1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEモバイル徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も
 

LINEモバイルに関する記事

30件の記事があります
MVNOとして格安SIMを販売する「LINEモバイル」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、LINEモバイル(ラインモバイル)の記事をまとめています。
LINEモバイルに関する記事の一覧を見る

LINEモバイルの格安SIMプランのおすすめポイントと注意点

LINEモバイルはスマホアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社が運営するdocomo系MVNOです。LINEなどのSNSアプリを利用しやすくなるカウントフリープランが特徴でLINEフリープラン・コミュニケーションフリープランともに老若男女に使いやすい格安SIMとなっています。今回はLINEモバイルの魅力やキャンペーンを紹介します。

LINEモバイルの格安SIMプラン

LINEモバイルのSIMプランは「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」の2種類、それぞれオプションで音声通話SIMへの変更もできます。それぞれプランの内容をご紹介しましょう。まず「LINEフリープラン」ですが、こちらはLINEの通話・トークが使い放題になったプランです。高速データ通信容量は1GB/月ですが、LINEを通じたデータ通信はカウントされません。日常でインターネットを利用しない方にとっては最安540円/月で利用できるLINEフリープランははかなりおすすめのプランです。

そしてカウントフリーの対応サービスが増えたプランが「コミュニケーションフリープラン」になります。コミュニケーションプランでは、LINEだけでなく「Twitter」「Facebook」「Instagram」に関わるデータ通信がカウントフリーになります。コミュニケーションプランはデータ通信のみのプランがありませんので、最安1,198円/月から利用できます。

LINEモバイル プラン表

LINEモバイル
月額料金 データSIMプラン SMSなし
月額料金 データSIMプラン SMSあり
月額料金 通話SIMプラン
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
LINEフリープラン540円669円1,296円1GB/月下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションプラン
3GB
-1,198円1,825円3GB/月下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションプラン
5GB
-1,771円2,397円5GB/月下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションプラン
7GB
-2,484円3,110円7GB/月下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションプラン
10GB
-2,851円3,477円10GB/月下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
1枚

データ通信量や各種設定の確認はすべてLINEアプリから行うことができます。フィルタリングアプリを無償で利用可能ですし、子どもにスマホを持たせる際にぜひとも活用したいですね。

LINEモバイルのおすすめポイント

年代を問わずに利用されているLINEアプリなど、対象アプリの通信量が高速通信容量にカウントされないLINEモバイルは高校生などの若者にも使いやすいMVNOです。また、取り扱っているSIMフリースマホも人気の端末が非常に手広いので、格安SIMとスマホをセットで購入してはいかがでしょうか。

対象アプリは速度制限されない
高速通信容量を使い切ると速度制限がかかりますが、フリーカウント対象のアプリは速度を制限されずに利用できます。
LINEの年齢認証機能・ID検索に対応
格安SIMで苦戦しがちなLINEの設定についてもLINEモバイルなら不便なく使えます。
余ったデータ通信量は繰り越しも可能
高速通信のデータ容量は無駄なく使うことができます。
SIMフリースマホの取り扱いが豊富
ZenFone 3やP9 liteなど、人気のスマホを広くカバーしている点も魅力的です。
LINEポイントが毎月もらえる
契約者には、月額基本利用料の1%分のLINEポイントが毎月付与されます。

LINEモバイルで注意したいこと

同様にLINEモバイルで注意したい点も挙げてみましょう。フリーカウントが魅力のLINEモバイルですが、使い方によってはそもそもアプリによる通信量が1GBにも満たない場合もあります。SNSを普段どれくらい利用しているかなど、よく理解してから契約したほうが賢明でしょう。また他のMVNOとは異なり、データSIMの契約でも最低契約期間が設定されている点も注意が必要です。

最低契約期間がある
データSIMは契約月(1か月)分、音声SIMは12か月の最低契約期間があります。
契約には本人確認書類が必要
データSIM・音声SIMを問わず契約の際には本人確認書類が必要となります。

LINEモバイルの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

LINEモバイルの格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

LINEモバイルの速度などの評価・評判

LINEモバイルはdocomo系のMVNOですので、通信エリアについてほぼ心配しなくても大丈夫です。しかしLINEモバイルの公式サイトではベストエフォート時の通信速度について公開されていませんので、docomo系MVNOの一般的な通信速度である「下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps」かどうかははっきりしません。

