1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MVNEは、MVNOの格安SIMを比較する重要な要素だった!

MVNEは、MVNOの格安SIMを比較する重要な要素だった!

MVNO比較

あまり聞かない言葉ですが、「MVNE」って何か知っていますか?MVNOではないですよ!MVNEは「事業ノウハウを活かし、他社がMVNOへ新規参入する際の支援を行う会社」のことを指します。実は、これを知っておくだけで格安SIMの比較が容易になるんです!MVNOやMNOとの関係も含めて、具体的に解説していきます。

MVNEとは「Mobile Virtual Network Enabler(モバイル・バーチャル・ネットワーク・イネイブラー)」のことで、日本語でいうと「仮想移動体サービス提供者」のことですが、これを知っておくだけで格安SIMの比較が可能です。具体的にMVNOやMNOとの関係も含めて、解説していきましょう。

MVNE

MVNEとは

Mobile Virtual Network Enablerとは仮想移動体サービス提供者を指します。具体的にいうとMVNOの支援事業なのですがこれを知っておくと格安SIMの比較が容易になります。それはなぜなのでしょうか?

MVNO・MNOとの関係

MVNEを知るには、MVNOとMNOをしっておくことが不可欠です。まずはこの2つを確認していきます。

MVNO
(Mobile Virtual Network Operator 仮想移動体通信事業者)
ネットワーク回線網を持たず、MNOの回線を借りて自社ブランドでサービスを提供する事業者
MNO
(Mobile Network Operator 移動体通信業者)
ネットワークの自社回線網を持ち、かつ自社ブランドでサービスを提供する事業者(ドコモ・KDDI/au・ソフトバンク・ワイモバイルなど)

これをさらに分かりやすくすると、以下の表のようになります。つまりMNOは回線網を持っている会社で、それを借りて提供しているのがMVNOということが分かります。

MVNOとMNOの関係

ここにMVNEを足すと、このような表になります。MNOとMVNOの間に入ってノウハウを提供したり、どのように回線接続するかなどの交渉を行うことで、敷居の高かった新規参入障壁をグッと簡単にするわけです。格安SIMの参入会社増加にも、こちらが活躍していたわけですね。

MVNE MVNO MNOの関係

MVNEの役割

MVNEは具体的にどんな事業なのかを解説していきます。主な仕事はMVNOの支援事業です。

MVNO支援事業

格安SIMを提供する上での支援といっても多くありますが、具体的な業務内容の例を挙げてみると、こんな事業を行っています。

支援内容
MVNOの課金システム構築・運用
MVNOの代理人として行うMNOとの交渉
スマホやタブレットなど端末の調達業務
事業用電気通信設備を設置し、MVNOに卸電気通信役務を提供
MVNO事業全体のコンサルティング業務

内容を見ていくと「MVNOの参入障壁をなくす」支援内容になっていることが分かります。

通信業界にあまり馴染みのないDMM.comやパナソニックがMVNO業界に参入できるのも、間に入って支援を行うMVNEとして、例えばIIJやOCNがいるからこそなのです。

格安SIMの品質はMVNEで決まる?

MVNEは通信回線の品質を決める要素となっていることが予想できます。これは各々の回線内容の変更時期や評判を見れば、一目瞭然です。

MVNOとMVNEの関係

つまり、同じMVNEの支援事業を利用しているMVNOに関しては、通信規制やリモートホストが似ています。

またOCN モバイル ONEが音声対応SIMを提供したのち、OCNのMVNEを利用したTikiTiki(Tikimo)ぷららモバイルLTEでも、すぐに音声SIMの提供が始まりました。(Tikimo SIMになってからはMVNEがIIJとなっているようです)

通信設備も提供元によって品質が変わってくるので、格安SIMの品質・改善状況を確認するには、元締めのMVNEごとに比較すると分かり易いですね。

MVNE事業者の評判と比較

MVNOの支援元であるMVNEごとに、回線の評判を比較していきましょう。特にIIJ系とOCN系はユーザー口コミの評価が上々なので、要注目です。

OCN系(NTTコミュニケーションズ)

NTTコミュニケーションズがMVNEとなり支援しているOCN系のMVNOは、回線速度が安定して速いと評判です。

サービス名提供
OCN モバイル ONE NTTコミュニケーションズ
ぷららモバイルLTEぷらら
NifMonifty
ASAHIネット LTEASAHIネット
@モバイルくん。LTESORAシム

特に有名なのが「OCN モバイル ONE」「ぷららモバイルLTE」「NifMo」なので、内容を少し確認しておきます。

OCN モバイル ONE

NTTコミュニケーションズが提供するMVNO。データ専用が月額972円~。音声機能付きが1,728円~から利用できる格安SIM。利用者が多い人気のサービス。
公式サイト:OCN モバイル ONE SIM

公式サイト:OCN モバイル ONE 端末セット

ぷららモバイルLTE

ぷららが提供する格安SIM。最大受信速度3Mbpsの使い放題・無制限プランが月額2,980円~で人気。
公式サイト:ぷららモバイルLTE 音声SIM・データSIM

NifMo

ニフティの提供するSIMカード。データ専用SIMの月額料金が972円からと比較的安く、端末のセット購入も可能で人気を集める。通信速度の評判も良い。
公式サイト:NifMo(ニフモ) SIM
公式サイト:NifMo(ニフモ) スマホセット

IIJ系(インターネットイニシアティブ)

IIJ/インターネットイニシアティブが提供するMVNE事業は、回線品質が高いとの評判です。バースト(初速ブースト)機能や速度切り替えスイッチが特徴で、多くのMVNOが利用しています。

サービス名提供
IIJmio (みおふぉん)
インターネットイニシアティブ
DMM mobileDMM.com
エキサイトモバイルエキサイト
hi-ho LTE typeDハイホー
wonderlink LTE(I)パナソニック
Tikimo SIMエヌディエス

中でも人気を集めているのが「IIJmio(みおふぉん)
」「DMM mobile(DMMモバイル)」「エキサイトモバイル」です。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioの提供する個人向けSIMカード。データ通信専用SIMの場合、月額料金も3GBで972円と安い。速度も安定していて付帯サービスも充実しており、バランスが取れている。迷ったらとりあえずコチラ。
公式サイト:IIJmio 音声通話機能付きSIM
公式サイト:IIJmio SMS機能付きSIM
公式サイト:IIJmio データ通信専用SIM

DMM mobile

月額料金で業界最安値を更新し続けるDMM mobile(DMMモバイル)。バースト機能も搭載しているので、安さ重視ならコチラ。
公式サイト:DMM mobile

エキサイトモバイル

データ専用プランで人気のエキサイトのSIM。1GBで月額723円~の圧倒的安さに加え、使ったら使っただけ支払うプランやSIMカードが複数枚付けられるオプションもある。タブレットやルーターなど、複数の端末を利用したい方にもオススメ。

公式サイト:エキサイトモバイル

InfoSphere(NTTPCコミュニケーションズ)

法人向けが多かった同社ですが、個人向けの事業も急激に伸びてきています。

サービス名提供
InfoSphere
モバイルライトプラン
for フレッツ
InfoSphere
楽天モバイル楽天モバイル
SkyLinkMobileELECOM

この他にも「b-mobile(ビーモバイル)」や「freebit系」、会社独自で提供しているワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)、楽天モバイルなどのMVNEもあります。

公式サイト:BIGLOBE SIM楽天モバイル

サービス全体が安定しているのは紹介した3つのMVNE系列のSIMなので、これをひとつの要素として格安SIMを選ぶのも良いでしょう。

MVNOを比較する時にMVNEもチェックしてみよう!

MVNE提供元は、格安SIMの品質を比較する重要な要素だったことが分かりました。提供元サービスの動向を見れば、将来どんなサービスになるか予測が付きやすいこともポイントです。

SIMプランの比較は、下記の「おすすめ格安SIM比較診断」で可能です。スマホの月額料金に悩んでいる方は是非お試しください。