1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 音声通話付きの格安SIM比較!選び方のコツを紹介
 

音声通話付きの格安SIM比較!選び方のコツを紹介

biztelephone
SIM

音声通話を中心に格安SIMを選ぶのなら「楽天モバイル」「FREETEL」「Y!mobile」をまずは第一に考えましょう。通話に対して安くする方法が明確にあって確実に安くすることができます。電話を多く使いたいと思う人はこの3つの中から選ぶのがいいのです。

音声通話付きの格安SIMが欲しい方は音声機能付きSIMカードを購入します。でも音声通話付きの格安SIMを選ぶときに少し考えるべきコツがあります。そのコツを紹介します。

音声通話もできる格安SIMを選ぶなら「楽天モバイル」を選ぶと満足感が最大に

音声通話ができる格安SIMにはいろいろありますが、楽天モバイルを選ぶとメリットがあります

5分通話無料オプションがある

楽天モバイル には5分の通話無料オプションがあります。

多くの方の通話時間は5分以内の人が最も多いという統計データを元に楽天モバイルでは5分間の通話を無料にする通話定額サービスを採用しました。元の基本料金にオプションとして850円追加する形で利用できます。

5分を超えた場合の料金もドコモ、au、ソフトバンクよりも安く設定されているので通話料金が安くなります

通信速度も満足

楽天モバイルの特徴の一つとしてデータ通信速度が速いことがあげられます。多くの格安SIMではお昼の混雑時の通信速度の低下が顕著ですごく遅く感じることがありますが、楽天モバイルでは速度低下を感じさせることのない十分な速度を安定して提供しています。

データ通信プランは人気の3.1GBプランを採用

楽天モバイルではデータ通信プランを複数採用しています。その中で3.1GBプランは他社の3GBプランと同じプランとなっています。

多くの格安SIMを利用する方が最も選ぶデータ通信容量が3GBプランであるため楽天モバイルでは3GBより少し多い3.1GBを採用し他社よりも少し利便性を上げています。

公式サイト:楽天モバイル

FREETELだとデータ通信も節約できる!

FREETEL(フリーテル)も楽天モバイルに続き通話定額オプションを導入しました。

1分通話定額プランと5分通話定額プランがある

FREETEL SIMでは1分内の通話を0円にする通話定額オプション、5分内の通話を0円にする通話定額オプションを導入しました。5分も通話をしない、本当に少しだけの通話をする方に対して有効なオプションとなっています。

家族間でほんの1分程度の通話をする方には都合のいい通話オプションと友人、知人と少し通話をする5分の通話を無料にするオプションを自分のスタイルに合わせて利用することで通話料金を格段に安く抑えることが可能になっています。1分間のかけ放題は月額399円、5分間のかけ放題は840円で利用が出来ます。1分、5分の通話時間を超えた場合でもドコモ、au、ソフトバンクの通話料金よりも安い料金で通話ができるので通話料金全体が安くなることでしょう。

データ通信は299円〜。逆に299円で終わらすこともできる

FREETELではデータ通信料金を徹底的に安く抑えることができるようになっています。

データ通信料金プランは月額299円から使った分に対して請求されるようになっていますが、通信速度を切り替えることができるようになっており、低速通信と高速通信を使い分けられます。高速通信の場合は最大100Mbps以上の通信速度で今皆さんが使っている通信速度と同等な速度です。低速通信は最大200Kbps程度の速度となりますが、低速通信の場合はデータ通信量が加算されずに利用できるようになっています。たくさんの通信を使わない方の場合は低速通信を利用することで毎月のデータ通信料金を299円で終わらすことも可能になっています。

公式サイト:FREETEL

Y!mobileはあまりネットを使わないけれど電話をたくさん使いたいユーザー向け

ソフトバンクモバイルグループのY!mobile(ワイモバイル) は格安SIMに比べて少し高い料金設定でプランを提供しています。

追加1,000円で国内通話無料にできる

基本料金が2,980円〜と格安SIMの料金と比べると高いと感じる料金プランになっているので、スマホ料金を安くしたいと考える方から見ると一番先に候補からはずされることが多いはずです。

ですが、Y!mobileのプランは1,000円追加すると国内の通話料金を全て0円にすることができるスーパー誰とでも定額オプションが採用されています。データ通信の主はiPadなどタブレットを使い、電話やLINEなどコミュニケーションをとるためにスマホを使っている場合等では有効です。

30分以上の長電話が多い方はY!mobileを使うとドコモ、au、ソフトバンクの料金よりも安くなります。Y!mobileで利用すると4,000円程度ですからだいたい1,000円から2,000円ほど安くなる計算です。主に仕事等で長電話が多くなりがちな方にはオススメです。

2年縛りになってしまう

Y!mobileは格安SIMの多くとは違い2年間契約になっています。2年の間に解約をすると違約金も発生しますし、2年の契約も自動更新なので注意が必要となります。

メールアドレスが使える

格安SIMと違ってY!mobileには携帯電話等とスムーズにメッセージを送受信できるメールアドレスが使えます。格安SIMに乗り換える場合にメールアドレスがなくなる不便を感じる人が多くいますが、Y!mobileを選べばそんな不自由はありません。

スマホはSIMフリースマホかY!mobileで購入する必要がある

Y!mobileのSIMカードはドコモ、au、ソフトバンクのスマホでは動きません。そのためSIMフリースマホを手に入れるか、SIMロック解除可能なスマホ、またはY!mobileでスマホを購入する必要があります。今からの選択としてはスマホの購入費用がかかりますがSIMフリースマホかSIMロック解除可能なスマホを選んだ方が後々も便利に使い回しができるのでオススメです。

公式サイト:Y!mobile

音声通話付きのの格安SIM比較!選び方のコツを紹介まとめ

音声通話の格安SIMなら「楽天モバイル」「FREETEL」「Y!mobile」を選ぶのが一番をまとめました。

音声通話の格安SIMなら「楽天モバイル」「FREETEL」「Y!mobile」を選ぶのが一番まとめ

格安SIMで音声通話を使いたい場合は自分の通話スタイルに合わせて格安SIMを選びましょう。通話時間が非常に短い場合はFREETEL、5分程度の通話を使う場合は楽天モバイルかFREETEL、通話時間が多い場合はY!mobileを使うといいでしょう。通話は必要不可欠なものですから使う頻度によって契約先を考えるべきです。格安SIMを本当に格安で使いたい場合には通話スタイルも考えて選びましょう。

公式サイト:楽天モバイル

公式サイト:FREETEL

公式サイト:Y!mobile