1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. デュアルSIMスマホを活用し、通信費を劇的に節約する全方法
 

デュアルSIMスマホを活用し、通信費を劇的に節約する全方法

デュアルSIM
SIMフリースマホ

2つのSIMカードスロットを持つ「デュアルSIM」スマホ。メリット・デメリットをきちんと理解して活用すれば、通信費を劇的に節約できるんです。デュアルSIMとは何か、デュアルSIMのメリット・デメリット、デュアルSIM端末の最大限活用と、おすすめのデュアルSIMスマホを紹介します。

最近は、格安SIMの登場で「ガラケーとスマホ」あるいは「スマホを2台」のように携帯電話を複数台持つ人が増えてきました。複数台持ちは電池の持ちが良くなるなどメリットも多いですが、人によっては荷物が増えることによる煩わしさを感じることがあるのも事実です。それでも回線を分けたい、という場合には、もう1つの選択肢があります。

それはデュアルSIMを使う、ということです。この記事では、デュアルSIMとは何か、デュアルSIMのメリット・デメリット、デュアルSIMスマホのデメリットを克服して最大限活用する方法と、おすすめのデュアルSIMスマホを紹介します。

デュアルSIMとは

「デュアルSIM」という言葉はあまり耳馴染みがないかと思いますので、ここではまずデュアルSIMの概要について紹介します。

デュアルSIMとは

「デュアルSIM」というのは、2つのSIMカードスロットを持つ端末のことです。「デュアルSIM端末」という言い方をすることもあります。日本国内でキャリアを通じて販売される端末は原則として「1端末1SIMスロット」、つまり1枚のSIMカードしか挿せません。しかしSIMフリー端末や海外製の端末にはこのデュアルSIMが数多くあります。

元々、デュアルSIMは異なる通信規格に対応するためのもの

携帯電話の通信インフラが未整備、もしくは発展途上にある海外の多くは「まずは2Gを末端まで普及させ、その後徐々に3Gに切り替える」という方法を採りました。そのため中国やインドといった経済発展を遂げた国でも「既に3Gを使えるようになった地域」と「まだ2Gしか使えない地域」という」のが混在しています。もともと、デュアルSIMは通信規格が異なる地域でも1台の端末で済ませられるように作られたものです。

デュアルSIMは日本での必要性があまり無かった

もちろん日本でも2Gから3Gへ、という通信規格の変遷はありました。ドコモを例にとると「mova」から「FOMA」への切り替わりです。日本ではドコモやau、ソフトバンクといったキャリアがインフラの整備、端末の販売、回線の契約の全てを担っているため、規格が変わる場合は三大都市圏を起点として猛烈な速度で全国にインフラを整備すると共に、利用者には新規格に対応した端末への切り替えを促し、数年間両規格を並行させた後に旧規格のサービスの提供を終了する、ということがスムーズに行われてきました。そのためデュアルSIMの必要性がありませんでした

また、MVNOの格安SIMが登場するまでは「回線契約(SIM)と端末購入はセットで」というのが原則でした。SIMが2枚あるということは端末も2台ある、ということなので、「1つの端末にSIMを2枚挿す」という発想自体がなかった、とも言えます。海外では回線契約と端末購入が別々になっていることがほとんどなので、「端末が1つで済むならそれに越したことはない」ということでデュアルSIMが発展したわけです。

MVNO・格安SIMの登場でデュアルSIMに注目が集まる

しかし最近は日本でもMVNOの登場で「SIMのみ契約」という形が可能になったため、「1つの端末で2つのSIMを運用する」というニーズも出てきました。そのようなニーズに対応するのがまさにデュアルSIMなわけです。

ここ1年ほどで日本国内で正式に使うことが出来る「技適マーク」の適用を受けたデュアルSIMが続々とリリースされているのも、こういったニーズに応えるためのもの、と言えるでしょう。

デュアルSIMの種類

そんな人気のデュアルSIMにもいくつか種類があり、デュアルSIMスマホを選ぶ際には確認が必要な点があります。

1点目は、2つあるSIMスロットの両方がLTEに対応しているかどうか、ということです。現在の日本のメインの通信規格はLTEとなっていますが、デュアルSIMによっては、1スロット目はLTEと3G対応だが、2スロット目は3Gのみ対応、という機種もあるので、注意が必要です。

2点目は、シングルスタンバイか、デュアルスタンバイか、デュアルアクティブか、ということです。シングルスタンバイでは、2枚あるSIMの使いたい方を指定して切り替える必要があります。現在日本で売られているスマホのほとんどはシングルスタンバイ機であり、デュアルSIMといえど、SIMの切り替えが必要となっており、これがデュアルSIMのデメリットに大きく関わってきます。デュアルスタンバイは、2枚のSIMの両方の待ち受けが可能(通信は不可能)で、デュアルアクティブは2枚のSIMの両方の待ち受け・通信が可能です。

シングルスタンバイ
2枚あるSIMの使いたい(待ち受け・通信したい)方を指定して切り替える必要がある
デュアルスタンバイ
2枚のSIMの両方の待ち受けが可能(通信は不可能)
デュアルアクティブ
2枚のSIMの両方の待ち受け・通信が可能

デュアルSIMのメリットとデメリット

格安SIMの登場で脚光を浴びるデュアルSIMですが、そのメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

デュアルSIMのメリット

デュアルSIMのメリットは、その名の通り1つの端末で2つのSIMを運用できるところから生まれます。そのため、使用する2枚のSIMを何にするかによって、そのメリットは大きく変わってきます

代表的な2枚のSIMの組み合わせとそのメリットは、以下の2つでしょうか。もちろんこれ以外にも様々な組み合わせが考えられます。

大容量のデータ通信の格安SIM+大容量のデータ通信の格安SIM
大容量のデータ通信を1枚の大容量格安SIMで契約するより格安に使うことが出来るため、テザリングなどデータ通信を多く使う人におすすめ。
例えば、DMM mobile(DMMモバイル)の20GBプラン(月額6,577円)を1枚契約するより、10GBプラン(月額2,365円)を2枚契約したほうが月1,847円お得(価格は税込)。
キャリアのSIM+データ通信の格安SIM
カケホーダイやキャリアメールをキャリアのSIMで使いながら、格安のデータ通信を使うことが出来るため、電話やキャリアメールを多く使う人におすすめ。
例えば、ドコモで統一してカケホーダイに月5GBとSPモードの契約をすると月額8,640円となりますが、カケホーダイ単体をつけた音声通話用のSIMとDMM mobileの5GBプランをデータSIMで契約すると月額4,223円となり、月4,417円お得(価格は税込)。

公式サイト:DMM mobile

デュアルSIMのデメリット

組み合わせによって様々なメリットがあるデュアルSIMですが、その最大のデメリットは「2つのSIMを同時に使うことは出来ない」ということです。これは先ほど説明した、「日本で売られているスマホのほとんどがシングルスタンバイ」であることに起因しています。そのため、常にどちらか片方を選んで使う必要があります。そして端末によってはその切り替えが面倒であることも場合によってはデメリットになるでしょう。

例えばドコモの音声通話が出来るSIMと、MVNOの音声通話が出来るSIMの2枚をデュアルSIM端末に入れているとします。この場合、両方の電話番号で待ち受けをすることは出来ません。ドコモを選んだ時はMVNOは圏外になりますし、MVNOを選んだ時はドコモが圏外になります。

あるいはドコモの音声通話が出来るSIMと、MVNOのデータ通信専用SIMを使っている場合、MVNOの回線でインターネットを閲覧している状態でドコモの電話番号の待ち受けをすることは出来ません。MVNOのSIMが適用されている時にドコモの電話番号に着信があった場合、受けることが出来ないわけです。

これはデュアルSIM端末の唯一にして最大のデメリットと言っても過言ではありません。デュアルSIM端末を検討する際に、この「2つのSIMを同時に使うことが出来ない」というデメリットは絶対に忘れてはいけません。

デュアルSIMのデメリットを克服する方法

デュアルSIMには前項で説明したようなデメリットがありますが、実はこのデメリットはある方法で克服することができます。以下の方法を使って、唯一と言っていいこのデメリットを克服することができれば、デュアルSIMは通信費を節約するために大活躍します。

音声SIMへの着信をIP電話へ転送する!

