1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ワイモバイルの回線は、ソフトバンクと同じ?

ワイモバイルの回線は、ソフトバンクと同じ?

更新日:2019.10.17

格安SIMの中でもよく知られているY!mobile(Yモバイル・ワイモバイル)ですが、ソフトバンクと回線が同じという噂を聞いたことがあるでしょうか。この記事ではその噂が本当かどうか、検証していきます。

格安SIMの中でもトップクラスの知名度を誇るY!mobile(ワイモバイル)。全国にショップがあり、テレビCMもよく流れていますよね。

そんなY!mobile(ワイモバイル)ですが、回線がソフトバンクと同じという噂があります。結論から言うと、Y!mobileではソフトバンクの回線と自社回線の両方を活用しています。今回はそんなY!mobileの回線の仕組みについて徹底解説していきます。

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクの格安SIM?違いはある?

Y!mobileには、ソフトバンクと密接な関係があります。しかし、両者は完全に同一の存在というわけではありません。

格安SIMと言えば、キャリアの回線を借りて運用するというものがほとんどですが、Y!mobile(ワイモバイル)の場合は少し事情が違っています。

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクが提供している

pixta_21283004_M

Y!mobileは、ソフトバンクの子会社でした。そして、現在はソフトバンクグループ株式会社に吸収合併されています。この点は、Y!mobileについて考えていくうえで非常に重要なポイントですね。

ちなみにY!mobileは明らかにYahoo!との関連性があるということは皆さんもおわかりかと思いますが、Yahoo!はソフトバンクグループが筆頭株主です。そういった関係で繋がっていることがわかりますね。

期間:終了日未定
新規割で6カ月間基本使用料が700円割引
新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行含む)・契約変更でスマホベーシックプラン申し込みの方対象
加入翌月から6カ月間基本使用料が700円割引
★バリュースタイル・バリュースタイル(F)に加入すると対象の端末がバリュースタイル販売価格で購入できます。 詳細をチェック
公式サイトへ

Y!mobile(ワイモバイル)は独自の回線も持っているが、ソフトバンク回線も利用している

Y!mobileは、ソフトバンクモバイルによる格安SIMです。そういったこともあり、ソフトバンクの回線を利用している格安SIMです。

そしてウィルコムやイーモバイルといった、Y!mobileの前身の会社の回線も利用しています。しかしスマホの通信は基本的にソフトバンクのものが利用されていると考えて良いでしょう。

回線は利用しているものの、Y!mobileはあくまでも自社の回線を持っている会社。そのため、MVNOではありません。

MVNOは、他社の回線を借りてユーザーに又貸ししている会社。Y!mobileは自社の回線であるためMNOとなります。

しかし、この情報を聞いただけではちょっとよくわからないと思います。Y!mobileとソフトバンクには明確な差がありますので、それは後述したいと思います。

Y!mobile(ワイモバイル)からソフトバンクに乗り換える場合、手数料が無料になる場合がある

Y!mobileはソフトバンクモバイル提供の格安SIMということもあって、この両者でのキャンペーンが行われています。

Y!mobileからソフトバンクに乗り換える場合、契約解除料や契約事務手数料などが無料になります。

Y!mobileからわざわざソフトバンクに乗り換えるということはあまりないかもしれませんが、この点については覚えておくと、何かあったときに役に立ちますね。1年以上Y!mobileを契約しているなど、いくつか条件があるので乗り換えを検討している方は確認してみましょう。

実際に乗り換える場合、理由として考えられるのは、例えばソフトバンクで販売されている端末に魅力を感じたというようなことでしょう。ただし、Y!mobileからソフトバンクに乗り換えると、月額料金が大幅に上がります。

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるにあたって注意することは?

160812_3

ここからは、Y!mobileにソフトバンクから乗り換えを検討している方のために、注意点について解説していきたいと思います。

Y!mobileとソフトバンクには確かに関係がありますが、キャリアと格安SIMのような関係とは違うため気をつける点がありますので、ぜひ確認してから乗り換えを検討してみてください。

場合によっては、他のdocomo系の格安SIMに乗り換えた方がお得なこともありますよ。

ソフトバンクからの乗り換えの場合、割引が適用されない

※キャンペーンによって異なります。

ソフトバンクからY!mobileに乗り換えたいという場合、最も注意しなければいけないポイントは、割引が適用されない場合があるということです。

2018年5月31日まで実施されていたスマホプラン割引など、一部のキャンペーンではソフトバンクからの番号以降は対象外とされているものもありました。

そういったキャンペーン実施時にソフトバンクから乗り換えると、他のキャリアから乗り換えたり、新規契約したりした人より多く支払わなければいけないということですね。

ソフトバンクからの番号以降が対象外のキャンペーンを実施中は、電話番号が変わっても良いのであれば、乗り換えでなく新規契約をした方が圧倒的にお得です。最新のキャンペーンの情報をチェックし、よく検討してみましょう。

SoftBank端末は基本的に利用できない

ソフトバンクのスマートフォンは、Y!mobileに乗り換えても、回線が同じだからそのまま使えるというイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし、実はそれはできません。

Y!mobileの端末にはY!mobileの、ソフトバンクの端末にはソフトバンクのSIMロックがかかっているので、端末を再利用することはできないのです。

つまり、Y!mobileの契約時は端末を購入するか、SIMカードのみを契約してSIMフリー端末を入手するかという方法をとることとなりますね。

ただし、SoftBank端末もSIMロックを解除すれば、Y!mobileで利用できる場合があります。2015年の夏以降に発売された端末であれば、SIMロックを解除できます。対象の端末を持っている方は、ぜひお試しください。

Y!mobile(ワイモバイル)は、他の格安SIMより月額料金が高め

Y!mobileは、キャリアに比べれば安いですが、それでも格安SIMの中ではかなり月額料金が高めです。その点についても、注意が必要ですね。

Y!mobile(ワイモバイル)の回線は、ソフトバンクと同じ?のまとめ

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクモバイル株式会社による格安SIMで、ソフトバンクの回線と自社回線の両方を使っています。しかし、あくまで別の種類のSIMですので、端末は使い回せませんし、割引が効かないなどの弊害もあるということに注意しましょう。

そんなY!mobile(ワイモバイル)では現在、SIM単体での申し込みで最大1万4,400円割引するキャンペーンを実施しています(スマホプランSは最大‭9,600‬円割引)。SIMフリー、もしくはSIMロック解除したiPhoneで利用できます。


出典:Y!mobile

キャンペーン期間
2019年9月30日まで
キャンペーン対象
スマホプランS:最大‭9,600‬円割引(月々400円×24カ月間)
スマホプランM・L:最大1万4,400円割引(月々600円×24カ月間)
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい