1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 中古iPhoneのおすすめ購入方法と知っておきたい注意点
 

中古iPhoneのおすすめ購入方法と知っておきたい注意点

携帯電話
SIM

格安SIMを中古iPhoneで運用するにはどんな注意点があるのでしょうか?安い中古のiPhoneを購入するのをおすすめしたいのですが、中古ならではの注意点も数々あります。中古iPhoneのおすすめの購入方法と、購入時の注意点をまとめてみました!とにかく安くiPhoneを使いたい人は必見です。

格安SIMを中古iPhoneで運用するには、どんな注意点があるのでしょうか?SIMフリーiPhoneはかなり高額なので、中古のiPhoneを購入するのがおすすめですが、中古ならではの注意点も数々あります。中古iPhoneのおすすめの購入方法と、購入時の注意点をまとめてみました!とにかく安くiPhoneを使いたい人は必見です。

中古iPhoneで格安SIMに乗り換える

中古iPhoneを格安SIMで利用すれば、たちまち格安iPhoneの出来上がり!中古iPhone購入のおすすめの理由と、おすすめの方法を見ていきましょう。

中古iPhoneがおすすめの理由は?

中古iPhoneがおすすめの理由、それは安いから。当たり前といえば当たり前ですが、iPhoneは新品で購入すると高額であり、キャリアの実質0円のキャンペーンで購入したとしても、途中で乗り換えると残債が残り結局は高額な端末代となります。すでにこの実質0円の端末販売も終了している今、中古iPhoneを格安SIMで運用するのは、最安でiPhoneを手に入れる残された方法といえるでしょう。特に、新しいモデルが出た後は中古品が出回り、価格が下がるのでねらい目なのです。

また、中古iPhoneはSIMフリーでなくても利用できるという点も、おすすめポイントです。もちろん、SIMフリーのiPhoneが中古で購入できるならそれはそれで良いのですが、docomoやauのものほうが手に入りやすいはず。格安SIMの回線網はdocomoとauがあり、言い換えるとソフトバンク以外の中古端末であれば、MVNOが利用できます。例えば、docomoの中古iPhoneであれば、docomo系の格安SIMならどこでも利用できるので、そのまま運用できるというわけです。au系の格安SIMでauの中古iPhoneを利用することもできますが、制約もあるので注意が必要です。その点については、次の記事でご確認ください。

また、おすすめのdocomo系格安SIM・MVNOはこちら。各社お得なプランがそろっていますよ。

中古でiPhoneを購入するおすすめの方法は?

それでは、中古iPhoneはどこで購入できるのでしょうか?

  • 中古ショップ
  • ヤフオクなどのオークション
  • メルカリなどのフリマアプリ

ソフマップなどの中古ショップの店舗へ実際に赴けば中古品を触って確かめることができます。楽天市場やアマゾン、ノジマオンライなどのネットショッピングでも中古品を見つけることができます。ヤフオクのオークションやメルカリなどのフリマでもスマホ中古品がかなりの数出品されており、個人で気軽に出品できるためか質の良いものもあるようです。

簡単に中古品を購入できるわけですが、簡単だからこその落とし穴には要注意。安いとはいえ高いお買い物になる中古iPhoneで失敗しないためのポイントを続く部分で確認してください。

中古iPhoneを買うときの5つの注意点

それでは、中古iPhoneを購入するときの注意すべきポイントを一つずつ見てみましょう。

注意点1.白ロムなのかどうか

中古品端末を探すとき、基本的な点として、「白ロム」を購入するのは重要です。白ロム、赤ロムという言葉があるのですが、白ロムは以前の利用者の情報が完全に真っ白になった状態の中古品で、購入者が利用するのに問題がない端末のことです。それに対して、赤ロムは以前の利用者の端末代金の未払いなどにより、利用できない状態になった端末を指します。残債が残っている端末や盗品であることがわかった端末は、キャリアが利用停止するので、知らずに購入してしまうと数万円がパーになってしまうわけです。

そんな事態にならないために、ネットワーク利用制限の有無を各キャリアで確かめてから購入しましょう。例えば、中古市場にdocomoのiPhoneで気に入るものが見つかったとします。すぐに購入する前に、15桁のIMEI番号を尋ねて、docomoの公式サイトでその番号を入力し確かめます。〇であれば白ロムということになります。

