おすすめ格安SIM比較診断

ご利用状況とご希望の条件をもとに、
あなたにおすすめの格安SIMを診断!

格安SIM診断は、お答えいただいたスマートフォンの使用状況をもとに、
あなたに最適な格安SIMを無料で診断。見つけたSIMカードは、申し込むことができます。

使いたい回線は? ※複数選択可
毎月の通信量は? ※複数選択可
通信量の目安
支払い方法は? ※複数選択可
追加条件※複数選択可
詳細を確認する
もっと見る
見つかったSIMカード
{{resultCount}}
{{toJPY(result.fee)}}円
{{parseInt(result.actual_fee) > 0 ? toJPY(result.actual_fee) : 0}}
内訳
{{toDataAmount(result.communication_charges_threshold, result.communication_charges_threshold_unit)}}

( {{toDataAmount(result.communication_charges_raw, result.communication_charges_unit_raw)}} / 日 )

高速 低速
{{ speed }}
実質月額料金の内訳
閉じる
{{toJPY(result.fee)}}割引額を含まない月額料金
-{{toJPY(campaign.monthly_discount)}} ({{toJPY(campaign.discount)}}円 x 1回 / 12ヶ月) ({{toJPY(campaign.discount)}}円 x {{campaign.discount_frequency}}ヶ月 / 12ヶ月) {{campaign.description}}
{{parseInt(result.actual_fee) > 0 ? toJPY(result.actual_fee) : 0}} お申込みから1年間の月額料金
{{campaign.description}} {{ formatDate(campaign.start_at, 'YYYY年MM月DD日') }} ~ {{ formatDate(campaign.end_at, 'MM月DD日') }} {{ formatDate(campaign.end_at, 'YYYY年MM月DD日') }}まで
この携帯会社の他のプランを見る
※他にプランはありません。
loading indicator
実質月額料金
月毎データ量
下り速度最大・回線
{{toJPY(result.fee)}}円
{{parseInt(result.actual_fee) > 0 ? toJPY(result.actual_fee) : 0}}
内訳
{{toDataAmount(result.communication_charges_threshold, result.communication_charges_threshold_unit)}}

( {{toDataAmount(result.communication_charges_raw, result.communication_charges_unit_raw)}} / 日 )

高速 低速
{{ speed }}
実質月額料金の内訳
閉じる
{{toJPY(result.fee)}}割引額を含まない月額料金
-{{toJPY(campaign.monthly_discount)}} ({{toJPY(campaign.discount)}}円 x 1回 / 12ヶ月) ({{toJPY(campaign.discount)}}円 x {{campaign.discount_frequency}}ヶ月 / 12ヶ月) {{campaign.description}}
{{parseInt(result.actual_fee) > 0 ? toJPY(result.actual_fee) : 0}} お申込みから1年間の月額料金
{{campaign.description}} {{ formatDate(campaign.start_at, 'YYYY年MM月DD日') }} ~ {{ formatDate(campaign.end_at, 'MM月DD日') }} {{ formatDate(campaign.end_at, 'YYYY年MM月DD日') }}まで
この携帯会社の他のプランを見る
※他にプランはありません。
loading indicator
上位 {{Math.min(10,results.length)}} プランの診断結果をメールで送る
{{sendSimulationError}}
メールの送信が完了しました

残念ながら、ご希望の条件でお使いになれる SIMカードがありませんでした。
条件を見直しの上、再度お探しください。

SIMチェンジ
「おすすめ格安SIM比較診断」
利用上のご注意
  • 本サービスが掲載する情報は、各会社の公表している情報を収集したものであり、閲覧時点での料金単価、サービスその他を保証するものではありません。
  • 本サービスが掲載する通信速度は理論上の最大速度(ベストエフォート型)となります。

特典あり格安SIMコラボ
キャンペーン実施中!

SIMチェンジとコラボしたおトクな格安SIMのキャンペーン情報

SIMチェンジでは、一部のMVNO・格安SIM事業者とコラボしてキャンペーンを実施中!今ならおトクに格安SIMや格安スマホを購入することができます。

  1. 公式サイトのキャンペーンに加えて、コラボキャンペーンでの特典を受けることができるので、公式サイトから購入するよりもおトクに格安SIMや格安スマホを購入することも可能です。

    コラボキャンペーンはコラボ先のMVNO・格安SIM事業者が実施しています。キャンペーンに関する詳細やお問い合せはキャンペーンページや各事業者にてお願いいたします。

QTモバイル

QTモバイルでは、今ならご契約で現金8,000円キャッシュバック!公式のキャンペーンとも併用できるから、コラボキャンペーンでのお申込みがお得です!

