1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 電池交換の出来るSIMフリースマホはある?
 

電池交換の出来るSIMフリースマホはある?

phone-1503703_1280
SIMフリースマホ

最近はバッテリー一体型のスマホが増えてきてますが、SIMフリースマホでも電池交換可能なモデルは存在します。今回は格安スマホでも電池パックが交換できる機種をまとめて紹介。

最近はバッテリー一体型のスマホが増えてきてますが、SIMフリースマホでも電池交換可能なモデルは存在します。今回は格安スマホでも電池パックが交換できる機種をまとめて紹介。

SIMフリースマホで電池交換可能な機種は?

最近のスマートフォンはSIMフリースマホに限らずバッテリーが一体型になっている機種が多いです。これは電池の容量自体が大きくなっていることや、2年程度の使用で買換える時期に来ることが関係しているとみられます。

少し古い情報ではありますが、富士通の公式サイトにあるバッテリー劣化の表を見ると「700回繰り返すと60%」程度まで性能が落ち込むとしています。なので毎日充電する方なら、1年半〜2年程度で劣化の症状は徐々に現れるはずです。

出典:富士通

またスマートフォン自体の性能も2年もすれば大幅に向上しています。

例えば2014年に発売されたSIMフリースマホを見てみると「ZenFone 5」が当時の価格で3万円程度でSnapdragon 400のクアッドコアCPUにRAM2GB、メインカメラが800万画素で「コスパが良い」とされていました。ただし2016年最新の機種を見てみると、「HUAWEI P9 lite」はオクタコアCPU(2.0GHz)フルHDディスプレイのおまけ付きで同じような価格設定です。

つまりは2年もすれば性能的にも買い替える人が多くなるということ。また大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクなどの分割プランもそうですし、日本だけでなく海外でも2年の割賦契約などがあって、期間ごとに買い替えを促すことも理由の1つでしょう。多くの人はバッテリーが劣化してきた時点で買い換えることが多いのです。

スマートフォンに関しては現在モバイルバッテリーが普及していることもあり、バッテリー交換が必要なくなってきているという背景も関係しているのかもしれませんね。

…そんな中でもバッテリーの取り外し&電池交換が可能なSIMフリースマホが幾つかあるので紹介していきます。

FREETEL SAMURAI MIYABI(雅)

FREETELのSAMURAIシリーズ初代「MIYABI(雅)」はバッテリーの取り外しが可能な機種で、公式サイトで純正の電話パックを販売しています。価格は価格は2,679円で、料金としてはそんなに高くないので予備として持っておくと安心ですね。 …ただし大容量のモバイルバッテリーがAmazonでこれより安く購入できるものもあるので「電池パックがおかしい」と判断できる場合には交換用に使うといったところでしょう。

FREETEL Priori 3 LTE

同じくFREETELブランドの「Priori 3 LTE」も純正バッテリーを販売しており、2,139円と価格も安いです。SIMフリースマホ本体の価格も現在は1万2,800円程度で購入できるので、なるべく安くスマートフォンを手に入れたい人にはオススメ。

このあたりの機種は元々バッテリー容量が少ないので交換用電池パックを用意しているという背景もあるのでしょう。実際に後継機種の3S LTEに関しては4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、一体型になっています、

公式サイト:FREETEL

ASUS ZenFone 2 Laser ZE500KL

SIMフリースマホでは人気のZenFoneシリーズは意外にも電池交換できる機種が多いです 。その一つが5インチモデルの「ZenFone 2 Laser ZE500KL」。元のバッテリー容量は2400mAhなので電池が持たない訳ではないのですが、何かあった時に交換できる手段があるのはメリットです。

純正の電池パックは確認できませんでしたが、Amazonなどで同じ2400mAhの互換品が販売されています。

ASUS ZenFone 2 Laser ZE601KL

6インチの「ZenFone 2 Laser ZE601KL」も電池パックの取り外しOK。こちらは純正のバッテリーパックとチャージャーがセットになったものが販売されています。

またこちらの純正セットはZenFone Selfieでも利用可能です。

ZenFone Selfie ZD551KL

既に紹介した純正バッテリー&チャージャーセットは、自撮り特化のインカメラ強化スマホ「ZenFone Selfie」でも利用可能です。現在は本体価格が下がっているので、スペックも高く狙い目かもしれませんね。

ZenFone Go ZB551KL

価格重視のSIMフリースマホ「ZenFone Go」も、電池交換が可能。純正品は見つけることができませんでしたが、互換バッテリーがAmazonなどで販売されています。

Acer Liquid Z330

Acerの格安スマホ「Liquid Z330」。エントリーレベルのスペックを搭載した機種ですが、楽天でAcer純正の電池が別途販売されています。

楽天モバイルなら格安SIMと一緒に安く購入できるのでチェックしておきましょう。

公式サイト:楽天モバイル

Covia FLEAZ POP

CoviaのSIMフリースマートフォン「FLEAZ POP」2016年7月後半時点では、1万6,410円で本体が購入できる価格重視のモデルです。

バッテリーは純正品を取り扱っており、価格は1,580円程度。エントリーレベルのスマホの電池としては妥当な価格と言えるでしょう。

SIMフリースマホを購入するなら楽天モバイルがオススメ

上記で紹介したZenFoneシリーズは、楽天モバイルが多く取り扱っています。格安SIMとのセット購入での割引キャンペーンも多数あるので、SIMカードも一緒に購入するならこちらをチェックしておきましょう。

公式サイト:楽天モバイル

電池交換OKのSIMフリースマホまとめ

最近は一体型バッテリーを搭載したスマートフォンがほとんどですが、中には交換できる機種も存在します。いざという時に備えるためにも、こういった特徴を持ったモデルを中心にスマホを選んでみるのも面白いかもしれませんね。

運用にオススメのSIMカードは「SIMチェンジプラン診断」↓から比較できます。ぜひ試してみましょう。