1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. フリーテルの格安スマホ、Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使おう!
 

フリーテルの格安スマホ、Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使おう!

music
格安スマホ

使った分だけの料金で、月々299円からという破格で使えるSIMを提供しているFREETEL(フリーテル)。格安SIMだけでなく、格安スマホも販売しています。この記事では、そんなフリーテルの格安スマホの一つ、Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使う方法とオススメの理由について紹介します。

使った分だけの料金で、月々299円からという破格で使えるSIMを提供しているFREETEL(フリーテル)。格安SIMだけでなく、格安スマホも販売しています。この記事では、そんなフリーテルの格安スマホの一つ、Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使う方法とオススメの理由について紹介します。

フリーテルの格安SIMとPriori3 LTEについて

フリーテルの格安スマホ、Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして用いる方法を紹介する前に、フリーテルの格安SIMの料金プランと、Priori3 LTEという機種がどのような機種なのかについて紹介します。

フリテールSIMの料金プランについて

業界最安値と言われるフリーテルのSIM、その理由は使った分で月額の利用料金が決まる料金プランがあるからです。

データ専用SIMであれば、月に使うデータ量が100MBだった場合、月額299円という破格の値段。もちろん、スマートフォンとして使うのであれば、月に100MBしか使わないというケースは極めて稀ですが、後で説明するように音楽プレイヤーとして用いるのであれば、100MBでも十分に事足りるのです。

また、他者の格安SIMが3大キャリアと比べた時に通信速度が大きく劣ると言われるのに対し、フリーテルの格安SIMは速度が安定しており、その通信速度の点でも評判の高い格安SIMになっています。

フリーテルの格安スマホ、Priori3 LTEについて

出典:Gpad 今回、音楽プレイヤーとして使うことをオススメするのは、フリーテルの格安スマホの中でも人気の高いPriori3 LTEという機種です。

もともとフリーテルの評判を一気に上げたPriori2という機種がありましたが、これの後継機種として作られたのがPriori3 LTEです。魅力としては、何と言っても本体代金の安さ。LTEでの通信が行え、カメラなども800万画素の高性能なものがついて、なんと税別12800円で購入できるというから驚きです。

また、バックカバーが6色展開だったり、バッテリーが取り外しできたりと、使う人にとって嬉しい細かな特徴も盛りだくさんです。

公式サイト:FREETEL

Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使うメリット

続いて、FREETEL(フリーテル)の格安スマホ、Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使うメリットについて紹介したいと思います。

使い勝手のいい端末が格安で手にはいる

上で説明したように、Priori3 LTEの特徴として、本体の料金が安いということが挙げられます。したがって、iPod touchやSONYのウォークマンを買うよりも安く音楽プレイヤーが手にはいることになります。

いろんな音楽ストリーミングサービスが使える

いくら安くで端末が手にはいるとはいっても、毎月、最低でも299円のSIM利用料金を払う必要があるPriori3 LTE。しかし、SIMを搭載しているからこその、他の音楽プレイヤーにはないメリットが存在します。

それは、今話題の音楽ストリーミングサービスが使えるということ。これは、月額料金を支払えば、サービス上にある全ての音楽を聴き放題で楽しめるサービスです。有名なところだと、Apple MusicやGoogle Play ミュージックなどがありますね。

スマートフォンの充電を長持ちさせられる

現在、スマートフォンで音楽を聴いている人も多いかと思いますが、その場合、音楽を聴くことによってバッテリーの消費が激しくなってしまいます。

したがって、Priori3 LTEを音楽を再生する専用の機器として用いれば、メインで使っているスマートフォンの電池持ちを良くすることもできるのです。

公式サイト:FREETEL

Priori3 LTEを音楽プレイヤーにして使いたい音楽ストリーミングサービス

続いて、上記でも触れた音楽ストリーミングサービスについて、どのようなサービスがあるかと、それらの特徴について、簡単に説明してみます。

Apple Music

出典:gori.me iPhoneの普及率が高い日本で、一番知名度や人気が高いと思われる音楽ストリーミングサービスがApple Music。Priori3 LTEは、OSがAndroidですが、Apple MusicはAndroidアプリの用意されているので、問題なく利用できます。

月額利用料金は個人で980円。最大6人のメンバーで利用可能なファミリープランも用意されており、そちらは月額1480円で利用できます。

Google Play ミュージック

出典:Androidcentral Priori3 LTEはAndroid端末ということで、非常に親和性の高いサービスがGoogle Play ミュージックです。

月額利用料金は980円。現在、3500万曲以上が登録されているようです。また、このサービス独自の特徴としては、自分がすでに持っている曲を最大で5万曲、クラウド上で保存することができ、それをGoogle Play ミュージックのアプリを通じて聴くことができるというものがあります。

AWA

出典:AWA 日本生まれの音楽ストリーミングサービスとして、サイバーエージェントとエイベックスが共同出資で提供しているサービスがAWAです。

月額料金960円のStandardプランと月額料金360円のLiteプランの2つが用意されており、日本のサービスとだけあって国内アーティストの楽曲が充実している印象です。

公式サイト:FREETEL

Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使うときの注意点

最後に、フリーテルの格安スマホ、Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使うときの注意点について紹介します。

データ通信は節約モードで

Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして用いる場合、できるだけ安く使おうと思った場合は、LTEの利用料金を最安値の299円にとどめておく必要があります。その場合、データ量は100MBにとどめなければいけませんが、普通にストリーミングサービスを使って音楽を聴き続けていたら、すぐにその容量を超えてしまいます。

データ容量を100MBに抑えておく方法、それは通信モードを節約モードにすること。節約モードは最大でも200kbps程度の速度しか出ない低速通信ですが、この節約モードでの利用なら、データ容量100MBの枠には関係なく、必ず毎月299円の支払いで済みます。

低速通信ということですが、節約モードでも音楽をストリーミングして聴くのには、まったく問題ありません。

音楽を入れるにはSDカードが必須

格安で手に入れられるPriori3 LTEですが、やはりそこは値段を下げているだけあって、機能は最低限におさえられています。メモリの容量はRAMが1GBなので、音楽ファイルを本体に入れて音楽プレイヤーとして使う場合、外付けのSDカードが必要になります。

外部メディアは、microSDです。現在、曲を2000曲ほど入れられる32GBのmicroSDでも2000円を下回る値段で購入できます。

公式サイト:FREETEL

フリーテルの格安スマホ、Priori3 LTEを音楽プレイヤーとして使う、まとめ

以上、フリーテルの格安スマホ、Priori3 LTEを、フリーテルの格安SIMと組み合わせて、音楽プレイヤーとして使う方法を紹介しました。

端末を格安で購入できるだけでなく、SIMと組み合わせばストリーミングサービスで、たくさんの音楽を聴くことができるようになる、オススメな使い方です。音楽が好きな人は、ぜひこの方法を検討してみてください。

公式サイト:FREETEL