キャンペーン対象
「データ+通話」コースの利用開始月を1カ月目とし、6か月目の末日まで継続利用した方
申し込みページ内のエントリーコード欄に「BBZZ00000000」、クーポンコード欄に「AFTUCP」と入力した方
どちらか一方でも入力が無い場合や、記載に誤りがある場合はキャンペーン適用外となります
特典受取りまでの流れ
契約してから7か月目の末日頃にQTnetから商品券が発送されます。

キャンペーンを適用するためのお申込みはこちらのQTモバイルページから!

LINE公式アカウントでお得な情報を手に入れよう!

iPhone格安SIM通信のLINE公式アカウントでは、お得なキャンペーン情報などを不定期で配信しています。
格安SIM比較診断もLINE公式アカウント内から確認できるので、携帯会社の乗り換えに迷っている人にもおすすめです。
登録は下記の「友だち追加」のボタンを押して頂くか、QRコードを読み取ることで追加できます。


友だち追加

比較ポイントと
用途別おすすめ格安SIM

格安SIM・格安スマホ比較診断では月額料金やデータ量などの条件から自分にあったプランを見つけることができます。

しかし「そもそも格安SIMが何かよくわからない」「格安SIMはわかるけど選ぶときのポイントがわからない」といった方が最適なプランを見つけるのは難しいもの。

そこで以降では格安SIM、格安スマホの特徴やメリットとデメリット、比較する際の重要ポイントについて見ていきます。これを読むことで自分に最適なプランを選ぶ助けになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

コラム目次

格安SIMの特徴とおすすめの比較ポイント

格安SIMとは

格安SIMとは大手携帯キャリアの一般的なプランよりも格安でスマートフォンを利用できる通信サービスのことです。

スマートフォンには通話やインターネット通信を行うためのSIMカード(ICカード)が差し込まれており、格安SIM会社の提供しているSIMカードに差し替えることで月々の通信費を抑えてスマートフォンを利用することができます。

格安SIM会社はdocomo・au・SoftBankの大手携帯会社から一部回線を借りて通信サービスを提供しており、設備費などのコストがかからない分格安で通信サービスを提供できるのです。(このような格安SIM会社を「MVNO」と呼ぶこともあります。)

格安SIM会社のプランにはSIMカードとスマホ端末をセットでお得に利用できるプランも多く、こうしたスマホを「格安スマホ」と呼びます。

近年は大手キャリアも格安プランを打ち出し「格安SIM」に劣らない価格帯のプランも増えているため、どの会社のどのプランが自分にとって最適か見極めるのがより難しくなっています。

そこで以降では格安SIMのメリットとデメリットに加え自分にとって最適なプランを見つけるためのポイントについて詳しく見ていきたいと思います。

格安SIMのメリット3つ

格安SIMのメリットは大きく分けて3つあります。

格安SIMのメリット

  1. 月々のスマホ代を2000円以下にも抑えられる
  2. 自分のデータ使用量に合わせた無駄のない料金プランを選べる
  3. 格安スマホとセットでお得に購入できる

月々のスマホ代を2000円以下にも抑えられる

格安SIMは大手キャリアの一般的なプランと比較して、毎月のスマホ利用料を大幅に抑えることができることが一番のメリットです。30GB、50GBとデータ容量が大きい分、月額の利用料が高い大手キャリアは4,000~5,000円前後になることも多いです。

対して自分にちょうどいいデータ容量を選ぶことで月々の利用料を格安SIMは2,000円以下に抑えることも可能です。中には月額の利用料を1,000円以下に抑えられるプランも少なくありません。

仮に毎月のスマホ代が5,000円だとすると、1ヶ月あたり3,000円以上、年間で36,000円(税込)も通信費を抑えることができます。

格安SIMがこんなに安い理由は3つあります。

格安SIMが安い理由
  1. 大手キャリアから回線を借りていて設備費がかからない
  2. 実店舗を持たずインターネットから契約を受け付けることで設備費や人件費がかからない
  3. 競合が多く価格競争が激しい

