1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 携帯電話からiphoneにデータ移行する方法
 

携帯電話からiphoneにデータ移行する方法

iphone6
スマホ

携帯電話を長年使っていたかたはiphoneへの気持ちが動いてきたことでしょう。そんな方に携帯電話からiphoneにデータ移行する方法をお伝えしようと思います。自分で携帯電話のデータをiPhoneに移すのは面倒ですが、この方法で進めれば間違いなし!!

今はiphoneを使っている人が多く、携帯電話だけを使っている人は少なくなってきました。 しかし、携帯電話からiphoneにしようと思っても、キャリアでは高いのでやっぱり躊躇してしまい、いつしかiphoneブームに乗り遅れてしまっている方もいます。

name

でも格安SIMの登場で、iphoneへの気持ちが動いてきたことでしょう。そんな方に携帯電話からiphoneにデータ移行する方法をお伝えしようと思います。

iphoneへのデータ移行に必要な物を準備しよう

では、携帯電話からiphoneにデータ移行して電話帳を移す為に必要な物や環境があるので、それらの準備をしましょう。

データ移行準備物リスト

準備物は以下になります。

  • PC
  • 使用したいiphone
  • 使用していたガラケー
  •  
  • SDカード(miniSD、microSD)
  • SDカードリーダー(パソコンにSDカードスロットが無い場合)
  •  
  • Gmailアカウント
  • インターネット環境

準備詳細は以下に説明しますので、以下を充分に読んでから準備にかかって下さい。

また、格安SIMへのMNP等はこのデータ移行を済ました後に行うことが望ましいです。

iphoneの準備

まずはiphoneの準備です。使用したいiphoneを手元に用意してください。

そして次のことを確認して下さい。

まずアクティベートが出来ていることの確認をしてください。
iphoneは使用する場合アクティベートが必要になります。アクティベート済みの状態はiphoneがロック解除したらすぐに電話やメールやゲームなどのアプリにアクセスができるようになっている状態です。

以下の画像の状態ではアクティベートは出来ていない状態となります。

アクティベーションiphone

譲り受けたiphoneや中古で購入した場合はアクティベートができていないためアクティベーションの必要があります。
その場合は無線LAN環境とSIMカード(契約無くても可)が必要になります。
しかしiphoneに使えるサイズのSIMカードを持っていない場合もアクティベーション専用のSIMカードが販売されていますのでそれらを使用されるとよいと思います。
アクティベーション用SIMカード
アクティベートを終了してiphoneが使える状態にしておきましょう。

パソコンをインターネット接続しておこう

現在この記事を見ている方はインターネットを通して見ていると思いますので、問題はないと思いますが、インターネットが使えるパソコンが必要になります。

iphoneを使う場合にもパソコンは必要になってきますので、準備しましょう。

携帯電話をSDカードを挿入しておく

では、次にiphoneにデータ移行したい電話帳が入っている携帯電話を用意してください。また、その携帯電話はSDカード対応の物か確認して下さい。

もしも、SDカード未対応の場合は携帯ショップさんに相談されて下さい。

また、SDカードはSDカードの他にmicroSDカード miniSDカードと種類がありますので、携帯電話に合ったタイプのSDカードを準備して下さい。

img164_16 img164_22 img164_27

準備の際容量がたくさんありますが2GB程度で問題ありません。あまり大きな容量のSDカードだと携帯電話が認識しない場合がありますので注意してください。

Gmailの取得

そして次にGmailを取得しましょう。

特にGmailでなければならないわけではありませんが、一番メジャーな物になりますので、Gmailをオススメします。

取得の方法は次の様にします。

パソコンでgoogleにアクセスしましょう。

そして右上のログインをクリックします。 googleアカウント1

次にアカウント作成をクリックします。

googleアカウント2

次に名前や使用したいアカウント等の情報を入力します。また、パスワードは必ずメモに控えましょう。

iphoneにデータ移行しよう

それでは、本題のiphoneにデータ移行してアドレス帳を移す詐欺用に参りましょう。

パソコンにKDDIのiphoneデータ移行ソフトをインストール

まずKDDIからリリースされているアドレス帳変換ツールをダウンロードします。

windows版データ移行ツール
MAC版データ移行ツール そして携帯電話の電話帳をSDカードにバックアップしてください。バックアップ方法は携帯電話によって方法が違うので、説明書またはショップ等で店員さんに相談してみてください。
そしてそのバックアップしたSDカードをパソコンに挿入してバックアップしたxxxxx.vcfというファイルをパソコンのデスクトップに移しましょう。

データ移行ツール

データ移行ツールを起動してください。

1

すると以下の画面になります。

2 データ移行2 参照ボタンをクリックして、デスクトップに移したxxxx.vcfファイルを選択してください。
その後変換開始ボタンをクリックすると変換できます。 変換したファイルはPC→iPhoneという名前で保存されますので、それをGmailでiphoneに送信しましょう。

iphoneにGmailを設定しよう

Gmail宛に不アイルを送信したら今度はiphoneにGmailを設定して受信出来るようにしましょう。

以下設定方法です。

iphoneの設定をタップ

iphonegmail1

次に「メール/連絡先/カレンダー」をタップ

ihponegmail2

次に「アカウントを追加」をタップ

iphonegmail3

次に「Google」をタップします。

iphonrgmail4

そして情報を入力します。

S__4218898

そして保存をタップして設定終了です。

S__4218897

すると先ほど送信したメールを受信すると思いますのでそのメールの添付ファイルをタップするとアドレス帳に登録になります。

S__4218903

iphoneへの電話帳のデータ移行方法まとめ

以上が携帯電話からiphoneへデータ移行して電話帳を移す方法になります。 キャリアでiphoneを契約するとこれらの作業を変わりにしてはくれますが、毎月の料金が高いのが難点なため、やはり格安SIMでiphoneを使いたいと思っている人はたくさんいるでしょう。でもそうなると全ての設定が自分で行わなければならなくなるので敷居が高くなります。
ですが、アドレスの移行方法のご覧の通りにすれば問題なくできますので、怖がらずに格安SIMで快適にiPhoneを使ってください。

以下に格安SIM診断がありますので、iphoneに良い格安SIMを探してみてはいかがですか?