1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ドコモでSIMロック解除が【即日対応】になる!ポイントまとめ
 

ドコモでSIMロック解除が【即日対応】になる!ポイントまとめ

docomo
SIM

7月13日より、ドコモのSIMロック解除が、購入後「即日」で受付可能となります!SIMロックフリーの端末であれば、多くのSIMカードや海外での利用が容易となり、格安SIMの運用にも期待がかかりますね!では今回のニュースの詳細とメリットをチェックしていきましょう。

7月13日より、ドコモのSIMロック解除が、購入後「即日」で受付可能となります!SIMロックフリーの端末であれば、多くのSIMカードや海外での利用が容易となり、格安SIMの運用にも期待がかかりますね!では今回のニュースの詳細とメリットをチェックしていきましょう。

docomo

ドコモがSIMロック解除を即日対応

ついにdocomoにて、SIMロック解除が即日できるようになります。総務省の発表により義務化が促されていただけに、いよいよ本腰をいれて施策に取り組むようです。

購入半年→即日解除

ドコモが発表した「即日」のSIMロック解除ですが、元々は「購入後6ヶ月以上経過」が条件でした。その条件は今回廃止となり、すぐに申し込みできるようになったワケです。

変更点
購入後6ヶ月以内はロック解除不可 → 即日可能

これにより「機種購入から180日以上経過」としている、auやsoftbankを一歩リードしたと言って良いでしょう。これで海外の現地SIMを契約して利用することができるようになります。

ユーザーとしても「すぐにアンロック出来るなら」と、docomoで端末/スマートフォンを購入してもらうきっかけになりますね。

忘れてはならないことが一点。対象になるのは「5月1日以降に発売された新機種を購入」した場合なので注意しましょう。

前回のアンロックから6ヶ月以上

「SIMロック解除を過去にしたことがある契約回線」については「前回の手続きから6ヶ月以上経過していること」が条件となります。なので、ドコモで1度アンロックの申し込みをした経験のあるユーザーは、しっかりと日数が経っているか確認しておくべきです。

SIMロック解除をした実績のある契約回線
前回の解除手続きから「6ヶ月以上経過」が条件

例えば「海外に行く予定があって、今日までにロックを解除しなければいけない」状況だった場合に、前回手続きしてから6ヶ月以内だと申し込みが出来ません。

こうなると「せっかくの新しいスマホが、海外で使えない、会社と連絡が取れない」なんてことにもなりかねないので、ここは注意点として挙げておきます。

開始日

この変更が開始する時期ですが、2015年7月13日(月曜日)からとなっています。それ以前だと、2015年5月1日以降に購入したドコモ新機種でも、アンロックを受付してくれないので注意しておきましょう。

変更内容の開始日
2015年7月13日(月曜日)より

受付場所は、「WEBページ」「電話」「docomoショップ」で可能です。ウェブであれば手数料が無料、ショップでの持ち込みアンロックと電話受付は3,000円がかかりますので気をつけましょう。

ポイント

  • 変更開始日は2015年7月13日から
  • 購入後、即日でSIMロック解除が可能に
  • 過去にアンロックを実施した実績のある契約回線は、前回の手続きより6ヶ月以上経過が条件

SIMロック解除のメリット

これでドコモでは、端末をすぐにSIMフリー化できるようになりましたが、これにはどんなメリットがあるのでしょうか?確認していきましょう。

SIMカードを差し替えて使える

本体がSIMロックフリー端末になるので、他社のSIMカードに差し替えて使えるようになるのがポイントです。これで、本体だけ大手キャリアで購入して「SIMカードは安い他社のもので運用する」ということができるようになります。

simフリー

また、今まで利用していた機種をSIMロック解除して他社で使えるようになるので、スマートフォン本体の購入費用を抑えることが出来ます。

今までは、他社に乗り換える度にスマホ本体を購入しなければ、その会社が提供するSIMカードで使うことは出来ませんでした。これが使えるのがメリットですね。

海外でもSIMフリー端末なら利用可能

ロック解除済みの端末であれば、もちろん海外でも使えるようになります。旅行や留学・ビジネスで外国にスマホを持っていきたい方には、docomoのアンロックサービスが強い味方になるでしょう。

飛行機

注意点ももちろんあり、いくらSIMフリーになった端末でも「提供する会社の電波が、利用端末で掴めない」という可能性はあります。

スマートフォンはモデルごとに掴める電波があって「〜バンド」や「〜MHz(メガヘルツ),〜GHz(ギガヘルツ)」と呼ばれるものですね。本体で掴めない仕様だと、インターネットが出来ません。

筆者のSIMフリーiPhone6Plusは、海外でHSPA+(3.5Gと呼ばれる高速データ通信の規格)の電波を掴めず、携帯会社を何回も変えるハメになりました。なので、ロックを解いたからといって油断は禁物です。

また周波数帯に対応していても、なんらかの技術的問題でネットや電話が出来ない可能性もあるので、気をつけましょう。

auの契約では使えない?

ドコモでアンロック手続きをしても、先ほど書いた通り他社の端末で使えないパターンがあります。特にau系MVNOの格安SIMは、状況によって使えない可能性が高いです。

スクリーンショット 2015-07-11 20.09.27

まずは3G(音声通話メインの回線)では、ドコモとソフトバンクは「W-CDMA」という通信方式を採用しています。

しかしながらauは「CDMA2000」という世界的にも珍しい通信方式を採用しているので、結果「W-CDMAのみ対応のdocomo端末」は「CDMA2000電波を利用するauのSIM」で使えなくなってしまいます。つまり電話が出来ないということです。

次にLTEバンドの問題も幾つかあり、まずはau系のLTEバンドに対応する国内向けSIMフリー端末が少ないということが1点。2点目はバンドと技適の関係に関する問題もあります。

後者に関しては下の表を見ていただくとわかり易いのですが、国内のLTEバンド1は1920~1940の帯域がau(KDDI)に割り当てられています。

マイネ王 LTEバンド1と技適の関係 出典:マイネ王

ここでは「auの割り当て帯域がPHSの帯域に近接している」のが見て取れます。この場合に、au系の回線を使う場合には「PHSを保護するための制限を考慮する」必要があるのです。

よって、PHS保護に関する項目をクリアした技適を取っていない端末は「使ってはいけない=動作確認済端末にも載ってこない」ということになります。

この回線問題をクリアすべく、mineo(マイネオ) は「マルチキャリアMVNO」として、ドコモ系のSIMカードも取り扱う予定であることを発表しています。au(KDDI)はSIMフリー/格安SIM市場に関して、苦戦を強いられるかもしれないので、そのためのマルチキャリア対応でしょう。

ポイント

  • 他社SIMで使えるようになる
  • SIMフリーなら、海外でも利用可能
  • 電波状況によっては、使えない会社もある

即日でSIMロック解除をドコモで申し込み

では、実際のドコモのSIMロック解除「手続き方法や内容」も確認していきます。受付方法によって金額も異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

受付方法

まずは受付方法です。方法は「docomoウェブページから申し込み」「docomoショップでの手続き」「電話での手続き」の3通りがあります。

3通りの申込
webページ(My docomo)
ドコモショップ
電話

同社公式ホームページからの申し込みの場合は、アンロック手数料は無料です。

それに対して、ドコモショップ/電話で受付をすると、3,000円(税抜)の手数料を支払う必要があります。

なので、出来ればネット上で申し込みたいですね。不安であればドコモショップに行くのもアリです。

申込の流れと手順

ではSIMロック即日解除の流れ/手順を見ていきましょう。

まずは「web」での申し込みの場合です。この場合はマイドコモ(My Docomo)から行うことができます。

ドコモSIMロック解除手続き マイドコモ 出典:docomo
web申し込みの手順
1 ドコモホームページ(PCサイト)
2 お客様サポート
3 手続きのご案内
4 SIMロック解除ならびに他社製品の携帯電話などのご利用
5 SIMロック解除の手続き
6 2015年5月以降に発売された機種の手続き

最後に「My docomo」を開いて、こちらから手続きが可能です。

次に「電話」での申し込みです。こちらはかけるだけなので簡単ですが、手数料がショップで手続きするのと同じく3,000円かかりますので注意しましょう。

電話で申し込みの手順
ドコモ端末から「151」に電話
一般電話から「0120-800-000」に電話

最後に「ショップ」での申し込みです。ショップでの解除に関しては、対応端末を持っていくだけです。本人確認などがあるので、確認書類を持参しておくと良いでしょう。

申し込みのポイント

  • 「web」「電話」「ショップ」の3通り

ドコモのSIMロック解除が即日対応のニュースまとめ

今回のニュースで、国内のSIMフリー熱はさらに高まっています。docomoだけでなくソフトバンクもMVNO/格安SIM事業を開始するだけに、各社SIMロック解除は重要なキーとなりそうですね。

また、携帯電話料金に悩んでいる方は下記の「SIMチェンジプラン診断」で、無料であなたにオススメの格安SIMを探せます。ぜひお試し下さい。