特に近年は大手キャリアも格安プランを打ち出し競争が激化しており、独自のお得なキャンペーンを打ち出す格安SIM会社が多く見られるようになりました。

自分のデータ使用量に合わせた無駄のない料金プランを選べる

毎月データを使い切っていないのに高い利用料を払っていてもったいない」大手キャリアを利用している方はこんな不満を感じることも少なくないのではないでしょうか。

格安SIMは自分のスマホの使い方に合わせ、500MBから月々のデータ容量を選択することができます。自分の通信量にあったプランにすることで無駄なく賢くスマホを利用することができます。

格安スマホとセットでお得に購入できる

格安SIM会社の多くはSIMカード単体だけでなく、SIMカードとセットでスマホ端末をお得に契約することができます。特定の機種に対して大幅な割引を実施している格安SIM会社もあり、楽天モバイルではiPhone 13Proを対象に最大30,000ポイント還元の大特価セールを行っています。

また大手キャリアではセット購入ができないOPPOやASUSといった人気メーカーのスマホもSIMカードとセットでお得に契約することができます。

格安SIMのデメリット2つ

格安・無駄なし・スマホ端末とセットでお得な格安SIMですが、デメリットもあります。

格安SIMのデメリット

  1. 時間帯やエリアによっては通信速度が低下することがある
  2. 実店舗での対面サポートは受けにくい

時間帯やエリアによっては通信速度が低下することがある

格安SIMは通勤・通学ラッシュやお昼休みの時間帯、人が密集するエリアなど通信サービスの利用者が多いタイミングで通信速度が大幅に低下することがあります。

これは格安SIM会社が大手キャリアの使っていない(余った)回線の一部を借りており、利用者が多いタイミングで回線のキャパシティを超えてしまうことがあるからです。

「安くても通信速度が遅く使い物にならない」ということを避けるためにも、自分が求めている最低限の速度が出るかを事前に調べたり、お試しプランがある格安SIMを利用することは重要です。

また格安SIMの中でも通信速度に定評があるサービスを選択するのも有効です。UQモバイルはauの直接通信網を利用し高い通信品質に定評があり、かつ解約金のかからないため速度に不安を感じる方にはおすすめです。

実店舗での対面サポートは受けにくい

格安SIMは実店舗を持たないことで設備費や人件費を抑え、格安な通信サービスを提供しています。その反面大手キャリアのような対面のサポートは受けづらいため、申込みや初期設定を自分自身で行う必要があります。

スマホ操作に不安があったり、対面でサポートしてもらえたほうが安心できると感じる方は実店舗を多く持ち対面サポートが受けやすい格安SIMがおすすめです。中でもイオンモバイル全国のイオン店舗で手厚いサポートを受けられるため特におすすめです。

なお多くの格安SIM会社は公式サイトで「チャットサポート」を提供しておりいつでも問い合わせができるため、ある程度スマホ操作に慣れている方はそこまで気にする必要がない項目だと言えます。

格安SIM選びのポイント3つ

選択肢がとても多い格安SIMの中で、快適でムダのない自分にあった格安SIMを見つけるためのポイントは3つあります。

格安SIM選びのポイント

  1. 通信回線の種類で選択
  2. 自分の使用量に合わせたデータ容量を選択
  3. こだわりの条件がある場合は必要なオプションがあるプランを選択

通信回線の種類で選択

地域によってはdocomo・au・SoftBank・楽天モバイルのうち特定キャリアの電波が届きにくいという場合があります。

もし「〇〇社の電波だけ弱いな」といった経験が過去にある場合は、検討している格安SIMがどのキャリアの回線を借りてサービスを提供しているか調べておくと安心です。

格安SIM各社の公式サイトや各キャリアの公式サイトで調べ、自分の地域に対応している通信回線を使っている格安SIMを選択すれば「使ってみたら全然つながらない」という事態を防ぐことができます。

自分の地域に対応している回線がわかった後は、格安SIM比較診断格安スマホ比較診断でdocomo・au・SoftBank・楽天モバイルから回線の種類を絞り込んで格安SIMを比較することができます。

