1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ZenFoneシリーズのエントリーモデル「ZenFone Live」を徹底紹介!

ZenFoneシリーズのエントリーモデル「ZenFone Live」を徹底紹介!

SIMフリースマホ

ASUS JAPANは、ZenFoneシリーズのエントリーモデルとなる新機種、ZenFone Liveを2017年7月14日に発売することを発表しました。この記事では、そのZenFone Liveの特徴やスペックなどを説明し、どのような人にオススメの機種かを紹介しています。

人気の格安スマホ、ZenFoneシリーズの新機種として、「ZenFone Live」が2017年の7月14日に発売されました。この記事では、その「ZenFone Live」の特徴やスペック、購入方法などについて徹底解説します。


ZenFone Liveの特徴


出典:ASUS

まずはじめに、ZenFone Liveの特徴を紹介します。

ZenFoneシリーズ最小となる5型液晶

ZenFone Liveは、ZenFoneシリーズの中で最小となる5インチサイズのディスプレイです。コンパクトで持ちやすく、片手での操作もしやすいほか、収納性にも優れています。

最近では、5.2インチや5.5インチサイズのディスプレイを持ったスマホが標準となっていますが、新機種として5インチサイズのスマホの発売は、コンパクトなサイズのスマホが欲しいユーザーには嬉しいポイントです。

世界初「美人エフェクトLive」を搭載

ZenFone Liveの一番の特徴は、その名前の由来ともなっている世界初の新機能、「美人エフェクトLive」でしょう。

「美人エフェクトLive」は、InstagramやツイキャスなどのSNSを使ってライブ動画配信を行う際に、リアルタイムで美顔処理を施してくれる機能です。動画で自分撮りをよく行う人には嬉しい機能ですね。そのほかにもフラッシュライトや広角レンズなど、セルフィーのための優れた機能がいくつも搭載されています。

5マグネットスピーカーを搭載

ZenFone Liveは、撮影できる写真や映像だけでなく、再生される音質にもこだわっています。

5マグネットスピーカーとメタルボイスコイルを採用することで大きくクリアな音を再現できるほか、DTS Headphone:X™をサポートしていることでヘッドホンを使えば最大7.1chのサラウンド音響を楽しむことができます。

スマートフォン初心者にも安心の機種

コンパクトで持ちやすいというところ以外にも、ZenFone Liveはスマートフォン初心者にぴったりの機種と言えます。

スマホの操作に慣れていない人向けには「簡単モード」が、小さい子供向けにはセキュリティー面に配慮した「キッズモード」がそれぞれ利用できます。

ZenFone Liveのスペック

続いて、ZenFone Liveのスペックを紹介します。スペックは以下の表に示す通りです。

機種名ZenFone Live
メーカーASUS
画面サイズ5.0インチHD IPS液晶(1280×720)
CPUクアッドコア 1.4GHz
OSAndroid™ 6.0.1
RAM2GB
ROM16GB
カメラ画質背面:1300万画素
前面:500万画素
SIMカードnano SIM
通信(LTE)FDD-LTE: B1/3/8/18/19/26/28
TD-LTE: B41
W-CDMA: B1/6/8/18/19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz
au VoLTE対応
WiFiIEEE802.11b/g/n
BluetoothBluetooth 4.0
バッテリー2650mAh
連続通話時間au VoLTE: 約1158分
3G: 約1440分
連続待受時間au VoLTE: 約288時
3G: 約300時間
サイズ
141.1mm×71.7mm×7.9mm
本体カラーネイビーブラック/シャンパンゴールド/ローズピンク
重量約120g