デュアルSIM端末を使った場合の「データ専用SIMを使っている時に音声SIMの通話の待ち受けが出来ない」というデメリットは、ある手法を使えば解決します。

それは「転送電話サービスを使って音声SIMへの着信をデータSIMのIP電話へ転送する」という方法です。

繰り返しになりますが、デュアルSIM端末は常にどちらかのSIMを選んだ状態で使う必要があります。そのためネットを見ている時は音声SIM側に着信があっても電話はならず「圏外」という扱いになります。

そこで例えばドコモの場合、「転送でんわサービス」を申し込んでおきます。転送でんわサービスを使えば、着信があった際に圏外にいる場合は指定の電話番号へ転送してくれます。この転送には本来通話料金が掛かりますが、カケホーダイに入っているのでここでの通話料金は一切掛かりません。同様のことは他のキャリアでも当然可能です。

 NTTドコモ転送でんわ 出典:NTTドコモ

そして転送電話を受ける先として「050」の番号で始まるIP電話を用意しておきます。例えばNTTコミュニケーションズの「050plus」やケイ・オプティコムの「LALA Call」といったサービスに申し込むわけです。

 050plus 出典:050plus  LaLa Call 出典:LaLa Call

IP電話はネットを介して音声通話が可能になるサービスなので、各社から出ている専用アプリをインストールして契約を行い、050で始まる番号を取得すれば、データ専用SIMで運用している際は受信も着信も出来るようになります。

つまりドコモの番号に着信があった際の転送先にこの番号を指定しておけばよいわけです。

発信した側は、例えば050plusを使っている場合は「プップッ」という音が流れるので、転送されたことはわかるかもしれませんが特に大きな問題はないでしょう。受信する方の画面にはきちんと発信元の電話番号が表示されますので、誰から掛かったきたかもわかって安心です。

IP電話は回線の状況によっては多少音質が悪くなることがありますが、その場合は一旦切って音声SIMに切り替えた後、こちらから掛け直せば問題ありません。これで常時データ通信SIMをオンにした状態で同時に音声SIMへの着信も取ることが出来る、ということになります。

おすすめのデュアルSIMスマホ

デュアルSIMのメリットとデメリット、そしてそのデメリットを克服する方法を紹介したところで、おすすめのデュアルSIMスマホを紹介します。デュアルSIMスマホを使って、通信費を節約していきましょう。

おすすめのポイントは、機種のスペックはもちろんのこと、デュアルSIMで大切な「2つあるSIMスロットの両方がLTEに対応しているかどうか」という点も含めています。例えば、高スペックで有名なZenFone 2はデュアルSIMなのですが、1つのスロットが2G(GSM)専用のSIMスロットとなっており、残念ながら日本国内では使えないデュアルSIMになっています。

Huawei P8lite

出典:P8lite 製品紹介ページ
価格
28,600円(税別)楽天モバイル、DMM mobile、IIJmio(みおふぉん)にて
機能・性能
CPU: オクタコア1.2GHz
バッテリー容量: 2,200mAh
背面1,300万画素 前面500万画素
デザイン
メタルな質感のデザイン

Huaweiの提供するP8liteは、両スロットLTE対応のデュアルSIMスマホになっています。

スペックもさることながら、メタルな質感のデザインは他のデュアルSIMスマホでなかなか見ることが出来ず、スタイリッシュでおすすめです。

Huawei P8liteを提供している通信事業者!

FREETEL Priori3 LTE

出典:FREETEL
価格
12,800円(税別)FREETELにて
機能・性能
CPU: クアッドコア1.0GHz
バッテリー容量: 2,100mAh
背面800万画素 前面200万画素
デザイン
スモールボディにポップな6つのカラー

両スロットLTE対応のデュアルSIMスマホとしては格安の12,800円(税別)という価格で購入できる、格安スマホの中でもさらに低価格のモデルです。

低価格だからといって、スペックが全くダメというわけではなく、しかも4.5インチのコンパクトサイズのため、小さいサイズのデュアルSIMスマホが欲しいという方におすすめです。

公式サイト:FREETEL

デュアルSIMスマホを活用し、通信費を劇的に節約する全方法まとめ

2つのSIMを契約している場合に「2台持ちにするか」「デュアルSIM端末を使うか」は悩ましい問題です。

デュアルSIMは2つのSIMを1つの端末で使えるのは便利な反面、同時に使えないというデメリットもあります。ただし、今回ご紹介した方法であればデメリットは最大限に克服しつつ、「MVNOの格安SIMの安さ」と、MVNOの格安SIMにはない「キャリアの通話定額」というメリットを享受出来ます。通話を頻繁にする方にとっては特におすすめ出来るプランと言えそうです。

デュアルSIMスマホで通信費を節約したい!と思った方は、まずどの格安SIMを契約するか考えてみましょう。おすすめ格安SIM診断では、あなたにぴったりの格安SIMを無料で診断しますので、ぜひご活用下さい。