1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホの処理速度が遅いと感じた時の対策まとめ
 

格安スマホの処理速度が遅いと感じた時の対策まとめ

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s
格安スマホ

最近人気の格安スマホですが、安いが故に動作の処理速度が遅いと感じていませんか?今回はそんな不安を解消するためにメーカー機種ごとの対策やおすすめのアプリを紹介します。

最近人気の格安スマホですが、安いが故に動作の処理速度が遅いと感じていませんか?今回はそんな不安を解消するためにメーカー機種ごとの対策やおすすめのアプリを紹介します。

格安スマホの処理速度が遅い時の対策

格安スマホが遅いと感じている方、もしくは価格の安さゆえに処理速度が不十分と考えている方向けに、今回はおすすめの対策方法を紹介していきます。

…まずはスマートフォン選びという根本的な部分から見ていきましょう。

ミドルスペックのスマホを購入する

前提として、「格安スマホの中でも、スペック(性能)の高いものをあらかじめ購入する」という方法が一番簡単で効果的です。もちろんアプリでのメモリ削減や本体の設定によって改善できる部分はありますが、元々スマートフォンに積んでいるチップの性能が低ければ限界があるからです。

ただし機種自体の本体価格が高額になると本末転倒なので、筆者が利用した機種で「普段使いの動作にストレスが感じなかった機種」を少しピックアップしてみました。

HUAWEI GR5

出典:HUAWEI

2万円台~3万円弱の格安スマホだと最初が快適でも長期間つかっているうちにどこかしら処理速度にストレスを感じる部分が出てくるものですが、3万円弱という価格ながらスムーズな動作で快適に使えるSIMフリー機種がこの「HUAWEI GR5」。

8.15mmの薄型メタルボディに5.5インチのフルHDディスプレイを搭載しているのでYoutubeなどの動画視聴には十分で、CPUにはQualcomm製のSnapdragon 616を採用しており、ミドルレンジのプロセッサーながらオクタコアがパフォーマンスと省エネを両立した高コスパモデルです。

SNSメインのアプリがメインの利用ならストレスを感じることはまずありませんでした。RAMが2GBと少し物足りないですが、プリインしている端末マネージャーを使えば快適。

SIMカードとセット購入ができるMVNOが少ないのは少し残念ですが、「IIJmio」と「DMM mobile」で取扱実績があります。

公式サイト
IIJmio
DMM mobile

Moto X Play

出典:ビッグローブ

Moto X Play」はモトローラブランドのXシリーズ準ハイスペックモデル。「Android 6.0 Marshmallowへのアップデート対象」「普段使い以上の性能」がおすすめの機種です。先ほど紹介したHUAWEI GR5に搭載されていたSnapdragon 616の兄弟機種とも言える「Snapdragon 615」を採用。同様に動作は快適です。

背面カメラが約2100万画素、バッテリーも3630mAhでQuick Charge 2.0に対応。この2点は海外の実機レビューでも高評価で、フルHDディスプレイと合わせてガンガン使える機種。…ちなみに指紋認証は非搭載なのですが、こちらは動作に関係してこないので必要なしです。

MVNOでの取り扱いはこちらも少ないのですが、「BIGLOBE SIM」と、OCN モバイル ONEの格安SIMがついてくる「Goosimseller」でセット購入が可能です。

公式サイト
BIGLOBE SIM
Goosimseller

アプリを見直す

上記では元々の性能の高くかつ安いスマートフォンを紹介しましたが、「すでに格安スマホを持っている」もしくは「もっと安い機種で使いたい」という方は、メモリの削減アプリなどを別途利用するのが効果的です。

メモリ解放系アプリの活用

格安スマホは内部メモリ(RAM)容量が少ないこともあるので、多くの処理を行っていると動作が遅くなる可能性があります。それを改善するのはメモリ解放・削除系のアプリ

代表的なものだと「Clean Master」「Dr.Booster」など。これらは広告もありますが基本無料で利用可能で、ボタン1つでメモリの開放ができるほか、ゲームアプリのブースト機能なども便利です。

ライブ壁紙・特殊ウィジェットをやめる

ライブ壁紙やホーム画面に設定しているウィジェットは、メモリーを圧迫している可能性があります。他のサイトでは有効な手段として紹介されていますが、実際にライブ壁紙有り⇔無し、ウィジェット大量設置有り⇔なしでメモリ使用状況をモニタリングしてみたところ、ASUS ZenFoneシリーズとHUAWEIのSIMフリースマホで試したのですが、そこまで大きな違いは発見できませんでした。

機種によってはメモリを使用量を減らすことができるかもしれないので、試してみる価値はあるかもしれません。

…次にSIMフリースマホで人気の2大ブランド「ASUS」と「HUAWEI」のスマートフォンが遅いと感じた場合の対策を見てみましょう。

スマホが遅い場合の対策・ASUS

まずはASUSの人気シリーズ「ZenFone」で使える、処理速度対策のおすすめ方法を見ていきます。(機種によっては機能が搭載されていない可能性もあります。ご了承下さい。)

自動起動マネージャー

ZenFoneシリーズのプリセットアプリには「自動起動マネージャー」というものがあります。

こちらからアプリの自動起動をOFFにすることで、余計な処理を防ぎ、バッテリー駆動時間の延長が期待できるほか、自動通信が防げるので格安SIMの容量節約にも貢献できます。

省電力設定

こちらもプリインしているアプリ「省電力設定」。こちらを利用することでバッテリーを長持ちさせることは可能なのですが、その分CPUのパフォーマンスなどが犠牲になります。

電池が十分残っている状態であれば「パフォーマンス」の設定にしておき、CPUの性能をフルに使えるようにしておきましょう。筆者もこの省電力設定を活用していますが、パフォーマンス設定の際は体感レベルでスムーズに動作していることが確認できたので、こちらはぜひ活用してほしい機能です。

ASUS Mobile Manager

上記で紹介した全ての機能を1つのアプリから設定できるのが「ASUS Mobile Manager」。RAM使用量が一目で確認できるほか、モバイルデータ利用量の確認、上限設定などができます。

スマホの処理速度改善・Huawei

次にHuaweiの格安スマホが遅いと感じたときに使える対策方法を確認。

端末マネージャー

プリインアプリの「端末マネージャー」は、「端末アクセラレータ」から1タップでメモリ解放が可能です。

また設定を開くと「動作が遅い場合に通知」をが利用可。こちらをONにしておくことで、CPUやRAMを自動でモニタリングして、遅くなっているときに通知してくれるようになります。

設定をパフォーマンス重視に

本体の設定画面から「省電力」の項目を開くと、ASUSの設定と同じように「パフォーマンス」の項目があります。

動画の視聴やゲームプレイ時にはこちらの設定にしておくと、より快適に動作するようになります。ぜひ活用してみましょう。

格安スマホが遅いときの対策・まとめ

価格が安いゆえに動作の速度には心配しがちな格安スマホ。今回紹介したような対策を知っておけば、なるべく安い機種を購入しつつ、快適に使えるようになります。ぜひ試してみましょう。

運用する格安SIMは、下記の「SIMチェンジプラン診断」から検索してみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたにおすすめのSIMカードが比較できます。