1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリースマホの購入方法は?どこで購入することがおすすめなの?
 

SIMフリースマホの購入方法は?どこで購入することがおすすめなの?

Happy shopping man with paper and showing a word sale
SIMフリースマホ

SIMフリースマホを使いたいと思ってもどこで購入できるのかが分からないという場合や、どこで購入したほうが良いのか分からないという場合があるかと思います。ここではSIMフリースマホの購入の仕方や、おすすめの購入方法をご紹介していくので参考にしてください!

SIMフリースマホを購入する方法は複数あり、どこで購入できるか良く分からないという方もいらっしゃるのではないかと思います。なのでここではSIMフリースマホのおすすめの購入方法やどこで購入が出来るのかなどをご紹介していくので、SIMフリースマホの購入を検討している方は一度ご覧ください!

SIMフリースマホとキャリアスマホの違い

大手通信会社で契約しスマホと回線を借りている場合に使っているスマホはキャリアスマホと言われるものです。このスマホは基本的には契約しないかぎりは購入ができず、大手通信会社を通して購入する必要があります。

このキャリアスマホは、各会社でSIMにロックがかけられているので、基本的には他のキャリアのSIMカードを挿入しても使えないようになっています。

SIMフリースマホはスマホ単体で購入が可能になっていて、キャリアの制限を受けることなく、好きな回線を利用できることが特徴になります。回線で縛られることがないので、簡単に機種や回線を変更でき、毎月の維持費も安くなることも特徴の一つです。

SIMフリースマホのメリット

  • SIMフリースマホの方が安く購入出来ることが多く、通信契約をしなくても購入が可能になっている。
  • 格安SIMと合わせて運用することで、より安く自分に合ったプランを選べる。
  • 大手通信会社と比較して、毎月の料金が安くなる。

SIMフリースマホのデメリット

  • 格安SIMを利用する場合は、選ぶ会社によって通信速度が異なってしまい、大手通信会社ほど安定しないことがある。
  • 大手通信会社が提供しているサービスを受けられない。

キャリアスマホのメリット

  • キャリアの安定した品質の回線を受けられる。
  • 予め受け取る時にセッティングをしてくれているので使いやすい。

キャリアスマホのデメリット

  • 1年または2年単位で契約しないとスマホの料金が高くなってしまう。
  • 月額プランの種類が少なく、高額のプランを選ばないといけないことがある。
  • 毎月の料金が高くなってしまう可能性がある。

SIMフリースマホの購入先

ここからはSIMフリースマホの購入先をご紹介していきます。購入先は複数あるので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

SIMフリースマホの購入先:ネットショップ

ひとつ目のSIMフリースマホの購入先として挙げられるものがネットショップになります。AmazonなどでもSIMフリースマホは売られているので、ある程度欲しい端末が決まっていて、使いたい通信業者で欲しい端末のセット販売がない場合などに良いのではないでしょうか。

SIMフリースマホの購入先:家電量販店

ふたつ目のSIMフリースマホの購入先として挙げられるものが家電量販店です。家電量販店のポイントなどが付くため、普段から家電量販店を良く利用しているという方におすすめになります。

SIMフリースマホの購入先:独自店舗

三つ目のSIMフリースマホの購入先として挙げられるものは独自店舗になります。独自店舗はMVNO業者が独自に営業している店舗になります。全てのMVNO会社にあるわけではありませんが、気になっているMVNO会社が独自店舗を開いている場合は、行ってみても良いのではないでしょうか。

独自店舗があるMVNO会社

SIMフリースマホの購入先:MVNOから格安SIMとセットで購入

四つ目のSIMフリースマホの購入先で、一番おすすめな方法がMVNOから格安SIMとセットで購入することです。

格安SIMを販売しているMVNO業者からSIMとSIMフリースマホをセットで購入すれば、使える端末かどうかなどを調べる必要もないので、初めてSIMフリースマホを利用するという場合にも良いでしょう。

SIMフリースマホをセット販売で購入する場合は、端末料金はクレジットカード支払いとなることがほとんどなので、その点は注意しないといけません。

セット販売されることが多いおすすめのSIMフリースマホ:arrows M02

出典:arrows M02/RM02

arrows M02は日本人向けの機能が多数搭載されていて、使い勝手に優れているため取り扱っているSIMフリースマホになります。

セット販売されることが多いおすすめのSIMフリースマホ:arrows M02のスペック

バッテリー容量
2330mAh
ディスプレイ
約5.0インチHD有機EL(720×1280)
OS
Android™ 5.1
カメラ アウト(背面)
約810万画素 CMOS
カメラ イン(前面)
約240万画素 CMOS
CPU
MSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ 内蔵
ROM:16GB/RAM:2GB
メモリ 外部
microSD/microSDHC
通信
LTE 2.1GHz、1.7GHz、900MHz、800MHz
3G
2.1GHz、900MHz、800MHz
GSM
1.9GHz、1.8GHz、900MHz、850MHz
SIMサイズ
nanoSIM
Wi-Fi/テザリング
対応しています(IEEE802.11b/g/n)/対応しています
その他
GPS/NFC/FeliCa/Bluetooth 4.1

セット販売されることが多いおすすめのSIMフリースマホ:arrows M02を取り扱っているMVNO会社

セット販売されることが多いおすすめのSIMフリースマホ:ZenFone 2

p5_example 出典:ASUS

ZenFone 2はSIMフリースマホの中でも値段も安くスペックも優れているので人気になっている端末です。

セット販売されることが多いおすすめのSIMフリースマホ:ZenFone 2のスペック

プラットフォーム
Android™ 5.0
プロセッサー/動作周波数
インテル® Atom™ プロセッサー Z3580/Z3560(クアッドコアCPU)
画面サイズ
5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶(LEDバックライト)
メインメモリ
4GB(Z3580)・2GB(Z3560)
記録装置
16GB、32GB、64GB
カメラインカメラ
500万画素Webカメラ内蔵
アウトカメラ
1,300万画素Webカメラ内蔵
バッテリー容量
3,000mAh
サイズ
幅152.5mm×奥行き77.2mm×厚み3.9mm~10.9mm

セット販売されることが多いおすすめのSIMフリースマホ:ZenFone 2を取り扱っているMVNO会社

SIMフリースマホの購入方法まとめ

SIMフリースマホの購入方法は以上になります。購入方法は複数あり、自分に一番合ったものを選んだほうが良いでしょう。

一番おすすめの方法はセット販売からの購入で、それは機種が使いたいSIMに対応しているのか調べなくても良いことや、一緒に届くのですぐに利用が出来るからです。

その際はどこのMVNOで運用するのか、欲しい端末または欲しいスペックは何なのかを決めておかないといけません。どこで運用すれば良いか判断が難しいという場合は、おすすめ格安SIM診断を利用すると、自分に合ったプランが分かるのでおすすめです。