSIMは、SM付きとSMSなしの2種類があります。SMS付きはau回線・ドコモ回線どちらも選べますが、SMSなしはドコモ回線のみです。

また、データ容量は3GB〜30GBの5種類となっています。1GBは音声通話SIM限定で、データSIMでの契約はできないので注意してください。

オプションが充実

BIGLOBEモバイルはオプションが充実しているのも大きなポイントです。例えば通話面では「BIGLOBEでんわ」でアプリから電話をかけると通話料金が約半額になるサービスがありますし、月額600円で「BIGLOBEでんわ 通話パック60」もしくは「3分かけ放題」、月額830円で「BIGLOBEでんわ 通話パック90」もしくは「10分かけ放題」のオプションも利用可能です。


出典:ビッグローブ

格安SIMとしては珍しい3GB以上のプランで利用できる「エンタメフリー・オプション」にも注目。音声SIMなら月額480円、データSIM、SMS機能付きデータSIMなら月額980円の追加料金で「YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radico.jp、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kids」利用時に、既定のモバイルデータ通信容量を減らすことなく利用可能です。

音楽ストリーミングサービスはもちろん、YouTubeなど動画サービスも幅広くカバーしており、今まで上記サービスが理由で速度制限がかかっていたユーザーの方には心強いオプションです。


出典:ビッグローブ エンタメフリー・オプション

ほかにも、6ギガ以上のプランは「BIGLOBE WiFi」が追加料金なしで使えますし、保証サービスも用意しており、安心して使える格安スマホサービスの1つです。中には自宅へ訪問して設定サポートをしてくれるオプション「BIGLOBEモバイル ご自宅訪問設定」もあるので、まずは公式サイトを確認してみましょう。

光☆SIMでんきトリプル割


出典:ビッグローブ 光☆SIMでんきトリプル割

最後に「光☆SIMでんきトリプル割」も確認しておきましょう。すでに紹介した光☆SIMセット割は光回線とSIMカードのセット割引でしたが、トリプル割は「光回線 + SIM + でんき」をセットで利用することで、400円/月の割引を受けることができます。


出典:ビッグローブ 光☆SIMでんきトリプル割

SIMセット割とトリプル割の併用値引きはできませんが、トリプル割の方が割引金額は大きいです。また自宅のでんきサービスを乗り換えることで電気料金自体がお得になる可能性もあるので、もしセット割を検討している方は、電気サービスもBIGLOBEのものに乗り換えが可能かどうか検討してみましょう。

BIGLOBEモバイルを「光☆SIMセット割」でさらにお得に使おう!

光☆SIMセット割とは
光回線とBIGLOBEモバイル(タイプD/6ギガプラン以上)をセットで使うと、月額料金が割引に
お得ポイント
BIGLOBEモバイルもビッグローブ光も月額料金が安い。セットで利用して一石二鳥!

単純にBIGLOBEモバイルの格安SIM、そしてビッグローブ光の基本料金が安いことに加えて、今回紹介した BIGLOBE「光☆SIMセット割」を適用できればさらにお得です。

格安SIMとしては豊富なオプションが提供されているので安心して使えますし、「スマホや家のネットの月額料金をなるべく抑えたい」ということであれば、セットで割引のあるビッグローブをまずはチェックしておくと良いでしょう。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい