1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. HUAWEI P9 lite PREMIUMがUQ mobile(UQモバイル)から発売へ
 

HUAWEI P9 lite PREMIUMがUQ mobile(UQモバイル)から発売へ

huawei p9 lite premium uq mobile
格安スマホ

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」がUQ mobile(UQモバイル)で取扱決定。au VoLTEやWiMAX 2+のキャリアアグリケーション(CA)に対応したSIMフリースマホで、プロセッサがSnapdragon 617へ変更。メモリも3GB RAMに増量するなど注目ポイントが満載です。

格安スマホ「UQ mobile(UQモバイル)」を提供するUQコミュニケーションズですが、2016年秋冬ラインナップとして「HUAWEI P9 lite PREMIUM」が発表されました。通常モデルであるP9 liteからプロセッサの変更やスペックの底上げ、au VoLTEヘの対応やWiMAX 2+のキャリアアグリケーションで下り最大220Mbpsの高速通信にも対応しています。

発売日は2016年11月下旬以降を予定。詳しいスペックなど内容を確認しておきましょう。

HUAWEI P9 lite PREMIUMがUQ mobile(UQモバイル)で取扱へ

au回線の格安SIMを取り扱うブランド「UQ mobile(UQモバイル)」が2016年秋冬モデルとして発表したSIMフリースマホがファーウェイ社の「HUAWEI P9 lite PREMIUM」。

huwei p9 lite premium uq mobile gold 出典:UQ mobile(UQモバイル)

通常の「HUAWEI P9 lite」というモデルはすでにドコモ回線の格安SIMなどとセットで販売されていましたが、今回UQが取り扱う「P9 lite PREMIUM」はau回線でも使えるよう、au VoLTEに対応した特別モデルになっています。

HUAWEI P9 lite PREMIUMのスペック

HUAWEI P9 lite PREMIUMのスペックは以下のとおり。左がPREMIUM、右が通常モデルのP9 liteです。性能を比較してみましょう。

機種名
HUAWEI P9 lite PREMIUM
HUAWEI P9 lite
OSAndroid 6.0/Emotion UI 4.1
ディスプレイ5.2インチ FHD IPS(in-cell)
内部ストレージ16GB
プロセッサーSnapdragon 617 (MSM8952) オクタコア(4 x 1.5GHz+4 x 1.2GHz)Kirin 650 オクタコア
(4×2.0GHz+4x1.7GHz)
内蔵メモリ3GB2GB
外部ストレージmicroSDスロット(最大128GB)
バッテリー3,000mAh
通信速度受信時最大220Mbps
送信時最大25Mbps
受信時最大150Mbps
送信時最大50Mbps
通信方式4G LTE / WiMAX 2+ キャリアアグリゲーション対応
国際ローミング可能(GSM,UMTS対応。但し音声とSMSのみ対応)
Bluetooth通信:v 4.1
Wi-Fi:802.11b/g/n(2.4GHz)
テザリング機能 / 最大接続台数:8台
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi: 802.11b/g/n (2.4GHz )
Bluetooth®通信:Bluetooth v4.1
テザリング機能 / 最大接続台数:8台
カメラメインカメラ:1300万画素(開口部F2.0/AF/BSI)
インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)
カラーゴールド、ホワイト、ブラック
本体サイズサイズ
高さ約146.8 mm
幅約72.6 mm
厚さ約7.5 mm
重さ約147 g
その他GPS/AGPS/Glonass/指紋など
nano SIM x 1
au VoLTE対応
GPS/AGPS/Glonass
指紋、加速度、コンパス、環境光、近接
Nano-SIM × 2

(通常モデルのP9 liteと大きく異なる点はラインを引いて目立たせています。記事後半で詳細を比較 ※実際に発売される仕様は異なる可能性があります)

HUAWEI P9 lite PREMIUMの発売日と価格

HUAWEI P9 lite PREMIUMの発売日は2016年11月下旬以降となっており、年内には発売される見込みで、発表時点の価格は不明。今まではau回線の格安SIMに対応しているSIMフリースマホ(au VoLTE対応スマホ)が少なかったのですが、2016年はASUSのZenFone GoZenFone 3が使えるようになるなど、メーカーの方でも対応は着々と進んでいるようです。

今回のP9 lite PREMIUMもau回線に対応させた特別モデルということで注目ですね。

公式サイト:UQ mobile(UQモバイル)

HUAWEI P9 lite PREMIUMの注目ポイント

ネットワーク対応面でも違いがありますが、そもそもの基本性能の部分で違いが出てくるようなプロセッサーや内臓メモリの部分も異なります。特に性能面で違う部分をP9 lite PREMIUMとP9 liteで比較してみましょう。

プロセッサがSnapdragon 617

HUAWEI P9 lite PREMIUMに搭載されているSoCは、Qualcommの「Snapdragon 617(MSM8952)」です。基本スペックを通常モデルで搭載している「Kirin 650」と比較してみます。

モデル名
Snapdragon 617(MSM8952)
Kirin 650
シリーズSnapdragon 6xxシリーズKirin 6xxシリーズ
製造28 nm LP16 nm FinFET+
CPUCortex-A53Cortex-A53
クロックスピード最大1.5GHz最大2.0GHz
コア数8(オクタコア)8(オクタコア)
GPUAdreno 405 (550 MHz)Mali-T830 MP2 (600 MHz)
メモリLPDDR3LPDDR3
64bitサポート

お互いカスタムモデルになっていない限りは上記のようなSoCスペックになっているのですが、どちらのブランドも600シリーズでミドルレンジ~ミドルハイレンジのスマートフォンに搭載されるようなSoCです。「どちらの性能が上か」という部分には議論が分かれるところではありますが、少なくとも極端にグレードが上がった・下がったということはありません。

メモリが3GB RAM

日本で発売されている通常版のP9 liteは2GB RAMですが、PREMIUMはそれよりも1GB多い「3GB RAM」を搭載しています。一般的には内臓メモリが多い方がより多くの処理をこなせますから、こちらはP9 lite PREMIUMが有利と言えそうです。

au VoLTE/WiMAX 2+のCA対応

HUAWEI P9 lite PREMIUMにおける一番の特徴は「au回線の格安SIMに最適化」しているという部分です。

決定的な違い
au VoLTEに対応しており、au系の格安SIM(UQ mobile/UQモバイル)で通話が使える。
WiMAX 2+のCA(キャリアアグリケーション)に対応しており、最大下り220Mbpsの通信速度に対応している。

ですのでスペック(基本性能)が大きくプレミアム仕様になったというよりは「au回線に最適化されたという意味でのプレミアム」という部分が大きな違いです。本体のサイズ感・カラーも変わらないので、「UQ mobile(UQモバイル)用のHUAWEI 9 lite=PREMIUMが発売される」といったところでしょう。

HUAWEI P9 lite PREMIUMとUQ mobile(UQモバイル)まとめ

  • SoCがSnapdragon 617に変更
  • 内臓メモリが3GB RAMへ増量
  • au VoLTEに対応=au系SIMで通話OK
  • WiMAX 2+でのCA対応=周波数帯も調整?

全体的な変更点を見るとUQ mobile(UQモバイル)向けの発売する端末というのがひしひしと伝わってくる仕様になっています。また同サービスでは2016年冬モデルとして「AQUOS L(シャープ)」「IDOL 4(アルカテル)」「SHINE LITE(アルカテル)」など、セット購入できるSIMフリースマートフォン/格安スマホのラインナップが一気に増えます。詳しい内容は公式サイトで確認しておきましょう。

公式サイト:UQ mobile(UQモバイル)