ZenFone Liveのカメラのスペック

カメラはメインの背面カメラが1,300万画素、セルフィーなどに使うインカメラが500万画素となっています。

また背面カメラだけでなく、インカメラにもLEDフラッシュライトを搭載。セルフィーに使うことを考えられた設計になっています。

ZenFone LiveのSIMカードスロット

ZenFone LiveにはSIMカードスロットが2つ搭載されており、nanoSIMが2枚入ります。

どちらのスロットもLTEに対応はしているものの、2枚同時利用(DSDS)は不可。1つのスロットにmicroSDを搭載して利用することもできるようになっています。

ZenFone Liveのカラーバリエーション

ZenFone Liveのカラーバリエーションは、ネイビーブラック、シャンパンゴールド、ローズピンクの3色展開。シックに落ち着いた色が好みの人にはネイビーブラックが、上品でエレガントな色が好みの人にはシャンパンゴールドとローズピンクがオススメです。

ZenFone Liveを購入する方法は?

2017年の7月14日に発売されたばかりのZenFone Liveですが、現状、購入できる方法を紹介します。

ASUS JAPANのオンラインショップで購入

ZenFone Liveは、販売メーカーであるASUS JAPANのオフィシャルショップで購入可能です。

値段は3色ともに21,384円。今なら、ASUS純正のミニ三脚がプレゼントされるようです(2017年7月時点)。

IIJmio(みおふぉん)とmineo(マイネオ)でも購入可能

ZenFone Liveは、人気のMVNO、IIJmio(みおふぉん)でも2017年7月14日から発売されることが発表されています。

価格は、一括払いの場合は18,144円、分割払いの場合は810円×24回の19,400円。どちらの場合も、ASUS JAPANのオンラインショップで購入するよりも安くなっています(2017年7月時点)。

またmineo(マイネオ)では8月3日から販売が予定されており、すでに公式サイトで価格や詳細が公開されています。

一括払いは19,440円、分割の場合も価格は同じで1カ月810円の24回払い。一括購入であればASUSの公式ショップよりも安く、分割での購入であれば、IIJmio(みおふぉん)と同価格です(2017年7月時点)。

公式サイト: IIJmio(みおふぉん)

公式サイト: mineo(マイネオ)

ZenFone Liveはこんな人にオススメ!

最後に、ZenFone Liveはどんな人にオススメかを紹介します。

写真でも動画でもセルフィーを楽しむ人

ZenFone Liveの一番の特徴、「美人エフェクトLive」は、動画でもセルフィーを楽しむ人にこそ使ってもらいたい世界初の新機能です。

日常の何気ない生活や、旅行に出かけた時などの特別な思い出を、セルフィーで写真や動画に残すことの多い人に、ZenFone Liveはオススメの機種と言えます。

格安スマホデビューする人

ZenFone Liveは、格安スマホデビューする人にもオススメの機種です。値段はIIJmio(みおふぉん)で一括購入した場合18,144円と、とても手に入りやすい価格となっているからです。

大手キャリアからMVNOに乗り換える際、機種代の安いZenFone Liveを購入すれば、乗り換えにかかる費用も安く済みます。

コンパクトな最新機種が欲しい人

ZenFone Liveは、5インチディスプレイ搭載で、コンパクトで持ちやすいのが特徴です。最近販売される新しい機種では、コンパクトなサイズの機種は珍しくなってきているので、コンパクトさを求める人にオススメの機種と言えるでしょう。

ZenFone LiveのOSは、Android™ 6.0.1と決して最新ではありませんが、普段利用するには十分と言えるでしょう。

ZenFone Liveは手軽に使える格安スマホ

以上、ZenFoneシリーズの最新機種、ZenFone Liveについて紹介しました。

ZenFone Liveは、世界初の「美人エフェクトLive」搭載で動画セルフィーをする人にオススメの機種であるのと同時に、コンパクトなボディと手頃な価格で、格安スマホデビューにもオススメの機種となっています。

2017年7月19日現在、ZenFone Liveを購入できるMVNOは、IIJmio(みおふぉん)とmineo(マイネオ)となっているので、ZenFone Liveを購入する際はぜひ2社を検討してみてください。