1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SAMURAI REI徹底解説!スペックや評判、他スマホとの比較も
 

SAMURAI REI(麗)に関する記事

11件の記事があります
格安スマホの「SAMURAI REI(麗)」のスペックや評判を他の格安スマホと比較し、最新キャンペーン情報についてなど、SAMURAI REI(麗)についての記事をまとめています。
SAMURAI REI(麗)に関する記事の一覧を見る

SAMURAI REI(麗)のおすすめポイントと注意点

SAMURAI REI(麗)はFREETELの「薄く・軽く・美しい」がコンセプトの国産5.2インチスマホ。プラスワン・マーケティング株式会社が運営しているFREETEL(フリーテル)は、スマホメーカーでありMVNO事業者でもあります。

公式サイト:FREETEL

SAMURAI REI(麗)のおすすめポイント

ではSAMURAI REI(麗)のおすすめポイントを挙げてみましょう。SAMURAI REI(麗)はコンパクトな外見ながらスペックが高めでFREETELのスマホでは抜群の人気を誇ります。カメラや扱いやすい指紋認証センサーなど、ユーザーが求めているモノをしっかり叶えてくれています。価格も3万円台前半なのでコストパフォーマンスも良いですね。

Android 6.0対応でCPUもオクタコア搭載
3万円台のスマホとしてはCPUも高めでサクサク動いてくれます。またユーザーインターフェースも使いやすくなるように設計されています。
重さ136g・薄さ7.2mmの軽くて薄いスマホ
外見も高級感あふれるアルミデザインですし、持ち運びもスマートです。
一眼レフやパノラマモードなど、多才な「FREETEL カメラ」
背面1,300万画素、前面800万画素のカメラは昼夜問わず様々なシーンで活躍してくれることでしょう。
使いやすい指紋認証がホームボタンについている
指紋認証センサーは背面についていることが多いですが、SAMURAI REI(麗)はホームボタンが指紋認証センターです。触れ方によって異なる操作をすることができて使いやすそうです。
格安SIMとのセット購入もラクラク!
同一ブランドで格安SIMとスマホをセット購入できるのはFREETELだけです。

SAMURAI REI(麗)と注意したいこと

同様にSAMURAI REI(麗)で注意したいことも挙げてみます。SAMURAI REI(麗)はユーザーにとってかなり使いやすい仕上がりですが、FREETEL以外のMVNOでは販売されていません。FREETEL以外のMVNOと契約したい場合は少し注意が必要です。またその他の注意点としてBluetoothとWi-Fiの同時利用ができない点があります。iPhoneからの乗り換えした方は少し不便するかもしれません。

他のMVNOでは取り扱われていない
FREETEL公式サイトからの購入や大手家電量販店での購入にほぼ限られます。
CPU負荷をかけ過ぎると発熱してしまうことも
日常操作では支障ありませんがゲームアプリや動画の多用には注意が必要です。
BluetoothとWi-Fiの同時利用はできない
デバイスのワイヤレス化が進むごとに不便を感じることもありそうですね。

SAMURAI REI(麗)の特徴とスペック(性能)・取り扱いMVNO一覧

では気になるSAMURAI REI(麗)の特徴やスペック(性能)・格安SIMとセットで販売しているMVNOについて紹介します。

SAMURAI REI(麗)の特徴

SAMURAI REI(麗)は軽量ながらスペックも高く、ミドルレンジ層やエントリーユーザーに向いたスマホです。FREETELは格安SIMとセットで購入することもできますし安心感がありますね。格安SIMを初めて契約する人にも間違いなくおすすめできるスマホの一つです。こちらのスマホは端末一括購入:32,292円、分割購入:1,445円でFREETEL公式サイトで購入が可能です。

公式サイト:FREETEL

SAMURAI REI(麗)のとスペック(性能)