自分の使用量に合わせたデータ容量を選択

格安SIMは月々のデータ容量を500MBから細かく選ぶことができるので、無駄のないプランを見つけるためには自分が月々利用するデータ量を把握することが大切です。毎月のデータ利用量はキャリアの利用詳細や端末の設定画面から確認することができます。

また毎月のデータ通信量は使い方によって変わってくるため、データ利用量の目安についてまとめた下の表も参考にしてみてください。

ライトユーザー毎月のデータ通信量が3GB以下

主に画像や動画の読み込みが少ないSNS(LINEやTwitter、Facebookなど)、Webサイトなどを利用する方
ミドルユーザー毎月データ通信量が3GB以上20GB以下

主に画像や動画の読み込みが多いSNS(InstagramやYouTubeなど)、ゲームアプリなどを利用する方
ヘビーユーザー毎月データ通信量が20GB以上

主に高画質な動画配信サービスやゲームアプリを利用し、自宅などでWi-Fi環境がない方

総務省の発表では利用者の90%は月20GBで足りるというデータもあるので、「20GB以上使うかな」と迷う方は以下の動画を参考にしてみてください。

こだわりの条件がある場合は必要なオプションがあるプランを選択

使い方によって「これだけはゆずれない」というこだわりのポイントは変わってくるため、自分のこだわりの条件にあったオプションがあるかを調べておくと格安SIMを快適に利用することができます。

例えば「絶対iPhoneがいい」という方はiPhoneに対応したプランに絞られますし、「よく通話する」という方は電話かけ放題のオプションがあるプランを選択するほうがお得です。

以降では用途・こだわり条件別におすすめの格安SIMについて見ていきます。

【用途別】こだわり条件に合わせたおすすめ格安SIM

【iPhoneがいい方向け】iPhoneで使える格安SIM

「格安SIMはiPhoneでも使える?」という質問をいただくことが多いですが、格安SIMはiPhoneでも使うことができます。

iPhone端末を安く購入することができるキャンペーンや特典を利用することで、iPhone SE(第3世代)などの端末をお得な価格で購入することができます。

「新しいiPhone端末がお得に使いたい!」という方は楽天モバイルの「iPhone激トク乗り換え」というキャンペーンがおすすめです。iPhone 13Pro Maxをはじめとした人気機種を30,000楽天ポイント還元で購入することができます。

以下の動画では楽天モバイルに乗り換えてiPhoneを購入する際のお得なキャンペーンについて詳しく解説しています。

※通話プラン加入で5000ポイント還元のキャンペーンは終了しているため、現在は合計30000ポイント還元となっています。

なおiPhoneで格安SIMを使う際の注意点として、iPhoneのOSである「iOS」のアップデートをすぐに行うと通信・動作に不具合が生じることがあります。

iOSのアップデートがあった際は、各社の動作検証が行われたあとでアップデートを行うことで快適にiPhoneを使うことができます。

【お試ししたい方向け】最低利用期間・解約金なしの格安SIM

「自分の家で求めている通信速度が出るか不安」「引っ越したばかりでデータをどれだけ利用するかわからない」そんな方は格安SIMを一度お試しで使ってみるのがおすすめです。

格安SIM会社の中には最低利用期間・解約金がないサービスもあるので、まず一ヶ月使ってみて大丈夫そうなら継続するというのも賢い選択です。

なかでも解約金もかからず初月の1GBプランが最安級mineoはお試しで使ってみたい方にぴったりの格安SIMです。

【電話をよく使う方向け】電話かけ放題オプションがある格安SIM

格安SIMにはデータ専用で通話機能が使えないタイプのものがあります。このようなデータ専用プランはとても価格が低くLINE通話なども問題なく使える一方、電話をよく使う方には向いていません。

また通話ができるプランの中にも通話時間に応じて従量課金されるものが多いです。「通信量は下がったけど通話料が高くなってしまった」といったことを避けるために、電話をよく使う方には電話かけ放題の格安SIMがおすすめです。

中でもHISモバイルはドコモ回線の格安かけ放題プランで、3GB月額2,728円で無制限のかけ放題が利用できるお得なプランを展開しています。

【速度が不安な方向け】通信速度が速い格安SIM

大手キャリアから通信回線を借りている格安SIM会社ですが、各社ごとに速度にばらつきがあります。「ちゃんと通信速度が出るか不安」という方は通信速度に定評がある格安SIMを選ぶと安心です。