気になる実効速度ですが、現状の実効速度は20Mbps~60Mbpsあたりの通信速度で安定しているようです。この速度はMVNOのなかでも実効速度が十分に出ていますし、日常的な使用にも支障はなさそうです。ただ、実効速度は通信回線の利用者が増えるほど実効速度が落ちるものなので、今後LINEモバイルのユーザー数が増えれば速度は他MVNO同様に落ち着いてくると思われます。

LINEモバイルの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

LINEモバイルの特徴はLINEなどSNSアプリの通信量をカウントしないところです。しかし、先に述べたようにSNSアプリによる通信量はそこまで多くありません。そのためコミュニケーションプランで3GB・5GBなどを利用するのであれば、シンプルに安いDMM mobile(DMMモバイル)DTI SIMを選択したほうがコストパフォーマンスが良いです。そのためLINEモバイルでおすすめのプランは「LINEフリープラン」です。データ通信を基本利用しないけど、「常に低速通信(200Kbps)の格安プランでは心もとない」といったユーザーには540円/月から利用できるLINEフリープランは抜群におすすめです。

LINEモバイルで買えるおすすめの格安スマホ

LINEモバイルとのセットで売られている格安スマホの中から、おすすめの格安スマホを紹介します。なおLINEモバイルでは端末の分割購入はできませんので注意してください。

HUAWEI P9lite


HUAWEI P9lite
HUAWEI P9liteは5.2インチ型・高感度指紋認証センサー搭載の高コスパスマホです。CPUは省バッテリーに強いHuawei Kirin650 オクタコアを搭載。現在HUAWEI P9liteは1万円の割引きで更にお求めやすい価格になりました。
LINEモバイルでは端末料金31,104円⇒20,304円で端末を購入することができます。

メーカー
HUAWEI
端末料金
31,104円⇒20,304円
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS

ZenFone 3


ZenFone 3
ZenFone 3はデュアルSIMデュアルスタンバイに対応した高性能スマホ。カメラも背面1,600万画素で機能的なオートフォーカスが搭載されていて非常に使いやすいです。
LINEモバイルでは端末料金42,984円で端末を購入することができます。

メーカー
ASUS
端末料金
42,984円
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
5.2インチ 1,920 x 1,080(フルHD) IPS液晶

arrows M03


arrows M03
arrows M03は防水・防塵・耐衝撃に優れた国産スマホ。バッテリー容量は長持ち2,580mAhで、おサイフケータイやワンセグにも対応しているので日本人に使いやすく設計されています。
LINEモバイルでは端末料金35,424円で端末を購入することができます。

メーカー
FUJITSU
端末料金
35,424円
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
約5.0インチ,HD IPS液晶(720×1280)

Blade V7lite


Blade V7lite
Blade V7liteは5インチ型の小柄なスマホ。エントリーモデルとして非常にバランスの取れたスペックが特徴です。現在Blade V7liteは3,000円の割引きで更にお求めやすい価格になりました。
LINEモバイルでは端末料金24,624円⇒21,384円で端末を購入することができます。

メーカー
ZTE
端末料金
24,624円⇒21,384円
OS
Android™ 6.0
画面サイズ

arrows M02


arrows M02
arrows M02/RM02はarrows M03の前モデルになります。国産スマホならではの堅牢なつくりに加え、現在arrows M02は2,000円の割引きで更にお求めやすい価格になりました。
LINEモバイルでは端末料金32,184円⇒30,024円で端末を購入することができます。

メーカー
FUJITSU
端末料金
32,184円⇒30,024円
OS
Android™ 5.1
画面サイズ
約5.0インチ,HD有機EL(720×1280)

AQUOS mini SH-M03


AQUOS mini SH-M03
AQUOS mini SH-M03は4.7インチ型高スペックスマホです。SHARP製だけあって画面の解像度も高く、防水・防塵など丈夫なつくりな点も魅力的です。
LINEモバイルでは端末料金53,784円で端末を購入することができます。

メーカー
SHARP
端末料金
53,784円
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
約4.7インチ, FHD (1920×1080ドット), IGZO

LINEモバイルのキャンペーン

最後にLINEモバイルのキャンペーンをチェックしてみましょう。

LINEモバイル デビュー応援キャンペーン
キャンペーン内容
「コミュニケーションフリープラン」を新規契約したユーザーを対象に、毎月3GB×3ヶ月、合計9GBの高速データ増量をプレゼント
キャンペーン期間
2016年11月1日~12月31日
キャンペーン対象
「コミュニケーションフリープラン」を新規契約したユーザー