しかし、後々盗品であったことがわかったりして赤ロムに変化するということもあり得ます。その場合に返品・返金の保証をしてくれるショップもあるので、保証付きの中古市場で購入すればさらに安心できますね。

赤ロムも流通している

赤ロムの端末も白ロムと同じ区分で流通しているかもしれません。特にヤフオクなどで「部品とり」と書かれている端末は、修理のための部品を取り出してその部分だけを使うためのものなので、赤ロムなどの通常利用できない端末です。安いからと飛びつかないように気を付けてください。

注意点2.アクティベーションロックがオフになっているか

アクティベーションロックとは、iPhoneの盗難防止用のロックのことで、ユーザーのappleIDとパスワードがないとロックを解除できないシステムです。大手中古ショップなどで購入する場合はこの点は心配ないと思いますが、ヤフオクなどの場合、もしもアクティベーションロックがかかった状態で出品された中古iPhoneを購入してしまうと、手元に届いても使えないということになりかねません。出品者と連絡がとれてIDとパスワードを教えてもらうことができれば幸いですが、それも不可能となればロックを開けなくて利用できないわけです。

出品者には必ず、初期化だけではなくアクティベーションロックもオフにしたかどうか確認してから購入しましょう。

注意点3.SIMロック解除されているか

SIMロック解除されていなくても、docomo系格安SIMでdocomo中古を使える、と上記で説明しましたが、SIMロック解除されていれば海外でもSIMをさして利用できるので、もし解除されているならそれも確認しておけるといいでしょう。

docomoであれば、2015年5月以降に発売された端末で、購入後180日が経過している場合はSIMロック解除が可能です。iPhone6s、6splus、SE、7、7plusが解除可能ですが、docomoの場合は契約者本人でなければ解除できないので、購入前に解除されているか確かめましょう。

注意点4.バッテリーの持ちはどうか

中古品なのである程度あきらめも必要ですが、バッテリーの消耗度合は見た目ではわかりません。以前どれほど使用されていたかを確かめるすべはありませんが、製造年数などを調べておけば、ある程度安心できるでしょう。シリアル番号で検索できるので、IMEI番号だけでなくシリアル番号も確認しておくといいですね。

製造から数えた年数で、保証サービスに加入できるかどうかも見極めることができます。その点は次で考えます。

注意点5.端末保証には入れるか

Appleの端末保証「AppleCare+」に以前のユーザーが加入しているかどうか、もし加入していなかった場合保証内の年数かどうか。この点も注意したいもう一つのポイントです。ユーザーが加入していた場合は、あとどれくらい保証が受けられるか知っておきたいですね。加入していなかった場合でも以前の購入者が購入してから30日以内であれば加入できます。

AppleCare+の保証期間は2年で、シリアル番号で端末の保証状況や延長保証が受けられるかどうか調べることができます。

出典:AppleStore公式サイト

中古iPhoneのおすすめと注意点まとめ

中古でiPhoneを買ってMVNO運用するために必要な知識を、もう一度まとめておきましょう。

中古iPhoneは注意して購入しよう

中古iPhoneがおすすめの理由は?
新しいモデルが出た後は安く手に入る
docomoの中古なら、SIMフリーじゃなくても格安SIMでそのまま運用できる
中古iPhoneのおすすめの購入方法は?
中古ショップだけでなく、ネットオークションやフリマアプリでも出品されている
中古iPhone購入の注意点は?
白ロムかどうかIMEI番号で確認する
アクティベーションロックがかかっていないか出品者に尋ねる
SIMロック解除されているか聞いてみる
バッテリーの状態を製造年数で確認する
端末保証があるかどうかシリアル番号で確かめる

いかがでしたか?中古iPhoneで利用できる格安SIM・MVNOはたくさんあります。どんなプランがいいか、ぜひ診断チェックを試してみてください。各MVNOのサイトではお得なキャンペーン情報もゲットでるので、そちらもご確認ください。

話題のLINEモバイルの公式サイトで格安プランやキャンペーンをチェックする

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)OCNモバイルONE楽天モバイルDTI SIMLINEモバイル

より複雑化してきているMVNOだからこそ、自分のニーズにあうSIMを簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。