UQモバイルはKDDI傘下のUQコミュニケーションズが提供するSIMサービスであり、auの直接通信網を利用した高い通信品質が特長です。特にプラチナバンド(800MHz)の人口カバー率は99%以上のため、屋内でも快適にデータ通信を楽しむことができます。

UQモバイルに乗り換える時のメリット・デメリットについてイメージを掴みたい方は以下の動画をチェックしてみてください。大手キャリアと比較すると多少下がりますが、UQモバイルも50~60Mbpsと動画視聴やオンライン会議なら全く問題ない速度が出ることがわかります。

【通信量を心配せずガンガン使いたい方向け】データ通信量が無制限の格安SIM

通常の格安SIMは月々のデータ通信量が決められており、それを使い切ってしまうと速度制限にかかってしまいます。「通信量が足りるか月末心配になる」「移動中などにYoutubeを見たいけど我慢している」と言った方はデータ通信量無制限のプランがおすすめです。

楽天モバイルは楽天回線エリアなら一ヶ月あたりいくら使用しても速度制限にかかることがなく、無制限で使っても月額料金3,278円が上限なので大手キャリアと比べて格安です。

【通信量を賢くやりくりしたい方向け】容量を追加購入できる格安SIM

格安SIMの中には月々のデータ通信量を使い切っても100MB単位でデータ容量を追加購入することができるプランもあります。「無制限にするほど使わないけど、通信量を使い切って速度制限にかかるのは嫌」という方は容量を追加購入できる格安SIMがおすすめです。

ただ容量追加は割高なことが多いので普段の使用量より少し余裕のあるプランを選択し、どうしても超えてしまった月は容量を追加するという使い方が無駄なく賢くスマホを使えます。

イオンモバイルは1GBから10GBまで1GB単位で細かくデータ容量を選択することができるので無駄がない自分に合ったプランを選ぶことができます。

【データ使用量にムラがある方向け】データ繰り越しができる格安SIM

データ容量が今月2GBも余ってしまいもったいない」データ使用量にムラがある方はこんなことも少なくないですよね。

そんな方におすすめなのがデータ繰り越しオプションです。今月余ってしまったデータ容量を翌月に繰り越し、データ使用量のムラによる「もったいない」を無駄なく解消することができます。

イオンモバイルは1GBから10GBまで1GB単位で細かくデータ容量を選択できることに加えデータ繰り越しにも対応しているため、自分のデータ使用量に合っていて使用量にムラがあっても無駄がない使い方ができます。

【電話をたまに使う方向け】電話専用アプリがある格安SIM

「電話かけ放題までは必要ないけど、たまに電話する」という方には電話専用アプリのある格安SIMがおすすめ。

電話専用アプリから電話をかけると、通常の通話料金の半額で音声通話が利用できるので、電話料金はなるべく安く抑えたいという方におすすめのオプションです。

楽天モバイルは「楽天でんわ」というサービスを提供しており、他社から乗り換えるときも電話番号そのままで通話料を半額に抑えることができます

【カフェで作業する方向け】無料Wi-Fiスポットがある格安SIM

「カフェで作業するときもフリーWi-Fiスポットを使ってデータ通信量を抑えたい」という方は無料Wi-Fiスポットがある格安SIMがおすすめです。

特にUQモバイルはドトールコーヒー、タリーズコーヒー、エクセルシオールカフェ、サンマルクカフェを始めとする主要なカフェに無料Wi-Fiスポットを整備しており、カフェでよく作業する方にぴったりの格安SIMです。

【家族で格安SIMを契約したい方向け】家族割引でお得に乗り換えられる格安SIM

家族でまとめて乗り換えを検討している方は家族割引の特典がある格安SIMがおすすめです。

特にワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで通信速度も早く、家族で入ると2回線目以降1,118円/月割引が適用されます。店舗数が豊富でサポートも手厚く、学割も適用でき、60歳以上は通話定額が割引されるため「家族でまとめて格安SIMに乗り換えたい」という方におすすめです。

ご紹介したワイモバイルのほかに家族で容量をシェアできるイオンモバイルも家族で乗り換える際は選択肢に入るため、以下の動画を参考にしてみてください。

また格安SIM比較診断格安スマホ比較診断では「複数のSIMカードが使える」という条件を使って家族で手軽に乗り換えられる格安SIMに絞って比較することができます。

こだわりの条件が複数ある方は?

「こだわりの条件が複数あってまとめて比べたい」という方は格安SIM比較診断格安スマホ比較診断「追加条件」から条件を選択することで自分に最適な格安SIMを見つけることができます!

格安SIMへの乗り換え方法は?

契約する格安SIM・プランを決める

まずは自分にあった格安SIMを選択します。ご紹介した「格安SIMを選ぶ3つのポイント」をもとに、自分のこだわりの条件でさらに絞り込むことで自分にぴったりのプランを見つけることができます。

格安SIM比較診断格安スマホ比較診断では3つのポイントとこだわり条件にあわせて自動で格安SIMを絞り込み比較することができるのでぜひ活用してみてください。

格安SIMで使う端末を選ぶ

スマホ端末は自分の持っているスマホをそのまま使うパターンと新しくSIMカードとセットで購入するパターンの2通りが考えられます。

格安SIMによって対応しているスマホ機種が変わってくるため、今持っているスマホを継続して使う際は事前に自分の端末が対応しているか確認する必要があります。

格安SIM比較診断格安スマホ比較診断では格安SIMとスマホ端末のお得なセットを比較できるのに加え、格安SIMがどの機種に対応しているか確認できるのでぜひ活用してみてください。

契約する格安SIMに申し込み手続きを行う

格安SIMは申込みをすべてネットで完結することができます。自宅でゆっくり検討できるため「店頭でよくわからないまま不要なオプションを契約してしまった」という不安もありません。

送付されたSIMカードを差し初期設定を行う

格安SIMのSIMカードやスマホが届いたら、SIMカードをスマホに差し込み初期設定を行います。

SIMカードと一緒に説明書が同封されていることがほとんどです。説明書に沿って記載されている電話番号へ連絡、もしくは専用ページにアクセスすることで新しいSIMカードを利用できるようになります。

新しいSIMカードが利用できるようになったタイミングで、もともとの携帯会社は自動解約となります。

格安SIMに関するよくある質問

iPhoneで格安SIMは使える?

使えます。現在はiPhone SE(第3世代)やiPhone 13 Pro Maxがお得に購入できる楽天モバイルがおすすめです。楽天回線エリア内でデータ無制限で利用でき、アプリ利用で国内通話かけ放題が無料になるのもポイントです。

5Gに対応しているおすすめ格安SIMは?

LINEMOがおすすめです。大手キャリアの格安プランついては追加料金などかからず各社の5G回線を利用することができます。中でもLINEMOは最初の半年間の月額料金が実質無料で、LINEアプリを使用した通話はデータを消費しないためビデオ通話が使い放題なのもポイントです。

注意点として機種によっては5Gに対応していないものもあるので、購入予定の機種が5G対応しているか事前に確認すると安心です。

SIMロックってなに?

「SIMロック」とは、端末を販売した携帯電話会社とSIMカードを発行した携帯電話会社が一致しなければ使えるようにはならないという仕組みのことをいいます。

SIMロック解除をすれば、利用端末がdocomoで購入したものであっても、auの回線を利用できるというわけです。格安SIMを契約する際には必ずSIMロックの解除を行いましょう。

電話番号をそのままで乗り換えることはできる?

できます。電話番号を継続利用してMVNOに乗り換える場合、MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号を用意する必要があります。キャリアごとに手”続きが異なるので注意が必要です。

現在実施中のおすすめキャンペーンは?

QTモバイルではSIMチェンジからのお申し込み限定で現金8,000円キャッシュバックのお得なキャンペーンを行っています。公式のキャンペーンとも併用できるから、SIMチェンジでのお申込みがお得です!

まとめ

SIMチェンジでは自分にあった賢く無駄のない格安SIMを選ぶための比較診断をご提供しています。

また「そもそも格安SIMについてよくわかっていない」「選ぶポイントがわからない」という方に向け、自分にとって最適なプランを選択するためのポイントとこだわり条件別のおすすめ格安SIMについて解説しました。

格安SIM比較診断格安スマホ比較診断を活用し様々な条件を試して自分にぴったりの格安simをみつけてくださいね!

 
プラン選びにお困りの方は、いますぐLINEでご相談!