SAMURAI REI(麗)のスペック(性能)は以下の通りです。

機種名
SAMURAI REI (麗 FTJ161B-REI)
OSAndroid6.0
画面5.2インチ 1920x1080 (フルHD IPS)
CPUMediaTek MT6753 オクタコア 1.3GHz 64bit
RAM・ROM2GB・32GB
microSDスロット最大128GB対応
カメラ背面1,300万画素,フロント800万画素
バッテリー2,800mAh (取り外し不可)
駆動時間通話:約750分
待受:約288時間(4G) / 約285時間(3G)
SIMサイズmicro&Nano(デュアルSIMですが、国内利用は1スロット)
センサーGPS搭載 (A-GPS対応) / 加速度センサー / 近接センサー/
光センサー / 重力センサー / ジャイロセンサー / e-compass
対応バンド3G(WCDMA):2100MHz(Band1)/800MHz(Band6/19)/900MHz(Band8)
4G(FDD LTE): 2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)/2600MHz(Band7)/
900MHz(Band8)/800MHz(Band19/20)
WiFi802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)
Bluetooth4.0 LE対応
本体サイズ145.8×71.5×7.2mm
136g
本体カラーメタルブラック/メタルシルバー/シャンパンゴールド/
ピンクゴールド/スカイブルー

SAMURAI REI(麗)の取り扱いMVNO一覧

SAMURAI REI(麗)を販売しているMVNOは以下の通りです。

SAMURAI REI(麗)の評価・評判と他の機種との比較

最後にSAMURAI REI(麗)の評判や他機種との比較をしてみます。

SAMURAI REI(麗)の評価・評判

SAMURAI REI(麗)の評判ですが、3万円台前半で購入できるスマホとしては価格に見合ったスペック以上のパフォーマンスが人気のようです。しかし一方で「Pokémon GO」のようなアプリは、対応しているもののアプリが落ちやすいなどといった不満も耳にします。ミドルレンジ層向けのスマホとしては広く使いやすいスマホですが、iPhoneシリーズの半額以下のスマホですので、過度に期待すると使いにくく感じてしまうかもしれません。

SAMURAI REI(麗)と他の機種との比較

最後にSAMURAI REI(麗)を同じ価格帯であるHUAWEI P9liteと比較してみました。スペックとしてはHUAWEI P9liteが総合的には上回っているのが分かります。ちなみに両端末とも同じAndroid OSを搭載していますが。カスタムUIを採用しているので操作感は異なります。SAMURAI REI(麗)のほうが操作感はiPhoneシリーズ寄りなので、スペック重視ならHUAWEI P9liteを、iPhoneユーザーで操作性重視ならSAMURAI REI(麗)を選んでみてはいかがでしょうか。

SAMURAI REI(麗)とHUAWEI p9liteのスペック比較

機種名

HUAWEI P9 lite
FREETEL SAMURAI REI(麗)
OSAndroid™ 6.0 (With EMUI 4.1)Android 6.0(With FREETEL UI)
デイスプレイ5.2インチ FHD5.2インチ FHD
CPUHUAWEI Kirin 650
(4×2.0GHz + 4×1.7GHz)
MediaTek MT6753
(1.3GHz x 8)
RAM2GB2GB
ROM16GB32GB
背面カメラ1300万画素1300万画素
前面カメラ800万画素800万画素
microSDカードスロット
バッテリー容量3,000mAh2,800mAh
連続待受時間TE-FDD:約610h
WCDMA:約630h
4G:約288h
3G:約285時間
連続通話時間約18.9h(WCDMA)約12.5h
Wi-Fi802.11b/g/n802.11a/b/g/n
対応バンド
周波数
LTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
LTE:Band1/3/7/8/19/20
3G(WCDMA):Band1/6/8/19
2G(GSM):850/900/1800/1900MHz
SIMカードデュアルSIM (nanoSIM x 2)
国内1スロットのみ
デュアルSIM(micro / nano)
国内1スロットのみ
本体サイズ146.8×72.6×7.5mm145.8mm×71.5×7.2mm
重量147g136g
本体カラーブラック/ホワイト/ゴールドメタルブラック/メタルシルバー/
シャンパンゴールド/ピンクゴールド/
スカイブルー/メタルレッド

公式サイト:FREETEL